2008/9/24

対馬ルリ子 「きょうは、女医会のご紹介をしたいと思います。」  日記

対馬です。秋らしい青空と澄んだ空気になってまいりましたね。
 きょうは、女医会のご紹介をしたいと思います。わたしは、2001年ごろから、社団法人日本女医会(http://jmwa.or.jp/)に、入っています。
 その数年前、低用量ピルの日本での認可を働きかけるために、わたしは仲間たちと手分けして超党派の女性議員さんたちや厚生省(当時)母子保健担当者、そして主だった女性医師たちに会いに行っていた時期がありました。たまたま指定されて「日本女医会総会」の会場にまぎれこんだわたしは、その重厚さ?、迫力、きらびやかさに圧倒されたものです。まるで皇族かと思うほどの立派なスーツ、お帽子、お花、大きな指輪やネックレス・・"ひゃー、ここはどこ"と恐れをなしたものでした。が、最近はすっかり雰囲気が庶民的になり(わた
しが入ったせいか?)「働くおかあさんたちの会」風になってきました。
 そして、荻野吟子、吉岡弥生以来100年以上の歴史を誇るこの会は、「女性や子どもやお年寄り、そして働く女性たち、特に若手女性医師を支援する社会貢献事業」を柱に、どんどん変貌しているのです。
 9月21日日曜日は、東京都田町の働く女性の未来館で、「医学を志す女性のためのキャリアデザインセミナー2008」を開催しました。対象は、医学を志す女性たち、学生さん、研修医、医師、社会人、そしてその支援者たちです。
 女性医師のキャリアアップを本気で支援している日本女医会理事、産業医の荒木葉子先生とか、「女性医局」という会社で女性医師就業支援をしている長瀬淑子さん、東京女子医大教授で、保育とワークシェアによる女性研究者支援をしている斉藤加代子先生などのお話のほか、救命救急医の並木みずほ先生、都の福祉保健局の住友眞佐美先生、聖マリアンナ大学内科の新明裕子先生、前衆議院議員で精神科医の水島広子先生、女性外来のクリニックを目白でやっている皮膚科の(女性医療ネットワークの仲間の)平田雅子先生と、さまざまな立場の女性医師たちの、とても率直なお話がこころにひびきました。
 わたしは、このセミナーを応援する立場だったのですが、みんなのお話をきいて感激したり、うなずいたり、「やはり問題は山積だ。頑張らねば!」と発奮したり。
 このセミナーで、長瀬さんに紹介された三重からいらした皮膚科のドクター、垂水先生は、男性ばかりの大学や病院で、何年もやりたいこと、言いたいことをがまんして孤独に仕事してきたそうです。そして、1ヶ月前に一念発起して東京にやってきたそうですが「なんで突然東京に来たの、思いつきで行動したでしょと長瀬さんに言われたけれど、そうじゃない。わたしはずっとずっと考えて、求めてきて、そしてとうとう行動に移しただけなんです。」とおっしゃっていました。そうだよね!わたしも、本当にやりたいことは、ココロにあたためて、そして決心して、覚悟をもって一歩ふみだせば、きっと開けていくと信じているし、わたしたちは、それこそを応援したいんだからね!
 セミナー会場で、発言しながら思いがあふれて泣き出した若い女性医師もいました。医師の仕事がつらくて辞めたいと言ったら、お父さんは「だから女には医師は最初から無理なんだ」と言い、お母さんは「医師なんかさっさと辞めて結婚したら」と言ったとか。「誰もわたしの医師になりたかった思いや、つらくても続けたい気持ちをわかってくれない」という彼女に、「そういう時こそわたしたちに相談して」とかけよった女医会の理事の先生方の姿も印象的でした。
 現場の医療を担う医師の減少、医療から遠ざかる女性医師の増加にともなって、その再研修・再就職支援などが叫ばれています。たとえ医師であっても、親や夫の無理解、職場の上司や同僚の心ない言葉、子育てとキャリアとの板ばさみで悩むひとりの女性です。医師の迷いや自信のなさは、診療へのとりくみかたや、患者さんへの態度へも表れます。女性が働きやすい、女性が周囲の人々に祝福され応援されて自信をもって働ける社会を、わたしたち自身の手で、声で、実現したいなあと思います。
                        (2008.9.24 対馬ルリ子
0

2008/9/21

皆川恵子 「私のフラ・レッスン」  日記

 皆様、こんにちは。皆川です。当番が巡ってくるのがとても速く、筆不精の私は「えっ、もう?」と思ってしまいます。
 他の先生方は格調高いお話を書かれていますが、私は最初に公言しました通り、ゆるめのお話を続けたいと思います。
 前回に、運動不足で将来の自分の身体が不安になり、さぼらず続けることを目標に、フラとピラティスを開始したと書きました。今日は、フラのお話を。
 とにかく人前で「踊る」なんてことは、生まれてからこのかた、自分からやったことはありません。学校の体育で仕方なく・・・ということくらい。ですから、フラ教室がどんなに私に好都合の場所に存在しようと、玄関のドアをたたくまでは、すごく躊躇しました。幸い、現在指導を受けている「けいこ先生」が、温かい言葉で迎え入れて下さいました。恐る恐る体験レッスンに行き、大丈夫だから一緒にレッスンしようと声をかけて下さった先輩レッスン生の方たちにも感謝です。
 皆様の温かい言葉に誘われて、フラについては全く予備知識ないまま、ふらふらと入会を決めてしまいました。後日、ネットなどで調べたら、「フラのレッスンを始める前に」という基本事項を書いたページまで発見し、普通はこういうのを読んでから行くのねと反省。
 自分がレッスンを始める前は、「フラ」ではなく、「フラダンス」という認識でしたから。(正しくはハワイの言葉で「踊る=フラ」なのです。「フラダンス」という表現はおかしいのです。)こんな知識不足で、体が硬くて困っていた私も、週1回でレッスンに通いだして早くも1年半。家族もどうせ最初だけで、そのうち辞めると思っていたようですが、現在進行形です。最初は皆様がよく見かける左右の横歩きのようなステップ(カホロという基礎ステップです。)でさえも、日常生活では使うことのない筋肉を使用するので、へとへと&筋肉痛でした。さすがに以前ほどには筋肉痛も出なくなりましたが、都合でレッスンの間隔があいてしまったら、もう大変。進歩するより、衰えるほうがずっと早いので愕然とします。特に、私は大腿前面の大腿四頭筋という筋肉が、大腿後面の筋肉よりかなり硬く、筋肉のバランスが悪いようで苦労しています。おまけに、なかなか踊りの振りも覚えられず、集中が途切れるとすぐ間違えます。そんなダメダメの生徒でも、見捨てず、辛抱強く指導して下さる「けいこ先生」には本当に頭が下がります。(先生、いつもありがとうございます。)
 そして予備知識なしに飛び込んだ今のお教室は、本場ハワイの先生方のバックアップもあるのです。こんな私でも、1年に2回ほど、本場でも由緒正しい(有名な)お教室の先生のレッスンが受けさせてもらえるのです。この9月20日にも、その特別レッスンがありました。とても豪華な指導陣で、本当にクラクラし、緊張しました。(大汗です!!)ハワイでも優秀なお弟子さんを抱えている先生方には、どんなふうに見えたのか、考えるととても怖い。私は自分が振りを覚えるのでパニック気味でしたが、先生方の踊りを近くで見られたのはとても感激でした。この場を借りて、ハワイからの先生方にお礼を言いたいと思います。Aloha Dalire先生、いつもAloha先生の助手をして下さるエレンさん、特別参加のKeola先生とKalimakuhilani Akemi Kalamanamana Suganumaさん(愛称クヒさん)、どうもありがとうございました。
 最後に、フラのように、普段の生活で使わない筋肉を使って動くこと、特に身体を左右にゆったり揺らしながら、両手を上げ下げする動作というのは、実は筋肉を鍛えるとか、血行を改善するとか、ストレス解消という効果だけでなく、自律神経のバランスをとるのに有効ともいわれています。自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経がありますが、手の上下と身体の動きにより血圧が上下し、2つの神経がリズミカルに刺激されるので、アンバランスが改善されるのではないかと考えられています。これを読んで興味をお持ちになった方、チャンスがあれば是非体験してみて下さいね。

心療内科・精神科 皆川恵子
0

2008/9/11

関根さおり 「9月限定募集!女性ホルモン入りクリームの美肌効果を調べてます」  お知らせ

 こんにちは。1ヶ月がたつのは早いですね。またお当番が回ってきました婦人科の関根(さ)です。先日、ヴェネチア映画祭にも出た「スカイ・クロラ」という映画を観にいきました。小説家の森博嗣さんという方がお書きになった連作の一部を映画化したもので、各国が実際に戦争をする代わりに戦争法人という会社による政治的娯楽的にショーアップされた代理戦闘が行われるようになった近未来の世界を舞台としています。子供の外見のまま成長を止め、老化も自然死もしない特殊な「若者」たちが戦争を求める一般大衆の潜在的要求を満たすために戦闘機パイロットとして空中戦を繰り広げる話で、すべてが詳しく説明されずに映画は終わるので不思議な後味が残りました。このお話のテーマは何だろう、と原作を全巻買って読んでみましたが、いまだに納得いく結論には達していません。ただ、戦死しない限り(原則的には)永遠に生きることになる「彼ら」にとっては戦闘機に乗っている時間だけが本当の生を実感できる機会なのだ、という描写が繰り返されるのが印象的でした。もしご覧になった方がいらっしゃいましたら、外来でお会いした時に感想を聞かせてくださいませね。

 さて、「彼ら」と違い、現代世界に生きる私たちにとって加齢という名の老化は残念ながら避けられないものです。でも老化がなければ成長も有り得ないのですから、できる限りの準備をして上手に迎え撃ちたいですね。
 実は今、私たちはスキンケアと関係のある臨床研究をしています。クリニックのウェブサイトのトップページにもご紹介していますが、簡単に言うと「1ヶ月間、微量の女性ホルモンが含まれるクリームを決まった場所に塗っていただいてその前後と中間でお肌の状態がどう変わっていくかをホルモン変化と一緒に調べましょう」という研究です。妊娠・出産をする主な年代(25歳〜40歳)と、いわゆる更年期と呼ばれる年代(45歳〜55歳)でその効果に明らかな違いがあるかどうかも調べたいと思っています。
 気長にボチボチ研究できれば良いのですが、実は11月の学会で発表したいと思っているので、急がなければなりません。元々締め切りを守るのが苦手なタイプなので、「急なお話で申し訳ないのですがご協力いただけませんか?」と外来にいらした方々をスカウトさせて頂きつつ、ちゃんと間に合わせて成果を出さなければ、と胃の痛い毎日を送っている私です。

 そこで、ここをお読みになっている皆様でご興味のある方にもご参加頂ければ、とお願いすることにしました。以下に当てはまる方、もしよろしければ是非、お電話で外来診のご予約をお取りになってお越しください。使用するクリームの安全性は全く問題ありませんので、スキンケアやアンチエイジングに関心のある方々からのご連絡をお待ちしています。どうぞよろしくお願いいたします。
 1.25歳〜40歳、または45歳〜55歳のおおむね健康な女性の方。
 2.現在、低用量ピルや女性ホルモン剤(その他、ホルモンを抑える薬を含みます)を使っていない方。
 3.2週間ごとに計3回必ずご来院いただける方。(現在通院中の方は通常の診察をかねてお越しいただいて構いません)
 4.半数の方には比較のためにプラセボ(女性ホルモンの入っていないクリーム)をお使いいただくのですが、ご自分がどちらに当たるかはお知らせできないのです。「それでも構いません」とおっしゃって下さる方。

 単なるお薬のモニターと違うのは、4番目の条件で、これが一番厳しいんじゃないかと思います。でもお肌の状態を測定できて楽しいですよ(資生堂さんから器械をお借りしています)。募集は9月一杯(状況により10月4日頃まで)、所定の人数に達するまで行う予定です。ご希望があれば詳しくご説明しますので、お気軽にお電話くださいませ。関根(さ)、泣いて喜びます1(^^;)。来月のお当番の時、その後の進行状況につきご報告しましょう。それでは外来で!
0

2008/9/8

対馬ルリ子 「『子宮頸がん予防の会』を立ち上げました!」  日記

 9月は、がん征圧月間です。
子宮頸がんは、若い女性のがんだということを知っていますか?

 アメリカでは、21歳までに76%の女性が、子宮がん検診(頸がん細胞診)を受け始めています。

 子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウィルス)というウィルスの感染が、がん発症と関係があることがわかっています。
このウィルスは、ありふれたウィルスで、80%の女性が一生の間に1回は感染すると言われています。性交渉によって腟の奧、子宮の入口のところ(頚部)に感染するのですが、ウィルスが生き残って持続感染するのは、そのうちの30%。そのまた一部はいつのまにか細胞を変化させ、そのまた一部が最後にはがんをひきおこしていく・・・

 実は、HPVは100種類以上の種類(タイプ)が存在するのですが、その中でも16型、18型などいくつかのタイプが特にがん化させやすいハイリスクタイプなのです。
だから、がんまで進む人はごく一部なのですが、ウィルスに感染してもまったく症状はなく、また、どのウィルスのタイプがいるかは検査してみなくてはわからないため、誰ががんになりやすくて、誰ががんになりにくいのかは、まったくわかりません。

 一度もセックスやそれらしい接触をしたことがないひとは、子宮頸がんにはならない、ということは言えますけど・・

 ですから、性交を経験したら、どんなに若くても、毎年子宮頸がん検診を受ける、というのは、欧米のオンナノコの常識になっているのです。

子宮頸がん検診は、簡単な検査。
腟のなかから、子宮頚部の細胞を、綿棒(お化粧のときに使う綿棒のちょっと長いやつ)などでこすりとって、細胞を顕微鏡で調べるだけなんです。
細胞が異形変化していたら、ウィルス感染している証拠。
がんになる前の、細胞の変化だけで、危ないかどうか、要注意かどうか、早期治療が必要かがわかる。
とっても簡単です。

 このことを知ってもらおうと、そして、日本の女の子も、ぜひ十代から子宮頸がん検診を受けてもらいたいと、呼びかけるために作ったのが、「子宮頸がん予防の会」。
子宮頸がんは予防できるということを、知ってもらいたいのです。

だって、日本の女の子で、20代前半までに子宮頸がんの検査を受けたことがある子は、まだ数%。
欧米の女の子の70〜80%に比べて、あまりにも低いと思いませんか?
日本でも、子宮頸がんがおこる年齢が年々若くなって、今や最も多い年代は20〜30才代になっているんですよ。

あなたは、がんなんて、おばさんやおばあさんの病気と思ってはいませんでしたか??
それは今やまちがいです。

子宮頸がん予防の会は、3人の女性産婦人科医で作りました。わたしと、がんの専門家で33歳の娘と4歳の孫(女の子)をもつ社会保険相模原病院の上坊敏子先生。3人の小学生の娘をもつ水口病院の村上麻里先生。わたしの娘はいま、21歳と18歳ですから、合わせると総勢10人の、各世代の「オンナノコ」が集結した?ことになります。


今や子宮頸がんはワクチンができて、予防の時代。
(ハイリスクのHPVウィルスのワクチンです)
欧米では10〜12歳のオンナノコに、ワクチン接種がはじまっています。
これを打っておくと、70%の子宮頸がんが一生予防できる見込み。

日本ではどうなる?どうする?まだ議論はあまりされていません。
わたしたちは、オンナノコのために、女性のために、いま何かしなければと行動をはじめたのです。

あなたは毎年子宮頸がんの検診を受けていますか?
これからいっしょに考えていきませんか?

対馬ルリ子
0

2008/9/4

江夏亜希子 「ペット(愛犬)の話〜すっかり『親ばか』です(汗)」  日記

 こんにちは、婦人科の江夏です。今日は、大切な家族の一員、ペットの話をしたいと思います。皆さんの家ではペットを飼っていらっしゃいますか?
 私は子供の頃から、縁日で掬った金魚に始まり、インコ、犬など色々飼っていたのですが、一人暮らしの学生の間はもちろん、仕事を始めてからは当直があったり、マンションで飼えなかったりで、なかなかペットを飼うことが出来ませんでした。
 4年前に東京に出てきて、当直がなくなり、家には毎日帰れるようになったのに、なかなか赤ちゃんにも恵まれず・・・「犬を飼いたい!」という気持ちがフツフツと高まっていました。運命の出会いを求めて、どこに行ってもペットショップを眺めていたところ、昨年の今頃、とあるホームセンターの中のペットショップで、小さな子犬と目が合ってしまいました。
犬種はジャックラッセルテリア。映画「マスク」や、テレビのコマーシャルなどでよく見かけるなあ・・・と思っている犬でした。前回のオリンピックの話でも書いた、糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」のサイトで見ていた、糸井さんの愛犬「ブイヨン」(http://www.1101.com/cgi-bin/photolive.cgi?p=060216kimagure)も同じ犬種。
でもこの子犬の第一印象は・・・「眉間にしわ寄せて、なさけな〜い顔した変な犬!」
そのときのペットショップに表示してあった写真がコレ。この気の弱そうな顔!
クリックすると元のサイズで表示します
表示を見ると、自分と同じ誕生日!これは運命に違いない!とピンときて、時間があれば何度も足を運び、残っていることを確認。夫も連れて行き、徐々に説得していきました。
「ちゃんと面倒みるから、飼っていい?」・・・って、子供みたいですね。(笑)
 夫を説得しながら、ジャックラッセルテリアについて色々調べたところ、「すごく飼いにくい暴れん坊」「初心者にはお勧めしない」「飼うのに相当な覚悟が必要」なんて恐ろしいことが書かれており、夫と二人、「やっぱり止めたほうがいいんじゃないか?」なんて話にもなりかけていたんです。
 でも、そうこうしているうちに、なんと値段が10% 下がったので、慌てて決断!
2007年11月5日、その子犬は晴れて我が家の一員になりました。名前は「あんこ」。あっこ(私)と同じ誕生日のわんこだからという安易なネーミング!
 連れて帰ってみると、確かにやんちゃな暴れん坊ですが、聞き分けはよく、無駄吠えはしない、とってもいい子でした。性格も明るく、人見知りをせず、誰にあってもしっぽを振って寄っていき、顔をペロペロ・・・。可愛くてかわいくて、目の中に入れても痛くないとはこのことでしょうか?
彼女が来てくれてから、私の生活は一変してしまいました。もともと歩くのは苦手だったのですが、彼女と一緒だとどれだけ歩いても苦痛じゃないから不思議です。プロフィールを書くことがあると、「犬と散歩、犬と遊ぶこと」なんて書くようになったりして。・・・すっかり親ばか状態で、3歳の甥っ子には、「あんこちゃんのママ」と呼ばれています(苦笑)。
時々、午後から出勤の日があると、犬と一緒に銀座に行き、近くのペットショップに預けて仕事をし、仕事が終わると迎えにいって、一緒にお散歩がてら帰る、なんてこともあるので、クリニックの近くで私とあんこの散歩姿をみかけたら、声をかけてくださいね!
あんこの成長ぶりは、個人のブログ「女性スポーツドクターの日記」にも書いていますので、犬好きの方もどうぞ覗いてみてくださいね!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ