2009/9/18

今日初めて実感しました  いろんなこと

 仕事では毎日メールを送信したり、受け取ったりします。
少し前から別の人がメールでやりとりしていた用件を、今日はその担当の人が不在で、しかも時間的にもう決着をつける必要に迫られていたため、私が代わってメールで連絡をしました。なかなか込み入った内容でして、ちょっとばかり上手くいっていない話でした。
 ほんとの担当の人からは、ニュアンスとかが伝わらないから電話のほうがいいかも・・とか言われてたんですが、とりあえずはメールで依頼かな・・なんて気を遣いながらメール送りました。
それで、暫らくして届いた返信がですね・・・読んだ瞬間、もう、くちアングリというか、のけぞっちゃうような冷た〜い文章、しかも一行のみ・・・・・・・・・・・・

 お、怒ってるよこれは、わあーまずい、まずい、どうしようと、もう暗澹たる気分になりました。あせって善後策を考え、ほんとの担当の人に電話してさんざん相談して、意を決してドキドキしながら電話しましたよ。怒られること覚悟で、もうやぶれかぶれ、だって時間ないんだもん。この状況のまま連休にははいれない。

 そしましたらね、相手方の電話の口調はいたって優しく、こちらの言い分もわかってくれて、一本の電話で一気に問題解決したんです。(ほんとの担当者がこちらでできることやって、最大限努力したことを、向こうが理解してくれていたのが上手くいった大きな理由なんだけどね)。

 メールは顔も見えない、口調もわからないからそればかりに頼るのはNGとは聞いていたけども、ほんとにそうね、今日しみじみ感じましたよ。

電話で声聞いたり、会って相手の表情を見ながらお話しすることは、とても大事なことなんですね。よーくわかりました。

今年も「玉すだれ」咲いてきました
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ