2017/4/24

区民ハイクB新緑の石老山170422  アウトドア

区民ハイクB新緑の石老山

日 時: 
4月22日(日)午前7時30分 JR横浜線長津田駅改札口前集合
コース: 
長津田駅7:44発→八王子駅8:16着(乗り換え)8:19発→高尾駅8:34着(乗り換え)8:44発→相模湖駅8:58着
相模湖駅〜石老山顕鏡寺〜融合展望台(昼食)〜石老山(702m)〜大明神展望台〜ピクニック前〜相模湖駅

3月の区民ハイクは3月26日「陽春の玉川上水を歩く」だったが、雨天のため1週間順延し4月2日は予定があり参加できなかったので2か月ぶりのハイキングでした。


クリックすると元のサイズで表示します
JR東日本相模湖駅
前方に見える山が目指す石老山です。
ここでいつもの通り準備体操をしてからスタートする。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
相模湖の画像に載っていない北側が相模湖駅です。
駅から相模湖大橋を渡り、更に相模湖沿いを歩き石老山入口バス停まで歩く。
ここから時計回りで石老山まで登って来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
相模湖大橋を渡る


クリックすると元のサイズで表示します
相模湖と相模湖駅付近
右側に渡って来た相模湖大橋が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
見つけた四葉のクローバー

石老山入口バス停から少し歩いたところでトイレ休憩した。
近くにクローバーが群生していて何人か四葉のクローバー探しをしていた。
クローバー普段見られる三つ葉の変異体で小葉を4枚持つクローバーが稀にあり偶然にもそれを見付けられた者には幸運が訪れるという。
誰かが五葉のクローバーもあったと言っていました。


クリックすると元のサイズで表示します
登山開始


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(1)
この巨石群脇を歩いていて、ふと「西の富士、東の筑波」と称される筑波山を想い出す。


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(2)
巨岩が転がって来そうです。


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(3)
駒立岩
高さ11m、横幅17m


クリックすると元のサイズで表示します
山道を登る


クリックすると元のサイズで表示します
石老山顕鏡寺山門
高野山真言宗の寺院で、平安時代の仁寿元年(851年)に源海法師によって創建。


クリックすると元のサイズで表示します
石老山顕鏡寺蛇木杉
樹高:40メートル  樹齢:推定400年
巨大なスギの根が2本露出しており、その姿があたかも大蛇が寝そべっているかのように見えることから、この名がつけられたという。


クリックすると元のサイズで表示します
石老山顕鏡寺岩窟


クリックすると元のサイズで表示します
蓮華のような形をしている蓮華岩


クリックすると元のサイズで表示します
かなり急な登り道


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(4)


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(5)


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(6)
吉野岩(弁慶の力試岩)
登山道に突出している岩


クリックすると元のサイズで表示します
巨大奇岩の脇を通る(7)
擁護岩(雷電岩)
飯縄権現神社を覆いかぶさるように突出している岩。
この擁護岩は、高さ22m、横幅19mで石老山で最も大きい岩だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
山道を登る
新緑が綺麗で空気も美味しい。


クリックすると元のサイズで表示します
融合展望台(昼食)


クリックすると元のサイズで表示します
融合展望台から見た相模湖


クリックすると元のサイズで表示します
更に山頂を目指して登る


クリックすると元のサイズで表示します
石老山山頂(702m)
ここでいつもの通り山の歌を合唱する。
歌は「青い山脈」。


クリックすると元のサイズで表示します
石老山山頂から見た山々
一番高い山が標高1,673 mの蛭ヶ岳です。
蛭ヶ岳は丹沢山地中央部にある丹沢山地の最高峰です。
雲がなければ蛭ヶ岳の右奥に富士山が見えるわけだが残念ですが観れませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
下山開始。
なだらかな下り坂で新緑も美しい。


クリックすると元のサイズで表示します
急な下り坂道を下りる。


クリックすると元のサイズで表示します
大明神展望台から見た相模湖方面


クリックすると元のサイズで表示します
更に急な下り坂が続く(1)
足下に注意しながら下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
更に急な下り坂が続く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
舗装道路を歩く

プレジャーフォレスト前バス停まで約30分くらいはなだらかな舗装道路を歩くが、バスの時刻に合わせるため最後の余力で速足で歩く。
運よくバスの時刻に間に合い、相模湖駅から八王子駅、長津田駅、青葉台駅まで全て急行に乗り継ぎ、往路は1時間半くらいかかったところを、1時間余で青葉台駅まで着いて、明るいうちに自宅へ着きました。

今回のハイキングは標高差(約500m)もあり、急な登り坂、下り坂が多く、ハイキングというより登山したという感じだったが全員が無事に下山出来ました。

来月の区民ハイクは5月28日(日)百蔵山(大月市)標高1003mの山です。
又元気に会いましょう。 ではまた

青葉の百姓 2017.4.23記


ネット仲間からのコメントです。

---------------------------------------------------
セレスさん
2017年04月24日 11:55
石老山はどの辺りにある山ですか?
ハイキングは足腰鍛えられますね!

青百
2017年04月24日 13:25
石老山(せきろうざん)は相模湖の南側にある標高702mの山です。
登山口をスタートしてからの標高差も約500mもあり、急登り坂・急下り坂もありハイキングというよりむしろ登山に近かったですよ。


青葉の百姓 2017.4.23追記


-------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年04月29日 10:41
以前にも区民ハイクの写真がアップされてましたね。
何時も、大勢の参加で、結構きつい坂もあるようですね。

青百
2017年04月29日 10:50
さぬきふじ・2さん、
石老山は八王子の先の相模湖駅で降りてから登ります。
この山はハイキングというよりアップダウンも多くむしろ登山に近い山でした。
石がゴロゴロとしていて歩きにくいし、大岩がところどころあって見事だが人気もある山ではないですかね。


青葉の百姓 2017.4.29追記


-------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2017年04月30日 09:06
青百さん、
足元は悪くても、アップダウンがあり変化に富んでるので人気があるのでしょうね。

青百
2017年04月29日 10:50
さぬきふじ・2さん、
石老山は八王子の先の相模湖駅で降りてから登ります。
この山はハイキングというよりアップダウンも多くむしろ登山に近い山でした。
石がゴロゴロとしていて歩きにくいし、大岩がところどころあって見事だが人気もある山ではないですかね。


青葉の百姓 2017.4.30追記




1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ