東工大アニメ研で部員が日々奮闘しながらアニメ制作をしている様をつらつらと書き連ねるブログ

2010/3/19

新歓制作  制作

ぼやぼやしてたらラフ井によるABARA制作日記なるものが
シリーズ化しそうな勢いをかもしだしつつ、
しかも新歓制作の話題がちょこっと出ていたりしたので
監督でもないのにちゃっかりブログに書き込んでみたり。
「誰でも気軽に書ける」がこのブログの売りだし、
別にいいよね・・・・


下の記事にもあるとおり、この作品の舞台は
「夜のビル街」!!!
夜のビル街と言われれば、誰しもが想像するのは暗い
街中を走るまばゆい閃光!(だと思うのは私の妄想でしょうか・・・)

今回の制作、色々と初めてのことをしています。
まず、色指定を「暗い場面用」に作ってあります。

アニメを普通に見ていると、暗い場面、普通の場面、明るい場面と
明るさが違う場面が存在すると思います。
周りの光が反射して見えるものが「色」なので
当然、場面の明るさに合わせて色指定を変えるべきなのですが・・・
今までめんど・・・大人の事情で一個の色指定で彩色して、
デジタル上で色を暗くしたりしていました(笑)

今回は全舞台が夜なので、思い切ってそれ用の色指定にしてみた次第です。
これが画面表現にどう影響するかどうかは・・・・これからのお楽しみ

長くなってきたので今日はここまでにします。
あるのか分からない次回をお楽しみに(?)

2010/3/18

ABARA制作日記B  制作

新歓向け制作が佳境を迎えている部室。
やはり制作している風景というのはいいものだなあ
と、仮撮しながらしみじみしているラフ井です。
僕も爆発描いたり背景描いたり、ちょこちょこと参加。
夜のビル街が舞台とあって、AEの光の効果に期待です(僕の勝手ですが)

さて「アバラ」の方ですが
そうサクサクとは進まないもので
特にこの一週間近くC-2のカットにかかりきりで
作業があまり進んでおりません。
なんとか描き上げましたが
89枚をまたペン入れするのは正直うざい…
とりあえず完成ということで
別の仕事します。

そう、背景です。
前作ではアナログで描いた線画を取り込んで
フォトショで彩色をしていましたが
僕はどうしてもデジタル彩色になじめません。
パソコンの画面をずっと見てると疲れてしまいます(当り前ですが)
デジタルに関して素人の僕がいくらやっても
アナログの絵よりは劣るものしか描けないのです。

ということで今作では
アナログで背景を描くことにしました。
画用紙に耐水性のペンで線画を描き
固形水彩絵の具で着色します。
これが僕にとっては一番描きやすいのですね。
デジタルが上手くできないからといって
アナログに逃げるような気がして躊躇していたのですが
やはり絵筆の感触が忘れられず…
ペンタブを握っても気持ちよくないのですよ…

中学の頃から思えば五年
毎日水彩絵の具でマンガを描いてきました。
やはり慣れた方法がストレスも少ないです。

みんなも背景描こうぜ!!

2010/3/7

ABARA制作日記A  制作

制作日記連載第二回。
今回は作画について思うところを少々…

ちょうど今
C-1(Cパートの1カット目)の
ペン入れをしているところです。
使っているペンは
ピグマのサクラミクロン0.1o。
もともとTITANSでは0.3oが基本でしたが
線は細い方がかっこいいと思うので
0.1を使っています。

順番が逆になりましたが
東工大アニメ研での作画手順について
ご紹介したいと思います。
むしろ、こういうのはHPのINFOで
書くべきだと思うんですが
そのうち補完されるといいですね。
続きを読む

2010/2/26

ABARA制作日記@  制作

みんなメ研ブログに書き込もう!的に推奨されていたので
せっかくだから書いてみることにしました。
09生のラフ井です。
「ABARA」という作品の制作を始めたところなので
制作状況について、つらつら書いていくつもりです。
このブログを読んでアニメ研に興味を
持ってくれる人がいたら幸いです。

この制作は、弐瓶勉の同名漫画作品を原作とし、
前作「OUTBURST」同様、ほぼ個人制作で進行します。
完成予定は2010年12月。
冬の研連上映会に本編を提出することが目標です。
なお、夏の上映会には予告編を出す予定です。

現在、絵コンテが完成し、作画を始めたところです。
作画に関しては後で書くとして
今回は絵コンテについて思うところを少々…


続きを読む

2010/2/18

(無題)  制作

ところで、新たな制作が始まりました。
一応新歓向けという名目ですが、にこにこなどなどが視野に
入っていたりいなかったり。

考えると、私がやった制作の中で、自分が監督じゃないのは
今回が初めて。
全体の管理とかは監督さんにぜーんぶお任せして
今回の私は自由に進めていけたらなあとか思ったり思わなかったり。

企画の具体的な中身とはかまたいずれ・・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ