2011/9/12 | 投稿者: ペレ

インフルエンザの特徴として遺伝子の変異が早いと言う対策上厄介な問題がある。新しい亜型は常に作られると考えていい。鳥インフル再流行の兆し、中国とベトナムで変異株を確認これはこのニュースリリースをもとに書かれた記事と思われる。おそらくここで言う変異株は系統樹で言うとに分類される亜型のことを指すのではなかろうか。中国本土内は流行の状況が見えていない。ワクチン接種が広く行われているのでウイルスが常在して感染を繰り返していても発症せず見かけ上発生していないと言うことで発生報告も出てこないしどんな遺伝子の変異を持っているのかは香港と周辺国で検出されたウイルスの遺伝情報しかない。シーズンに日本と韓国で流行した株は年年に北大の調査チームがモンゴルで北上途中の渡り鳥等から検出したウイルス株と酷似していたため塩基配列が以上一致シベリア経由で大のウイルスが日本に持ち込まれると言う仮説を支持する調査結果となった。もちろんこれまでにも指摘されている大朝鮮半島経由で繁殖地から南下する渡り鳥によって西日本地域を中心にウイルスが持ち込まれると言う説を支持するような形の流行も起こっているわけだが。そしてそのウイルス株の亜型はに分類されていた。この辺りの亜型の変異が盛んに起こっていて新しい流行の原因となる可能性がから指摘されたと言うふうにこのニュースは読んで欲しい。それは特別なことではないと言うことも言える。人のインフルエンザ流行でも毎年少しず違う亜型が流行するように時事刻々と状況は変化している。人の感受性に関してはその土地の衛生条件や環境要因生活習慣遺伝的な民族間の差異などさまざまな要因が絡んでくるので一概には言えない部分が多い。単純な結論に持ち込みたい人も多いとは思うがもう少し冷静にかこの病気の特徴をきちんと学んでから考えて欲しい。現状の事実としては日本韓国に回ってきたウイルスはこの地域では人の感染例を起こさず家禽の感染例も年の発生時に見られたような朝なんともなかったのに夕方見たら鶏がバタバタ死んでいたと言うような劇的に速い展開ではなく数羽数十羽ず固まって死んでいるので何かおかしいと言った観察事例が発端となって検査摘発に至っている。またカモ類の特定の種類を中心に感染落鳥事例の発見が相次いだのも特徴的だ。このようにウイルスの特性は病原性の面においても刻々と変化している。参考までにエジプトでは型の人感染例が多くなっているが死亡率はインドネシアの事例ほど高くはない。現在のカンボジアでの人の感染例にいてもタイやベトナム等を含めたこの地域では年に数十例の人の死亡例があり今回の流行はこれまでのウイルスに対するワクチンでは効果が不完全となる亜型の出現によるものではないかと言う見解のようだ。このウイルス株が日本に来る可能性にいては東南アジアから日本に渡ってくる夏鳥でウイルスの感染例が無いこと夏の渡りでによる落鳥例が無いことなどから渡り鳥によるウイルスの持ち込みの可能性は低いと考えられている。ツバメやキビタキサシバなどの夏鳥を気にする必要はないと言える。冷静に状況把握に努めよう。
0

2011/9/10 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ