年度別、青葉区体育協会青葉区民ハイク  アウトドア

年度別、
青葉区体育協会青葉区民ハイク


青葉区体育協会ハイキング部URL: 
http://www.aoba-portal.net/group/hiking/index.html



2017年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク



バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山一日目171001
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/32.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクF初秋の箱根・明星ヶ岳170924
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/31.html

クリックすると元のサイズで表示します


特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731 
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/29.html

クリックすると元のサイズで表示します


特別ハイクE苗場山1日目(登頂)170730 
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/28.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクD納めの秩父札所巡り170626
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/27.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクC新緑の百蔵山170528
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/26.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクB新緑の石老山170422
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/25.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクA大高取山&越生梅林170226
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/24.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイク@新春・鎌倉四つの切り通しを歩く170122
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/23.html

クリックすると元のサイズで表示します



2016年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク


区民ハイクG箱根・鷹巣山161120 
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/22.html

クリックすると元のサイズで表示します



区民バスハイクF錦秋の戦場ヶ原&日光白根山161002〜03
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/21.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクE青梅丘陵ハイキング160925
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/20.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクD秩父札所巡り第25〜30番160626
http://sun.ap.teacup.com/kazu/141.html

クリックすると元のサイズで表示します


区民ハイクC奥多摩新緑の大岳山ハイキング160522
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/19.html

クリックすると元のサイズで表示します
奥多摩、大岳山山頂


区民ハイクB花の県立秦野戸川公園160327

http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/18.html

クリックすると元のサイズで表示します
水無川添いを歩く(菜の花とオカメザクラ並木)


区民ハイクAロウバイの宝登山160228
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/17.html

クリックすると元のサイズで表示します
宝登山山頂


区民ハイク@新春・鎌倉アルプス縦走160124
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/16.html

クリックすると元のサイズで表示します
六国見山展望台


2015年度
青葉区体育協会青葉区民ハイク


去年(2015年)は青葉区体育協会主催の月1回ハイキングをしていると聞き初めて参加しました。
2月は雨のため中止になり、7月、8月、12月の3ヶ月は開催されていない為、計8回開催されている。
8回すべてに参加しましたが、一つ一つ想い出になったハイキングでした。

区民ハイクに参加された皆さん、
1年間の例会をまとめてアップしましたので、どうぞご覧ください。

青葉区体育協会ハイキング部スタッフの皆さんには本当にお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
青百こと竹田



区民ハイクG晩秋の九鬼山151122
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/309.html

クリックすると元のサイズで表示します
九鬼山頂上で昼食
天気が良ければ富士山がよく見えるところらしいが、あいにく曇天だったため見れませんでした。


区民ハイクF錦秋の三頭山・バスハイク151026
http://green.ap.teacup.com/aoba3/63.html

クリックすると元のサイズで表示します
三頭山から観た富士山
奥多摩三山の最高峰から、雲の上に聳え立つ富士山の眺めは最高でした。


区民ハイクE初秋の奥多摩渓谷150927
http://green.ap.teacup.com/aoba3/62.html

クリックすると元のサイズで表示します
奥多摩渓谷
渓流沿い歩き
巨岩が並ぶ脇を歩く。


区民ハイクD秩父札所巡り150628
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/283.html

クリックすると元のサイズで表示します
秩父札所8番清泰山西善寺本堂


区民ハイクC百名山赤城山(第二日目)150601
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/275.html

クリックすると元のサイズで表示します
赤城駒ヶ岳山頂(1685m)
赤城黒檜山展望台から黒檜山山頂へ戻り、下っては登りしながら、赤城駒ヶ岳まで約1時間かかり到着しました。


区民ハイクC百名山赤城山(第一日目)150531 
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/274.html

クリックすると元のサイズで表示します
地蔵岳頂上
赤城地蔵岳(標高1674m)
バックに頂上のシンボル電波塔群が建っている。
ここで休憩がてら昼食をとりました。


区民ハイクB山北・大野山150426
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/261.html

クリックすると元のサイズで表示します
大野山山頂で昼食
山頂は大きなヤマザクラの木があり、満開時期は過ぎたが食事中に花吹雪のもとで昼食をしました。

区民ハイクA長興山紹太寺しだれ桜150329
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/255.html

クリックすると元のサイズで表示します
長興山紹太寺しだれ桜
江戸時代の小田原藩主、稲葉正則が植えたといわれた。
樹齢約340年、樹齢約340年、高さ約13m、株元周囲約4.7mの大木。


区民ハイク@逗子から鎌倉へ150125
http://news.ap.teacup.com/aohyaku/243.html

クリックすると元のサイズで表示します
朝夷奈切通し
鎌倉七口(三方を山に囲まれた鎌倉への陸路の七つの入口)の中で一番切通しらしい雰囲気を持っているのが朝夷奈切通しで良く切り開いたものだと思う。
朝夷奈切通しを歩く。


青葉の百姓 2016.1.23記




6

2017/10/4

バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171002  アウトドア

バスハイクG
錦秋の日本百名山・蓼科山二日目



二日目は
蓼科山荘から双子池まで下山し、双子山へ登り大河原峠まで下山するルートです。
このルートはそんなにゴロゴロ石もなく、雨模様だったが雨にも降られず景色も良く気持ちの良いハイキングでした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる蓼科山登山の歩いた軌跡

二日目は赤線の◎から◎までのルートです。
蓼科山荘(標高2350m)(〇印)→天祥寺原→亀甲池分岐→双子池(雌池・雄池2040m)→双子山(標高2224m)(〇印)→大河原峠(標高2053m)(◎印)


クリックすると元のサイズで表示します
日の出
早朝起きて日の出を見たが、山荘周辺は樹木で良く見えなく林の間から明るくなったのを確認できただけでした。


クリックすると元のサイズで表示します
ウソの食事
昨日夕方ウソを見たが、翌日も居るかと外へ出るとウソの幼鳥がひまわりの種を食していました。


クリックすると元のサイズで表示します
出発前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
二日目スタート
カラマツ林の中を下る。


クリックすると元のサイズで表示します
紅葉する樹木
ところどころに紅葉した樹木あるがもう終わっているようです。


クリックすると元のサイズで表示します
石ころの沢道


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の中を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
天祥寺平


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林を歩く(2)
この辺は平らになっていて歩きやすかった。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池
池となっていたがほとんど水がなかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(1)


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(2)
倒木と大石を避けながら登る。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(3)
倒木と石ころの山道。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(4)
倒木だらけの山道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
亀甲池から双子池まで(5)
亀甲池から登って降りたところが双子池(雌池)です。


クリックすると元のサイズで表示します
双子池(雌池)


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の山道
双子池(雌池)脇から双子池(雄池)へ歩く


クリックすると元のサイズで表示します
双子池(雄池)
役所の方が水質検査をしていました。


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹の山道
標高差約200mを登って双子山へ


クリックすると元のサイズで表示します
枯れた熊笹の高原を見ながら歩くと双子山山頂です。


クリックすると元のサイズで表示します
双子山頂へ着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
双子山(標高2224m)山頂で


クリックすると元のサイズで表示します
双子山から大河原峠へ下山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
双子山から大河原峠へ下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
大河原峠(標高2093m)
ここにバスが待機していて白樺湖温泉スズランの湯で入浴し帰宅する。


クリックすると元のサイズで表示します
オコジョ
大河原峠にある食堂の建物床下からオコジョが顔を出しました。

私は初めて見たので調べると、
オコジョとは、ネコ目(食肉目)イタチ科に属する動物。
別名、ヤマイタチ(山鼬)。
夏と冬では印象がガラリと変わりカモフラージュの為なのか、夏は周りの岩や木々と同じ茶色い毛皮、一方冬は一面の雪と同化してしまい真っ白になり鼻だけピンク色だと言います。

早速パチリしたあと、すぐ右の方へ走って消えました。
左端の隅に顔を出しているが判りませんか? 
クリックして大きくすると判ります。


クリックすると元のサイズで表示します
白樺湖温泉スズランの湯


クリックすると元のサイズで表示します
コスモスの花
もうすっかり秋ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
たてしな自由農園 原村店
帰宅途中でたてしな自由農園でお土産品を買い帰宅の途に就きました。
自宅には19:00前には無事につきました。


二日間でこの素晴らしい百名山蓼科山へ登れたのも、
横浜市青葉区体育協会ハイキング部のリーダースタッフの皆さんが事前に下見もされたお陰です。
この場をお借りしてお礼させていただきます。
本当にありがとうございました。


二日目に歩いた歩数:17,910歩(約11.7km)でした。

青葉の百姓 2017.10.04記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
けーさん
2017年10月06日 11:32
健康で健康な青葉区民さんですね
お見それしました <(_ _*)> 
雨に会わずに何よりでした

青百
2017年10月06日 12:03
けーさん、コメントありがとう。
青葉区の皆さんは全くお元気です。
今回は女性が6割も居て圧倒されました。
二日とも雨に当たらず、帰りのバスでは降っていましたが良かったです。
石ころゴロゴロの百名山は忘れられないですね。



ゆうまさん
2017年10月07日 03:38
蓼科山は麓まではよく行くのですがとても登る元気はありません(ーー゛)
山の上から紅葉も本番になって来るとなんとなく落ち着きません。

青百
2017年10月07日 06:34
ゆうまさん、お早うございます。
蓼科山の麓っていうのは白樺湖周辺ですね?
あそこから良く見えますからね。
遠くから見るとおむすび山のような簡単な山に見えるが、登ってみるとなんとなんと火山で崩れた大石ゴロゴロの急登山道でした。
頂上も全て石ころだらけで歩くことも大変だが、見晴らしは最高でした。
山の麓は紅葉していましたが、上の方は針葉樹が多いのかもう紅葉が終わってしまったのかところどころ紅葉しているだけでした。



名前:ふぅさん
日付:2017年10月07日(土) 02時47分
大河原峠経由の下山は厳しい所も無くて、良かったのでは?
オコジョに出会ったのですか?素敵(^◇^)
冬毛? 真っ白でふわふわきっと可愛かったでしょう。
私は本物を見た事がありません。
冬毛のライチョウは出会ったことがありますが・・・(^◇^)
3連休ですね。
岐阜は信長祭りで行列が出ます。
今年は藤岡弘さんが信長さんになります。
良いお休みを過ごして下さい。

名前:青百
二日目の蓼科山大河原峠下山ルートは良かったです。
双子池を見て、双子山へ登って大河原峠へ降りて来ました。 
幸運にも大河原峠で可愛いオコジョと遭遇しましたよ。
リトアニアとの交流会にも参加したのですか? 
ふぅさんは横文字がペラペラなので心配ないですね。
11日は静岡にいるので会えないですね。  残念!


青葉の百姓 2017.10.07追記





1

2017/10/3

バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山一日目171001  アウトドア

バスハイクG
錦秋の日本百名山・蓼科山一日目


青葉区民バスハイクで日本百名山・蓼科山を訪ねる山旅に行って来ました。
二日間とも好天に恵まれ大石ゴロゴロ急登山道を全員何事もなく無事に完歩出来ました。


日 時: 2017年10月1日(日)〜2日(月)
集 合: 10月1日(日)田園都市線市が尾駅西口横浜銀行前 
      6:30集合
コース: 
市が尾(貸切バス)→中央自動車道→諏訪南IC→蓼科山七合目駐車場→蓼科山荘(昼食)→蓼科山山頂→蓼科山荘(泊)


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山七合目登山口スタート
標高1900m


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる蓼科山登山の歩いた軌跡

青色が一日目
蓼科山七合目登山口(◎印)→蓼科山荘(〇印)→蓼科山山頂(◎印)→蓼科山荘(泊)(〇印)
赤色が二日目
蓼科山荘(標高2350m)(〇印)→天祥寺原→亀甲池分岐→双子池(雌池・雄池2040m)→双子山(標高2224m)(〇印)→大河原峠(標高2053m)(◎印)


クリックすると元のサイズで表示します
熊笹のある山道


クリックすると元のサイズで表示します
カラマツ林の山道


クリックすると元のサイズで表示します
倒木と石ころの急登山道(1)


クリックすると元のサイズで表示します
苔の花
なんていう名の苔かわ判りませんが花芽を付けていました。


クリックすると元のサイズで表示します
倒木と石ころの急登山道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
登山中の展望
山道を歩いていて遥か遠くに槍ヶ岳が微かに見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(標高2350m)へ到着。
今晩宿泊する山小屋です。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘で昼食。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘から蓼科山山頂を目指しスタート。
思い切って一日目に蓼科山山頂まで登ったのは正解で、翌日は朝日が見えたもののそのあとはほとんど曇り空だった。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(1)
とにかく大石の間を気を付けて登る。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(2)
次は倒木を避けて登る。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(3)
四つん這いで登ったほうが安全なところもありました。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(4)
途中で一休みをして振り返ると見晴らしが良かった。
しかし、このゴロゴロ石の間を再度急下りして山小屋まで下りなければならないと思うときついです。


クリックすると元のサイズで表示します
大石ゴロゴロ急登山道(5)
見晴らしが最高です。
それにしてもこんなに多くの大石があるのには驚きました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂ヒュッテ到着
やっとのことで蓼科山山頂前にある山頂ヒュッテまで来ました。
頂上まであともう少し。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂を目指す(1)
蓼科山頂ヒュッテからまたまた大石だらけの山道をジグザグに歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂を目指す(2)
周りの山々が綺麗に見えてしばし和らぎました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(1)
蓼科山は八ヶ岳連峰の北端に位置する標高2531mの火山で、円錐形の美しい山容から諏訪富士とも呼ばれる。
冬場で天気が良ければ360度の山々が一望出来ると思うし、さすが日本100名山に選ばれた山であることは確かです。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(2)
頂上部は大きな溶岩で覆われているため、風が強かったが樹林が育たず見晴らしは最高です。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂(3)(標高2531m)
頂上には蓼科神社の奥社があり、登山口にあたる七合目にはその鳥居が立っていて、そこからスタートして登り標高差は約630mで良く登って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(1)
右にある山小屋は蓼科山頂ヒュッテです。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(2)
大石ゴロゴロで登りも下りもかなり危険で注意深く下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山山頂から蓼科山荘まで下山する(3)
登りもきつかったが、下りも周囲の状況も変わり先ほど登って来た道とは違うように見えてきつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(1)
蓼科山荘へ無事に到着し、夕食前の団欒をしました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(2)
団欒中に山仲間が蓼科山荘の外にウソという鳥がいると聞いて急いで外を出ると、沢山のウソが集まっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(3)
初めて見た鳥だが首のあたりが赤くなっているが、この鳥は雄の親鳥だという。
ウソとはスズメ目 アトリ科 ウソ属に分類される鳥類の一種で全長16cmくらいで、ヒ、フーなどと口笛のような鳴き声を発するようです。
本州以北の高い山で繁殖し、秋冬は低地や四国、九州の林でも見られるとの事だが、たいへん愛らしい鳥ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(3)
こちらは胸のまわりを膨らませてひまわりの種を食している。
幼鳥のようです。
この山荘ではウソにひまわりの種で餌付けされていて、かなりの数のウソがやってきます。


クリックすると元のサイズで表示します
蓼科山荘(4)
夕食
登山の一日目が無事に終わりホッとしました。
夕食しながら当日の登山の話や翌日の登山ルートの話で話題が尽きなかった。
二日目の事もあり、21:00頃には就寝しました。

一日目に歩いた歩数:11,510歩(約7.5km)でした。

この素晴らしい百名山蓼科山へ登れたのも、
横浜市青葉区体育協会ハイキング部のリーダーやスタッフの皆さんのお陰です。
この場をお借りしてお礼させていただきます。
本当にありがとうございました。


青葉の百姓 2017.10.3記

--------------------------------------------------
バスハイクG錦秋の日本百名山・蓼科山二日目171002
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/33.html
--------------------------------------------------

青葉の百姓 2017.10.4追記



ネット仲間からのコメントです。

----------------------------------------------------
マイビオラさん
2017年10月03日 22:26
お天気にも恵まれ蓼科山登頂頑張られましたね。
大きなごろ石ばかり見ているだけでため息が出ますね。
登り切った喜び
空気も美味しかったことでしょう。

青百
2017年10月04日 06:41
マイビオラさん、お早うございます。
コメントありがとう。
運よく蓼科山登頂までは天気も良かったです。
蓼科山七合目登山口スタートしてから山頂まで石、石、石ころだらけの山道でした。
始めは小さかったが頂上近くになるに従い大石だらけで大石の間を探しながらの登山です。
蓼科山は富士山頂の赤茶けた岩だらけと違い、大石を割って噴火したのか河原にある大石と同じものが急坂にごろごろ置かれているって感じですね。
頂上の見晴らしの良さは最高でした。



プー太郎さんへ
2017年10月03日 08:21
昨日やっと山から無事に帰って来ました。
趣味人倶楽部の会員登録2007年12月頃ですか?
凄いの一言。
趣味人倶楽部プロフィール紹介の119ヶ月目、2007年11月頃の登録…これまた凄い!
良く続けられて来られましたね。
これからもず〜〜っと素晴らしい日記を続けて下さい。 
ではまた 青百


プー太郎さん
2017年10月03日 09:56
青百先輩、
今年は、あちらこちらで、熊が出没しております。
行かれた山では、熊と遭遇する危険などはなかったのでしょうか?
先輩が長年続けて来られたブログに比べれば、大したことはありません。

青百
2017年10月03日 10:42
プー太郎さん、お早うございます。
大岩ゴロゴロ山道の蓼科山も林に入れば時々熊が出没しているそうですね。
我々の仲間達は単独ではなくあれだけ大勢の集団で山へ登れば熊も察知し避けるのではないかと思います。
そう言えば私のHPやブログも立ち上げてからあっという間に14年にもなりました。
早いものですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。



さぬきふじ・2さん
2017年10月04日 11:33
1泊しての登山は気持ちもゆっくりしますのでいいですよね。
温泉に入って泊まれるのは最高の気分でしょう。
頂上は大きな石がゴロゴロのようですが座る場所も考えませんとお尻が痛い事だろうと思いましたね。

青百
2017年10月04日 11:46
さぬきふじ・2さん、お早う。
1泊しての登山と言っても山小屋に泊まるだけで、下に降りて来て白樺湖のスーパー銭湯に入っただけですよ。
それでも疲れがとれました。
蓼科山は大石ゴロゴロで、座ることも出来ず寄りかかって休むだけでした。


青葉の百姓 2017.10.4追記




4

2017/9/25

区民ハイクF初秋の箱根・明星ヶ岳170924  アウトドア

区民ハイクF初秋の箱根・明星ヶ岳ハイキング


2017.9.24
9月の区民ハイクは初秋の箱根・明星ヶ岳ハイキングに行って来ました。
前日雨が降って山道は滑りやすくなっていたが、曇り時々晴れのまあまあの天気でした。
参加人数:約60名

コース
田園都市線中央林間駅改札前集合→小田急中央林間駅→相模大野駅(のりかえ)→小田原駅(のりかえ)→箱根湯本駅(のりかえ)→箱根登山鉄道強羅駅……明星ヶ岳……阿弥陀寺……箱根湯本駅


クリックすると元のサイズで表示します
登山電車(緑線)
箱根登山鉄道箱根湯本駅→箱根登山鉄道強羅駅

歩いた軌跡(赤線)
箱根登山鉄道強羅駅→箱根登山鉄道箱根湯本駅


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳登山口(1)
準備運動


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳登山口(2)
ここで準備運動を済ませた後にスタートしました。


クリックすると元のサイズで表示します
広葉樹の山道を登る。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根大文字焼き説明板


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(1)
明星ヶ岳登山口から大文字山まではほとんど急坂できつかったが、登山口から約1時間かけて無事に到着しました。
ここで早めの昼食となりました。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(2)
昼食
大文字焼きのある場所は見晴らしも良いし、眼下に箱根強羅温泉の街並みが見えます。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(3)
昼食
近くへ来ると大文字の大という字が確認できない大きさです。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳(大文字山)(4)
昼食が終わり明星ヶ岳頂上へと向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
大文字山から竹林トンネルを歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
針葉樹林を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
尾根道を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳頂上御岳大神
神奈川県小田原市と箱根町の境にある標高924mの山で、箱根山の古期外輪山の一峰である。
富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
山頂には石碑と祠がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳頂上
小田原方面からは高く見え、宵の明星が当山の上に輝くことからこの名がついた。
大文字焼きの行われる山として地元では「大文字山」 と呼ばれる。
毎年8月16日の夜、先祖供養の送り火として盛大に行われている。


クリックすると元のサイズで表示します
明星ヶ岳頂上で箱根八里を合唱


クリックすると元のサイズで表示します
下山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰(566.3m)へ向かう(1)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰(566.3m)へ向かう(2)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰(566.3m)へ向かう(3)


クリックすると元のサイズで表示します
塔ノ峰から阿弥陀寺へ向かう
この辺は急下りで滑りやすく滑らぬように無駄な筋肉を消費し疲れました。


クリックすると元のサイズで表示します
阿弥陀寺(1)
箱根湯本にある塔ノ峰の中腹にある古刹で、別名をあじさい寺と言います。
幕末を生きた皇女・和宮の位牌が祀られている。


クリックすると元のサイズで表示します
阿弥陀寺(2)
お地蔵さんと阿弥陀寺

阿弥陀寺で解散となり、箱根登山鉄道箱根湯本駅まで歩き電車に乗り帰宅する。
今回も雨上がりでのハイキングであったため、下山中の山道は非常に滑りやすく何回か滑り大変でしたが、特別なトラブルもなく全員完歩出来ました。


この日に歩いた歩数:23,150歩(約15.1km)

青葉の百姓 2017.9.25記


ネット仲間からのコメントです。
--------------------------------------------------
小野小町さん
2017年09月25日 15:36
60名の参加者で健脚な人ばかり12キロもそれも雨の中を、いいご趣味
です。健康のためにもいいことなさっている。

青百
2017年09月25日 16:07
小野小町さん 、コメントありがとう!
当日は曇り天気でしたが、前日に雨が降って山道は滑りやすく危険でした。
60名の参加者は平均70歳くらいですが、健脚な人ばかりですよ。
今回のハイキングは急登あり、急下りありの12キロでしたが、何事もなく全員無事に完歩出来ました。
一週間後も仲間達と一泊二日で日本百名山である蓼科山へ行く予定です。
楽しみ!


青葉の百姓 2017.9.25追記


--------------------------------------------------
マイビオラさん
2017年09月25日 22:12
素晴らしい!!健脚ですね。
平均年齢70歳で12K踏破!益々健脚になれますね。
この頃みなさんお元気ですね。
私の卓球クラブは、75歳平均で最高齢は83歳です。
明日主人は、一人旅に10日間出かけます。
今私はついていくべきか否か迷っています。
お出かけは大好きですがお天気が良すぎて植物のことが気がかりで。

青百
2017年09月26日 06:21
マイビオラさん、お早う。
青葉区民ハイクは平均年齢70歳だと思うが、結構お若い山ガールも来ていますが、皆お元気です。
むしろこちらの方がきつくなったし、脚もまだ痛いです。
富士山に毎年登頂した頃よりは年々衰えて来ましたね。
マイビオラさんのかよっている卓球クラブは、75歳平均で最高齢は83歳ですか?
皆、昔と違ってお若いですね。
ご主人さんは、一人旅に10日間出かけるのに留守番ですか?
私も夫婦で海外旅行などに行く時は、植物が心配で息子たちに水撒きに来てもらいました。
マイビオラさんは誰かに頼めないですか?
植物が沢山あり、特に鉢物が多いとこれが悩みの種ですね。



ゆうまさん
2017年09月26日 01:25
山道を12キロのハイキングは立派ですね。
しかも60名もの大所帯、楽しまれましたね。

青百
2017年09月26日 06:30
ゆうまさん、お早う。
10時ごろ登山口をスタートして12キロの山道を歩き、16時ごろ箱根湯本駅まで歩いたですからね。
今回はまだ少なかったが参加者が多いとトイレタイムでかなり時間をとられてしまうが、山の中は無いので皆良く我慢しましたね。
昼食場所の大文字山は見晴らしがよかったです。



さぬきふじ・2さん
2017年09月26日 09:12
毎月の区民ハイク、出かけてますと1カ月は早く過ぎ去りますね。
毎回、大勢参の加で賑やかでしょう。これからは山の景色も楽しみが増えてきますよ。

青百
2017年09月26日 09:37
さぬきふじ・2さん、
毎回、毎回、大勢の参加があり賑やかです。
写真はアップ出来ないが、山頂では山歌を歌い、その月の誕生月の参加者を全員でお祝いするのですよ。
毎月の区民ハイクに参加すると1カ月はあっという間に月日が過ぎ去っていきます。
10月、11月はスケジュールがいっぱいで忙しいし、あっという間に大晦日、お正月を迎える事になるのかな?



ふぅさん、
日付:2017年09月26日(火) 08時08分
急登は登りも下りも厳しいですね。
暑い時は山登りは暑いだけで疲れますね。
お弁当の写真拝見しました。眺めが良さそうでした(^◇^)
涼しくなってきましたし、アウトドアには最高の季節。
出かけたい場所も沢山です。

青百
日付:2017年09月26日(火) 11時51分
箱根・明星ヶ岳の急登、急下りも大変だったが、金華山山頂へ行くめい想の小径登山コースも結構厳しかったですよ。
登山道のあちらこちらには「危険」「がけ」などの注意看板が立っているが、所々にある「ビューポイント」からの景色は最高でした。
写真を撮りながら登って行きました。



やどさん
2017年09月26日 14:55
ご無沙汰しております。
流石青百さん・頑張っていますね〜羨ましいです。

青百
2017年09月26日 15:07
やどさん、こちらこそご無沙汰しております。
久しぶりのコメントありがとう。
今回の箱根・明星ヶ岳ハイキングはくたびれました。
未だ脚が痛いですよ。


青葉の百姓 2017.9.26追記


---------------------------------------------------
名前:ふぅさん
日付:2017年09月27日(水) 03時50分
金華山の瞑想の小径は登山道の中で一番距離もあります(^◇^)
でも、ビューポイントがあるので癒されますね。
その節はありがとうございました。
箱根はたまに行きますが美術館巡りが多くて・・・(;´・ω・)
秋はやっぱり山が良いですね。

青百
金華山の瞑想の小径は登山道の中で一番距離があったのですか?
それに急登だし。
道理で別ルートから登ったふぅさんの方が金華山山頂へ着いたのが早かったのでびっくりでした。


青葉の百姓 2017.9.27追記


-------------------------------------------------
名前:ふぅ
日付:2017年09月27日(水) 22時58分
金華山に「馬の背」という登山道があるのですが、ここはロープウエイの下の直登で、険しいけど、早いです。
「老人子供は入らないように」という立札があります(笑)
蓼科山、楽しんできて下さい。
山の秋は速いですね。

青百
青葉の百姓 2017.9.28追記
金華山ロープウエイの下の直登に「馬の背」という登山道があったのですか?
しかし何も見えないところを登るより「瞑想の小径」を登って良かった。


青葉の百姓 2017.9.28追記




2

2017/8/6

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)170801   アウトドア

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)

特別ハイクE苗場山3日目は前日は和田ロッジに泊まり、帰りに水澤観音へ立ち寄り参拝した後、昼食に水沢うどん「大澤屋(第一店舗)」でマイタケ天ぷらとうどんを食べました。


クリックすると元のサイズで表示します
和田ロッジ
朝食


クリックすると元のサイズで表示します
道の駅「みつまた
旧三国街道沿い、関東から新潟への玄関口に「道の駅みつまた」ができました。
館内には地元湯沢の農産物やお土産をはじめ、アウトドアをサポートするグッズも充実。
館内外に設置された足湯で心も体もリラックス出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
水澤観世音入口
群馬県渋川市にある天台宗の寺院である。
山号は五徳山。本尊は十一面千手観音で、坂東三十三箇所第16番札所です。


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音鐘楼


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音本堂(観音堂)


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音六角堂


クリックすると元のサイズで表示します
水沢の観音杉
樹齢700年以上と言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
弁財天


クリックすると元のサイズで表示します
水沢うどんの大澤屋
(第一店舗)


クリックすると元のサイズで表示します
水沢うどんの大澤屋
マイタケ天ぷらうどんで昼食。
日本三大うどんの一つにあげられている群馬県の水沢うどんは、400年以上の歴史を有するコシの強いをうどんと言われるが、揚げたてのマイタケ天ぷらは美味しかったが、うどん自身はそれほど美味いと思いませんでした。
何といっても四国お遍路の旅であちこちで食べた讃岐うどんの方が遥かにコシがあり美味しいかった。

因みに日本三大うどんを調べてみると、
「定説はない」との見解だが、現状では「讃岐」と「稲庭」はほぼ「当確」という見方が強い。
第三のうどんには、長崎県の「五島」、群馬県の「水沢」、富山県の「氷見」のほか、名古屋の「きしめん」が挙がることもあるそうです。


特別ハイク苗場山登下山の2日間は悪天候もありかなりきつかったが、2泊3日であったため3日目はゆっくりし早めに帰宅出来ました。

青葉の百姓 2017.8.14記


ネット仲間からのコメントです。

-------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月14日 20:08
讃岐うどんのほうがおいしかったと書いてあり
ほっと安心しています。マイタケ天ぷらはいかがでした?

青百
2017年08月14日 20:20
小野小町さん、早々とコメントありがとう。
採れたてのマイタケ天ぷらは美味しかったですよ。
数年前に仲間3人でお遍路の旅をして疲れ切った時に立ち寄った讃岐うどんは安くて美味しかったです。
忘れられないですね!


青葉の百姓 2017.8.14追記




1

2017/8/2

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731  アウトドア

特別ハイクE苗場山2日目(下山)

苗場山からのご来光を観ようと早朝4時30分に起床。
5時前には外へ出たが霧がかかって残念ながら観ることは出来なかった。
出発する7時40分頃からは霧も消えて午前中まで好天気に恵まれたことは幸運でした。
最大の見せ場である苗場山頂湿原、自然に群生している高山植物のお花畑を観ながら下山しました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山頂湿原
5時前は霧がかかって見えませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山頂から和田小屋までの下山した軌跡。
大きな丸印緑色の歩いた軌跡が祓川コースです。

苗場山頂(標高2145m)→お花畑→雷清水→神楽ケ峰(標高2029m)→上ノ芝・中ノ芝・下ノ芝→和田小屋


クリックすると元のサイズで表示します
準備体操
苗場山山頂自然体験交流センター(一泊)からスタート前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター前
霧が消えて高層湿原が一望出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂へ
まず苗場山自然体験交流センター前から近くにある山頂へ向かい出発しました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂(標高2,145mの火山)
ここから雄大な大湿原を歩いて下山します。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(3)
池塘(ちとう)群
頂上部は多くの池塘を光らせた4km四方に及ぶ高層湿原を展開していて、その景観と特異な山容から、越後の名山として注目され県内外の登山者に親しまれている。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(4)



クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(5)


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を歩く
この岩場を抜けると高山植物のお花畑が広がります。


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(3)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(4)
お花畑から後ろを振り返ると苗場山山頂が良く見えたのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(1)
ハクサンフウロ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(2)
クルマユリ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(3)
シモツケソウ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(4)
ホタルブクロ(ツリガネソウ) か?


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(5)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(5)
撫子(なでしこ)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(6)
菊のような黄色い花は何て言う花か不明?


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(7)
シシウドと撫子(なでしこ)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(6)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(8)
ニッコウキスゲ


クリックすると元のサイズで表示します
雷清水から苗場山を仰ぎ見る。


クリックすると元のサイズで表示します
雷清水(かみなりしみず)
標高(1920m)
ここの清水は冷たくて美味しかった。
飲料水と残った清水はウイスキーを入れて水割り用に、空いた500mmペットボトルに3本も入れて下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(9)
コイワカガミ


クリックすると元のサイズで表示します
再び登り斜面を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
神楽ヶ峰(6合目)


クリックすると元のサイズで表示します
股すり岩
確かに名前のごとく脚を擦るように大股で登らないと移動できなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
岩だらけの道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
休憩


クリックすると元のサイズで表示します
木道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
ワタスゲ
夏の風物詩、群生したワタスゲの白い綿穂が風に揺れている。


クリックすると元のサイズで表示します
なだらかな斜面を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
再度岩だらきの道を登る。
とにかく歩きにくい山道です。


クリックすると元のサイズで表示します
又、下ります。


クリックすると元のサイズで表示します
下の芝


クリックすると元のサイズで表示します
緩い下り坂を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
和田小屋到着


クリックすると元のサイズで表示します
和田小屋で昼食
かき揚げそばを頼んだが、夏は暇なのか従業員が少なく約30〜40分も待たされました。
昼食後、和田小屋からシャトルバスに乗り和田ロッジまで行き一泊する。


クリックすると元のサイズで表示します
和田ロッジ(泊)
夕食はこのメニューにあとから鰻のかば焼きまで出て来ました。
一泊二食付きで8,100円は安かった。

この日に歩いた歩数:15,960歩(約10.4km)
かかった時間は約4時間40分でした。
悪天候での二日間登山はとにかく疲れました。

3日目は水沢観音へ立ち寄り、昼食を取ったあと帰宅する予定。

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)170801
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/30.html


青葉の百姓 2017.8.4記


ネット仲間からのコメントです。
-----------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん、
投稿日:2017年 8月 4日(金)17時33分18秒
3日間も行ってこられたのですね!
素敵な山行きでしたね〜
ご来光は見れなくても、雰囲気が味わえて良かったです。
苗場山山頂湿原池塘(ちとう)群、見せていただいてありがとう。初めて見ました。
素晴らしい所ですね。
山でお花に出会うと、心が和みます。
高山植物を見るのは、私にとっては山登りの楽しみの一つです。

青百
ふぅさん、お早う。
苗場山山頂までの1日目は悪天候で体中ビショビショになり、岩道の急登あり、10ヵ所くらいの鎖場がありで頂上まで行けるのかと思いながら歩きました。
登頂翌日は下山中に雄大な苗場山山頂湿原池塘(ちとう)群、自然に群生している高山植物のお花畑を観れたことは幸いでした。
とにかく疲れましたが、数日経ってみるときつかった山登りも素晴らしい想い出になります。
その二日後は高尾山ビアマウントで仲間達と暑気払いがあり、この日は別の登山ルートを使い仲間達と合流しました。
またアップします。 ではまた


青葉の百姓 2017.8.5追記


---------------------------------------------------
Kumilyさん
2017年08月05日 23:21
おーーーーー良い景色ですね
山頂に、湿原ありなんですねー

青百
2017年08月06日 07:37
山頂大湿原には無数に池塘(ちとう)があり、前日の雨で打たれた登頂の疲れは吹っ飛んでしまいました。
是非行かれてみて下さい。


青葉の百姓 2017.8.6追記


---------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
日記にいいねをしてくれました。

青百
日記にいいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.9追記






1

2017/8/2

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)170730  アウトドア

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)


青葉、山の会に初参加で日本百名山の苗場山(標高2,145mの火山)へ行って来ました。
天候不良で心配していたが、1日目、2日目とも小雨降る中の登山で大変だったが、苗場山翌日は幸運にも3時間ばかり好天に恵まれ、雄大な高層湿原を歩き、下山中には高山植物のお花畑を満喫しながら無事に下山できました。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山まで歩いた軌跡
赤丸印
右上の緑の軌跡は翌日和田小屋まで下山した軌跡です。


クリックすると元のサイズで表示します
赤石澤国有林入口
スタート


クリックすると元のサイズで表示します
広葉樹の樹林帯を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
雨の中を登る。
雷のせいか辺りを見渡すと何本かの巨木が折れている中を登って来ましたが、霧もかかって何とも異様な感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
急坂を登る。
これから大きな石を避けて注意深く登っていく。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(1)
これから急な登り坂が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(2)
ここもかなり急な岩場です。
雨が降っていて体中は蒸れ切ってべとべとになっている中、転落に注意し少しづつ登りました。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目
5〜6本くらい鎖場がある岩場を登るとやっと6合目に着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
茂みの中を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
またまた鎖場が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(7合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(8合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
休憩所
8合目を登りきると広々とした休憩所がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
木道


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(1)
ワタスゲの群生地を歩く。
初夏の湿原の風物詩として白い綿帽子のような綿毛がゆらゆら揺れるワタスゲだが、ここまで来ると咲き始めでまだ綿のようにはなっていませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(2)
6月に行った尾瀬を想い出すような広々とした湿原が続く。


クリックすると元のサイズで表示します
9合目
9合目を超えるとまた樹林帯に入り、急登岩場に入って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
急登岩場
更に急な岩場を登って行くが、ここも雨が降っているし岩が滑りやすくゆっくり登って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を登りきると広々とした湿原に着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(1)
この辺には何の植物が咲くのだろう?


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(2)


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の雪渓
山東付近には雪渓が残っていて滑らないよう注意深く歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(3)
山頂付近の雪渓を歩き切ると、更に湿原が続き、遠くに苗場山自然体験交流センターの屋根が見えて来ました。
ホッと一息つき疲れがどっと出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター
全員が無事に到着し、雨で体中がびしょびしょで早々と着替えました。
濡れた登山着は乾燥室へ、
夕食は山小屋の定番メニューであるカレーライスでした。

この日の歩いた歩数:9,570歩(約6.2km)
かかった時間は約4時間45分でした。

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/29.html

青葉の百姓 2017.8.2記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月02日 15:20
ご苦労様です。健脚でいいですね。
この写真を見ていたら、女性の方もいらっしゃるのですね。

青百
2017年08月02日 15:48
小野小町さん、早々とコメントありがとう!
この雨の中を、年齢も70歳前後の集まりで一人も脱落者も出ず完歩出来る元気な方たちです。
その中で女性も4割いるし、青百の方が負けそう・・・。



ももっちさん
2017年08月02日 15:56
未だ雪が残っているのですね。
普段目にしない草花も
高度によって色々変化していくのでしょうね。

青百
2017年08月02日 17:46
ももっちさん、
この辺へ来ると未だ雪が残っていましたね。
普段目にしない草花は翌日午前中3時間ばかり好天になり、下山中に自然高山植物のお花畑を見てきましたよ。
下山2日目を追ってアップしますのでご覧ください。



セレスさん
2017年08月02日 16:06
雨の中、大変でしたね!
無事下山され良かったですね!

青百
2017年08月02日 17:48
セレスさん、ありがとう!
雨の中は普段の二倍の体力と気力が必要です。
無事下山しましたが、2回も滑りましたよ。



Kumilyさん
2017年08月02日 16:38
おーーーー雪がたくさんあるー🙊
こういうところ 登山したいです

青百
2017年08月02日 17:51
Kumilyさん、
まだ頂上付近には雪が残っていました。
雪渓ではアイゼンは持って行かなかったので見事に滑りました。
しょっぱな滑ったのでゆっくりと気を付けて歩きました。



ふぅさん、
日付:2017年08月02日(水) 17時46分
お帰りなさい〜!
苗場山へ3日間も行ってこられたのですね。
苗場はスキー場しか知りません( ;∀;)
白いのは雪渓なんですね。
2000m超えの山だから、雪渓もありますよね。
足元、滑りませんでした?(^◇^)
良いお天気の時間もあって、良い思い出ができて良かったです。

青百
日付:2017年08月02日(水) 18時48分
私も若い頃に苗場スキー場へは来たことがありますが、苗場山頂へは初めて登頂しました。
この山頂近くにある緩い雪渓を歩かないと遠回りになり、縦断しましたがしょっぱなで滑ってしまいました。
その後はゆっくり気を付けて歩き雪渓を歩き切りました。


青葉の百姓 2017.8.2追記


--------------------------------------------------
ゆうまさん
2017年08月03日 02:14
足元が悪そうで大変でしたね。
でも登頂の喜びもひとしおだったでしょう(^−^)

青百
2017年08月03日 05:50
ゆうまさん、お早う!
今回の苗場山は今まで登った山でも3本の指に入るような足元が悪さです。
それに悪天候でカッパは来ていても体中蒸れてびしょびしょでリュックも重いし、疲れました。
でも苗場山へ着いてTシャツに着替えたら生き返りました。
翌日は晴れて素晴らしい高原の大湿原と自然の高山植物を観れたことは幸運でした。
今日はプー太郎さん主催の高尾山ビアマウントで暑気払いです。
例によって私は大垂水峠から登り高尾山頂経由でビアマウントで仲間達と合流します。
ゆうまさんも来れれば良いですが、何せ遠いですよね。


青葉の百姓 2017.8.3追記


---------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん
投稿日:2017年 8月 3日(木)05時44分48秒
お疲れ様でした。
長い雪渓なので滑らなかったかと気になりましたが、やっぱり滑りましたか?
それだけに充実感は大きかった事でしょう(^◇^)
私も立山へ登る時、雪渓で足を取られました。
山へ登る時は装備をきちんとしないと・・・ですね。

青百
ふぅさん、コメントありがとう。
立山は登ったことも無いですが、室堂の上にそびえている山が山頂なのですか? 素晴らしいところですね。
苗場山山頂近くの雪渓は急斜面ではなく大丈夫だと思いましたが、雪渓に足を踏み入れた途端に足を取られました。
雪渓が急斜面でしたら当然迂回しますが、体ごと滑って行く斜面ではないのでそのあとは気を付けて歩きました。


青葉の百姓 2017.8.4追記


--------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
特別ハイクE苗場山1日目にいいねをして頂きました。

青百
いいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.12追記




4

2017/6/27

区民ハイクD納めの秩父札所巡り170626  アウトドア

区民ハイクD納めの秩父札所巡り


2017.6.26
6月の区民ハイクはバスに乗って秩父観音霊場、第31番札所〜第34番札所の4ヶ所の霊場を巡拝して来ました。
天気予報では曇りのち雨だったが、一日中薄曇りの好天の中で快適に巡拝することが出来ました。

コース
市が尾駅前6:30集合→東名・圏央道・関越高速道→花園IC→第31番札所観音院→第32番札所法性寺→第33番札所菊水寺→第34番札所水潜寺→満願の湯→花園IC


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(1)
バス駐車場
9:27着、約3時間で着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(2)
山門(仁王門)
両脇の仁王像は、高さ約4bもあり石造り仁王像としては日本最大だそうです。
但し、仁王門が貧弱です。
仁王門なんて取り外して、左右の石造り仁王像だけが立っていた方が遥かに威圧感があり良いと思いますが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(3)
参道


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(4)
観音院の梵鐘
秩父札所の中でもっとも険しい難所に建つ寺で、296段の長い石段を登りつきると、最初に梵鐘にたどり着く。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(5)
観音堂
観音堂の背後には大岸壁が覆い、左には落差約30メートルの聖浄の滝が落ちているはずだったが、カラ梅雨のため滲んでいる程度でした。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(6)
聖浄の滝
残念ながらカラ梅雨で水がなかったです。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(7)
新生代第三紀の地層

ネットで調べると、新第三紀は約2300万年前から約258万8千年前くらいの地層だそうです。
新生代に入ると地球は徐々に寒冷化してゆき南極大陸に氷床が発達し氷河期に入る。
動物は中生代に栄えた大型爬虫類の多くが絶滅し、地上は哺乳類と鳥類の適応分散が始まったと記されていました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(8)


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(9)
お堂


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(10)
観音院の東裏山を登ると奥の院があると言い登って来ました。
振返えって境内をパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(11)
東奥の院


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第31番札所鷲窟山観音院(12)
東奥の院を更に進むと、岩廂(いわひさし)の中に石仏群がある。
更に進みたいと思ったが、時間的に迷惑をかけると思い同じ道を引っ返してきました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(1)
鐘楼門
堂々とした二層の山門(仁王門)は秩父札所唯一の鐘楼門で、般若山の額が掲げられている。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(2)
赤い仁王様


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(3)


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(4)
観音堂
崖の中腹に舞台造りの観音堂がある。
江戸中期に建てられたという観音堂へは苔の付いた石段を上る。
秩父の苔寺とも言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(5)
この裏山には鎖の付いた岩場を約20分登と石舟山の名を持つ巨岩の岩窟の中に金銅の大日如来が祀られていて、奥の院の岩上には岩舟観音が立っている。
下から見上げると山の上に微かに見えました。
残念ですが時間がないので法性寺奥の院までは行けませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第32番札所般若山法性寺(6)
観音堂の裏側
岩壁になっているが、浸食が海岸で見かける窪みのようで、大昔に隆起した地層のようにも感じました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第33番札所延命山菊水寺(1)
入口


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第33番札所延命山菊水寺(2)
ここで昼食をとりました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第33番札所延命山菊水寺(3)
観音堂
文政3年(1820)建立で間口8間、入母屋造りの威風堂々たるたたずまいです。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父華厳の滝
第34番札所水潜寺へ行く途中に秩父華厳の滝があり、立ち寄って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(1)
日本百観音霊場結願寺
日本百観音霊場の(西国33ヶ所・坂東33カ所・秩父34ヶ所)の結願寺(けちがんじ)として、巡礼者が打ち留めの札と笈摺(おいずり)を納める寺です。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(2)
六地蔵
参道脇に六地蔵が立っていて迎えてくれました。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(3)
観音堂
大きな流れ向拝をつけた六間四面の方形造りで、文政11年(1828)の建築で、本尊は、一木造りの千手観世音菩薩だそうですが観れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(4)
百観音の功徳車と仏足の碑のあるお堂
百観音の寺の名が刻まれていて、廻すと百観音の功徳が得られるそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(5)
本堂


クリックすると元のサイズで表示します
秩父第34番札所日沢山水潜寺(6)
三十三観音の石仏
参道にずらりと並ぶ三十三観音の石仏が参拝者を迎え、見送る。
水潜寺は秩父の札所が三十三から三十四に増える前から水潜り観音と呼ばれ親しまれていた。


クリックすると元のサイズで表示します
秩父満願の湯
入浴料は800円のところ、団体割引で720円でした。
内湯も広いが、露天風呂から見た川の景色の方が良かったです。
カラオケもあったがこの銭湯には合わない気がするが・・・。


この日に歩いた歩数: 12,730歩(約8.3km)


青葉の百姓 2017.6.27記





3

2017/5/29

区民ハイクC新緑の百蔵山170528  アウトドア

区民ハイクC新緑の百蔵山


日 時: 
5月28日(日)午前7時30分 JR横浜線長津田駅改札口前集合
コース: 
JR中央線猿橋駅〜百蔵山〜猿橋駅  午後4時頃解散

青葉区体育協会主催の区民ハイクC新緑の百蔵山へ登ってきました。
結構急坂、急下りがありきつかったが、山へはいると新緑で空気も美味しいし快適な登山でした。

百蔵山(ももくらやま)は、山梨県大月市にある山で標高は1003mの山。
山梨百名山の一つ。
当山の東側の扇山、北東側の権現山とをあわせて郡内三山と言われている。

平成4年に大月市・秀麗富嶽十二景が選定され、公布されました。
この十二景は大月市域の山頂から美しい富士山を望む山の一つです。
残念ながら天気は良かったものの山間に雲があり富士山が見えませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
JR中央線猿橋駅前
参加者は約60名ほどいましたが、ここで準備体操をした後に百蔵山へ向かってスタート。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
一番下の左端がJR中央線猿橋駅でここから北東へ向かって歩き、百蔵山まで登り反時計回りで下山してきました。


クリックすると元のサイズで表示します
中央高速道路を潜る。
突き当りの山が目指す大蔵山です。


クリックすると元のサイズで表示します
杉林の中を登る(1)
この杉林まで来るまではだらだら登りの坂道が長く続き、太陽を遮る物もなく山の中へ入るまでで暑くて体力を消耗しきつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
杉林の中を登る(2)
樹木も生い茂って来て山らしくなり涼しいし快適な登りでした。


クリックすると元のサイズで表示します
尾根道を歩く(1)
やっと富士山の見えるところへ来たが、山の上に雲があり富士山は顔を出してくれませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
尾根道を歩く(2)
広葉樹林を歩く。
新緑が綺麗だし、山つつじも咲いていました。


クリックすると元のサイズで表示します
尾根道を歩く(3)
やっと百蔵山頂上へ到着。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山頂上(1)
猿橋駅よりスタートして頂上まで約2時間半かかりました。
標高は1003m。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山頂上(2)
山頂は広く、富士山の展望が素晴らしいという事で大月市が指定する「秀嶺富嶽十二景」のひとつだったが、山頂へ着いても観れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山頂上(3)
ここで昼食。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山頂上(4)
いつもの通り山頂で山の歌を全員で合唱し下山しました。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山下山(1)
下山ルートは反時計回りで降りてきたが、ロープの付いている急な坂道が約3〜40分くらい続く。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山下山(2)
とにかく滑りやすいので慎重に下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山下山(3)
写真には横から撮っていないので大したことはないようにも見える。
かなりの急こう配だが、慣れないロープ坂道でかなり時間を費やしてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山下山(4)
緩やかな坂道


クリックすると元のサイズで表示します
百蔵山下山(5)
出発した登山口まで無事にたどり着き、車道を猿橋の方へ歩く。
ここで猿橋駅へ戻り帰る人と、名勝猿橋を見てから帰る人と別れて解散する。


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐の猿橋(1)

甲斐の猿橋は「岩国の錦帯橋」「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ日本三奇橋のひとつだと言われる。
広重の「甲陽猿橋之図」や十返舎一九の「諸国道中金之草鞋」などにその珍しい構造が描かれています。(大月観光協会HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐の猿橋(2)

長さ30.9m、幅3.3m、高さ31mのその姿は、橋脚を全く使わない特殊なもので、鋭くそびえたつ両岸から張り出した四層のはねぎによって支えられています。
私が山梨へ赴任していたころは全て木造だったのを、改築し構造体は鉄骨造で、表面を木板で被せて当時の面影を出している。


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐の猿橋(3)

猿橋も記念に渡ってきました。
この辺には宿もあり、夜になると観光客は夜は行灯の光で綺麗だと思います。
紅葉時期も綺麗だと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
甲斐の猿橋(4)
同上下部刎橋(はねばし)の構造


クリックすると元のサイズで表示します
猿橋から下流方向の眺め

下に見えるのは名勝猿橋の東側にある水路橋で延長63.63m、幅5.45mで構造は鉄筋コンクリートで、水路橋にお両水門には駒橋の発電施設と同様に赤レンガが使用されている。
上に見える赤い橋は国道20号の新猿橋です。
下には桂川が流れている。

今回の百蔵山登山は往路でだらだらな単調坂道が続き、山の中へ入るまでにかなり体力を消耗した感があります。
山の中へ入ると快適な登山が出来て、復路の急坂下山が印象に残りました。
少し迂回して歩き、日本三大奇橋の一つ「猿橋」を見れたのも収穫でした。
翌日は久しぶりに足が痛い。
この日に歩いた歩数:23,520歩(約15.3km)でした。


次回6月の例会は区民バスハイク<修めの秩父札所巡り>です。
6月26日(月)雨天決行 午前6時30分田園都市線市が尾駅横浜銀行前集合です。
又元気に再会しましょう。


青葉の百姓 2017.5.29記



ネット仲間のコメントです。

---------------------------------------------------
けーさん
2017年05月29日 22:04
青葉区民さんは お元気健脚なのですね
猿橋には行ってみたいです

青百
2017年05月30日 04:56
けーさん 、お早う。
確かにお元気な方が多いし、特に女性の方が多く6〜7割は山ガールです。
平均年齢は65歳代だと思うが、中には80歳を超えている方も数人いますよ。
猿橋は新緑も良いし、アジサイも良いし、秋の紅葉時期も綺麗でしょうね。



さぬきふじ・2さん
2017年05月30日 17:15
山に入るまでの暑さはしんどいことです。
頂上の富士山を楽しみにしてましたのに、見れなくて残念!
でも、猿橋はいいですね。
昔の人の作ったものに感心しきりですよ。

青百
2017年05月30日 18:36
そうそう山に入る前にかなり長くだらだら自動車道を歩くので参加者で一人暑さに参ってリタイアされた人がいます。 
体調も悪く皆に迷惑をかけないで勇気ある決断だったのでしょう。
私は富士山登頂から、2年前に富士山を遠くから眺めるハイキングに切り替えたが天候だけはどうしようもないですね。
帰りに猿橋まで迂回して来ましたが、昔むかしその昔。
深い渓谷を猿が弓のように連なって橋を作り渡っていた様子をヒントにしたとも言われる猿橋。
日本の名勝であり、3大奇橋でもあり見事な橋でした。


青葉の百姓 2017.5.30追記





3

2017/4/24

区民ハイクB新緑の石老山170422  アウトドア

区民ハイクB新緑の石老山

日 時: 
4月22日(日)午前7時30分 JR横浜線長津田駅改札口前集合
コース: 
長津田駅7:44発→八王子駅8:16着(乗り換え)8:19発→高尾駅8:34着(乗り換え)8:44発→相模湖駅8:58着
相模湖駅〜石老山顕鏡寺〜融合展望台(昼食)〜石老山(702m)〜大明神展望台〜ピクニック前〜相模湖駅

3月の区民ハイクは3月26日「陽春の玉川上水を歩く」だったが、雨天のため1週間順延し4月2日は予定があり参加できなかったので2か月ぶりのハイキングでした。


クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本相模湖駅
前方に見える山が目指す石老山です。
ここでいつもの通り準備体操をしてからスタートする。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
相模湖の画像に載っていない北側が相模湖駅です。
駅から相模湖大橋を渡り、更に相模湖沿いを歩き石老山入口バス停まで歩く。
ここから時計回りで石老山まで登って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
相模湖大橋を渡る


クリックすると元のサイズで表示します
相模湖と相模湖駅付近
右側に渡って来た相模湖大橋が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
見つけた四葉のクローバー

石老山入口バス停から少し歩いたところでトイレ休憩した。
近くにクローバーが群生していて何人か四葉のクローバー探しをしていた。
クローバー普段見られる三つ葉の変異体で小葉を4枚持つクローバーが稀にあり偶然にもそれを見付けられた者には幸運が訪れるという。
誰かが五葉のクローバーもあったと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
登山開始


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(1)
この巨石群脇を歩いていて、ふと「西の富士、東の筑波」と称される筑波山を想い出す。


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(2)
巨岩が転がって来そうです。


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(3)
駒立岩
高さ11m、横幅17m


クリックすると元のサイズで表示します
山道を登る


クリックすると元のサイズで表示します
石老山顕鏡寺山門
高野山真言宗の寺院で、平安時代の仁寿元年(851年)に源海法師によって創建。


クリックすると元のサイズで表示します
石老山顕鏡寺蛇木杉
樹高:40メートル  樹齢:推定400年
巨大なスギの根が2本露出しており、その姿があたかも大蛇が寝そべっているかのように見えることから、この名がつけられたという。


クリックすると元のサイズで表示します
石老山顕鏡寺岩窟


クリックすると元のサイズで表示します
蓮華のような形をしている蓮華岩


クリックすると元のサイズで表示します
かなり急な登り道


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(4)


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(5)


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(6)
吉野岩(弁慶の力試岩)
登山道に突出している岩


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(7)
擁護岩(雷電岩)
飯縄権現神社を覆いかぶさるように突出している岩。
この擁護岩は、高さ22m、横幅19mで石老山で最も大きい岩だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
山道を登る
新緑が綺麗で空気も美味しい。


クリックすると元のサイズで表示します
融合展望台(昼食)


クリックすると元のサイズで表示します
融合展望台から見た相模湖


クリックすると元のサイズで表示します
更に山頂を目指して登る


クリックすると元のサイズで表示します
石老山山頂(702m)
ここでいつもの通り山の歌を合唱する。
歌は「青い山脈」。


クリックすると元のサイズで表示します
石老山山頂から見た山々
一番高い山が標高1,673 mの蛭ヶ岳です。
蛭ヶ岳は丹沢山地中央部にある丹沢山地の最高峰です。
雲がなければ蛭ヶ岳の右奥に富士山が見えるわけだが残念ですが観れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
下山開始。
なだらかな下り坂で新緑も美しい。


クリックすると元のサイズで表示します
急な下り坂道を下りる。


クリックすると元のサイズで表示します
大明神展望台から見た相模湖方面


クリックすると元のサイズで表示します
更に急な下り坂が続く(1)
足下に注意しながら下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
更に急な下り坂が続く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
舗装道路を歩く

プレジャーフォレスト前バス停まで約30分くらいはなだらかな舗装道路を歩くが、バスの時刻に合わせるため最後の余力で速足で歩く。
運よくバスの時刻に間に合い、相模湖駅から八王子駅、長津田駅、青葉台駅まで全て急行に乗り継ぎ、往路は1時間半くらいかかったところを、1時間余で青葉台駅まで着いて、明るいうちに自宅へ着きました。

今回のハイキングは標高差(約500m)もあり、急な登り坂、下り坂が多く、ハイキングというより登山したという感じだったが全員が無事に下山出来ました。

来月の区民ハイクは5月28日(日)百蔵山(大月市)標高1003mの山です。
又元気に会いましょう。 ではまた

青葉の百姓 2017.4.23記


ネット仲間からのコメントです。

---------------------------------------------------
セレスさん
2017年04月24日 11:55
石老山はどの辺りにある山ですか?
ハイキングは足腰鍛えられますね!

青百
2017年04月24日 13:25
石老山(せきろうざん)は相模湖の南側にある標高702mの山です。
登山口をスタートしてからの標高差も約500mもあり、急登り坂・急下り坂もありハイキングというよりむしろ登山に近かったですよ。


青葉の百姓 2017.4.23追記


-------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年04月29日 10:41
以前にも区民ハイクの写真がアップされてましたね。
何時も、大勢の参加で、結構きつい坂もあるようですね。

青百
2017年04月29日 10:50
さぬきふじ・2さん、
石老山は八王子の先の相模湖駅で降りてから登ります。
この山はハイキングというよりアップダウンも多くむしろ登山に近い山でした。
石がゴロゴロとしていて歩きにくいし、大岩がところどころあって見事だが人気もある山ではないですかね。


青葉の百姓 2017.4.29追記


-------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年04月30日 09:06
青百さん、
足元は悪くても、アップダウンがあり変化に富んでるので人気があるのでしょうね。

青百
2017年04月29日 10:50
さぬきふじ・2さん、
石老山は八王子の先の相模湖駅で降りてから登ります。
この山はハイキングというよりアップダウンも多くむしろ登山に近い山でした。
石がゴロゴロとしていて歩きにくいし、大岩がところどころあって見事だが人気もある山ではないですかね。


青葉の百姓 2017.4.30追記




1

2017/2/26

区民ハイクA大高取山&越生梅林170226  アウトドア

区民ハイクA大高取山&越生梅林

青葉区体育協会主催の区民ハイクAで大高取山へ登り、越生梅林へ立ち寄り観梅してきました。
この2月企画は聞くところによると3年越しに実現したとの事です。
一昨年はに見舞われ中止、昨年はが降り中止、今年は3度目の正直で好天の下でハイキングが出来ました。

日 時: 
2月26日(日)午前7時15分 JR横浜線長津田駅改札口前集合
コース: 
長津田駅7:24発→八王子駅7:55着(乗り換え)8:00発→高麗川駅8:54着(乗り換え)9:07発→越生駅9:20着
越生駅〜虚空蔵尊〜桂木観音(昼食)〜大高取山(376m)〜越生梅林〜越生駅


クリックすると元のサイズで表示します
越生駅
目的地越生駅に着き、ここからスタート。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる区民ハイク大高取山&越生梅林を歩いた軌跡
越生駅より時計回りで歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
田園風景の中を歩く
越生駅から越生虚空蔵尊公園までは梅の花が咲く田園風景の中を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
越生虚空蔵尊
越生駅から約20分くらい歩くと、山の中腹に虚空蔵尊公園があり休憩する。
更に石段を登ると山里のお堂の雰囲気のある虚空蔵尊お堂へ着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
寒葵(かんあおい)

虚空蔵尊参道脇にスタッフが寒葵が咲いていると言われ、行って見ると落ち葉の中でひっそりと開花している。
ハート形の大きな葉を地に伏せてその根元に、先端が3つに裂けた小さく堅い筒状の花を咲かせていました。
葉っぱは普通にある葵の葉に似ている。


クリックすると元のサイズで表示します
山腹を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
ユズと福ミカンの里を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
桂木観音参道


クリックすると元のサイズで表示します
桂木観音堂


クリックすると元のサイズで表示します
桂木観音堂で昼食
ここで昼食を済ませた後に例によって「北国の春」を全員で合唱し、2月度誕生月の参加者が集まり誕生祝いと写真を撮る。


クリックすると元のサイズで表示します
大高取山山頂
お堂の裏から大高取山頂へ向かう山道は急坂が続き、二度三度の登り下りを繰り返し大高香取山の山頂へ着く。
山頂からの展望は一カ所のみで周囲は樹木が生い茂り望めません。


クリックすると元のサイズで表示します
下山
雑木林を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
ヒノキ林を歩く
綺麗に枝払いをしていて見事です。


クリックすると元のサイズで表示します
越生円通禅寺
550年の歴史をもつ曹洞宗のお寺。
梅の里の古刹。


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林へ向かう


クリックすると元のサイズで表示します
白梅林


クリックすると元のサイズで表示します
紅梅
寺院名は確認できなかったが紅梅が綺麗だったのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
越辺川沿いを歩く


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(1)
梅まつり
2017年2月18日(土)〜3月20日(日・祝)
ここで越生梅林から歩いて越生駅へ行く参加者と、臨時バスで越生駅へ行く参加者に分かれ、越生梅林にて解散。


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(2)

関東三大梅林の一つ で、約2haの園内に白加賀、越生野梅、紅梅などをはじめ、約600年前に植えられた古木など、 約1,000本の梅の木 が植えられています。


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(3)

関東三大梅林とは水戸偕楽園(茨城県水戸市) 、越生梅林(埼玉県越生町) は確定している。
3つ目は複数の意見があり、秋間梅林(群馬県安中市) 、熱海梅園(神奈川県熱海市) 、曽我梅林(神奈川県小田原市) らしい。


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(4)

個人的には関東三大梅林より、東京都下で最大規模の梅郷「吉野梅郷」が最高だと思っている。
ここはウィルスのため全伐採となってしまい、2016年に再植樹を開始し復活への一歩を踏み出したようです。


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(5)
紅梅


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(6)
薄ピンク色の梅の花

クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林(7)
白梅


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林祭りイベント(1)
ゆるキャラ


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林祭りイベント(2)
ゆるキャラ
うめりん(越生町)

クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林祭りイベント(3)


クリックすると元のサイズで表示します
越生梅林祭りイベント(4)


越生梅林で解散し、梅林をゆっくり鑑賞して臨時バスで帰ることにしたが、バスはニューサンピア埼玉おごせまで迂回し、道路も混んでいて歩き組と同じ時間に越生駅に到着しました。

3月に入ると静岡服織の洞慶院梅林へ花見に行く予定。
これからまだまだ梅見行脚も続く。

この日に歩いた歩数: 22,070歩(約14.3km)でした。

青葉の百姓 2017.2.27記


ネット仲間からのコメントです。

---------------------------------------------------
韓流大ファンさん
2017年02月27日 11:54
晴れてよかったですね。
ハイキングは気持ちが良いでしょうね。

青百
2017年02月27日 15:18
韓流大ファンさん、コメントありがとう。
今回の越生梅林の観梅は三度目の正直と言ったところで好天にも恵まれ、ハイキングも気持ちが良かったです。
ところで韓流大ファンさんも元気で過ごされていますか?
又どこかで会いたいですね。


青葉の百姓 2017.2.27追記


----------------------------------------------------
セレスさん
2017年02月28日 07:51
晴れて、梅も満開で良かったですね!

青百
2017年02月28日 08:02
セレスさん、
埼玉県越生梅林も満開でした。
3月に入ると静岡県静岡服織の洞慶院梅林へ花見に行く予定。
これからまだまだ梅見行脚も続きます。


青葉の百姓 2017.2.28追記




4

2017/1/23

区民ハイク@新春・鎌倉四つの切り通しを歩く170122  アウトドア

区民ハイク@
新春・鎌倉四つの切り通しを歩く


青葉区体育協会主催の区民ハイク@で鎌倉四つの切り通しを歩いて来ました。

日 時: 
1月22日(日)午前8時 市営地下鉄あざみの駅改札口前集合

コース:
あざみ野駅→横浜駅(乗り換え)→北鎌倉駅〜亀ヶ谷切通し〜化粧坂切通し〜大仏ハイキングコース〜大仏切通し〜笛田公園〜極楽寺切通し〜御霊神社(解散)〜鎌倉駅 
(歩行距離 約11Km)  

参加者:
総勢約120人(今まで2年間参加して来ましたが、今回3桁の120人とはびっくりしました)

★今回の区民ハイクはある仲間を探していたので、リーダーの説明を聞けなかったですが、又聞きで判ったが、この青葉区体育協会主催の区民ハイクは、今までの緑区から分かれて、緑区区民ハイクも入れて200回も開催されている。
主催者側は何か記念品をと考えたが、参加者の好みもあり難しいという事で今回の新春ハイキングに限って参加費を500円を無料で実施していただきました。

200回実施していると年に10回開催したとしても20年はかかる。
中止も考えるとそれ以上ではないかと思います。
歴史のある青葉区区民ハイクでは、スタッフの皆様には下見も含めて努力されているし大変感謝しています。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる鎌倉四つの切り通しを歩いた軌跡
北鎌倉駅〜亀ヶ谷切通し〜化粧坂切通し〜大仏切通し〜極楽寺切通し〜鎌倉駅


クリックすると元のサイズで表示します
亀ヶ谷切通し
鎌倉七口のひとつ。
鎌倉市山ノ内から扇ガ谷を結ぶ坂道。
別名、亀返坂と言い、急坂のため亀も引き返した、ひっくり返ったと伝えられている切通し。
鎌倉七切通しは何回か歩いているが、亀ヶ谷切通しは以前に歩いた時には砂利道だった気がする。
何か舗装されると当時の雰囲気が味わうことも出来ない寂しさもあります。


クリックすると元のサイズで表示します
化粧坂切通し(1)
鎌倉七口のひとつ。
鎌倉市扇ガ谷から源氏山公園を結ぶ坂道。
名の由来は平家の大将の首を化粧し首実験したからとか、この辺に遊女がいたからとか、木が多いので「木生え坂」とも伝えられている。
山道の下から湧き出ている水で滑らないように注意して登る。


クリックすると元のサイズで表示します
化粧坂切通し(2)
化粧坂は鎌倉七口のなかで最も斜面が急な切通しと言われるが、化粧坂を登りきると源氏山公園へ着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
源氏山公園
ここでいったんトイレ休憩を含めて休憩し、ハイキングクラブ部元リーダーの方から鎌倉七切通しの説明を聞く。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏ハイキングコース(1)
鎌倉市街の北から南西を走る外輪山の尾根伝いのコースだが、ハイキングには手ごろなコースです。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏ハイキングコース(2)
結構アップダウンもあり快適です。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏ハイキングコース(3)
アップダウンのやや激しい山道が続くため、山歩きの気分も味わう事ができる。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏切通し(1)
鎌倉七口のひとつ。
現在の鎌倉市長谷と常盤台・深沢地域を結ぶ道。
現在は新道がトンネルを抜けており、新道北側に旧道の一部が残されている。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏切通し(2)
大仏ハイキングコースは歩いたこともあるが、当時は崖崩れがあり進入禁止となっていて、今回初めて通ったが、この山道は切通しらしく気に入りました。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏切通し(3)
大仏切通しを抜けると長谷から藤沢に通じる大通りに出て、笛田方面へ向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
笛田公園(1)
階段を登った上が笛田公園です。
ここまでだらだらの坂道が続き結構きつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
笛田公園(2)
笛田公園から富士山を望む。


クリックすると元のサイズで表示します
笛田公園(3)
ここで昼食休憩をしました。
昼食後は例のごとく全員で「冬景色」を合唱し、12月生まれの参加者と、1月生まれの参加者の誕生日祝いをしました。


クリックすると元のサイズで表示します
海が見える
笛田公園を後にして極楽寺方面へ向かった山道で相模湾が見えたが、風が強いせいか白波が立っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
山の向こうに江の島も見える。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉極楽寺、茅葺屋根の山門
神奈川県鎌倉市極楽寺にある真言律宗の寺院である。
本尊は釈迦如来。
開基(創立者)は北条重時、開山は忍性である。
極楽寺には見事な百日紅(さるすべり)があり、夏には綺麗な花を見ることが出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
極楽寺切通し
鎌倉七口のひとつ。
鎌倉七口の中では最も西南に位置し、鎌倉市の極楽寺方面から由比ヶ浜方面に抜ける道である。
右側にアジサイで有名な成就院(真言宗大覚寺派)の登り階段が見える。
もう少し降りていくと虚空蔵菩薩をまつる虚空蔵堂も左側にあります。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(1)
鳥居
神社参道鳥居の前を江ノ電が通っている。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(2)
本殿
鎌倉権五郎神社ともいう。
平安時代に鎌倉や湘南地域一帯を領地とした鎌倉武士の鑑とされた剛毅、勇名な武将、鎌倉権五郎景政を祭神とする神社です。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(3)
夫婦イチョウ(樹齢400年)
夫婦円満、家内安全、子宝安産のシンボルだそうです。
社殿に向かって左が雄、右が雌と立札に記してあるので、こちらから見て右側の大きなイチョウが雄だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(4)
ここで解散しましたが、江ノ電「長谷駅」に乗り帰る方と、鎌倉まで歩いて帰る方と別れたが、私は「JR鎌倉駅」まで歩くことにしました。

この日に歩いた歩数: 232100歩(約15.0km)
2月の区民ハイクは2月26日(日)「越生梅林」を予定されている。
ここは昨年はで中止、一昨年はで中止になっている。
今年は3度目の正直で快晴で、梅が満開であることを祈りましょう。

青葉の百姓 2017.1.23記


ネット仲間のコメントです。
--------------------------------------------------
キララさん
2017年01月23日 13:05
青葉区体育協会主催なんていいですね。
お友達同士・お仲間が沢山いて楽しそう〜
こちらは全然ないですね〜
益々健康で!(^^)!

青百
2017年01月23日 14:53
キララさん、コメントありがとうございます。
私の住んでいる横浜市青葉区は1994年11月6日(平成6年)に横浜市港北区と緑区を再編し、青葉区・都筑区を新設した比較的新しい区なのです。
川崎市宮前区から横浜市青葉区に移ったのがその半年後で、転入して間もない頃であり区役所も受付け係も新鮮だったことを覚えています。
それでも引っ越ししてから22年も経ちました。
新しい区なので色々やっていますよ。
まあ脚の丈夫なうちは色々な企画に参加したり、アチコチへ行って一人ぶらり歩きもしようと思います。


青葉の百姓 2017.1.23追記


---------------------------------------------------
ゆうまさん
2017年01月24日 23:54
青葉区では色々な事をやっているのですね。
実は私の姉が青葉区に住んでいます。

青百
2017年01月25日 06:39
ゆうまさん、お早う。 
この青葉区にはもうかれこれ22年にもなります。
新しく出来た区なので今まであった区の良いところを取り入れたのが良かったのかもしれないね。
青葉台へ来た当時はかなり田舎だと思ったが、今は落ち着いた街になりました。
ゆうまさんのお姉さんも住んでいるのですか?
あのプー太郎さんも同じ駅で降りますよ。


青葉の百姓 2017.1.24追記




2

2016/11/21

区民ハイクG箱根・鷹巣山161120  アウトドア

区民ハイクG箱根・鷹巣山

  
青葉区体育協会主催の区民ハイクGで箱根鷹巣山へ登って来ました。

日 時: 
11月20日(日)午前7時15分 田園都市線中央林間駅改札口前集合

行 程: 
小田急中央林間駅7:23発→相模大野駅7:28着(乗り換え)7:33発→小田原駅8:25着(乗り換え)8:40発→箱根湯本駅8:59着(乗り換え)箱根登山鉄道箱根湯本駅9:11発→箱根登山鉄道小涌谷駅9:42着

コース:
箱根登山鉄道小涌谷駅〜千条の滝〜鷹巣山〜飛竜の滝〜畑宿〜箱根旧街道〜箱根湯本駅 
(歩行距離 約10Km)  

参加者: 
総勢約70名。
男女比は男性約3割、女性7割で女性が圧倒的に多いです。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根登山鉄道小涌谷駅9:42着
準備体操をした後、ここから鷹巣山を目指しスタートする。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる箱根鷹巣山ハイキングルートの軌跡

小涌谷駅(左上○印)から反時計回りに歩き、千条(ちすじ)の滝→◎は鷹巣山山頂(昼食)→飛龍の滝旧東海道箱根湯本駅
◎クリックして拡大してみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
千条の滝へ向かってなだらかな山道を歩く。
紅葉が綺麗です。


クリックすると元のサイズで表示します
木漏れ日のさしている山道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根千条(ちすじ)の滝
蛇骨川上流に位置し、高さ約3mの岩盤を幅25m に渡って、幾筋にも分かれて水がすだれ状に流れ落ちる滝です。


クリックすると元のサイズで表示します
急な坂道を登る。
この辺から鷹巣山まで何回か急な坂道を登りきついです。


クリックすると元のサイズで表示します
落ち葉のジュータン
急な坂道を登り終わるとなだらかな広々とした山道へ出る。
落ち葉のジュータンの山道でフワフワしていて歩いていて快適です。
この辺を歩いていると突き当りに小高い山が見えるのが鷹巣山であともう少し。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根・鷹巣山山頂
鷹巣山の標高(834m)

箱根の駒ケ岳の東側に佇む山で、古い外輪山の内側にできた新期外輪山のひとつです。
ここで40分昼食休憩をしました。
昼食が終わると、恒例の箱根八里をハーモニカの伴奏のもと山歌を歌う。
気持ちの良いものですね。
この日は暫くしていなかった恒例の誕生月参加者の誕生祝いを前倒しにしてすることになりました。
1回目は5〜6月誕生月の人、2回目は7〜8月誕生月の人、3回目は9〜11月誕生月の人と3回に分けてお祝いしました。


クリックすると元のサイズで表示します
飛龍の滝へ向かい下山する山道
針葉樹林の間をジグザグに歩くがここも結構急坂の下りです。
脚がガクガクする。


クリックすると元のサイズで表示します
飛龍の滝到着
ここは小さな橋の上から飛龍の滝を見上げることになり、橋も小さくまた戻ることになるが、反対側から登って来た登山客とも合流しかなり混み合います。


クリックすると元のサイズで表示します
飛龍の滝
上段、15m、下段25mと二段に分かれて流下するその姿が、龍の飛揚するかのような形に見えることからその名がついたと言われるようです。
前日雨が降ったので期待された滝は水量も少なく残念でした。


クリックすると元のサイズで表示します
切通し? 断崖?
かなり垂直になっているこの崖は何だろう?
人間の作った切通しなのか? またまた自然に出来た断崖なのか?
良くわかりませんが、岩が落ちそうなところもあり、私は危険予知して遠くに離れていました。


クリックすると元のサイズで表示します
畑宿へ着く
長い長い下り路を歩きつづけ畑宿まで着いた。


クリックすると元のサイズで表示します
寄木の里
ここでトイレ休憩となるが、全員のトイレを済ますのにかなりの時間があり、これから箱根旧街道を歩き箱根湯本まで行くことになるが、標識を見るとこの奥にも箱根旧街道の石畳があるようなので急いで探索して来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
見事な箱根旧街道の石畳
この石畳は今回のコースにはなく歩きませんが見事な石畳です。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根旧街道石畳を歩く(1)
自動車道を右に入ったり、左に入ったりして箱根旧街道を歩くことになるが、前日の雨で苔の付いた石畳が滑りやすく気を付けて下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根旧街道石畳を歩く(2)
石畳の登り坂は下山よりはまだ安心だが一歩一歩慎重に歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根旧街道石畳を歩く(3)
いったん旧街道から自動車路へ出るが、暫くしてまた旧街道へ入り歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
箱根旧街道石畳を歩く(4)
この石畳もつるつるしてかなり危険!
安心なのは石畳に乗らないで砂利道のある所を歩く方が良いです。
石畳を歩いて何人かの参加者はアチコチで滑り尻もちをついた方が居たが、大事に至らなくて良かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
自動車路を歩く(1)
もう石畳の危険な山道は終わりホットする。


クリックすると元のサイズで表示します
自動車路を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
奥湯本を歩く
あともう少しで箱根湯本駅です。


歩いた歩数: 24,720歩(約16.1km)
この日は箱根湯本で解散のあとに小田原駅で下車して駅前をぶらり歩き、夕食を兼ねて一杯飲んで帰ったのでこの歩数になったが、ハイキングで歩いた距離は約12km弱くらいかな?

今年の青葉区ハイキングに参加したのは年に9回(7月、8月、12月は休み)あるうちの計8回参加、1回だけ4月の大山登山には参加しませんでした。
来年の1月は鎌倉四つの切通しを歩くよう予定されている。


★青葉区体育協会区民ハイキングスタッフの皆さんへ、
今年一年間素晴らしいハイキングコースをご案内して頂き本当にありがとうございました。

★青葉区民ハイクに参加される皆様へ、
また来年もどうぞよろしくお願いします。

青葉の百姓 2016.11.21記


ネット仲間のコメントです。
--------------------------------------------------
キララさん
2016年11月21日 18:18
毎年素敵なイベントがあるのですね。箱根石畳見事ですが、ウォーキングには危ない‼危ない!ですね。
2万4千歩とは、足の裏が痛くなりそう〜(;´д`)
お疲れ様でした〜

青百
2016年11月21日 18:41
キララさんも冬眠中でしたが、目が覚めてしまいましたか〜(^^♪ 
コメントありがとう。
箱根旧街道の石畳は見事ですが、雨上がりのウォーキングは危ない‼危ない!です。
苔が生えてかなり滑るし、大事に至らなかったものの数人の方が転倒していました。
そうそう2万4千歩は、ちょっと歩きすぎですね。
足の裏は痛くなりませんが膝やふくらはぎが痛くなりました。
箱根湯本駅に着いた時は完歩したとの達成感で気分も良かったので、小田原で活き魚料理で一杯飲みました。



Kumilyさん
2016年11月21日 20:02
ルートが良さそう
行って見たいです

青百
2016年11月21日 20:25
Kumilyさん、小涌谷から箱根湯本行きルートも良いし、雨上がりでなければ石畳を歩くのも快適だと思います。
昔の人は箱根超えをするのにわらじを履いて歩くので滑らないのかもしれないね。
是非挑戦してみてください。


青葉の百姓 2016.11.21追記


---------------------------------------------------
アイテムさん
2016年11月21日 20:46
存分に楽しまれましたね。羨ましいです。
住まい区ではこのような企画はありません。
体協もしくは区のスタッフの対応策でしょうかね。
自分は色々企画しましたが、折を見て進言してみたいと思います。
一月の行事にはゲスト参加は出来ませんですかね。

青百
2016年11月22日 07:08
アイテムさん、お早うございます。
神奈川県でも市や区によっては企画がないところもあるのですね。
横浜市青葉区はもともと緑区から分かれた新しい区ですが、20数年前に緑区でやっていたのを青葉区でも同じようなことをやろうと体協でハイキングクラブを作ったようです。
アイテムさんも折を見て進言してください。
参加者は70歳前後の方で80歳近くの人をいますよ。
皆お元気です。
一月の行事にはゲスト参加は出来ませんですかね。←アイテムさんは神奈川県の何区かわかりませんが、青葉区体育協会のスタッフは全員よく知っているので私がお話すればゲスト参加も大丈夫です。
12月はないのですが、来年の企画詳細が確定したらメールをします。
運動のためにもぜひ参加してください。


青葉の百姓 2016.11.22追記


-----------------------------------------------------
アイテムさん
2016年11月22日 22:34
青百さん、こんばんは。
お世話お掛けします。住まいは、横浜市金沢区です。
現役の頃、日、県、市体協に係わったこともあります。
1月の行事に参加できますようお手配いただけるとのこと大変うれしく思います。
日程調整のうえ参加いたしたくよろしくお願いいたします。

青百
2016年11月23日 09:59
アイテムさん、お早うございます。
お住まいは、横浜市金沢区ですか?
良いところに住んでいますね。
現役の頃は日、県、市体協に係わったこともあるとは、活動的に動いておられたのですね。 凄い!
1月の新春鎌倉4切通し歩き企画がはっきりしましたらミニメールでお知らせします。
多分私たちは中央林間駅集合だと思いますが、鎌倉のどこかで集合しスタートすることになると思うので、アイテムさんはそこから来られて歩くのが良いと思います。
どうぞよろしくお願いします。



さぬきふじ・2さん
2016年11月23日 17:17
青百さん、
去年でしたか、区民ハイク日記ありましたね。
今年も大勢の参加者で、並んで登山の姿は壮観ですね。
あの、石畳・・・濡れてますと滑りそうですが、綺麗です。
こんな所登れませんので、写真ででも楽しみたいと思いましたので、後ほどユックリと見直したいと思いました。

青百
2016年11月23日 18:40
さぬきふじ・2さん、
区民ハイク日記は私が参加していればアップしていますよ。
月1回の区民ハイキングを楽しみにしていて大勢の参加者が集まります。
女性軍の方が多く元気で会えば皆ぺちゃくちゃと楽しんで話が止まりませんね。
箱根旧街道の石畳は苔がついていて濡れていると滑りそうで危険です。
結構坂道の石畳のところもあり怖かったです。



アイテムさん
2016年11月23日 21:21
青百さん、こんばんは。
コメントを有難う御座います。
1月の新春鎌倉4切通し歩き、楽しみです。
個々には歩きましたが、通しでは未体験です。
行程は、おそらく鎌倉駅になるのではないかと思います。
現地集合にしていただけるとのこと助かります。
お目に掛かれますこと楽しみにしております。

青百
2016年11月23日 21:41
アイテムさん、こんばんは。
1月の新春鎌倉4切通し歩きでお会いできれば良いですね。
スタートが鎌倉駅になるのかよくわかりませんが、詳細が出て来ましたらお知らせします。
ハイキングクラブスタッフの方に現地集合で参加するようにお願いしておきます。
申し遅れましたが参加費は500円です。
宜しくお願いします。



アイテムさん
2016年11月23日 21:28
青百さん、うっかりしました、追伸です。
若い頃から、日本弓道を修練しておりまして、市弓道協会の事務局を仰せつかりました関係で、国、県とも関係があったものです。
今はお休みしており、専らゴルフを愉しんでおります。

青百
2016年11月23日 21:49
アイテムさんはお若い頃から、日本弓道の市弓道協会の事務局もやっていて国、県とも関係があったのですね。
私のゴルフは脚の運動のためだけです。
止まっているゴルフボールさえ空振りするほどなので押してしるべし。
ゴルフも上手だし羨ましいです。


青葉の百姓 2016.11.23追記


-------------------------------------------------
アイテムさん
2016年11月23日 22:12
100回クラブに加入されて楽しまれましたね。
自分も愉しむゴルフに変わりつつあります。
もう、歳になりました、歳のせいにしております。
反省
デッキで素振りをしていますが、練習不足なのでしょう。
ご一緒出来る日を楽しみにしております。

青百
2016年11月24日 09:51
アイテムさん、100回クラブに加入されて楽しまれましたね。←今年3回参加しましたが、まだ楽しむまでは行っていません。
私は脚を鍛えるために参加しているようなもので、本当はゴルフが終わってから一杯飲みながら交流が出来るのではと期待していたのです。
入会した時に100回クラブはメインが鎌倉CCとなっていて、これでは電車で行けるし新たな仲間も出来るのではと思ったからです。
ゴルフは車で行かなければならないところが多く、プレー中は楽しいが、終われば一杯もなく車で帰るだけで味気ないのです。
用はゴルフはそんなに好きなほうではないのです。
機会があればご一緒出来る日を楽しみにしております。


青葉の百姓 2016.11.24追記






2

2016/10/4

区民バスハイクF錦秋の戦場ヶ原&日光白根山161002〜03  アウトドア

区民バスハイクF
錦秋の戦場ヶ原日光白根山



青葉区体育協会主催の区民バスハイクFで錦秋の戦場ヶ原&百名山日光白根山(2578m)へ登って来ました。

 日 時: 10月2日(日)〜3日(月)

 行 程: 1日目 午前6時30分 
        田園都市線市が尾駅西口集合〜戦場ヶ原
        〜丸沼高原(泊)
      2日目 日光白根山登山(2578m) 
         一部ロープウエイ利用)〜市が尾

 参加者: 男性16名、女性22名 総勢38名。
        (男女比は男性4割、女性6割でした。)



一日目
クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の茶屋到着(10:03)
ここから湯滝までのハイキングコースを歩いてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の滝
栃木県日光市にある滝。奥日光地域を代表する滝の一つ。
華厳滝湯滝と共に奥日光三名瀑のひとつとされている。
標高は1350メートル。
滝全長は210メートル。滝幅は10メートル。


クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の滝から戦場ヶ原へ


クリックすると元のサイズで表示します
龍頭の橋から見た地獄川
突き当りが中禅寺湖


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(1)
昼食
ほんの一瞬でしたが青空が見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(2)
倒れている大木
突風で倒れたのか、大雪で倒れたのか分からないがかなりの大木が横倒しになっている。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(3)
白樺の並木


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(4)
男体山と戦場ヶ原の草紅葉
綺麗に黄変していました。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(5)
展望台で小休止。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(6)
泉門池(いずみやどいけ)
着替え休憩をしたが、池にはマガモが泳いでいました。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(7)
小田代橋
湯川にかかっている小田代橋を渡り、湯川に沿って上流へ進む。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(8)
途中で湯滝の手前に小滝がある。


クリックすると元のサイズで表示します
戦場ヶ原ハイキング(9)
木道をさらに進むと湯滝へ。


クリックすると元のサイズで表示します
湯滝
栃木県日光市奥日光地域の湯ノ湖から流れ落ちる滝。
落差50m、幅25m。華厳滝竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑のひとつとされている。


クリックすると元のサイズで表示します
湯滝茶屋(13:28)
再度バスに乗り丸沼高原へ。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山ロープウェー乗り場(14:17)
丸沼高原、白根山荘へ着いたがまだチェックインの時間前だったので、翌日利用する日光白根山ロープウェー乗り場までぶらり歩きしてきました。


二日目
クリックすると元のサイズで表示します
丸沼高原、白根山荘(7:48)
8:00スタートのロープウェーに間に合うように白根山荘を出る。


クリックすると元のサイズで表示します
登りの日光白根山ロープウェー
乗り口は標高約1400m
全長2500m、高低差600m、定員8人、所要時間15分(片道)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山ロープウェー山頂駅広場
標高約2000m
ロープウェー山頂駅広場へ着くと目の前に日光白根山(2580m)が見えます。


クリックすると元のサイズで表示します
二荒山神社鳥居(8:32)
日光白根山へ向かってスタート
ここから標高差約600mを登ることになります。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(1)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(2)
白根山まで2100m。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(3)
途中で綺麗な山々が見えます。
はるか彼方に同じ100名山の燧ヶ岳(標高2,356m)が見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(4)
かなり急坂の山道を登って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(5)
森林限界を抜けたところは標高約2400mで、ここから約標高差200mを登ると山頂です。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(6)
石ころだらけの山道を登って行きます。
あと残り約150m地点。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(7)
手前の山頂。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(8)
いったん降りて再度登った高い部分が日光白根山山頂です。
あともうすぐ。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(9)
山頂岩山のあいだから五色沼が見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山登山(10)
日光白根山登頂(11:31)
山頂は大岩の塊みたいなところで約20人も登ればいっぱいなってしまう狭さです。
二荒山神社をスタートしてから山頂まで約3時間かかったことになります。
この日は風速20mくらいの突風が吹いていて飛ばされそうでした。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(1)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(2)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(3)
標高2,578m


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山山頂からの展望(4)
正面左側に見える山が男体山(標高2,486mの火山)で中央に見える湖が日光中禅寺湖です。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(1)(11:45)
山頂には約10分くらいいて下山開始です。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(2)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(3)(12:33)
森林限界辺りで昼食しました。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(4)
下りも同じコースを下りてきたつもりだが、こんなに急な斜面を登って来たのかと思いながらの下山でした。


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(5)


クリックすると元のサイズで表示します
日光白根山下山(6)(14:23)
山頂からここまで約2時間38分かかったことになります。


クリックすると元のサイズで表示します
下りのロープウェー
この頃に雨もパラパラと降り出してきました。

このところ台風・前線の影響による天候不順で心配されていた年に1回の一泊バスハイクも、お陰様で2日間ともまあまあの天気でパラパラ雨もありましたが、全員無事に登頂できました。
引率して頂いた青葉区体育協会ハイキング部スタッフの皆様、ありがとうございました。

来月11月20日(日)は
箱根(鷹ノ巣山〜飛龍の滝〜畑宿〜箱根旧街道)ハイキングが予定されています。
また元気に再会しましょう。

歩いた歩数: 一日目16420歩+二日目19810歩(約10.6km+12.9km=約23.5km)

青葉の百姓 2016.10.4記


ネット仲間のコメントです。
----------------------------------------------------
セレスさん
2016年10月04日 15:35
日光はすっかり秋景色ですね!

青百
2016年10月04日 16:15
日光戦場ヶ原の草紅葉は見事でした。
百名山日光白根山の紅葉はもう終わったのか、これからなのかあまり良い色付きはありませんでした。
だが森林限界までの山道には落ち葉が積もっていたので落葉した後なのかね?



★昴☆SUBARU★さん
2016年10月04日 16:24
ヾ(^∇^)こんにちわ♪☆彡
日記、拝読致しました。
白根山と言うお山は、各地にあるようですね。
草津白根山へは、数年前に出かけました。
機会があれば、日光白根山、男体山へ登ろうと思っています。
余談ですが。
約25年くらい前、中善寺湖畔の金谷ホテルに宿泊しました。
当時の中善寺金谷ホテルは、木造のクラッシックな宿だったと思います。
男体山へ登ろうかと思いましたが、大雨で登れませんでした。
では、失礼しました。

青百
2016年10月04日 18:18
★昴☆SUBARU★さん、青百です。
そうなんです。
白根山はなんか色々あるようですが草津白根山も有名な山ですね。
日光白根山は100名山で栃木県で一番高い山だそうで東北、北海道を入れても日光白根が一番高い山です。
日光金谷ホテルや中善寺湖畔の金谷ホテルもどちらも泊ったことはないです。
男体山は大雨で残念でしたね。
私もまだ男体山へは登っていないです。


青百
2016年10月04日 20:10
★昴☆SUBARU★さん、燧ヶ岳(ひうちがたけ)も100名山で福島県にある火山で(標高2,356m)ですよ。
日光白根山へ登っている際に遠くに見えましたよ。



★昴☆SUBARU★さん
2016年10月04日 20:17
青百さん、
 今晩は、コメント拝読いたしました。
中善寺湖畔の中善寺金谷ホテルは、木造二階建てのクラッシックなホテルでした。
廊下を歩きますと、ミシミシと音がしました。
浴室はお湯が下へ漏れたら困るので、一階の浴場へ出かけました。
 男体山への登山は、二荒山神社から始まるようでした。
約5年前、スイス山旅友の会の再会登山で草津白根山へ出かけました。
草津白根山は、活火山ですので山頂を踏むことが出来ませんでした。
スイス山旅友の会とは、2009年7月にスイスへトレッキングに出かけた仲間11名で作っている親睦団体です。
毎年、再会登山と称して各地の山へ出かけています。
では、失礼しました。

青百
2016年10月04日 20:30
★昴☆SUBARU★さんもいつまでもお元気で良いですね。
スイス山旅友の会なんてあり再会登山と称して色々行けて良いですね。
草津白根山は、活火山で有毒ガスも出ていて山頂までは登れないですよね。


青葉の百姓 2016.10.4追記


---------------------------------------------------
★昴☆SUBARU★さん
2016年10月05日 05:41
♪Good Morning♪今朝は、爽やかにお目覚めですか〜♪
 拝復、コメント拝読いたしました。
福島県の燧ヶ岳へは、平成20年10月に単独で登りました。
前日のお宿は、御池の国民宿舎にお世話になりました。
 その時、夕食でご一緒した埼玉県から来られた方も単独で燧ヶ岳へ登られたようでした。
その方とは、燧ヶ岳の登りの登山道で出会いました。
埼玉県から来られた方は、御池から登られたようでした。
小生は、尾瀬沼から登りました。
 最近、来年のスイス旅行について色々考えています。
来年の事を言ったら鬼が笑うと申します。
 2009年7月にスイスへトレッキングに出かけた仲間で「スイス山旅友の会」を作っています。
来年の7月頃、再度スイスへ行こうという話があります。
来年のスイス行きでは、ツェルマット村かグリンデルワルドの貸別荘を利用しようと思って居ます。
 では、失礼しました。

青百
2016年10月05日(水)06:47
昴☆SUBARU★さん、おはようございます。
早々と再コメントありがとうございます。
昴☆SUBARU★さんの自己紹介を見ましたら、山の会に色々と入っているのですね。
それでも趣味の中の3番目ですか? 趣味も多いですね。
青百も多趣味が趣味の何でも屋です。 ではまた


青葉の百姓 2016.10.5追記


----------------------------------------------------
★昴☆SUBARU★さん
2016年10月05日 07:37
青百様へ
 お早うございます(^○^)/
拝復、伝言有り難うございました。
 此方の方で、返信させて頂きます。
青百様は、色々と国家資格とかご趣味をお持ちのようですね。
一級建築士、管理技術者、RSTトレーナー
趣味:富士山登頂歴40数回、釣り(海・湖・川どこでも)、絵画、一人ぶらり歩き、家庭菜園、デジカメ写真、お酒、パソコン、多趣味が趣味の何でも屋です。
 小生は、昔勤めていた会社の総務部営繕課に勤務していた時、清水建設神戸支店の松谷さんに教えて貰って二級建築士の試験を受けました。
その試験は、2年かかりましたが合格しました。
むかしむかし清水建設の常務取締役・設計本部長をしておられた三戸さんは小野高校の同級生です。
 カメラは、昭和36年頃から始めたと思います。
最初に買った一眼レフカメラは、Nikon Fでした。
其れ以降、日本光学工業(現:ニコン)の製品が一番だと思って使っていました。
約13年前、富士フイルムの製品に出会ってから、富士フイルムの製品に切り替えています。
 絵画鑑賞は、国公立の美術館、博物館の無料パスポートを貰ってから頻繁に出かけるようになりました。
国立京都博物館では、当時文化庁長官をされていた河合 隼雄先生から色々な事を教えて貰いました。
河合 隼雄先生は、フルートがとても上手でした。
 むかしは、美術館、博物館の外観の写真撮影をしていました。
その時は、Nikon F3/PにPCニッコールレンズを取り付けて撮していました。
 スイス山旅友の会の仲間に、日本建築学会とか東京都建築士会にお勤めだった人がおられます。
 では、失礼しました。

青百さん
2016年10月05日 08:06
★昴☆SUBARU★さん、会社の総務部営繕課に勤務していて、二級建築士の試験を受けて合格するとは凄い勉強家ですね。
カメラに関しては最初に買った一眼レフカメラは、私も★昴☆SUBARU★さんと同じくNikon Fでしたよ。 そのあとNikon F3も・・・。
たまに変わったカメラも使いましたが、Nikon 製品を多く使っています。
スイス山旅友の会の仲間に、日本建築学会とか東京都建築士会にお勤めだった人がおりましたか?
建築屋って平均してカメラや絵を描く人が多いですね。


青葉の百姓 2016.10.5追記






2

2016/9/25

区民ハイクE青梅丘陵ハイキング160925  アウトドア

区民ハイクE青梅丘陵ハイキング

2016.9.25
横浜市青葉区体育協会ハイキング部主催の区民ハイキングは例年7月8月の暑い時期を避けて9月の青梅丘陵ハイキングに参加しました。
今回は2ヶ月実施していないせいか、参加者が70人くらいの大人数になり、男女比は男性4割、女性6割くらいで女性のほうが圧倒的に多かったです。

コース
武蔵溝ノ口駅集合→立川駅(のりかえ)→青梅駅(のりかえ)→軍畑駅〜雷電山(494m)〜辛垣城址〜三方山(454m)〜青梅鉄道公園〜青梅駅解散


クリックすると元のサイズで表示します
軍畑駅(いくさばたえき)
連日の雨で今回も中止になると思ったが、この日は予定通り軍畑駅へ着き、準備体操のあと出発しました。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる青梅丘陵ハイキングの軌跡

軍畑駅〜雷電山(494m)〜辛垣城址〜三方山(454m)〜
この軌跡は電池切れで2/3くらいで切れているが、そのあとは青梅鉄道公園まで東方面へ向かってなだらかな整備された山道を歩くことになります。


クリックすると元のサイズで表示します
榎峠登り口
軍畑駅から雷電山登山口までは緩やかな車道を歩きます。


クリックすると元のサイズで表示します
雷電山へ向かう杉林の急坂
所どころ階段が整備されているところもある急坂を登って行くが、結構きつい登りが続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
雷電山(494m)山頂
すぐ登ったところが山頂です。
雷電山登山口から約1時間弱で雷電山山頂へ着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
雷電山山頂から眼下を見る


クリックすると元のサイズで表示します
辛垣城址(からかいじょうし)分岐

雷電山から三方山へ向かって歩くと辛垣城址分岐があり、左折して登って行くと辛垣城址があり、さらに進むと歩いている道に合流するらしい。
辛垣城は三田氏により築かれた山城。
上杉謙信の関東侵攻後後北条氏を離れ上杉方に付いた三田氏がその峻険な地形を頼んで拠り、名族三田氏の終焉の地となったと記されている。(wikipediaより)

残念でしたが辛垣城址へ立ち寄ることはできませんでした。
まあ城址へ行っても山城なので高台があるだけだと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
シャガの群生地?
シャガの葉っぱに似ているが葉が光っていて見事なのでパチリしました。


クリックすると元のサイズで表示します
物凄い急坂


クリックすると元のサイズで表示します
急坂が続く
三方山へは何回か急坂を繰り返し歩くがここも結構きつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
三方山山頂(454m)
杉林に囲まれていて眺望は悪い。
二等三角点があります。


クリックすると元のサイズで表示します
青梅へ向かって歩く(1)
この辺から青梅まで約5kmくらいあったが、その半分はこのようなアップダウンを繰り返して歩くことになります。


クリックすると元のサイズで表示します
青梅へ向かって歩く(2)
残り半分はこのような整備された山道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
青梅へ向かって歩く(3)
眼下に青梅の街並みが見えてきました。


クリックすると元のサイズで表示します
青梅鉄道公園
この後青梅駅に向かい、青梅駅で解散しました。

山道は連日の雨で所どころぬかるんでいるところもあり滑りやすかったが、ハイキング後半は晴れて来て快適なハイキングが出来ました。

本日歩いた歩数: 24,940歩(約16.2km) でした。


【年内の区民ハイク】
10月2〜3日は
戦場ヶ原・日光白根山(日本百名山)バスハイク

11月20日は
箱根(鷹ノ巣山〜飛龍の滝〜畑宿〜箱根旧街道)ハイキングが予定されています。

当日は天気が良いことを祈りましょう。

青葉の百姓 2016.9.26記


ネット仲間のコメントです。
------------------------------------------------
セレスさん
2016年09月26日 13:01
ハードなハイキングでしたね!!
日ごろから鍛えてらっしゃるから、疲れなかったでしょう?

青百
2016年09月26日 13:19
セレスさん 、コメントありがとう、
結構アップダウンがありきつかったですよ。
もう富士山は卒業したので近場の山へ登って霊峰富士を見るようにしました。
ちょっと遠いですが奥多摩方面にはハイキングの出来る山々が連なっているので、東京・神奈川の人たちには人気があります。
一週間後には百名山の日光白根山へ行くので、その前の足慣らしにはなりました。



mocoさん
2016年09月26日 15:37
すごいですね。
気力体力みなぎってますね!

青百
2016年09月26日 15:51
mocoさん、コメントありがとう。
家内も連れて行きましたが、アップダウンのきつい山道を無事に完歩できました。
参加者にも何人かきつくリタイアした方も居ましたが、全体的に皆元気です。
次回の日光白根山は家内が行きたくても、迷惑をかけそうなので一人で参加します。
ではまた


青葉の百姓 2016.9.26追記


--------------------------------------------------
アイテムさん
2016年09月26日 21:59
お疲れ様でした。
日光白根山行きのい良いトレーニングになりましたね。
ここを登られましたならば、日光白根山は大丈夫かと思いますよ。次男と行って来たことが良い思い出となっています。
頑張られ、楽しまれて下さい。

青百
2016年09月27日 06:48
アイテムさん 、おはようございます。
ありがとうございます。
青梅丘陵ハイキングと言っても結構侮れないですね。
距離は山だけでも12km近くはあったし、その約2/3はアップダウンの繰り返しでした。
日光白根山の北側にある奥鬼怒沼湿原へは行ったことはありますが、日光白根山はまだ登ったこともないので楽しみにしています。
当日は天気が良くないようなので心配です。



拍手したユーザさん
ふぅこさん、Kumilyさん、ふたぱさん、村田祐司さんが日記に拍手して頂きました。

青百
拍手してくれた皆さん、ありがとうございます。
これからは散策の秋になります。 
少しでも足を鍛えておこうと思っています。



さぬきふじ・2さん
2016年09月27日 15:59
同じような高さの飯の山(422M)と比較しますと、この山の方がきつそうですね。
木の根に足を取られそうです・・・
白根山へのトレーニングにもってこいの山かしら。

青百
2016年09月27日 16:20
四国の飯の山はお結びみたいにポツンとある単独の山で整備されたいくつかのルートがあり、東京で言うと高尾山のような山かな?
この青梅丘陵はあまり高い山はないですが、山が深いし木の根っこも出ていたりアップダウンもあり結構きついです。
白根山は登ったことはないですが、歩く距離が長そうですね。



繭玉さん
2016年09月27日 15:09
日光白根、これからは紅葉も始まり、楽しぃ登山になる事でしょう。
頑張って登山を成功させ、山頂からに富士山とご対面してください。

青百
2016年09月27日 16:28
繭玉さん、コメントありがとう。
本当なら日光白根山頂からに富士山が見えるはずですが、天気が悪そうで心配です。
紅葉も始まっていれば嬉しいが日光の初秋を楽しみにしています。


青葉の百姓 2016.9.27追記



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ