東工大アニメ研で部員が日々奮闘しながらアニメ制作をしている様をつらつらと書き連ねるブログ

2013/4/3

制作のお仕事  制作

今日は入学式でしたね。新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

今日はアニメ制作ではどんな役割があるか、ざっくり紹介します。
(多少主観が混じっていますがお許しを…)

【監督】企画を立てる人。絵コンテ(アニメのストーリーを漫画のような形で描いたもの)を描いたり、キャラクターをデザインしたり、その他もろもろを行う。

【制作進行】スケジュールを管理し、スタッフに仕事を割り振る。中間管理職的な仕事で、辛い。

【原画】アニメは少しずつ違う絵を連続して見せて動いているように見せているが、その中で重要な絵を描く。とてもクリエイティブである。

【動画】原画の間の絵を描く。いかにもアニメっぽい仕事。

【スキャン】描いた絵をスキャンする。これ以降コンピュータ上での作業になる。

【彩色】「さいしょく」と読まれる。スキャンした絵に色を付ける。色指定は監督がする。

【背景】背景を描く。遅れがちになる仕事。PCで絵を描いたことがある人は即戦力になれるかもしれない。

【3DCG】背景などに使われる。今作っている新歓制作アニメでも使われてるところがあるので探してみてほしい。

【撮影】全ての素材を一つにまとめ、効果を加えたりして最終的な画面を作る。最終工程なので締め切りまで仕事がある。上級生・OBとの会話が生まれやすい。

【その他】サウンドをチェックする人、タイトルロゴを作る人など…

絵を描かない仕事もあるので、絵が描けない人でも大丈夫です。また、昨年度入学した部員(つまり新二年生)で、今原画を描いている人も多いので、「これから描き始めたい」という人も大歓迎です。

アニメ研で楽しい制作ライフを送りましょう!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ