2009/3/29

vs. 京都サンガF.C.(ナビスコ)  サッカー関連

昨夜まっちゃんが静岡に来たので、アウスタ(旧日本平スタジアム)へサッカー観戦に連れて行くことにした。どうやらサッカー観戦は初ということで、エスパルス戦がデビュー戦となる(笑)
スタジアムまでの道は桜が満開でとても華やかだった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして陽気も良く、サッカー観戦には最高の日だった。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてまっちゃんを連れてスタジアム内を案内したため、普段はあまり来ることがない対戦相手側のゴール裏スタンドへ。こちらからエスパルスサポゴール裏を見てみると、ちょっとした違和感を感じる(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

試合の方は純平とエダのゴールにより2−0の快勝!
ナビスコとは言え今季ホーム初勝利!スタジアム中のエスパサポ大喜び。もちろんオイラも
まっちゃんもサッカー初観戦を楽しんでくれたようで何よりだった。
0

2009/3/25

51. 安土城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜安土城編〜」
またもや禁じ手である一日二城攻めである観音寺城跡を思ったよりも早く下りてくることが出来たので、以前行ったことがある安土城跡も一気に攻めてしまうことにした。
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、まずは「信長の館」へ行って、安土城天主5階・6階部分の原寸大復元を見に行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

このオリジナルが残っていれば。。。さぞ凄かったんだろうなぁと思うが、歴史上の建物などはそんなものである。想像力を働かせて空想に浸る楽しさもある
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

以前もここに来て見ているが、やはりこの原寸大復元は素晴らしい。存在感に圧倒される。
そしてここを観終わった後に「安土城考古博物館」へ行き、安土城に関する知識のおさらいをする。ここで見ることが出来る安土城に関する映像は必見である。安土城跡に行く前に見ておくと凄く勉強になり、行った時に見どころのポイントを抑えておくことができると思う。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりにここに来たが、以前に比べかなり整備されているし、何か前とちょっと違う気がした。まぁ良く整備されているし、変な整備の仕方ではなく、昔からの雰囲気もしっかり残してくれているので満足は満足である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもここの石垣だけは他のどの城の石垣とも違い、石垣だけで存在感があり、見るものを圧倒してくれ、その上空想に浸らせてくれる。想像力を働かせれば働かせる程、観る者を楽しませてくれる城というのはなかなかない
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さすが信長が天下統一を目指していた絶頂期に建てた城だけのことはある。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

天主に向かって上に行けば行くほど、石垣の石が大きくなってくるというのも凄い。これらの大きな石垣の石も威圧感がかなりある。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして天主跡に到着。天主跡から見る景色は、信長が生きていた頃とはだいぶ違っているはずだ。昔、琵琶湖は安土城が建っていた山の麓にあったはずである。その琵琶湖ははるか向こうに見ることが出来る。今でもでかいと思うけど、昔の琵琶湖ってどんなにでかかったんだ?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

そして満足したので天主跡から下りて、三重塔、仁王門を通る。
クリックすると元のサイズで表示します

ここの仁王像は存在感があったなぁ〜。しばらく観ていても飽きなかったし。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

満足の行く安土城跡二度目の訪問でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/25

52. 観音寺城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜観音寺城編〜」
今日は会社休業日のため、青春18きっぷを使って安土まで朝一でやってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

何年か前に安土城跡を見に安土を訪れたことはあったが、観音寺城跡まで見に行く時間がなかった。今回は観音寺城跡が目的で安土にやってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず安土駅前の織田信長像が出迎えてくれた
通常のハイキングコースは、安土駅から桑実寺、観音寺城跡を通って、西国第32番霊場観音正寺と行くコースらしかったが、オイラは観音正寺から行く、逆コースを歩くことにした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

山の麓の方から石垣や苔むした石の階段がずーっと続き、途中から観音正寺への参道(石の階段)へと変わる。
実はかなり長い階段が続いていて大変である。さすが西国霊場のコースである。そしてある一定間隔で、色々なありがたいお言葉が書かれた札が、階段手すりにつけてある。その言葉をいちいち読みながら、「う〜〜ん、確かに。。。」などと納得しながら一人階段を登るオイラ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最後の頃は、かなりバテながらも観音正寺に到着。さすが西国第32番霊場だけあって立派なお寺である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

せっかく立ち寄ったので、一通り参拝を済ませて本堂へ。本堂で参拝を終えた後、納経帳を買って御朱印を頂きたくなってしまったが、西国三十三箇所巡りまで始めてしまったらえらいことになってしまうので、ここはグッと堪えて先へ行くことにした。
クリックすると元のサイズで表示します

ここからの階段は、先程までの階段とは異なり、更に苔むしていたりして雰囲気がとても良い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして程なく観音寺城跡本丸跡に到着。さすがに観音正寺を出てから誰にもあっていない。ここまで来る人は平日は殆どいないのだろう。。。休みの日でもあまりいなさそうな雰囲気だし
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

かなり時間を掛けて本丸跡を見学し、写真も撮って満足して桑実寺側へ山を下りることにする。実は下りてきてから気がついたのだが、あれだけ長い時間本丸跡にいたのに、観音寺城跡で一番有名な平井丸虎口の石垣を見逃してきてしまった。。。何やっているんだオイラは。。。
そして桑実寺を参拝し麓まで下りてくる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それにしても桑実寺から下の方がよっぽど城跡らしく、りっぱな石垣跡や階段がある。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

う〜〜〜ん、こっちの方から登ってきた方が良かったかもしれないなぁ。。。ただし、充分過ぎるほど楽しむことは出来た。山を一つ登ってしまったが。。。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/23

酒倶楽部わっはっは  その他

三連休を四国で過ごしとても楽しかったが、そこで家に送っておいたおみやげが既に着いていた。
せっかくなので酒倶楽部わっはっはへ持っていく。
クリックすると元のサイズで表示します

卯之町にあった酒蔵で購入したお酒セット。そこで造っているお酒が一通り飲めるようにと、6本セットを購入したのだ。とりあえず写真だけ撮らせてもらい、週末に他の常連客達と飲ませてもらうことにする。
代わりにわっはっはのママやマスター達が遊びに行っていた、西伊豆のワインを飲ませてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します

とても美味しく呑みやすい。う〜〜〜ん、満足
満足ついでに焼酎を一本入れてもらった。前回入れていたボトルが終わってしまったからだ。。。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてみんなで呑んでみると。。。これがまたバカウマ!!
ちょっとこれは最近呑んだ焼酎の中では一番自分好みだったかもしれない(笑)
0

2009/3/22

お遍路2009 春B  旅行関連

請うご期待
0

2009/3/21

82. 大洲城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜大洲城編〜」
別格霊場第八番 十夜ヶ橋に17:00までに何とか間に合うように行きたいという気持ちと、間に合わなかったとしても大洲城は攻めておかないと、という気持ちの葛藤がある中、大洲城行きを決めた
クリックすると元のサイズで表示します

遍路道から外れ、大洲城の看板を辿っていくとまず地図が目に入り、そこを曲がるとお城が見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

桜祭りも行なわれていましたが、まだ少し早いといった感じ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

天守閣の方に向かって道を登っていきましたが、全て綺麗に舗装された道。悪いことなど何もありませんが少し残念。あまりに整備されすぎていて。。。しかしその途中にあった桜は見事なまでに咲いていました。石垣も素晴らしかったです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

少しはなれたところからパルちゃんの記念撮影をし、天守閣へ近づいていく。
本当綺麗な城だ。殆ど桜は咲いていないけど、意外と人が天守閣を見に来ている。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

実はこの城、天守は復元によるもので2004年に木造復元されたものだが、両隣にある台所櫓と高欄櫓はオリジナルであり、重要文化財でもある。それにしても外観が綺麗な天守閣だ。凄くバランスが取れていて、見ていて気持ちいい。
天守閣の中も素晴らしく、景色の眺めも最高でした。
クリックすると元のサイズで表示します

何とか桜と一緒にお城の写真を撮りたいと思い、どこかないかと城内を探していると、やっぱり同じようなことを考えて探している人いました。それも同じようにお遍路をしている人が(笑)その人は自転車遍路でしたが
結局この一枚が探した中では一番良い場所でしたが、ちょっぴり残念。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

時間を掛けて探せばもう少し良いポイントがあったかもしれないけど、先を急ぐためこれで妥協し、十夜ヶ橋へ向けて出発することにした。それにしてもここの石垣は重量感があり迫力もある。素晴らしい。。。
クリックすると元のサイズで表示します

名残惜しかったのでもう一枚だけ写真を撮った。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでも100名城スタンプ集めている人達を何人か見かけました
0

2009/3/21

お遍路2009 春B  旅行関連

請うご期待
0

2009/3/20

お遍路2009 春A  旅行関連

請うご期待
0

2009/3/20

83. 宇和島城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜宇和島城編〜」
さすがに宇和島までは、そうちょくちょくと行くことは出来ないと思い、お遍路で宇和島へ行くついでに、宇和島城を攻めることにした。
クリックすると元のサイズで表示します

今回は城山登城口からではなく、「桑折長屋門」から天守閣を攻めてみた。理由はこちらの方が宇和島駅から近かったから(笑)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

実は今年の1月3日にもここ「桑折長屋門」前までは来ていたのだが、宇和島城は次回来た時にしようと考え直し、「桑折長屋門」前で引き返していた。まさか今日来るとは前回は思っていなかったが。。。(笑)
門をくぐると石垣好きの心を擽るような石垣と階段がいきなりある。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さすがに今朝まで雨が降っていたので階段が滑り危ない。実際に滑ってコケそうになっていたおばちゃんを見た。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

井戸丸跡を通り過ぎ、先に城山郷土館を見てみる。展示品はなかなかのもので、充実していると思う(笑)
そしていよいよ二の丸へ。二の丸から見た宇和島城天守閣はなかなかのものである。
ちょうど桜が咲いていたが、この桜が満開だったらさぞ見応えがあっただろうなぁ〜と少し残念に思った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そしてその桜とは対照的に、櫛形門(一の門)のところに咲いている桜は見事なものだった。
クリックすると元のサイズで表示します

本丸に登るとパラパラと時折降っていた雨も止み、日差しも入るようになり、時々お天道様も顔を覗かせるようになる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして天守閣を見学する。さすが現存12天守の1つで重要文化財に指定されているだけあって、素晴らしいの一言に尽きる。
クリックすると元のサイズで表示します

そして100名城スタンプをゲットする。
帰りは城山登城口方面へ行くことにし、道を下って行くと途中で相撲の土俵を見かけた。何故あるのかは疑問に思ったが、とりあえず写真は撮っておいてみた
クリックすると元のサイズで表示します

また現在の修復・復元状況や今後このように進める予定という看板を見かけた。
クリックすると元のサイズで表示します

この通りに修復や復元が進められることを切に願うばかりである。
クリックすると元のサイズで表示します

そして上り立ち門から出る。この後このすぐ近くにある「伊達博物館」にも行ったが、とても素晴らしかった。機会があれば行くことをお薦めする。
0

2009/3/19

お遍路2009 春@  旅行関連

明日から三連休なので、急遽四国までお遍路の続きを歩きに行くことにした。
今日の仕事を定時でしっかり終わらせ、急いで帰宅。
纏めてあった荷物を持って草薙駅へ。
草薙駅17:59発便で静岡へ向かう。そして新幹線に乗り換え、静岡駅18:12に出発、岡山駅に21:15到着。岡山発便「特急しおかぜ」の出発時間が21:59時間がかなりあるため、弁当を買って夕飯を済ませることにした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

この出発を待っている間のワクワク感がたまらなく好きだ
そして定刻通り21:59に岡山駅を出発、本日宿泊を予定していた新居浜駅に23:38に到着。本当はもっと先まで行きたかったのだが、時間も遅く、宿到着時間や明日の出発時間等を考慮し、新居浜駅周辺で宿泊することにした。
予約していたビジネスホテルは、本当に新居浜駅から歩いて5分掛からない場所にあった。
0

2009/3/16

またまたテル君  その他

昨日から弟家族がうちへ引っ越してきた(笑)ということで、またまた久しぶりにテル君を見た。
クリックすると元のサイズで表示します

パルちゃんやリラックマに囲まれての写真撮影写真を撮りながら笑っちゃいました。

今年のサッカー年間スケジュールを見ていて、とんでもないことに気がついてしまった。。。というのも今年一番楽しみにしていたモンテディオ山形戦(アウェイ)、どうやら用事で行けなくなるようだ。地元の花火大会(草薙龍勢の開催時期)と被っている。。。今年は本番の打ち上げに参加する予定でいるのでしょうがないことなんだけど・・・残念。
0

2009/3/15

泥棒論語  イベント関連

昨年「九十九夜一夜物語4」を観に行った際、関係者の打ち上げに参加させて頂いたのだが、そこに来ていた九十九さんのお知り合い谷口さんに「来年の春舞台やるから観に来てよ。」と呑んでいる時言われた。
関係者でもなく、芸能関係とは一切無縁のところで仕事をしているオイラは、この谷口さんがどのような人か知らずに、「是非観に行かせていただきますね。舞台やる日取りが決まったら教えてくださいね。」くらいに言っていた(笑)
実際に観に行きたいと思ってそう言っていたのだが。。。そして先月、舞台のことが気になり住友さんに谷口さんの舞台について聞いてみると、3月12日から15日まで劇場シアターXでやっていることを教えてもらった。そしてあろうことかチケットの予約までして貰った。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

どのような舞台なんだろうと楽しみにして「劇場シアターX」へ行く。ただ気がかりだったのが、「誰でも分かるものや自分がやりたいって思ったものは今まで散々やってきたから、今回は分かりにくいもの、理解されにくいものをやってみたいと思っている。」と谷口さんが言っていたこと。果たしてオイラに理解が出来るのだろうか?
会場後舞台が始まるまでの間に、たまたま谷口さんを見つけたのでご挨拶だけさせていただく。そしてその際、九十九さん夫妻が先日見終わった後に無言で帰っていったことを聞かされた。。。え?そんなに難しいの???
で、いよいよ舞台が始まる。。。で、観終わった感想は。。。おいらも谷口さんに告げず、アンケート用紙にも書かず帰ってきてしまった。というか、言えなかったし、書けなかったというのが本音か。。。
@素晴らしい舞台だった。物語や台詞は勿論しっかりしているし、話しはとても面白かった。ストーリーだけでも充分楽しめた。
Aクラリネットやドラム、アコーディオンの生演奏に合わせて8人のダンサーが物語りに合わせてフリーダンス(だとオイラは勝手に解釈した)を踊る。もちろん台詞があり、芝居もする。バレーやダンスを見ることがないオイラにとってはとても新鮮だったし、素晴らしい踊りがたくさんあって良かった。
B舞台(物語)と音楽、ダンスの融合で見どころがたくさんあり、ある意味二倍お得?ってな感じもしなくもない。実際、この舞台を見に来なければこのようなダンスを生で見る機会は一生なかっただろうと思う。そして台詞やストーリーも興味深く、面白かった。反面、なぜ無理やり融合させる必要があるの?って気がしなくもなかった。ダンス、物語、どちらも単独で成り立ち、どちらも単独で面白さや芸術的な部分を集中させ、より観客を楽しませることができたのでは?とも正直思った。だからと言って面白くなかった訳では決してない。
その他もろもろの理由や考えが浮んでは消え、消えては浮んできたので、感想の言いようがなかった。実際これを書いているのは観てから1ヶ月経ってのことだが、いまだ持って良く分からないのが正直な感想。
また次回谷口さんに会う機会があったら、その時に正直な感想をぶつけてみたいと思う。だっておいらは評論家でも芸能関係者でもない、一観客。実際にどういう意図で、構成・演出をしたのかも知ってみたい。たぶん谷口さんも素人の話をちゃんと聞いてくれるだろう(笑)
0

2009/3/15

21. 江戸城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜江戸城編〜」
今日は東京へ用事があったため、ついでに江戸城を攻めることにした。
クリックすると元のサイズで表示します

草薙駅で関口知宏のJRポスターを見たが素晴らしいポスターだった。
クリックすると元のサイズで表示します

草薙駅を7:10発便で出発、東京駅に10:36着。
クリックすると元のサイズで表示します

東京駅も改修工事中。綺麗になったらどうなるのだろう?確かに存在感がある駅ではある。
江戸城はとりあえず「和田倉橋」から入り、「和田倉噴水公園」を抜けて「桜田巽櫓」前へ行く。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

内堀通りはマラソンしている人、自転車に乗っている人、ウォーキングをしている人でごった返している。東京マラソン一週間前だけあって、走っている人が特に多い。
そして「桜田巽櫓」前は、「桜田巽櫓」と「桔梗門」を含めた風景を水彩画で描いている人がたくさんいた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「桜田巽櫓」から「桔梗門」へと歩き、そのまま「二重橋」前へ移動。さすがに「二重橋」前は観光客が多い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮るだけとって満足したので、次は「桜田門」へ移動。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それにしても石垣が素晴らしい。「桜田門」で石垣の写真を撮っていたら、同じような人が二人ほどいた(笑)そして外堀の写真を撮りに「桜田門」から出る。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

外堀むちゃくちゃ存在感あるし。。。(笑)国会議事堂すぐそこだし・・・
写真撮り終えたら、今度は「楠正成像」を見に行くことに。実に26年ぶり。
ついでに「楠公レストハウス」でカレー丼を食べ、100名城スタンプを押す。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

100名城スタンプを押し、お腹も満たされ満足したので「東御苑」へ行くことに。
「大手門」から入る。それにしても外国人が多い。そして何が良いかというと入場無料というところが素晴らしい(笑)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「同心番所」前、「百人番所」前を通る。それにしてもここの石垣の大きさはハンパない。他の城の石垣の大きさなんて比べ物にならない大きさだ。そして何よりも石垣は全て「切込接」。個人的にはあまり好きではないが。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして「本丸跡」を通って「江戸城天守閣跡」を見に行く。
クリックすると元のサイズで表示します

桜の時期に来ればここも素晴らしい写真が撮れただろうに残念。。。
そして「松の廊下跡」を通って、「富士見櫓」を見てくる。普通の城だったら確実に天守閣だよな。。。この大きさ。。。
クリックすると元のサイズで表示します

まだまだゆっくり見ていたかったが、用事の時間が迫ってきつつあったので、今回はこれで終わることし、東京駅方面へ向かう。それにしても天気が良かったからなのか、「東御苑」でピクニックしている人多かったなぁ・・・
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/14

ブルートレイン富士・はやぶさ  イベント関連

今日ブルートレイン「富士・はやぶさ」が最後の運行を迎えた。朝、夕方、夜のニュース番組でどこも取り上げていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

昨年11月に熊本へ行った時の寝台特急「富士・はやぶさ」「はやぶさ」の写真。
本当に小学生の頃から憧れていたブルートレイン。よく朝学校に行く時、踏み切り待ちで見たことを思い出す。よく覚えているのは、「さくら」「あさかぜ」「出雲」だ。どれもすでに廃止されているものだ。
そう考えると暇部部長と熊本までブルートレインに乗れたことは、貴重な思い出となっている。
「2008年11月14日熊本旅行記」
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こちらはまっちゃんに送ってもらった「富士・はやぶさ」「富士」の写真。
実際に熊本に行った時も向かいのシートの人が、廃止になる噂を聞いたので思い出のある「富士・はやぶさ」に乗って熊本の友達の所に遊びに来たと言っていた。
色々な人達の思い出と共に最後の走りを見せた「富士・はやぶさ」。お疲れ様でした。
0

2009/3/14

vs. 横浜F.マリノス  サッカー関連

今日はホーム開幕戦。天気は昨夜から続いている雨が午前中はまだ降っていた。
しかし昨晩の飲みが久しぶりに効いたようで、朝飯食った以外はずーっと寝ていた。。。二日酔いはないのだが、何と言っても目が開かない。体力の衰えを実感。。。
11:00頃ようやく起きアウトソーシングスタジアム日本平(通称:アウスタ)へ行く準備を始める。アウスタへ行く前に清水駅へ東京から観戦に来たサポ仲間(旅仲間)を迎えに行き、出発。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さすがホーム開幕戦だけあって人の出足も早い。風はまだまだ強いが、雨が止んでくれたのはせめてもの救いだった。
そしてキックオフ。前半風下のエスパルスは、マリノスにやりたい放題やられていた。パスミスや単なるミスが目立ち、GK西部のファインセーブのシーンを何度も観させられた。後半は一転エスパルスが攻めて一方的な試合になるだろうと期待していたが、風上にたってようやく五分五分の試合になった感があった。どちらもミスが多く(それでもマリノスがゲームを支配していたように思う)、むちゃくちゃフラストレーションが溜まる試合展開。結局前節に続き、0−0の引き分け。
2試合観て、ゴールシーンゼロ!!はっきり言って面白くないゲームが続いている。
相変わらず???な采配をするケンタ。。。今年もスタートダッシュに失敗。。。
まぁ、お隣のチームは2試合で10失点ですけれども・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ