2009/8/20

夏休みはちゃんととっていますか(対馬ルリ子)  日記

夏ですね〜
みなさんは、夏休みはちゃんととっていますか?
わたしは、3月の病気以来、落ちていた体力が、7月は“ほぼ復活!90%復活!”と言ってとばしすぎ、8月あたまはちょっとヤバい(古語!)感じになってい ました。
診療以外に、講演会や会議で盛岡、八戸、大阪、仙台に行き(なぜか東北が多い!でも夏の東北はよいです)だんだん疲れがたまってきたところに、上の娘が、合宿で「新型インフルエンザ集団感染」で10日間の予定の合宿を4日で終了して帰宅し、咳、熱!!が出て、あわててタミフルをのませ、ついでにわたしも飲み、「免疫抑制剤をのみながらタミフルって、飲んでいいのか〜」とか思っているところに、思いもよらないダメージが。
なんと帯状疱疹が出てしまったのです。左腰に赤い斑点が出てきて、最初はあれ?という感じだったのが、気がつくとビリビリっと左のお腹や腿にまで広がる痛み。寝返りもうてません。主治医の皮膚科の先生に急きょみてもらい、「あ、これはまちがいないですね。」診断には1秒もかかりませんでした。
そこで、タミフルをのみながらバルトレックス、さすがに免疫抑制剤は中止になって、かわりにビタミンAのくすりに変更になりました。あ〜あ。
ここでほんとに救われたのが、夏休みです。
13日から帰省する予定だったわたしは、郷里にひとりで帰ったのですが、やはり東北の自然と、実家の食事はよかったです。墓参り、海辺のバーベキュー、友人と飲み会、八甲田山ドライブと、べつにおとなしく休養していたわけではなく、毎日忙しく?遊んでいたんですけど、3日間でみごと復活!しました。日焼けして、こころもからだも元気になり、まるで夏休みで遊びまくった小学生みたいな気分で帰ってきた次第です。
 みなさんも、夏休みをとりましょう。
夏は、特別なことをしていなくても疲労がたまる時期です。暑さを避けて、数日、あるいは1日でもいいから、温泉あるいは山、海にくり出しましょう。目とお腹とこころが休まりますよ。遊んで、体を使って疲れても、ストレスはとれるので、体全体が活性化してきます。
 このところ、診療に来られる患者さんやスタッフにも、「夏休みはとった?」とすすめている私です。東北のひとり旅、これもよいですよ〜。親に顔を見せる、昔の友人と飲む、海の青、白い入道雲、青々と茂る木々。陳腐なようでいて、しみじみと楽しい夏休み。みなさんは、どのような夏休みを過ごされていますか?今度お会いしたときに、ぜひ教えてくださいね。(対馬ルリ子)
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ