한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2013/11/29

日本における未来社会の展望について  村のあちこち村おこし

 【2052】とは未来学者のヨルゲン・ランダース博士の著書の名前です。


 【2052】は語呂合わせは見つけることができませんでしたが、テンキー暗記法ではありました。


 温暖化効果が二酸化炭素の【20】倍もあると言われるメタンガスが、上空に蓄積していくことを象徴したような不気味な並びになりました。


 ヨルゲン・ランダースさんの名前は、地球温暖化が、後戻りできない段階になったと、【予言を乱打】しているようです。


 最近注目されているのは、北極海から大量なメタンガスが大気中に放出されていることです。


 海を覆っていた氷が融けてきたために、海水が直接暖められるようになりました。すると海底に貯まっていたメタンガスが融けて放出され始めたのです。


 地球は持続不可能な段階に踏み出したという、ヨルゲン・ランダース博士の予言乱打の説得力が増しています。


 国立環境研究所・JAL財団・JAMCO(気象研究所)どがCONTRAIL(コントレール)と名付けられたプロジェクトが、日本で始められました。


 コントレールとは、飛行機雲という意味だそうですね。


 高空を飛行中に、貨物室に置いた箱で、上空の大気を持ち帰るのです。温室効果ガスの濃度変化を8年かけて測定しています。


 経営再建中のJALが、そんな調査に協力していたとは驚き。


 すると、中国の広大な平野部と日本の関東あたり、それからインドシナ半島から大量の温暖化ガスが出ていて、反時計回りの渦を巻きながら北東方向に向かっていることが、目に見える形で表示されました。


 中東では、カタール上空の噴出ぶりが目立ちます。


 反面注目されたのは、中国と並んで世界第三位の著しい経済発展を遂げつつあるインドの、意外な放出の低さです。


 豊かに残る森林が温暖化ガスを吸収しているからではないかと推測されます。

 かつてマヤ文明が、人口急増により周辺の森林を切り倒したために、崩壊したことが思い出される研究結果です。



 気象変動により、世界的な食糧生産の減により、大変な飢饉が来ようとしている時に、関税撤廃のTPPへの参加は、最悪のシナリオになりかねません。


 2052年とは、私が99歳ですが、今2歳の幼児はまだ40歳の働き盛り。

 私は生きている可能性は低い年ですが、人類は平野部から中山間部へと大移動を始めていることでしょう。


 また、世界中の原発サイトは水没のためもはや海は、流出する放射性物質により、生物が棲みにくい場所になりつつあるかも…


 恐ろしい未来像を防ぐ手だてはないものでしょうか?


 ナノチューブで、空気中のメタンガスや二酸化炭素を掴まえて、再利用するという夢の技術が、日本で開発されたと新聞に出ていましたが、問題は掴まえることのできる量です。

 地球の破滅に向かう人類の技術と、破滅を防ぐ技術とのどちらが早いかの開発競争ですね。


 それと、早く政策転換を図らなければならない日本の政治の責任は、非常に大きいと言わなくてはなりません。


 こんな重大な事態の時には、国民の叡知を集めなければならないのに、特定秘密保護法により、『知らしむべからずよらしむべし』の愚民化政策は最悪です。参院できっぱりと廃案にすべきです。
0

2013/11/29

12月1日は世界エイズデーと、映画の日  村のあちこち村おこし

 12月の1日は、エイズデーと映画の日。両方いっぺんに覚えたいと思います。


 テンキーボードを時空間と見なせば、【121】は、左前方を横に往復させますから、ちょっと遠いところに垂らしたスクリーンの大幕に見えます。


 映画はスクリーンに【映ず(エイズ)】となります。


 今朝の読み聞かせの際に、先生は
『今日は何の日でしょうか?』

 子どもたちの答えは、
『いい肉の日です。』
『お父さんとバーベキューでも食べに行きますか?』


 毎日、今日は何の日かと考えてみるのも、面白いものですね。


 私の代わりに読み聞かせに来ていただいた若いお母さんは、この日のために暗誦して準備されていました。


 絵本なしで子らの顔を見ながらの話に、子どもたちはキラキラした眼で聞いていて、最後に拍手パチパチパチ。


 内容的には6年生が聞いてもおかしくない高度さがありましたが、3年生の想像力でも【王子様】や【お姫様】のイメージは立派に描けていたようでした。


 
0

2013/11/29

『夢の扉』。 すごい! 故障した飛行機でもベテランなら無事帰還  村のあちこち村おこし

 飛行機の操縦に、宮本武蔵の『五輪の書』が出てくるとは思ってもいませんでしたね。


 目を一点に集中しないようにすることだとか、シートオブパンツで機体のわずかなズレを感じながら飛ぶんだとか。


 ある日突然、片方の翼が取れても、ベテラン・パイロットなら操縦桿を操作して、無事帰還することができる場合があると知り、ビックリ。



 そのベテランパイロットの操縦法を、人工知能としてあらかじめ飛行機に組み込んでおいたら、まさかの事故の場合にも大惨事を回避できるのではないか…


 と発想した点に注目しなければなりません。


 人は1%の割りで統合失調症を発症します。


 事故の場合には、救急【99】車が駆けつけてくれます。

 精神病の発症では、適切な治療の開始まで家族が悩みぬいて、数ヵ月も遅れてしまう場合が多いというのでは、医療が長引いて家族と社会の負担がはるかに増えてしまう結果になります。



 発症に気づいた時の家族の迷いや苦しみをいち早く和らげて、最も適切な対応ができるように、国や社会が、早期に【99】車が直ちに駆けつけるように援助に入るシステムが、イギリスで採用されたメリデン政策で、19【99】年のことでした。


 飛行中に突然翼が取れても、未熟なパイロットを援助して、墜落しないように操縦して無事着陸できるようにするシステム開発と発想が共通しています。


 政治と外交の世界でも、中国が突如として他国の領空に重なるように防空識別圏を設定するようなことが突発することがあります。


 そんな場合に、いち早く善後策を打ち出して国や社会が進む方策を提起する瞬発力が、日本共産党にも求められてきます。


 あらかじめのプログラムは、日本共産党の場合には2004年に採択した【綱領】が相当します。

 と同時に、2年に一度開かれる大会決議が、刻々と変わる情勢に対応した方針となります。


 これがあるから機敏に対応できるのです。


 今回全党討論で練り上げられつつある大会決議案第6章には、【中国】をどう見るかについて提起されています。
0

2013/11/28

ケネディ大統領。1961年から63年までわずか2年の大統領だったのに、強烈な印象を残してこの世を去りました  村のあちこち村おこし

 ケネディ大統領暗殺50年のこの11月。BS特集をシリーズで見ました。


 世界中の人々が追悼し、尊敬の念で今だに思い出しているJFKです。


 在任はたった2年でしかないのに、成し遂げたことは、核実験停止条約であったり、人種差別撤廃の公民権法案であったり、また10年以内に人類を月に送り届けるというビジョンなど、今日まで私たちの記憶に強く残っています。


 キューバ危機を際どいところで、全面核戦争になるのを防ぐなど、フルシチョフとともに緊迫した場面を乗り切ったことは、人類的・歴史的な意義がありますが、好戦的な軍産複合体からは、共産主義勢力との融和的な大統領だとして怒りの的になったであろうと推理する人は多い。


 オズワルドの単独犯行だとされましたが、2日後に殺されたことに対し、口封じではないかとは、多くの人が感じましたが、50年経っても真相が明らかになっていません。


 これが、権力犯罪に関する特定秘密だとしたら…


 特定秘密保護法ができたら、日本でこれからどんな権力犯罪が起こったとしても、真相が闇から闇に葬られてしまうことにならないか、ケネディ事件のことを思うにつけても心配されます。
0

2013/11/28

『驚きのヒョウタン文化』。人間の器も今年より来年と、さらに大きくなるようにお互い誓い合いましょう。  村のあちこち村おこし

 人類の進化の上で、食べる時の何らかの器を利用することが、ひとつの画期となっているように思います。


 陶磁器の器を使うのは日本や朝鮮そして中国ですが、東南アジアあたりではバナナの葉っぱを食器にしていたかもしれません。


 でも、ヒョウタンを育てて食器にしていた時代もあったのかなと思いましたのは、西アフリカにヒョウタンを食器のみならず、船こぎや浮き輪や楽器にも使っていると、民医連誌・【いつでも元気】に紹介されていたからです。驚きました。


 日本でヒョウタンと言えば、岐阜県の養父町が有名だそうですが、秀吉の千成りビョウタンも連想されます。


 ヒョウタンは、ゴーヤなどと同じように、夏の日射が部屋の中に入ってこないように植える人がいます。


 ヒョウキンな形を愛でることもあるでしょうが、入浴の際のタオルがわり以外に、食べたりもできるものか知りたいものです。


 器は人間の器量という言葉のように、人の成長がどの程度まできているかと測るものになっています。


 来年は、さらなる器の成長ができるようにお互い誓って今年の締めくくりにしたいと存じます。
0

2013/11/28

【いつでも元気】の10月号に、『驚きのヒョウタン文化』が紹介されていました。  村のあちこち村おこし

 人類の進化の上で、食べる時の何らかの器を利用することが、ひとつの画期となっているように思います。


 陶磁器の器を使うのは日本や朝鮮そして中国ですが、東南アジアあたりではバナナの葉っぱを食器にしていたかもしれません。


 でも、ヒョウタンを育てて食器にしていた時代もあったのかなと思いましたのは、西アフリカにヒョウタンを食器のみならず、船こぎや浮き輪や楽器にも使っていると紹介されていたからです。

 驚きました。


 日本でヒョウタンと言えば、岐阜県の養父町が有名だそうですが、秀吉の千成りビョウタンが連想されます。


 ヒョウタンは、ゴーヤなどと同じように、夏の日射が部屋の中に入ってこないように植える人がいます。


 面白い形を愛でることもありますでしょうが、入浴の際のタオルがわり以外に、食べたりもできるものか知りたいものです。


 器は人間の器量という言葉のように、人の成長がどの程度まできているかと測るものになっています。


 来年は、さらなる器の成長ができるようにお互い誓って今年の締めくくりにしたいと存じます。
0

2013/11/28

家族会(のぞみ会)の創立50年記念号 訂正のお詫びとお知らせ。修正ができました。  村のあちこち村おこし

 50年誌修正のお詫びとお知らせ
  のぞみ会会長 田島敬一


 この5月に開いた家族会の総会において、創立50年の記念誌を発行しましたが、数ヶ所間違いを発見しましたので修正作業をやっていました。


 このほど、修正版ができましたので、総会当日お持ち帰りいただいていた方がたは、毎週木曜日に家族会室に詰めていますので、お持ちいただけましたらお取り替えさせていただきます。


 お詫びしてお知らせ致します。
0

2013/11/28

神奈川県は、猫が箱の中で脚を上げてオシッコしている絵に。箱の猫で【箱根】。猫の脚あたりに芦ノ湖あり  村のあちこち村おこし

 【天下の嶮】の箱根は、どこにあるかと聞かれた時に、日本地図で
『ここです!』
と指を指せる人は、地元の人はともかく、全国ではたして何%いらっしゃるでしょうか?


 『函谷関もものならず』
と歌いますが、よく見れば中国の函谷関の字の中にも【函=箱】の字が入っているではありませんか。


 神奈川県全体の形を猫ちゃんが箱の中でオシッコしている姿に見立てたら、【箱猫】となって、箱根が神奈川県か静岡県かと迷う心配はなくなりました。


 また【芦ノ湖】も【猫の脚の湖】と見なせば、子猫の脚のあたりにあるんだと覚えることができます。


 猫ちゃんが横を向いて素顔を見せたら横須賀になりますし。横浜になります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ