エンデューロライダー たいちぇんのブログ

2014/11/30  18:49

門司港レトロマラソン  

人生2度目のマラソン大会に参加してきました。
マラソンといってフルマラソンではなく10kmの部に出場です。

初参加は今年3月の海の中道はるかぜマラソン、その後も定期的に昼休みにランニングを続けてきてました。

もともとはエンデューロでの体力向上が目的でしたが、マラソン大会に出ると決めたらそれはそれで練習にも身が入ります。おまけに今回は職場の同僚も参加したので先に始めた立場として先輩として負けられません。
そんなこんなで大会当日を迎えました…!

朝7時に自宅を出発して会場に8時過ぎに到着。
巌流島の武蔵と小次郎の顔ハメですか…(≧∇≦)
クリックすると元のサイズで表示します



受付済ませてスタートの列に並んでみると、先頭から遥か後方…。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


前にはたくさんのランナーでスタートライン見えません(笑)
クリックすると元のサイズで表示します




本気モードな方々とは実力が違い過ぎるのでまあいいのですが後方過ぎると大渋滞の中をかいくぐって走るのはけっこう大変なのです。


というわけで行ってきまーす!
クリックすると元のサイズで表示します


結果はどうにか目標の50分切りを達成、1キロ地点までは6分近くかかりましたがその後は5分切るペースで走れたのでよかったかな!
クリックすると元のサイズで表示します


次回は2月の小郡市マラソンかな、次はハーフに出ろと言う声もあるので練習量を増やすしかないようです。
2

2014/11/29  21:17

SUGOの思い出 テストの話。  エンデューロ

テストの話を書いてみます。
オンタイムエンデューロのテスト区間とはタイムアタック区間のことで秒計測です。
SUGOのテスト区間にはエンデューロテスト(林間や作業道、沢など)、クロステスト(フラットなターン主体)、エクストリームテスト(土管や丸太、ガレ石など障害物沢山)の三ヶ所ありましてラリーでいうところのSS(スペシャルステージ)のようなものでその他の区間はルートと呼ばれています。
今回コンディションも良くルートはゆっくり走ってもTC(タイムチェック)には8〜10分は余る設定でした。


これが自分のテストタイムの結果です。

DAY1
クリックすると元のサイズで表示します


DAY2
クリックすると元のサイズで表示します


自分にとって一番速いと思っていたエンデューロテストが奮わずIBクラスの真ん中くらいのタイム。
DAY1の2周目からテスト計測するのですが(1周目は下見ラップで計測ナシ)、最初のサスの減衰セッティングは前後ノーマルで臨みましたが、どうやら柔らか過ぎてピッチングが酷くガレ石に乗ってアクセル開けるとポンポンフロントが浮いてきてギクシャク。
テスト区間の後半木の根のキャンバーがある登りで前走車が転んでいて横を避けて通ろうとしたら転んでしまい共倒れになりリヤフェンダーが割れてしまいテンションダウン↓

とりあえず伸びだけ固めて次のラップも走るがイマイチ…。ピットで市川さんに相談して前後共に硬めに締め込んでいくとピッチングが収まり乗りやすくなり攻め込んでいけるようになりアクセルも開けていけるようになりました。
足回り調整してピットを出る際にしっかりアクセル開けて攻めていけ!と市川さんから送り出されたのも気持ちの上でとても効きました(笑)

エンデューロテストの区間が一番長いのでテストに入る前に譲ってくれる方がいて助かりましたm(_ _)m
それでも前走車に追いつく場面も多々あり、パスするのに苦労しましたが自分なりには走れたかな。

クロステストはモトクロスコースの練習ばかりしてきたのである程度の手ごたえはありました。
同じ組にモトクロス国際A級の横澤選手が一緒だったのでルートで先に行かせてプレッシャーのない状態を作り出して走り3〜5番手のタイムとまずまずの結果。

意外だったのがエクストリームテストで、苦手な意識を持っていましたが実際はクラス3〜4番手のタイム出せていて嬉しかった。
DAY2では各TCで時間余るのでさらにゆっくり走り前走車と間隔を開けてなるべくクリアーな状態でテスト区間に入れるよう調整しました。しかしDAY1でアンダーガードを壊してしまい下回りはノーガードでヒューム管やガレ場を攻めるのはいささか心配です。
エクストリームテストでのIAライダーのライン取りをよく観察して、後半のガレ場を進むか遠回りだけど安全確実なラインを取るか散々悩みましたが、ノーガードなのでクランクケース壊すリスクを避けて安全ラインでいきました。
このテストで2分を切りたくて頑張ってみましたが最後のラップにキャンバーで転倒しておまけにタイキが止まってた横でまた転倒して40秒もロスして大叩きしてしまいました(^^;;

タイムアタックってホント難しいですね(^^;;

そしてファイナルクロステスト。
完走者同士でのモトクロスレースですがここのタイムも計測されているのでテストの一部なのです。
フィニッシュラインのジャンプをファイナルクロス前のラップで試しに飛んでみたら今まで経験したことのない高さに飛び上がりカラダは固まり、うひゃーと声が出まして(笑)もう飛ばないと決めました(^^;;

ファイナルクロスは今までは苦手意識があり、あまり好きではなかったのですがここ最近はモトクロスコースでの練習が増えたので1コースに進入するのは怖いけど以前よりはペース上げて楽しく走れるようになってきました。
二日目の暫定結果を見ると自分は5位。4位と6位のライダーとは30秒くらい?しか離れていません。
ファイナルクロスの結果次第ではひっくり返す、若しくはひっくり返される可能性があるのでゼッケン確認して一応マークしてました(笑)
そしてIAIB混走でスタートし、無事1コーナー抜けて中盤くらいで大坂へ。
前方にそのゼッケンの方を確認。なんとか抜いて逃げ切れば順位転落することはないでしょう…!
そしてそのまた前方には日高のファイナルクロスと同じくIAハラジュンさんがいる!
抜きたいがキッチリインを締めるライン取りになかなか抜けません…しかしウォッシュボードの手間のコーナーでさらにインに入り込み並んでどうにか次のコーナーで前に出れましてゴール(≧∇≦)
ファイナルクロスメッチャ楽しいし、一年を無事締めくくることが出来、達成感がありました(^^)

ライダー同士はライバルですが、オンタイムエンデューロではレース中直接のライバルではありません。
自然の地形や自分の心持ち、なかなか思ったような走りが出来ずイライラしてしまったり結果に一喜一憂する自分がライバルだと思うのです。
一度出した結果は結果として受け止めて次のラップに向けて気持ちを切り替えて走る…。
精神的にも鍛えられて平常心を保ちながらアタックするのはとても面白いのです。

これだからオンタイムエンデューロはやめられません(≧∇≦)

3

2014/11/26  12:14

SUGOの思い出 旅は道づれ世は情け  エンデューロ

今回の遠征は私のクルマでせえこちゃん、みやたさんと一緒に行きました。

自宅を木曜日の午後2時半に出発し、ZIMでニードル受け取りせえこちゃん宅へ。

KTMとWRの二台積み。
両車のステップをタイラップで引っ張り上げてスペースを確保し、真ん中にみやたさんのフサベルをバックで入れました。
クリックすると元のサイズで表示します


みやたさんを迎えに行って、近所の王将で晩御飯食べて高速へ。
みやたさん宅から岡山吉備までみやたさん。
岡山吉備から金沢までせえこちゃん。
金沢から新潟まで私。
車中ではお約束の白い巨塔を6話連続して見てました(笑)

トワイライトエクスプレスたいちぇん号、日本海からの夜明け前。
ウーン、キレイな景色に旅気分盛り上がります!
クリックすると元のサイズで表示します


早朝、名立谷浜サービスエリアで燃料補給していると福井から参戦のO里さんと偶然にもバッタリ会って顔を覗き込むと徹夜で走ってきた疲労からか死んだ魚の目になっていた(笑)
みやたさんを運転代行でO里号に送り込み、二台で一緒に走行してSUGOを目指しました(^^)

磐越道に入ると風と霧がすごくて見通し悪かったですが会津磐梯山を見たいという私の願いが叶ったのか、近くまで来ると霧が一気に晴れて雪化粧した会津磐梯山がドーンと!
サービスエリアから拝むことが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし東北はやはり寒いですね…サービスエリアの隅には雪が残っていました。
此処だけ観光気分に浸れました(笑)


レース終了後も二人が頑張ってくれたおかげで運転したのは午前2時から7時前まで富山〜滋賀間だけでした。
今回はホント楽させてもらって感謝であります。


2

2014/11/25  12:09

JEC最終戦  エンデューロ

今年のラストレース、SUGO 2DAYS ENDURO行って来ました。

結果はDAY1が7位、DAY2が5位でIBクラス総合6位でした!

ポイントランキングではタイキに及ばず、残念ながら全日本IBクラス2位という結果でしたが、西日本エリア戦のランキング1位と合いまって来季はIA昇格することになりました!
クリックすると元のサイズで表示します


九州からは開催地が何処も遠く、フル参戦出来ず毎年悔しい思いをしていましたが今シーズンは家族の応援もあり、JECに集中して参戦出来まして、毎週末の練習にも付き合ってくれて良い状態を維持して怪我なく一年戦えた事が一番の収穫です。
いつもお世話になっているダートバイクZIMさん、IRCタイヤさん、日高からレースの現場でサポートしていただいたモンドモトの市川さん、オープンエリアの中嶋さん、応援並びに支援をしてくれたたくさんの人たちのおかげで頑張れました。

ありがとうございました(≧∇≦)



詳細はボチボチ書いていきまーす。
5

2014/11/18  12:11

2014.11.16 FOP画像  練習

naoちゃんがデジ一眼で撮ってくれたのでアップ〜。
クリックすると元のサイズで表示します


コーナー出口を見つめる目付きがいいね
クリックすると元のサイズで表示します


ダダダダーン!!と走ってきてグリっ!とリヤタイヤ滑らせてタイトにターンするのが大福のブーム。
フロントタイヤしっかり出口向いていて、アウト側の肘がピッと上がってカッコいい(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


俺も負けずに飛びます。汚っさん怪我すんなよ!
クリックすると元のサイズで表示します


オーストラリアから来た面白い人(^^)
ぶつかりそうになってゴメンなさい。
クリックすると元のサイズで表示します


昼ご飯時に工具箱をゴソゴソ…。
クリックすると元のサイズで表示します


使ってる工具合ってます!
クリックすると元のサイズで表示します


その後ムース入りの本番タイヤでの交換をnaoちゃんのサポート付きで一応練習しておいた。
今までの最速タイム3:57秒出て満足(o^^o)

タイヤレバー使ってストライダーのシート高の調整に余念のない大福(^^)
顔が真剣です‼︎
クリックすると元のサイズで表示します


手を借りずにひとりで登るという大福。
騒音対策で4ストモトクロッサーが走行禁止になっていたFOPだが、サイレンサーにバッフル付けたり消音対策している車両は走れるようで少し活気を取り戻してきた感がありました。
今日もお疲れ様でした(・ω・)ノ
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ