2013/10/30

旧友と会いました  おでかけ

先週、
中学の時に外国に永住した友達が日本にきてくれて
28年ぶりに会い、
地元の友達も一緒に3人で、一日、はとバス乗りました。
^v^



みんな少しだけ?年取りましたが
まぁ、ほんとに変わらない。印象が同じ。
笑顔が同じ。
懐かしかった。
元気そうで嬉しかった〜。

学生の頃を一緒の場所ですごしたって、
なんか特別っていうか、いいもんですね。

中学生の頃って、当時は中学生なりに必死だったような気もしますが
実はあんまり考えないで
将来のこととかは漠然としていて
ただ毎日無邪気にしてたんだなぁ(私はね)・・と思いましたよ。
久しぶりの再会に
ふわふわして、不思議な感覚の一日でした。
来年、もしかしたらまた会えるかな。
楽しみ〜キラキラ









東京の名所凝縮的なコース
雨だったのが、ほんとに惜しかった

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します








グリル満天星のドリア↓おいしかった

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/10/30

チャチャ(やせてますけど)元気です  チャチャ

雨が多いですね。
そしてずいぶん寒くなってきました。
11月がもうすぐですものね、季節と暦がやっと合ってきた感じです。


チャチャはひとまず、瞳をキラキラさせて元気です。
触るとガリガリなんですが、態度はいつもと変わりません。
散歩もよく歩きます。

尿検査、エコー等で腎臓が悪いらしいとの診断ですが
獣医師さんは、血液検査が正常範囲内なのに
体重が激減ということにひっかかるようで、
もう少し原因を探りましょうと慎重な姿勢です。
2週間に1度くらい体重測定と診察にいくことになりました。
血圧も高いので、降圧剤の薬と、
FOODもロイアルカナンの腎臓サポートというごはんを一昨日から食べてます。
水の摂取量も今それほど多くはありません。


腎臓病はまだ初期のステージだそうで
なんとか悪くなるのが遅くなるようにしないといけません。
チャチャがいつもどおり
家の中をウロチョロしているのが、ほんとに嬉しいです。


がんばらなくちゃ


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/10/27

うー チャチャ病気です  チャチャ

チャチャ、ちょいとまずい事態です。

体重がすごく減ってしまいました。
二男が沖縄から帰ってきて、抱っこしたチャチャが痩せていることを、
夫はなんか動きが前よりゆっくりしてると心配し、
夫が数日前動物病院に連れて行ってくれました。


そしたら2.15kg´Д`
これは・・ということで行った血液検査では特に異常はなし。
ごはんも若いころよりはがつがつしてはいませんが
普通に食べるし、下痢や嘔吐もない。
でも、体重半年で450gも減っちゃってるから、
先生の勧めで、
昨日エコーとレントゲンと尿検査、血圧測定しました。



混んでる中、検査を含め診察時間はゆうに1時間、
先生は丁寧に説明してくださいました。
腎臓がよろしくない状態でした。
昨日から一日の水分摂取量を計って、
外部に出した尿検査の結果を待って、今後の治療計画が決定されます。
10歳の腫瘤の手術の時も、あ、ずいぶん体重が落ちたなと思ったので
もしかしたらその頃から悪かったのかもしれません。



毎日同じ部屋で寝てるのに気が付かない私。
なんとも言いようがなく、チャチャに申し訳ない気持ちです。
なんか気分が落ちるので書くのやめようかとも思いましたが
「チャチャ日記」はチャチャの記録ですから、ここに書きました。
これからしばらく、暗い調子かもしれません。
すみません。




今週撮った画像
毛吹がわりにいいので見た目ではわからないですが、
抱くとたしかに骨ばっています・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/10/26

LOUD PARK13 その2  音楽

ちょっと間が空いてしまいましたが、LOUD PARK13の続きです。
10月19日(土)に参戦しました^v^


スパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパークスパーク


昨年と違って、
今年は正直、STONE TEMPLE PILOTSとANGRAだけが楽しみでした。


そしたらね、よかったのがLORDI
いでたちは怪物&ゾンビです。
最初びっくりしたけど、まぁ曲がいいこと
アップテンポでメロディアス。
初めて聞いたのに、素晴らしくよかった。
だから会場はノリノリでみんな大喜び。
重そうな衣装で頭の先から足の先まで、
メンバー全員ががっちり装備してました。
それでギター弾いて、歌って、疲れるだろうなぁ
プロ意識にただただ感心しました。



ANGRAは微妙な事態です。
私には初ANGRA生ステージでしたから
超期待しておりました。

だけど以前在籍していた
アンドレ・マトスとエドゥ・ファラスキの印象が強く残っているため
新しいボーカル氏の声質や歌唱がぴんとこないんですよ〜
うーん。
だけど曲が好きなんです!
次のアルバムを待ってます


そして、EUROPEがよかった〜。
これまで私はEUROPEというバンドを
本気でちゃんと聞いたことありませんでした。
THE FINAL COUNTDOWN とかあと数曲くらいしか知らなかった。
ところがですね、
大ベテランバンドなのに、終始にこやかで感じはいいし、
昔聴いたことある〜って名曲を連発してくれました。
曲がいい!
年齢とともに渋さも加わったボーカルが上手。
張りのある清らかなハイトーンは健在でした。
かなり素敵でしたキラキラキラキラキラキラキラキラ

EUROPEが出演したからかな
お客さん、年配女性がいつもより多い気がしました。
今もあんなにかっこいいんだから、
ファンにしたら永遠にアイドルだろうなぁ。



そして私はといえば、前列はよかったんだけど、
スピーカー真ん前はまずかった。
耳がやられた。
静かになったら、しばらく耳鳴りがしてました。
翌朝にはなんとか回復してましたが
大爆音すぎるのでは・・・・・

次回からは耳栓持参でまいります。


フェスはいいです。とても楽しい。
5時間以上立っていたけど、足はなんともなかった。
足が治って、良かったです^▽^



クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/10/20

LOUD PARK13 その1  音楽

19日の土曜日に
LOUD PARK13 行ってまいりました。


出場バンド、フェスの運営にいろいろ思うことはありますが、
ただただCHESTER BENNINGTON、STONE TEMPLE PILOTSの曲の素晴らしさを
ひしひしと感じ、幸福感に包まれております。


そもそも、CHESTERはLINKIN PARKのひとであり
ストテンのVOCALやることに(私は)違和感がありました。
事前にみていた動画でも、SCOTTのねちっこい歌唱とは違い
CHESTERは上品でこなれてない感じがして
どうかな?なんて思ってました。

そんなことは全くの杞憂でした。
CHESTERはすごい。
ちゃんとSTONE TEMPLE PILOTSの一員、フロントマンとして
きっちりバンドに調和し、
CHESTERの解釈のSTONE TEMPLE PILOTSの歌をうたっていました。
動きも歌い方もなじんで美しかった。
時折、深々と丁寧にお辞儀をして、曲の合間に何度もTHANK YOUといっていた。
真面目な人なんだと思う。


でも、
ストテンは
メタルフェスのヘッドライナーには不向きでした。
ひとつ前にやったEUROPEがトリをとるべきでした。
EUROPEは「THE FINAL COUNTDOWN」で有名な
スウェーデン出身の北欧メタルの元祖みたいなバンド。
実力があるからね、とにかく演奏も歌も盛り上げ方も素晴らしくて、
会場はおそらくみんなが大感動でした。
うまいんだよね、ほんとに


そのあとがストテンじゃ気の毒だよ。
そもそもグランジだもの。
メタルじゃないもの。
場違いといってもいい感じのヘッドライナーですよ。

(あとから知ったけど)
途中お客さんドンドン帰っちゃってたらしい。
それでも、会場に感謝の意を表しながら、
最後まで手を抜かずきちんとやってくれました(涙)

見事でした拍手拍手拍手拍手拍手






STONE TEMPLE PILOTS 
WITH CHESTER BENNINGTON

サイコーキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ



ストテン
クリックすると元のサイズで表示します

アングラ
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/10/7

不思議だなぁ  音楽

今日はこの前でた休日出勤の代休でやすみ。
充実した1日を過ごせました。
職場の皆様、休ませてくれてありがとうございます。




しつこいけど
STONE TEMPLE PILOTS 雑感の続きです。



どのアルバムも繰り返し聞きまして
全アルバムとも90点以上と思います。
初期の頃は暗め激しめの妖しさプンプンの曲調が目立ち、
うーロックだぁなんてしびれますが
一番最近でてる「STONE TEMPLE PILOTS」なんて
曲がほのかに明るく、和らかで肌触り(耳触りか)がいい。
聴いていると、ほのぼのとした幸福感に包まれるほど。
のジャケットのイメージどおり。


この人たち仲たがい というか
ずっとVOCALのSCOTT WEILANDに振り回されて、
ほかのメンバーはイライラしたり心配続きの日々で
バンド内もめてたはず。
それなのに、なぜどのアルバムもまとまっていて、
素晴らしい出来なんだろう。
不思議。
不協和音とかがきこえてこない。
たいがい、もめごと→ダメダメなアルバム
となってしまうのに。


アーティストって幸福で順調だと、いいもの作れないのかな。
悲しみ、怒りとか焦燥とか欠乏とか、苦しい状況になって
エネルギーが充てんされるのかしら。
きっとストテンについては
メンバーが頑張って、
曲を作るSCOTTを支えてきたんだろうとは思うけれど。




このままSCOTTが抜けたままで、終わっちゃうのかなぁ。
ほんとに惜しいなぁ。


クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ