2008/12/24

対馬ルリ子「来年の抱負」  日記

対馬です。
いよいよ2008年も終わりに近づいてきました。最近、とみに感じるんですが、「一年は早い!」あっという間です。一年が、まるで一日のように感じられます、じょうだんじゃなく。そして、人生は短いのに、こんなに飛ぶように月日がすぎちゃって、もったいないなーと思うのです。もうちょっとじっくり味わってすごしたいなあと。

きょうは、人生を味わってすごすことについて、反省とともに、来年の抱負などを書いてみたいと思います。人生を味わう、つまりは日々味わうということですね・・
わたしが味わうといったら、まずは食べることです。1日3回、ちょっと忙しいと2回になってしまう食事。1年で1000回、10年で1万回。あと何回、食べられるのかしら。そう思うと、もちょっと味わって食べたいです。
それには、まずはちゃんと空腹を感じることかなあ。「あーお腹すいた」っていうことが、まずは食べ物がおいしいことが第一歩。そのためには、よく体を動かし、よく働き、よく寝て、よい便通がなければ、爽快な空腹感は得られないですよね。
いつも6時ごろにおきるわたしですが、犬と散歩したり、ストレッチしたり、新聞をとってきて、お風呂に入り、朝ごはんを用意しているうちに、お腹がすいてきます。
朝ごはんは大好きです。ごはんと、焼いたサケと、お味噌汁。それから、漬物や野菜。火を通した野菜をとるようにしています。
昼はクリニックで玄米のお弁当。最近は、お弁当も玄米や十穀米を選べるようになってよかったです。クリニックでは、たいていお菓子やフルーツも、いただいたのがあるので、それも味わいます。テレビで話題のスイーツや、なかなか手に入らない銘菓、旬のフルーツなどいただきます、皆様いつもありがとうございます。
夜は、夜はね・・だいたい会合や、研究会や、食事会や、打ち合わせです。これが実は大変。連日"美食"が続くと、お腹がまいってきます。考えたり議論したりしながら食べると、何を食べたかも覚えていないぐらいで、味わうどころではありません。お腹にも悪いです。以前、筋トレをしていなかったころ、疲労がたまってきてとうとうお腹が反乱をおこしたことがありました。3日、七転八倒したあげく、入院しました。
 ですから、楽しく、じっくり味わって食べたい。ちゃんと運動もしながら、食べたい。
少なくとも倒れないように過ごしたいと、今は心がけています。
 それから、娘とおしゃべりしたり、買い物したりするのもひとつの楽しみ。娘ももう21歳と19歳。人生の後輩として、成長が楽しみでもありますし、巣立っていく時期も近づいています。今は娘たちも、わたしより帰りが遅いこともあるぐらい、それぞれうちこむことがあってうれしいのですが、だからこそ、短い時間でも、話をする時間は貴重に感じています。
 それから、犬。ミニチュアダックスが2匹。家にいて、犬がフローリングの床をチャカチャカ・・と歩く音がしないと、なんだかさみしくなって捜したりします。
 そして、最後に、クルマ。
実は今年、車を手放しました。この数年ずっと、2〜3ヶ月に1回ぐらいしか乗る機会がなく、ほとんど使わないのに維持費がもったいない、と売ってしまったのです。でも、それからちょっと後悔。実はわたしはクルマ好きだったんです。だから、今、どうしようか、来年はまたクルマ買おうか、でも、買ったらコロガしてあげる時間をちゃんととらなければ、と考えているところです。
 ということで、来年の抱負は、運動もして、おいしく味わって食べる。家族や友人とのつきあい大事に、味わう。そして、休みをとって、犬をつれてドライブにいく。身近な自然を味わいに行く。
 こんな、つきなみな抱負になりました。
 皆様も、ゆく年の瀬に、どんなことを考えていらっしゃいますか?
どうぞよいお年をお迎えください。
1

2008/12/24

関根さおり 「臨床研究のご報告&体調メモのおすすめ」  日記

 こんにちは、「師」と名の付く者が走ると言われる師走になりましたが、師であるかどうかに関わらず皆様お忙しいのではないでしょうか?
 昨今の不況で大変、とおっしゃる方にも忘年会や飲み会続きで胃腸が、とおっしゃる方にも、あるいは平和な日常をお過ごしの方にも御無沙汰しておりました、婦人科の関根(さ)です。 お気づきかもしれませんが、11月分のお当番はついにぶっ飛ばしました、ゴメンナサイ!

 前回お話ししておりました、女性ホルモン入りのクリームを使った臨床研究は皆様のご協力を得て終了し、学会発表をすることができました。 普段のホルモン補充療法に使うお薬よりも女性ホルモンの含有量が少ないクリームなのですが、まだまだ大人数・長期間での今後の検討が必要だけれどうまく使えば更年期女性のお肌の状態改善に役立ちそうですよ、という結果が出ました。 来年は何か違う方法で皆様のご協力を得ることがあるかもしれませんので、その時にはまたお願いさせてくださいませ。

 (実際にご協力頂いた方がココをお読みになっていらっしゃいましたらご報告の追加です。現在、皆様の結果をまとめてお礼の報告書を作成しています。外来受診時にお渡しするか、あるいは郵送させて頂くかになると思いますので参考までにご覧ください。使っていたお薬を今後も継続ご希望の方がいらっしゃいましたら診察予約をお取りになってお知らせください。実費にて処方致します)

 さて今回のお話は、婦人科を賢く使うために私から皆様へおすすめする、とっておきの方法について・です。 既に外来でお会いしている方にはお話ししているのですが、今後行ってみようかなぁ、と思っている方も是非ご参考になさってください。
 と言っても話は簡単、「体調メモをつけましょう」です。 月経がある年齢の方なら基礎体温表、閉経後の方なら血圧手帳やおくすり手帳の余白を利用しましょう。 わざわざ新しいノートを買ってこなくても、机の端から落っこちそうになっている、いつもの卓上カレンダーでもよいのです(日めくりはちょっと大変なので、1ヶ月が1シートになっているものをお持ちください)。

 月経と関係した症状(月経痛・月経不順・月経前の体調不良など)がある方は是非、基礎体温も測ってみましょう。 ただし、低用量ピルやホルモン治療をされている方は必要ありません。 その分も自由記入欄にして、その日の体調や出来事、飲んだ薬などについてメモしておいてください。 体重や血圧など、他に測った数値を書くのも良いですね。
 血圧手帳、最近持っていらっしゃる方が増えました。 書きやすいし、見やすくて綺麗です。 頭痛手帳や禁煙手帳、ダイエット手帳などをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 また、パソコンで1か月分のカレンダーをダウンロードして、ご自分がお悩みの症状についての「**手帳」としてお使いになるのも良いアイディアです。 是非、凝ってみてください。

 何を年末の忙しい時に、と言われてしまうかもしれませんが、書いてみると案外楽しいですよ。 つい、余計なことまで書いてしまいますけれど(それは私だけでしょうか?いつも長文でご迷惑かけています、ごめんなさい)。
 そしてこの手帳の良いところは「長々と話をしなくても、パッと見せれば担当医に前回受診以後の自分について分かってもらえる」点なのでした。 時間があれば眺めながら長くお話もできるし、外来が混んでいて診察机のあちら側のヒトもこちら側のヒトも疲れている時には短時間で症状の把握ができて対処法を相談するためのツールにもなります。 毎日受診するぐらいの効果がありますよ、と私は外来にお見えの方にはおすすめしています。

 気になる症状とか毎月の変化があったら、是非一度手帳をつけてみてください。 何についてでも構いません。 そして、どこかの病院を受診する機会があったら先生ハイって広げて見せてみてください。 そして機会がありましたら、是非一度私にも見せてくだされば嬉しいです。 自分と向き合うのって結構面白いですよ、つけているうちに手帳の名人になれるかもしれません。 そしたら病院に行く回数が減ったりして(笑)。
 またまた長くなりました。 忘年会シーズン、風邪ひきシーズン、そして冬休み前の追い込みシーズンでもあります。 どうぞ皆様、お身体お大事に。 また来月のブログでお会いしましょう!
0

2008/12/3

江夏亜希子 「学会発表してきました!;新しい子宮内避妊システム;ミレーナ」  日記

今月も投稿が遅くなりました・・・婦人科の江夏です
実は、学会発表の準備に追われ、てんやわんやの毎日でした。
なんとかまとめて、11月29日〜30日、栃木県宇都宮市で開催された「第116回日本産科婦人科学会関東連合地方部会学術集会」で、発表してきました。せっかくですから、その内容について報告します。
タイトルは、「当科におけるレボノルゲストレル放出子宮内避妊システムの使用経験」。

「レボノルゲストレル放出子宮内避妊システム」(商品名:ミレーナ52mg)は、昨年4月に日本でも発売になった新しい「子宮内避妊システム」です。

従来から「子宮内避妊リング(IUD)」というのはありましたが、初期は「子宮の中に「異物」を入れて着床を阻害して避妊する」
というものでした。
私が研修医の頃、低用量ピルはまだ発売になっていなかったので、「経産婦で避妊を希望する人」にとっては、「手術(卵管結紮)」に次ぐ確実な避妊法(有効率95%)でした。
でも、当時働いていた病院の助産師さんが避妊のためにこの従来のIUDを使っていたのに妊娠し、ちょうどお産のときに私は立ち会ったのですが・・・赤ちゃんが無事に生まれた後、胎盤と一緒に「魚の骨みたいなプラスチックのIUD」が出てきて、かなり衝撃でした。IUDの位置が少しずれて、運よく(?)着床できちゃったんですね。

で、さらに避妊効果を確実にするため、リングの柄の部分に薬剤を添加したものが出来ました。これは、単なる物理的な着床阻害だけでなく、「じわ〜っと溶け出した薬剤」の効果で「化学的にも着床を阻害する」効果があります。

まず「銅付加避妊リング」(商品名;マルチロードCU250Rや、ノバT、など)から発売になりました。
子宮内に留置した銅線から少しずつ銅イオンが溶け出すことにより受精卵にとってはより着床しにくい状態になるので避妊効果が高まり、ピルのように毎日内服する煩わしさもなく(マルチロードは2年、ノバTは5年有効)、より確実な避妊が長期間行えるようになりました。

しかし、ここまでのIUDには避妊効果はあっても、子宮内膜を薄くするという効果はなく、子宮内では「異物」でしかないのでIUDを入れると月経量が増える(過多月経)、月経痛が増すという困ったことが起こることもありました。

そこで、2007年4月に満を持して日本で発売になったのが、「ホルモン付加子宮内避妊リング」なんです。ホルモンの中でも「レボノルゲストレル」という「黄体ホルモン製剤」を付加したのが、今回の「ミレーナ」というもの。
レボノルゲストレルは、第2世代低用量ピル(アンジュ、トリキュラー、トライディオール)にも含まれている黄体ホルモン剤。
黄体ホルモンは、実際の月経周期では排卵の後に卵巣から分泌され、エストロゲンによって厚くなった子宮内膜を「脱落膜化」(簡単に表現するのは非常に難しいですが、「それ以上厚くならないように安定させる」というイメージ?)するものです。
これが、常に子宮内に溶け出している状態なので、「卵巣から出ているエストラジオールが子宮内膜を厚くしようとしても、できない」状態になるのです。

ですから、「ミレーナ」は理論上、
1) 確実な避妊 (子宮内異物+子宮内膜を薄く保つことによる着床阻害)
2) 月経量の減少(子宮内膜を薄く保つことによる)
3) 子宮腺筋症など、子宮内膜症の症状改善
という効果が期待できるのです。
(※ 認可が下りている適応症は1だけです。「避妊目的のもの」とされているので、保険は利かず、自費診療となります。ネットで調べると7〜10万円と設定しているところがほとんど。ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックでは73500円(処置料、超音波検査、挿入後の感染予防のお薬代含む)です);クリニックのホームページ(http://www.w-wellness.com/ecsv/front/bin/ptlist.phtml?Category=1221#saishin02)も参照してください。

ということで、今回の学会では、2007年4月から今年6月まで、当院でミレーナを入れた60名について効果と問題点をまとめて発表しました。
簡単にまとめると、純粋に避妊のみを目的としたのは16名、避妊だけではなく月経痛や月経量の減少などの副効用を期待したのは17名、副効用のみを期待したのが17名、計60名に妊娠例はなく、月経痛や過多月経の改善効果は7割に上りました。
ただ、大きな子宮筋腫がある例で大量出血(筋腫分娩)になった例もあり、筋腫がある場合は慎重にしましょう・・・といった内容での発表でした。

実はこのミレーナ、ヨーロッパでは1990年に発売になっており、安全性もかなり確認されてきているんですが、日本ってどうしても「避妊」とか「ホルモン」とかの話になるとおよび腰というか、模様眺めしてしまうところがあるみたいですよね・・・。
(発売元であるバイエル薬品さんによると、この期間に日本全国で出荷されたミレーナの数は約1200、使用されたと報告のあった数は800だったそうですから、全国で使われたミレーナの7.5%がうちのクリニックで使われたということ?)

なかなか普及しないのは、もちろん高価なのもあると思いますが、もし妊娠してしまって避妊手術をすると、ミレーナよりお金がかかるばかりか肉体的・精神的ダメージも大きいですし。
月経痛や量が多く、避妊も兼ねて低用量ピルを5年間継続して飲んだ場合のコストは
1シート2100円(当院では比較的安く設定しています。だいたい2000〜3000円が相場?)とすると、
2100(円)×12(ヶ月)×5(年)=12万6000円
ですから、むしろ安くつくんですよね。

もちろんタバコを吸っているとか、他に合併症があってピルを使えないという人にもお勧めです。

今回検討した60名の患者さんのうち、実は8名は未産婦さんでした。
「未産婦さんには向かない」といろんな本で書かれていますが、適切な子宮頚部開大操作をすれば入れられないことはありません。
特に子宮腺筋症などで月経痛が強い人、月経量が多い人で、低用量ピルが飲めない人にはお勧めです。
興味のある方は是非クリニックにお問い合わせくださいね!
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ