2017/1/23

区民ハイク@新春・鎌倉四つの切り通しを歩く170122  アウトドア

区民ハイク@
新春・鎌倉四つの切り通しを歩く


青葉区体育協会主催の区民ハイク@で鎌倉四つの切り通しを歩いて来ました。

日 時: 
1月22日(日)午前8時 市営地下鉄あざみの駅改札口前集合

コース:
あざみ野駅→横浜駅(乗り換え)→北鎌倉駅〜亀ヶ谷切通し〜化粧坂切通し〜大仏ハイキングコース〜大仏切通し〜笛田公園〜極楽寺切通し〜御霊神社(解散)〜鎌倉駅 
(歩行距離 約11Km)  

参加者:
総勢約120人(今まで2年間参加して来ましたが、今回3桁の120人とはびっくりしました)

★今回の区民ハイクはある仲間を探していたので、リーダーの説明を聞けなかったですが、又聞きで判ったが、この青葉区体育協会主催の区民ハイクは、今までの緑区から分かれて、緑区区民ハイクも入れて200回も開催されている。
主催者側は何か記念品をと考えたが、参加者の好みもあり難しいという事で今回の新春ハイキングに限って参加費を500円を無料で実施していただきました。

200回実施していると年に10回開催したとしても20年はかかる。
中止も考えるとそれ以上ではないかと思います。
歴史のある青葉区区民ハイクでは、スタッフの皆様には下見も含めて努力されているし大変感謝しています。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる鎌倉四つの切り通しを歩いた軌跡
北鎌倉駅〜亀ヶ谷切通し〜化粧坂切通し〜大仏切通し〜極楽寺切通し〜鎌倉駅


クリックすると元のサイズで表示します
亀ヶ谷切通し
鎌倉七口のひとつ。
鎌倉市山ノ内から扇ガ谷を結ぶ坂道。
別名、亀返坂と言い、急坂のため亀も引き返した、ひっくり返ったと伝えられている切通し。
鎌倉七切通しは何回か歩いているが、亀ヶ谷切通しは以前に歩いた時には砂利道だった気がする。
何か舗装されると当時の雰囲気が味わうことも出来ない寂しさもあります。


クリックすると元のサイズで表示します
化粧坂切通し(1)
鎌倉七口のひとつ。
鎌倉市扇ガ谷から源氏山公園を結ぶ坂道。
名の由来は平家の大将の首を化粧し首実験したからとか、この辺に遊女がいたからとか、木が多いので「木生え坂」とも伝えられている。
山道の下から湧き出ている水で滑らないように注意して登る。


クリックすると元のサイズで表示します
化粧坂切通し(2)
化粧坂は鎌倉七口のなかで最も斜面が急な切通しと言われるが、化粧坂を登りきると源氏山公園へ着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
源氏山公園
ここでいったんトイレ休憩を含めて休憩し、ハイキングクラブ部元リーダーの方から鎌倉七切通しの説明を聞く。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏ハイキングコース(1)
鎌倉市街の北から南西を走る外輪山の尾根伝いのコースだが、ハイキングには手ごろなコースです。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏ハイキングコース(2)
結構アップダウンもあり快適です。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏ハイキングコース(3)
アップダウンのやや激しい山道が続くため、山歩きの気分も味わう事ができる。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏切通し(1)
鎌倉七口のひとつ。
現在の鎌倉市長谷と常盤台・深沢地域を結ぶ道。
現在は新道がトンネルを抜けており、新道北側に旧道の一部が残されている。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏切通し(2)
大仏ハイキングコースは歩いたこともあるが、当時は崖崩れがあり進入禁止となっていて、今回初めて通ったが、この山道は切通しらしく気に入りました。


クリックすると元のサイズで表示します
大仏切通し(3)
大仏切通しを抜けると長谷から藤沢に通じる大通りに出て、笛田方面へ向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
笛田公園(1)
階段を登った上が笛田公園です。
ここまでだらだらの坂道が続き結構きつかった。


クリックすると元のサイズで表示します
笛田公園(2)
笛田公園から富士山を望む。


クリックすると元のサイズで表示します
笛田公園(3)
ここで昼食休憩をしました。
昼食後は例のごとく全員で「冬景色」を合唱し、12月生まれの参加者と、1月生まれの参加者の誕生日祝いをしました。


クリックすると元のサイズで表示します
海が見える
笛田公園を後にして極楽寺方面へ向かった山道で相模湾が見えたが、風が強いせいか白波が立っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
山の向こうに江の島も見える。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉極楽寺、茅葺屋根の山門
神奈川県鎌倉市極楽寺にある真言律宗の寺院である。
本尊は釈迦如来。
開基(創立者)は北条重時、開山は忍性である。
極楽寺には見事な百日紅(さるすべり)があり、夏には綺麗な花を見ることが出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
極楽寺切通し
鎌倉七口のひとつ。
鎌倉七口の中では最も西南に位置し、鎌倉市の極楽寺方面から由比ヶ浜方面に抜ける道である。
右側にアジサイで有名な成就院(真言宗大覚寺派)の登り階段が見える。
もう少し降りていくと虚空蔵菩薩をまつる虚空蔵堂も左側にあります。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(1)
鳥居
神社参道鳥居の前を江ノ電が通っている。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(2)
本殿
鎌倉権五郎神社ともいう。
平安時代に鎌倉や湘南地域一帯を領地とした鎌倉武士の鑑とされた剛毅、勇名な武将、鎌倉権五郎景政を祭神とする神社です。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(3)
夫婦イチョウ(樹齢400年)
夫婦円満、家内安全、子宝安産のシンボルだそうです。
社殿に向かって左が雄、右が雌と立札に記してあるので、こちらから見て右側の大きなイチョウが雄だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉御霊(ごりょう)神社(4)
ここで解散しましたが、江ノ電「長谷駅」に乗り帰る方と、鎌倉まで歩いて帰る方と別れたが、私は「JR鎌倉駅」まで歩くことにしました。

この日に歩いた歩数: 232100歩(約15.0km)
2月の区民ハイクは2月26日(日)「越生梅林」を予定されている。
ここは昨年はで中止、一昨年はで中止になっている。
今年は3度目の正直で快晴で、梅が満開であることを祈りましょう。

青葉の百姓 2017.1.23記


ネット仲間のコメントです。
--------------------------------------------------
キララさん
2017年01月23日 13:05
青葉区体育協会主催なんていいですね。
お友達同士・お仲間が沢山いて楽しそう〜
こちらは全然ないですね〜
益々健康で!(^^)!

青百
2017年01月23日 14:53
キララさん、コメントありがとうございます。
私の住んでいる横浜市青葉区は1994年11月6日(平成6年)に横浜市港北区と緑区を再編し、青葉区・都筑区を新設した比較的新しい区なのです。
川崎市宮前区から横浜市青葉区に移ったのがその半年後で、転入して間もない頃であり区役所も受付け係も新鮮だったことを覚えています。
それでも引っ越ししてから22年も経ちました。
新しい区なので色々やっていますよ。
まあ脚の丈夫なうちは色々な企画に参加したり、アチコチへ行って一人ぶらり歩きもしようと思います。


青葉の百姓 2017.1.23追記


---------------------------------------------------
ゆうまさん
2017年01月24日 23:54
青葉区では色々な事をやっているのですね。
実は私の姉が青葉区に住んでいます。

青百
2017年01月25日 06:39
ゆうまさん、お早う。 
この青葉区にはもうかれこれ22年にもなります。
新しく出来た区なので今まであった区の良いところを取り入れたのが良かったのかもしれないね。
青葉台へ来た当時はかなり田舎だと思ったが、今は落ち着いた街になりました。
ゆうまさんのお姉さんも住んでいるのですか?
あのプー太郎さんも同じ駅で降りますよ。


青葉の百姓 2017.1.24追記




2



2017/1/24  8:19

投稿者:青葉の百姓

ふぅさん、お早う。
22日は寒かったが天気も良くて最高のハイク日和でした。
今年最初のハイキングは鎌倉四つの切り通しを歩くという事で人気があるのか? 参加者が200名という今までで一番多い参加者でした。
鎌倉周辺の山々はそんなに高くはないが、本当に坂が多く、手ごろなハイキングコースも多く古刹も多いところです。
鎌倉は好きな町で春夏秋冬違った顔を見せてくれるし、行きたくなると一人ぶらり歩きで出かけては鎌倉古道を歩きます。

2017/1/24  2:42

投稿者:ふぅ

名所を巡りながらハイキング。
あの日は寒かったですが、ハイク日和でしたね。
お疲れ様でした。
いつも思うのですが、鎌倉は坂が多いところ。
健脚でないと行けませんね〜(; ・`д・´)

http://fuu.private.coocan.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ