2017/8/6

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)170801   アウトドア

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)

特別ハイクE苗場山3日目は前日は和田ロッジに泊まり、帰りに水澤観音へ立ち寄り参拝した後、昼食に水沢うどん「大澤屋(第一店舗)」でマイタケ天ぷらとうどんを食べました。


クリックすると元のサイズで表示します
和田ロッジ
朝食


クリックすると元のサイズで表示します
道の駅「みつまた
旧三国街道沿い、関東から新潟への玄関口に「道の駅みつまた」ができました。
館内には地元湯沢の農産物やお土産をはじめ、アウトドアをサポートするグッズも充実。
館内外に設置された足湯で心も体もリラックス出来ます。


クリックすると元のサイズで表示します
水澤観世音入口
群馬県渋川市にある天台宗の寺院である。
山号は五徳山。本尊は十一面千手観音で、坂東三十三箇所第16番札所です。


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音鐘楼


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音本堂(観音堂)


クリックすると元のサイズで表示します
水沢観音六角堂


クリックすると元のサイズで表示します
水沢の観音杉
樹齢700年以上と言われている。


クリックすると元のサイズで表示します
弁財天


クリックすると元のサイズで表示します
水沢うどんの大澤屋
(第一店舗)


クリックすると元のサイズで表示します
水沢うどんの大澤屋
マイタケ天ぷらうどんで昼食。
日本三大うどんの一つにあげられている群馬県の水沢うどんは、400年以上の歴史を有するコシの強いをうどんと言われるが、揚げたてのマイタケ天ぷらは美味しかったが、うどん自身はそれほど美味いと思いませんでした。
何といっても四国お遍路の旅であちこちで食べた讃岐うどんの方が遥かにコシがあり美味しいかった。

因みに日本三大うどんを調べてみると、
「定説はない」との見解だが、現状では「讃岐」と「稲庭」はほぼ「当確」という見方が強い。
第三のうどんには、長崎県の「五島」、群馬県の「水沢」、富山県の「氷見」のほか、名古屋の「きしめん」が挙がることもあるそうです。


特別ハイク苗場山登下山の2日間は悪天候もありかなりきつかったが、2泊3日であったため3日目はゆっくりし早めに帰宅出来ました。

青葉の百姓 2017.8.14記


ネット仲間からのコメントです。

-------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月14日 20:08
讃岐うどんのほうがおいしかったと書いてあり
ほっと安心しています。マイタケ天ぷらはいかがでした?

青百
2017年08月14日 20:20
小野小町さん、早々とコメントありがとう。
採れたてのマイタケ天ぷらは美味しかったですよ。
数年前に仲間3人でお遍路の旅をして疲れ切った時に立ち寄った讃岐うどんは安くて美味しかったです。
忘れられないですね!


青葉の百姓 2017.8.14追記




1

2017/8/2

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731  アウトドア

特別ハイクE苗場山2日目(下山)

苗場山からのご来光を観ようと早朝4時30分に起床。
5時前には外へ出たが霧がかかって残念ながら観ることは出来なかった。
出発する7時40分頃からは霧も消えて午前中まで好天気に恵まれたことは幸運でした。
最大の見せ場である苗場山頂湿原、自然に群生している高山植物のお花畑を観ながら下山しました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山頂湿原
5時前は霧がかかって見えませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山頂から和田小屋までの下山した軌跡。
大きな丸印緑色の歩いた軌跡が祓川コースです。

苗場山頂(標高2145m)→お花畑→雷清水→神楽ケ峰(標高2029m)→上ノ芝・中ノ芝・下ノ芝→和田小屋


クリックすると元のサイズで表示します
準備体操
苗場山山頂自然体験交流センター(一泊)からスタート前の準備体操


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター前
霧が消えて高層湿原が一望出来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂へ
まず苗場山自然体験交流センター前から近くにある山頂へ向かい出発しました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂(標高2,145mの火山)
ここから雄大な大湿原を歩いて下山します。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(3)
池塘(ちとう)群
頂上部は多くの池塘を光らせた4km四方に及ぶ高層湿原を展開していて、その景観と特異な山容から、越後の名山として注目され県内外の登山者に親しまれている。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(4)



クリックすると元のサイズで表示します
苗場山山頂の大湿原を歩く(5)


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を歩く
この岩場を抜けると高山植物のお花畑が広がります。


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(1)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(2)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(3)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(4)
お花畑から後ろを振り返ると苗場山山頂が良く見えたのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(1)
ハクサンフウロ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(2)
クルマユリ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(3)
シモツケソウ


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(4)
ホタルブクロ(ツリガネソウ) か?


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(5)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(5)
撫子(なでしこ)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(6)
菊のような黄色い花は何て言う花か不明?


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(7)
シシウドと撫子(なでしこ)


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物のお花畑を歩く(6)


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(8)
ニッコウキスゲ


クリックすると元のサイズで表示します
雷清水から苗場山を仰ぎ見る。


クリックすると元のサイズで表示します
雷清水(かみなりしみず)
標高(1920m)
ここの清水は冷たくて美味しかった。
飲料水と残った清水はウイスキーを入れて水割り用に、空いた500mmペットボトルに3本も入れて下山する。


クリックすると元のサイズで表示します
お花畑で見た高山植物(9)
コイワカガミ


クリックすると元のサイズで表示します
再び登り斜面を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
神楽ヶ峰(6合目)


クリックすると元のサイズで表示します
股すり岩
確かに名前のごとく脚を擦るように大股で登らないと移動できなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
岩だらけの道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
休憩


クリックすると元のサイズで表示します
木道を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
ワタスゲ
夏の風物詩、群生したワタスゲの白い綿穂が風に揺れている。


クリックすると元のサイズで表示します
なだらかな斜面を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
再度岩だらきの道を登る。
とにかく歩きにくい山道です。


クリックすると元のサイズで表示します
又、下ります。


クリックすると元のサイズで表示します
下の芝


クリックすると元のサイズで表示します
緩い下り坂を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
和田小屋到着


クリックすると元のサイズで表示します
和田小屋で昼食
かき揚げそばを頼んだが、夏は暇なのか従業員が少なく約30〜40分も待たされました。
昼食後、和田小屋からシャトルバスに乗り和田ロッジまで行き一泊する。


クリックすると元のサイズで表示します
和田ロッジ(泊)
夕食はこのメニューにあとから鰻のかば焼きまで出て来ました。
一泊二食付きで8,100円は安かった。

この日に歩いた歩数:15,960歩(約10.4km)
かかった時間は約4時間40分でした。
悪天候での二日間登山はとにかく疲れました。

3日目は水沢観音へ立ち寄り、昼食を取ったあと帰宅する予定。

特別ハイクE苗場山3日目(水沢観音)170801
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/30.html


青葉の百姓 2017.8.4記


ネット仲間からのコメントです。
-----------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん、
投稿日:2017年 8月 4日(金)17時33分18秒
3日間も行ってこられたのですね!
素敵な山行きでしたね〜
ご来光は見れなくても、雰囲気が味わえて良かったです。
苗場山山頂湿原池塘(ちとう)群、見せていただいてありがとう。初めて見ました。
素晴らしい所ですね。
山でお花に出会うと、心が和みます。
高山植物を見るのは、私にとっては山登りの楽しみの一つです。

青百
ふぅさん、お早う。
苗場山山頂までの1日目は悪天候で体中ビショビショになり、岩道の急登あり、10ヵ所くらいの鎖場がありで頂上まで行けるのかと思いながら歩きました。
登頂翌日は下山中に雄大な苗場山山頂湿原池塘(ちとう)群、自然に群生している高山植物のお花畑を観れたことは幸いでした。
とにかく疲れましたが、数日経ってみるときつかった山登りも素晴らしい想い出になります。
その二日後は高尾山ビアマウントで仲間達と暑気払いがあり、この日は別の登山ルートを使い仲間達と合流しました。
またアップします。 ではまた


青葉の百姓 2017.8.5追記


---------------------------------------------------
Kumilyさん
2017年08月05日 23:21
おーーーーー良い景色ですね
山頂に、湿原ありなんですねー

青百
2017年08月06日 07:37
山頂大湿原には無数に池塘(ちとう)があり、前日の雨で打たれた登頂の疲れは吹っ飛んでしまいました。
是非行かれてみて下さい。


青葉の百姓 2017.8.6追記


---------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
日記にいいねをしてくれました。

青百
日記にいいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.9追記






1

2017/8/2

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)170730  アウトドア

特別ハイクE苗場山1日目(登頂)


青葉、山の会に初参加で日本百名山の苗場山(標高2,145mの火山)へ行って来ました。
天候不良で心配していたが、1日目、2日目とも小雨降る中の登山で大変だったが、苗場山翌日は幸運にも3時間ばかり好天に恵まれ、雄大な高層湿原を歩き、下山中には高山植物のお花畑を満喫しながら無事に下山できました。


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる苗場山まで歩いた軌跡
赤丸印
右上の緑の軌跡は翌日和田小屋まで下山した軌跡です。


クリックすると元のサイズで表示します
赤石澤国有林入口
スタート


クリックすると元のサイズで表示します
広葉樹の樹林帯を歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
雨の中を登る。
雷のせいか辺りを見渡すと何本かの巨木が折れている中を登って来ましたが、霧もかかって何とも異様な感じです。


クリックすると元のサイズで表示します
急坂を登る。
これから大きな石を避けて注意深く登っていく。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(1)
これから急な登り坂が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(2)
ここもかなり急な岩場です。
雨が降っていて体中は蒸れ切ってべとべとになっている中、転落に注意し少しづつ登りました。


クリックすると元のサイズで表示します
6合目
5〜6本くらい鎖場がある岩場を登るとやっと6合目に着きました。


クリックすると元のサイズで表示します
茂みの中を黙々と歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
またまた鎖場が続きます。


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(7合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
鎖場(8合目付近)


クリックすると元のサイズで表示します
休憩所
8合目を登りきると広々とした休憩所がありました。


クリックすると元のサイズで表示します
木道


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(1)
ワタスゲの群生地を歩く。
初夏の湿原の風物詩として白い綿帽子のような綿毛がゆらゆら揺れるワタスゲだが、ここまで来ると咲き始めでまだ綿のようにはなっていませんでした。


クリックすると元のサイズで表示します
湿原(2)
6月に行った尾瀬を想い出すような広々とした湿原が続く。


クリックすると元のサイズで表示します
9合目
9合目を超えるとまた樹林帯に入り、急登岩場に入って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
急登岩場
更に急な岩場を登って行くが、ここも雨が降っているし岩が滑りやすくゆっくり登って行きます。


クリックすると元のサイズで表示します
岩場を登りきると広々とした湿原に着きます。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(1)
この辺には何の植物が咲くのだろう?


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(2)


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の雪渓
山東付近には雪渓が残っていて滑らないよう注意深く歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
山頂付近の湿原(3)
山頂付近の雪渓を歩き切ると、更に湿原が続き、遠くに苗場山自然体験交流センターの屋根が見えて来ました。
ホッと一息つき疲れがどっと出ました。


クリックすると元のサイズで表示します
苗場山自然体験交流センター
全員が無事に到着し、雨で体中がびしょびしょで早々と着替えました。
濡れた登山着は乾燥室へ、
夕食は山小屋の定番メニューであるカレーライスでした。

この日の歩いた歩数:9,570歩(約6.2km)
かかった時間は約4時間45分でした。

特別ハイクE苗場山2日目(下山)170731
http://orange.ap.teacup.com/aohyaku/29.html

青葉の百姓 2017.8.2記


ネット仲間からのコメントです。
----------------------------------------------------
小野小町さん
2017年08月02日 15:20
ご苦労様です。健脚でいいですね。
この写真を見ていたら、女性の方もいらっしゃるのですね。

青百
2017年08月02日 15:48
小野小町さん、早々とコメントありがとう!
この雨の中を、年齢も70歳前後の集まりで一人も脱落者も出ず完歩出来る元気な方たちです。
その中で女性も4割いるし、青百の方が負けそう・・・。



ももっちさん
2017年08月02日 15:56
未だ雪が残っているのですね。
普段目にしない草花も
高度によって色々変化していくのでしょうね。

青百
2017年08月02日 17:46
ももっちさん、
この辺へ来ると未だ雪が残っていましたね。
普段目にしない草花は翌日午前中3時間ばかり好天になり、下山中に自然高山植物のお花畑を見てきましたよ。
下山2日目を追ってアップしますのでご覧ください。



セレスさん
2017年08月02日 16:06
雨の中、大変でしたね!
無事下山され良かったですね!

青百
2017年08月02日 17:48
セレスさん、ありがとう!
雨の中は普段の二倍の体力と気力が必要です。
無事下山しましたが、2回も滑りましたよ。



Kumilyさん
2017年08月02日 16:38
おーーーー雪がたくさんあるー🙊
こういうところ 登山したいです

青百
2017年08月02日 17:51
Kumilyさん、
まだ頂上付近には雪が残っていました。
雪渓ではアイゼンは持って行かなかったので見事に滑りました。
しょっぱな滑ったのでゆっくりと気を付けて歩きました。



ふぅさん、
日付:2017年08月02日(水) 17時46分
お帰りなさい〜!
苗場山へ3日間も行ってこられたのですね。
苗場はスキー場しか知りません( ;∀;)
白いのは雪渓なんですね。
2000m超えの山だから、雪渓もありますよね。
足元、滑りませんでした?(^◇^)
良いお天気の時間もあって、良い思い出ができて良かったです。

青百
日付:2017年08月02日(水) 18時48分
私も若い頃に苗場スキー場へは来たことがありますが、苗場山頂へは初めて登頂しました。
この山頂近くにある緩い雪渓を歩かないと遠回りになり、縦断しましたがしょっぱなで滑ってしまいました。
その後はゆっくり気を付けて歩き雪渓を歩き切りました。


青葉の百姓 2017.8.2追記


--------------------------------------------------
ゆうまさん
2017年08月03日 02:14
足元が悪そうで大変でしたね。
でも登頂の喜びもひとしおだったでしょう(^−^)

青百
2017年08月03日 05:50
ゆうまさん、お早う!
今回の苗場山は今まで登った山でも3本の指に入るような足元が悪さです。
それに悪天候でカッパは来ていても体中蒸れてびしょびしょでリュックも重いし、疲れました。
でも苗場山へ着いてTシャツに着替えたら生き返りました。
翌日は晴れて素晴らしい高原の大湿原と自然の高山植物を観れたことは幸運でした。
今日はプー太郎さん主催の高尾山ビアマウントで暑気払いです。
例によって私は大垂水峠から登り高尾山頂経由でビアマウントで仲間達と合流します。
ゆうまさんも来れれば良いですが、何せ遠いですよね。


青葉の百姓 2017.8.3追記


---------------------------------------------------
投稿者:ふぅさん
投稿日:2017年 8月 3日(木)05時44分48秒
お疲れ様でした。
長い雪渓なので滑らなかったかと気になりましたが、やっぱり滑りましたか?
それだけに充実感は大きかった事でしょう(^◇^)
私も立山へ登る時、雪渓で足を取られました。
山へ登る時は装備をきちんとしないと・・・ですね。

青百
ふぅさん、コメントありがとう。
立山は登ったことも無いですが、室堂の上にそびえている山が山頂なのですか? 素晴らしいところですね。
苗場山山頂近くの雪渓は急斜面ではなく大丈夫だと思いましたが、雪渓に足を踏み入れた途端に足を取られました。
雪渓が急斜面でしたら当然迂回しますが、体ごと滑って行く斜面ではないのでそのあとは気を付けて歩きました。


青葉の百姓 2017.8.4追記


--------------------------------------------------
Hiroe Asahinaさん
特別ハイクE苗場山1日目にいいねをして頂きました。

青百
いいねありがとう。 
悪天候の中の苗場山登山だったので疲れました。 
翌日の午前中だけでも好天になって幸いでした。


青葉の百姓 2017.8.12追記




4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ