2017/8/2

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)170730  アウトドア

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)


青葉、山の会に初参加で日本百名山の苗場山(標高2,145mの火山)へ行って来ました。
天候不良で心配していたが、1日目、2日目とも小雨降る中の登山で大変だったが、苗場山翌日は幸運にも3時間ばかり好天に恵まれ、雄大な高層湿原を歩き、下山中には高山植物のお花畑を満喫しながら無事に下山できました。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山まで歩いた軌跡
赤丸印
右上の緑の軌跡は翌日和田小屋まで下山した軌跡です。


クリックすると元のサイズで表示します
赤石澤国有林入口
スタート


クリックすると元のサイズで表示します
広葉樹の樹林帯を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
雨の中を登る。
雷のせいか辺りを見渡すと何本かの巨木が折れている中を登って来ましたが、霧もかかって何とも異様な感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
急坂を登る。
これから大きな石を避けて注意深く登っていく。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(1)
これから急な登り坂が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(2)
ここもかなり急な岩場です。
雨が降っていて体中は蒸れ切ってべとべとになっている中、転落に注意し少しづつ登りました。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目
5〜6本くらい鎖場がある岩場を登るとやっと6合目に着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
茂みの中を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
またまた鎖場が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(7合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(8合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
休憩所
8合目を登りきると広々とした休憩所がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
木道


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(1)
ワタスゲの群生地を歩く。
初夏の湿原の風物詩として白い綿帽子のような綿毛がゆらゆら揺れるワタスゲだが、ここまで来ると咲き始めでまだ綿のようにはなっていませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(2)
6月に行った尾瀬を想い出すような広々とした湿原が続く。


クリックすると元のサイズで表示します
9合目
9合目を超えるとまた樹林帯に入り、急登岩場に入って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
急登岩場
更に急な岩場を登って行くが、ここも雨が降っているし岩が滑りやすくゆっくり登って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を登りきると広々とした湿原に着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(1)
この辺には何の植物が咲くのだろう?


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(2)


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の雪渓
山東付近には雪渓が残っていて滑らないよう注意深く歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(3)
山頂付近の雪渓を歩き切ると、更に湿原が続き、遠くに苗場山自然体験交流センターの屋根が見えて来ました。
ホッと一息つき疲れがどっと出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター
全員が無事に到着し、雨で体中がびしょびしょで早々と着替えました。
濡れた登山着は乾燥室へ、
夕食は山小屋の定番メニューであるカレーライスでした。

この日の歩いた歩数:9,570歩(約6.2km)
かかった時間は約4時間45分でした。

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/29.html

青葉の百姓 2017.8.2記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月02日 15:20
ご苦労様です。健脚でいいですね。
この写真を見ていたら、女性の方もいらっしゃるのですね。

青百
2017年08月02日 15:48
小野小町さん、早々とコメントありがとう!
この雨の中を、年齢も70歳前後の集まりで一人も脱落者も出ず完歩出来る元気な方たちです。
その中で女性も4割いるし、青百の方が負けそう・・・。



ももっちさん
2017年08月02日 15:56
未だ雪が残っているのですね。
普段目にしない草花も
高度によって色々変化していくのでしょうね。

青百
2017年08月02日 17:46
ももっちさん、
この辺へ来ると未だ雪が残っていましたね。
普段目にしない草花は翌日午前中3時間ばかり好天になり、下山中に自然高山植物のお花畑を見てきましたよ。
下山2日目を追ってアップしますのでご覧ください。



セレスさん
2017年08月02日 16:06
雨の中、大変でしたね!
無事下山され良かったですね!

青百
2017年08月02日 17:48
セレスさん、ありがとう!
雨の中は普段の二倍の体力と気力が必要です。
無事下山しましたが、2回も滑りましたよ。



Kumilyさん
2017年08月02日 16:38
おーーーー雪がたくさんあるー🙊
こういうところ 登山したいです

青百
2017年08月02日 17:51
Kumilyさん、
まだ頂上付近には雪が残っていました。
雪渓ではアイゼンは持って行かなかったので見事に滑りました。
しょっぱな滑ったのでゆっくりと気を付けて歩きました。



ふぅさん、
日付:2017年08月02日(水) 17時46分
お帰りなさい〜!
苗場山へ3日間も行ってこられたのですね。
苗場はスキー場しか知りません( ;∀;)
白いのは雪渓なんですね。
2000m超えの山だから、雪渓もありますよね。
足元、滑りませんでした?(^◇^)
良いお天気の時間もあって、良い思い出ができて良かったです。

青百
日付:2017年08月02日(水) 18時48分
私も若い頃に苗場スキー場へは来たことがありますが、苗場山頂へは初めて登頂しました。
この山頂近くにある緩い雪渓を歩かないと遠回りになり、縦断しましたがしょっぱなで滑ってしまいました。
その後はゆっくり気を付けて歩き雪渓を歩き切りました。


青葉の百姓 2017.8.2追記


--------------------------------------------------
ゆうまさん
2017年08月03日 02:14
足元が悪そうで大変でしたね。
でも登頂の喜びもひとしおだったでしょう(^−^)

青百
2017年08月03日 05:50
ゆうまさん、お早う!
今回の苗場山は今まで登った山でも3本の指に入るような足元が悪さです。
それに悪天候でカッパは来ていても体中蒸れてびしょびしょでリュックも重いし、疲れました。
でも苗場山へ着いてTシャツに着替えたら生き返りました。
翌日は晴れて素晴らしい高原の大湿原と自然の高山植物を観れたことは幸運でした。
今日はプー太郎さん主催の高尾山ビアマウントで暑気払いです。
例によって私は大垂水峠から登り高尾山頂経由でビアマウントで仲間達と合流します。
ゆうまさんも来れれば良いですが、何せ遠いですよね。


青葉の百姓 2017.8.3追記


---------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん
投稿日:2017年 8月 3日(木)05時44分48秒
お疲れ様でした。
長い雪渓なので滑らなかったかと気になりましたが、やっぱり滑りましたか?
それだけに充実感は大きかった事でしょう(^◇^)
私も立山へ登る時、雪渓で足を取られました。
山へ登る時は装備をきちんとしないと・・・ですね。

青百
ふぅさん、コメントありがとう。
立山は登ったことも無いですが、室堂の上にそびえている山が山頂なのですか? 素晴らしいところですね。
苗場山山頂近くの雪渓は急斜面ではなく大丈夫だと思いましたが、雪渓に足を踏み入れた途端に足を取られました。
雪渓が急斜面でしたら当然迂回しますが、体ごと滑って行く斜面ではないのでそのあとは気を付けて歩きました。


青葉の百姓 2017.8.4追記


--------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
特別ハイクE苗場山1日目にいいねをして頂きました。

青百
いいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.12追記




4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ