2016/11/19

いかんわね。(^_^.)  思ったことを書いてみる。

前回から、いったい何年経ってんだ?って話。

いかんですね。SNSに心がのっとられています。

ワタシの仕事は、11月から2月頃までが大繁盛期で、
今、なかなかハードな毎日を過ごしています。

40過ぎたからね、体がなかなか回復しなくて。
歳とるといかんね。笑

だから、今、若い人、
たくさん遊んで、たくさん無理しなさいね。
たくさん楽しいこと、するんだよ。
若いうちにしかできないこと、たくさんあるからね。


ま、歳とってからできる楽しいことも、いっぱいあるけどね。笑


クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/10/3


スクールカメラマンとして働くようになって、まだまだ日は浅いものの、いろんな学校へ行って撮影したり、店の担当する各学校のアルバムレイアウトをすると、いろんな味のある、と言うか特色があるな、といつも思います。

で、そんな運動会の競技の中で、ワタシがとても好きな競技があります。
それは、ワタシの地元では必ず行っていた競技でしたが、残念ながらワタシの子どもたちの学校では定番ではありませんでした。
だから、ワタシにとって子どもたちの運動会はちょっと寂しいものでした。

その競技とは「川中島」です。
「川中島」とは騎馬戦のこと。ワタシの郷の北九州ではそういう呼び方をしていましたが、「川中島」という呼び方がマイナーだということには、愛知に嫁いで初めて知りました。


ワタシの出身校では、
・5・6年の男子が上半身裸&はちまき姿になり、騎馬を作る
・女の子は、その騎馬の後ろで、旗持をする(名武将の名前がそれぞれに書かれていた気がする)
・両端に1列に並び、互いにある歌を歌いながら徐々に詰め寄っていく

・歌が終わると一斉に「やーっ!」と掛け声を掛けながら、相手のはちまきを取り合う

これが一連の動作です。


ワタシの住むところは、古くから伝わる祭り(黒崎祇園山笠)などが多くあった地域だったので、祭り、戦、などの言葉に弱い。笑
4年生までの男の子たちは、毎年、その2学年の勇姿に憧れ、
当の5・6年生は、運動会の練習がはじまると、誇らしく、勇ましく、ちょっと豪快になったものでした。
そして、女の子たちも、その姿にドキドキワクワクし、後ろにつく旗持に選ばれたいと思っていたようです。
(ごめん、ワタシは全景を見ていたかったので、その気持ちは持ち合わせてなかった。笑)

そして今。
ワタシは運動会で騎馬戦を見ると、頭の中にいつもこの「川中島」の歌が流れてきます。

ただ悲しいことに、その歌。…ワタシの記憶では25年ほど前に聞いたのが最後。(はひーっ!歳取ったー!)
ワタクシのつたない脳内には、メロディーは覚えてますが、歌詞はうろ覚え程度しか残っていません。

今日も騎馬戦を見てきたので、懐かしくなって思わず検索してみました。
すると!!!あった、あった!歌詞がありましたヨ!


嬉しかったので、ちょっと引用させていただきます。
発言小町より「川中島(騎馬戦)ってご存じですか?」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0521/041172.htm?o=0&p=1

--------------------------------
上杉謙信方(赤)     武田信玄方(白)

いでこのたびは信玄を  いざ来い来たれ謙信を
討ち果たさんと越後より 討ち果たさんと甲斐路より
信濃に出でし謙信が   越後路さして信玄が
率いる勢は八千騎    率いる勢は二万余
勇める人馬堂々と    勇める人馬整斉と
犀川近く来るとき    千曲の川辺に来たるとき
東天高く明け染めて   秋の日は早や暮れ果てて
次第に晴れるる四方の霧 水の音のみいと高し

(両軍斉唱)
ああ敵衆よ、好敵手
汝と雌雄を決っせんと
百年以来研ぎおきし
刀の味を今ぞ知れ・・・   やーっ!の掛け声で組み合う
--------------------------------

なつかしーっ!(>▽<)
懐かしすぎて涙出てくる!これです!これこれ!
あの時にみた同級生の勇ましい姿、思い出しました!若いっ!笑

これできっと、今年のアルバムの運動会レイアウト、
ずっとこの歌を脳内で流して、ウハウハしながら進行させることでしょう。笑


子どもの頃の思い出って、何十年経っても思い出せるものですね。

-----------
今日、とある学校の運動会。
閉会式が終わった後、ワタシは必ず赤白それぞれのチーム写真を撮ります。
今日も撮ろうとしたら「私、写真嫌いだから(入らなくて)いい」と撮影を拒否った子がいました。
ワタシも撮るのは好きだが、撮られるのは小さい頃から苦手なので気持ちは分かりましたが、
「ワタシにも、あなたの思い出のひとつを作らせてくれない?」とお願い(説得?)して、どうにかその子の入った写真を撮らせてもらいました。…笑って写ってくれてたよ。よかった♪(^^)

どうかその子が、十年後、二十年後、今のワタシの歳くらいになったとき、それらの写真やアルバムを見て、
「あの時、楽しかった」と思ってくれますように。

それがワタシの信条です。
1

2015/8/12

マンガを描いてみる  思ったことを書いてみる。

今日の出来事。笑

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
3

2015/3/14

ここから一歩ずつ。。。  子うたぎたちのにっき。

進学先が行った選考会のイラスト部門で。
娘は技能賞をいただきました。

正直なところ、
感動できるほどの作品ではありませんでした。
…だって、テーマが嫌だとか文句たれてましたから。

そして、
この作品で、もし進学先が高い評価をだすのなら、(その学校も)それだけのとこだね、と夫婦で話していました。
なので、絶妙な位置の賞をいただいたので…ワタシとしては、満足しています。

さぁ、このスタート位置、イイ感じです。
上に登ってください。

ワタシたちはあなたのファン1号です。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2014/11/13

実は転職してました。  思ったことを書いてみる。

久しぶりに書きます。
この数ヶ月の間に、いろんなことがものすごいスピードで流れ、、、、、

ワタシは前職を去り、10月から新しい職場で働いています。
今の職場は写真屋さん。
学校のアルバムなども手がけています。
ワタシは今は子どもが小さいので内勤メインですが、たまに撮影もします。

---------------
ということで、昨日・今日と小学校の野外学習(林間学校)の撮影に行ってきました。
昨日は先輩と2人で、今日はワタシ1人での撮影。

撮影始めの頃は、
”いつも撮影する人のほかになんか来た!”的な目で見られ、警戒されていたのですが、
時が経つにつれ、子どもたちの警戒心もほぐれ、
初日の終わりごろには「キャンプファイヤーも撮っていってくれればいいのに!」と。
…なかなか嬉しい言葉を言ってくれました。(^_^)
さらに今日。
ワタシ1人での撮影は初めて(撮影自体も3回目)なので、ド緊張してましたが、
4時間弱の撮影は、めっちゃ楽しむことができました。

さらに撮影後は、またね〜!学校にも撮りに来てね〜!と手を振ってもらい…
…仕事として子どもたちを撮影することの難しさと楽しさと
…ほんとにいろんなことを学ぶことができました。
…やっぱり、撮るの楽しいねー(^_^)

今日はたくさんの笑顔に出遭えた。
めっちゃ幸せ。
1

2014/8/21

気合いがみえた!  子うたぎたちのにっき。

ムスメ。

…1年生の時は、課題をほとんどやらずに出校日を迎え、
提出を逃走してバックレて、結局やらずに逃げ通した。

…2年生の時は、自分の苦手な教科はまったく手をつけず、
評価が下がるよ、と言われても知らんぷりして逃げ通した。

これじゃ、ホントに自分の行きたい進路にいけないよ、
と、母や担任の先生からしみじみ言われ…
母は信頼5割、あきらめ5割でこのナツヤスミを迎えた。

今日、出校日。

…彼女はやってくれました。
今日提出分の課題、すべて終わらせた!

いつもきちんとこなしてる子から言わせると、
そんなの当たり前だわ、と言われるでしょうが。

うちのムスメの今までを知ると、これがどれほど嬉しいことかっ!

進路を真剣に絞って、体験入学にも行き、ある程度絞ったこの夏。
…きっと少しぬかるみ気味だった「彼女の将来」という道が、
しっかり乾いて固まってきたのだろう。

よく頑張ったさ。
底辺な話でごめんよ。

でも、母はとても嬉しい!

相変わらずネットばかりして遊んでいるムスメ。
今日提出したことで、気を抜かず、残りの夏休みも頑張ってほしい。

母もオコゴト役、頑張るさ。
ありがとう!
1

2014/6/28


中3になるムスメ。

…進路がほぼ決まりつつあります。
ムスメは、ほんのちょっとだけ大きな道から外れ、
ほんのちょっとだけ険しい道を進むことを決心しました。

でも、当の本人、
実は、その選んだ道がけっこう険しい道だということに気付いていません。

でも、ムスメは、

“(同じ進路の子はいないと思うから)友だちと一緒に通うことはできないと思うよ”
という言葉にも「いいよ」と言い、

“楽しそうに見えるけど、実はかなり厳しい道になるよ”
という言葉にも「いいよ」と言い、

“途中で投げだせることはできないよ”
という言葉にも「わかってる」と言いました。

親としては、
一般的に多くの子が進んでいく道に比べるとかなり負担がかかります。

打たれ弱いムスメのことを考えると、途中で投げ出すんじゃないかという恐れもあり、
とりあえず高校は公立で……と思う気持ちも少なからずあるのですが、、、

本人は、もう今の希望一筋なようなので、、、、、
あと数ヶ月その気持ちが続いているのなら、
サポートに回りたいと思います。


それにしても。
父や母もまっすぐな道を歩いてこなかったので、
まぁそうなるっちゃぁなるのでしょうが。

『カエルの子はカエル』…ことわざってスゴイね。笑

母としては
『トビがタカを産む』方が良かったんだけどね。


------------
さぁ、でも気は抜いちゃいかんさ。
これからが正念場。

たくさんのいろんな道が、キミの前には見えている。
それを選んで、進んでいくのはキミだ。

気合入れなおして、悔いのないようにしてください。
1

2014/6/15


若い頃。七歳。

ワタシはいつも、写真からおこします。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/6/3

いってらっしゃい。  子うたぎたちのにっき。

ムスメさん。

今日から修学旅行。
夢の国などに行ってきます。


今回は、仲の良い子たちと一緒の班になれたので、
本当に楽しそうに発っていきました。

良かったね。
たくさん楽しい思い出作っておいで。
みんなと一緒に、いろんな経験しておいで。

元気に笑顔で帰ってくることだけを
父母弟は願ってるよ。
0

2014/5/24


ある芸能人を描こうとしたら、
違う芸能人になった気がする。

難しいのぅ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ