2018/6/25

区民ハイクE初夏の玉川上水を歩く180624  アウトドア

区民ハイクE初夏の玉川上水を歩く


2018.6.24
6月の区民ハイクで初夏の玉川上水緑道を歩いて来ました。
今回は早朝雨が降っていたため、参加人数が少なく、約40人くらいの参加でした。


8:00 JR南武線武蔵溝ノ口駅改札口前集合

コース JR南武線武蔵溝ノ口駅→立川駅(乗換)→国分寺駅(乗換)→西武国分寺線「鷹の台駅」〜JR中央線「三鷹駅」 約10Km


クリックすると元のサイズで表示します
小平市立中央公園
ウォーキング前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水緑道を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水立坑


クリックすると元のサイズで表示します
巨大なケヤキの木の脇を歩く


クリックすると元のサイズで表示します
行幸松と行幸松の碑
明治16(1883)年に 明治天皇が小金井堤に観桜に出かけてこられたことを記念して植樹された「行幸松」とその記念碑


クリックすると元のサイズで表示します
名勝、小金井桜の碑
小金井桜は、元文2(1737)年に、武蔵野新田世話役であった川崎平右衛門が 幕命により植えたもので、小金井橋を中心に玉川上水の両岸、およそ6kmにわたり、2千余本が植えられていました。 その桜並木は、江戸時代から関東随一の桜の名所として知られていました。
(小平市HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(1)
東京都小金井市と一部が小平市・西東京市・武蔵野市にまたがる東京都立の都市公園。
面積約80haの広大な敷地をもつ公園。


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(2)
江戸東京たてもの園ビジターセンター
江戸東京たてもの園内は時間が足りなかったので入らなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(3)
失われてゆく江戸・東京の歴史的な建物を移築保存し展示する目的で東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館。
東京都墨田区にある、東京都江戸東京博物館の分館である。
(Wikipedia HPより)


クリックすると元のサイズで表示します
東京都立小金井公園(4)
小金井公園内で昼食を済ませ、例によってその季節に合った歌を全員で合唱する。
歌は「夏は来ぬ」「牧場の朝」「われは海の子」「夏の思い出」の4曲でしたが一番のみ合唱。


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水の碑


クリックすると元のサイズで表示します
玉川上水
水量は少なかった。


クリックすると元のサイズで表示します
国木田独歩文学碑
玉川上水脇にある桜橋のたもとに国木田文学碑がある。


クリックすると元のサイズで表示します
石造庚申供養塔
庚申塚ともいい、中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔。
欅橋のすぐ近くにある「石造庚申供養塔」は三鷹市の指定文化財になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
三鷹駅付近で解散
9:50からスタートし、13:30くらいで目的のコースを完歩したが、皆さんはまだ余力があるのか、ここから井之頭公園まで歩き公園内の自由散策をしました。


クリックすると元のサイズで表示します
太宰治が玉川上水に入水自殺した地といわれる場所

作家・太宰治が入水自殺したのは武蔵野を流れる玉川上水ですが、現在の玉川上水は水も少なく川幅も狭く、入水自殺できたなんて到底考えられない水量です。
今では住宅が立ち並んでいて入水自殺するような環境ではないが、当時は玉川上水は水量も多く、木もいっぱい繁っていて周辺には人の往来もなかったのではないか?


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(1)
万助橋を渡り井の頭公園の西園から入園したが、アジサイのような花が咲いていて花名は判らなかったが綺麗だったのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(2)
池の中央でカイツブリの子育て場所を発見。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(3)
浮き水草の上に巣をつくっているので陸上の外敵には安全だと思うが、カラスに雛を食べられないのかなと心配する。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(4)
あじさいもまだまだ綺麗です。


クリックすると元のサイズで表示します
井之頭公園(5)
この日は日曜日なので公園池にはたくさんのボート客が漕いでいました。

この日は井之頭公園散策をした後にハイキング仲間有志とと一杯やる予定があり、更に井之頭公園駅から電車に乗り、渋谷〜新丸子まで行きました。

ハイキングコースだけの距離は約10kmでしたが、アチコチへまわりかなり歩いて疲れました。

本日歩いた歩数:34,180歩(約22.2km)


青葉の百姓 2018.6.25記


-----------------------------------------------------
mocoさん
2018年06月25日 13:18
青百さん、こんにちは。
小金井公園までいらしていたんですね。
Pさんのお宅がここから近いですよ。
私は会社に行く時に鷹の台の津田塾の脇を通るのですが、この玉川上水の緑の木陰はとても気に入っています。

青百
2018年06月25日 15:39
mocoさん、
こんにちは、久しぶりのコメントありがとう。
小金井公園は大きい公園だね。
昼食休憩時間が少なく良く回れなかったです。
Pさんのお宅がここから近い?? 
私はPさんと言えばプー太郎さんしか知らないが、プー太郎さんは青百の最寄り駅と同じで青葉台駅ですよ。
ひょっとするともう一つ自宅があるのかな?
mocoさんは会社に行く時に鷹の台の津田塾の脇を通るという事は緑道と並行している道路かな?
確かに玉川上水の緑の木陰は良いですが、10kmも同じようなところを歩くし変化がなくちょっと物足りないかな?
何時か桜の時期に行って見たいですね。



ふうちゃんさん
2018年06月25日 16:02
ブログを拝見しました。
お写真を見てるだけでも、緑が綺麗で癒されますね^^
歩いた距離が22キロとは! お疲れ様でした^^

青百
2018年06月25日 16:14
ふうちゃんさん、
何時も何時もブログを見て頂き、コメントも頂き有難う。
この玉川上水緑道は緑が多く地元の人はウォーキングに最適ですね。
春は桜の時期、秋はモミジもたくさんあり紅葉時期も綺麗だと思います。
そうそうウォーキングが終わった後も、井之頭公園散策をしたり、そのあとも新丸子まで足を延ばして一杯やったり、一日中でこんな距離まで歩く羽目になりました。



mocoさん
2018年06月25日 16:49
私が書いたPさんとは女性でぺ◯サスさんです。
ご存じだと思うのですが…😅

青百
2018年06月25日 16:58
mocoさん、
Pさんとはあのぺ◯サスさんですか? 判りました。
今年の新年会で久しぶりにお会いした時にはいつも和服なのに、洋服で来られて一見スチューワデスのようでびっくりしました。
良いところに住んでおられるのですね😅



セレスさん
2018年06月25日 18:22
井の頭公園の赤い花はボタンクサギのようですね!

青百
2018年06月25日 19:14
セレスさん、
井の頭公園の赤い花はボタンクサギですか?
有難う。
綺麗な花ですね。


青葉の百姓 2018.6.25追記


---------------------------------------------------
マイビオラさん
2018年06月25日 22:30
健脚で羨ましい!
去年階段から滑り落ちてから腰の調子が悪くもう無理かもしれません。
新緑を仰ぎながら季節の紫陽花や川面を見ながらのハイキング楽しいお話も弾んだことでしょう。

青百
2018年06月26日 06:02
マイビオラさん、お早う。
新緑を仰ぎながら季節の花々を見ながら歩いて来ました。
縁があり富士山頂の仕事もしていて富士山に執り付かれてから数十回は登っている。
お陰様で脚は丈夫ですが、年々衰えてきたし2015年夏をもって富士山登頂は卒業しました。
今は富士山周辺の山々へ登り霊峰富士山を眺める事に切り替えました。
マイビオラさんは階段から滑り落ちてから腰の調子が悪くなったのですか?
お気の毒ですね。
歩けなくても趣味の花の絵を描いたり、花育てや野菜づくりをゆっくりと楽しんでください。
 

青葉の百姓 2018.6.26追記


----------------------------------------------------
さぬきふじ・2さん
2018年06月28日 15:46
毎月区民ハイクがあるのですね。
1か月といっても、早く過ぎてしまうので忙しいでしょうに・・・・
でも、考えればこの企画があるから、色々景色を眺めながらウオーキングできますので、いいのかもしれませんね。

青百
2018年06月28日 17:21
さぬきふじ・2さん、コメントありがとう。
区民ハイクは毎月1回と言うより、暑い7月8月と暮れの12月はないので年に9回実施しています。
私の場合は自らの一人ぶらり歩きもあり、他の仲間達との旅行もあり結構忙しいです。
このような企画があるから、色々景色を眺めながらのウオーキングやハイキングもあり充実しています。


青葉の百姓 2018.6.28追記





2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ