2011/12/26

今年もお世話になりました。(対馬ルリ子)  

・・・静かな聖夜が過ぎました。皆様、今年はどのようなクリスマスをすごされましたか? 

わたしは、先週末から今週にかけてかなりタイトなスケジュールでロスアンジェルスに手術の研修に行ってきたのですが、やはりというか、帰りの飛行機のなかで風邪をひいてしまいました。20日羽田空港に早朝降り立って、「さすが便利だね〜羽田は。きょうからふつうに仕事できるじゃん!」などと喜んでいたら、鼻水ぐすぐす・・でも帰国してすぐに午前、夕方とふたつの講義があり、翌日また診療と講義をやっていたら、だんだん症状が悪化しまして、23、24、25日は、咳と鼻水と声のガラガラをがまんしながら過ごすはめになりました。この3日間、わたし自身は診療は休みだったのですが、人と会ったり、打ち合わせしたり、山のような書類(検診のコメントなどです。検診を受けられた方、返送が遅れていてすみません!わたしが悪いんですう・・)を片づけたり、女性医療ネットワークの健康学校ジョイラボ、ランチ忘年会・・となんとか、スケジュールにおいついているうちに、だんだん風邪は快方に向かってきました。

ところで、私が行ったオペ研修は、有名なビバリーヒルズのマトロック博士の「膣外陰形成レーザー手術」の研修です。泌尿器科の関口由紀先生と一緒に参加しました。ほかに日本から男性の形成外科の先生もおふたり参加され、テキサスから来たブロンドヘアの女性産婦人科医とともに、1日目は講義、2日目はじっさいのオペ見学2件、3日目はブタの耳や皮を使ったトレーニングを行いました。毎日、太陽が出ている間はずっとビル内にカンヅメになって研修を行い、とても濃密なスケジュールでした。1月に機械が届きますので、2月からはうちのクリニックでも、レーザーを使って子宮脱、膀胱や直腸などの骨盤臓器脱、尿漏れや外陰部の形成手術ができると思います。手術の内容は、これまでわたしたちがやってきたものとあまり変わらないのですが、レーザーでやると、出血がほとんどなく、傷口も大変きれいです。とてもとても細かい作業になり、時間がかかりますが。ちなみに、私が形成したブタの耳は、Excellent! ”“Perfect!”と絶賛されました。

昨日25日は、女性医療ネットワークの健康学校「ジョイラボ」の第4回講義でした。テーマは「低用量ピル(OC)が日本女性の未来を変える!」、講師は青森県弘前市で月に6000シートという日本一のピル処方数を打ちたてた蓮尾豊先生、ファシリテーター(司会進行役)は高円寺でアトラスレディスクリニックを開業されている塚田訓子先生です。蓮尾先生は、「ピルは人生を変えるライフデザインドラッグ、人と人をつなぐ素晴らしいコミュニケーションツールです」とおっしゃっています。今回は、朝早くから2時間の熱い講義に、集まった25名の生徒たち(24名は女性、もちろん男性の参加もお待ちしてます)が酔いしれました!クリスマスに、「ピルと女性の人生について語り合う」というのは、我ながらいい企画だったなあ、と思いました。蓮尾先生、塚田先生、集まってくださった皆様、ほんとうにありがとうございます。

ジョイラボは、どなたでも参加可能なスクールで、単発でも参加可能です。蓮尾先生の講義はまた1年後ぐらいになると思いますが、第5回の講義は、1月11日、社会学者 田中剛太さんによる「PCM=自分を知り人との関係を良くする新しいコミュニケーションスキル」の講義です。これも、とってもおもしろいですよ!うちのクリニックのスタッフたち、うちの子どもたち(24歳と22歳)も昨年剛太さんのセミナーに参加しましたが、その後も日常生活でずいぶん役に立っているようです。今回は、単発で2時間4,500円の講義ですが、ふだん自分のPCMを分析してもらい1日講義を聞く講座は20,000円ですので、入門講座として、1月11日のジョイラボ講義はかなりお得と思います。もちろんどなたでも参加可能です。

詳しくは女性医療ネットワークのホームページhttp://www.cnet.gr.jpをご覧になり、事務局にご連絡ください。電話03−3538−0268、メールアドレスinfo@cnet.gr.jpです。

今年もどんどん押し詰まっています。わたしもまだやり残している仕事がたくさんあり、また、診療も「ぜひ年内中に見てほしいんですけど・・」というご連絡が頻々と入るため、クリニックの予約受付、看護師、医師たちもかなり苦労しておりますが、なんとかご希望に添いたいとほんとにがんばっています。どうぞご理解のうえ、来年(1月4日から)も引き続きよろしくお願いもうしあげます。(対馬ルリ子)






3

2011/12/5

「女性ライフクリニック銀座」始まります(対馬ルリ子)  

あっという間に師走にはいりましたね〜、対馬です。

クリニックは、10月、11月は検診(乳がん検診、婦人科検診など)が多く、自治体検診(当院は中央区の検診をやっています。内科系の検診もやっていますよ!)や企業検診のかた、自己負担で検診を習慣にしておられる方など、たくさんの方に女性検診を受けていただきました。

いっぽう、わたしの外来には、更年期のご相談が多くなっています。わたしもほぼ同年代ですし、お仕事をもっている方、医療関係やメディア関係のかたなど、関連業界の女性たちも多く、お互いに情報交換しながら、新しい総合的な健康習慣を身につけていこうという、前向きな方々がいらしてくださいます。(わたしもいつもたいへん勉強になっています)

 そこで、すでに通っていらっしゃるかたにはご連絡している通り、1月から、ジュノ銀座産院のほうでわたしの外来=更年期や健康習慣の総合外来、を継続してやっていくことにいたしました。ジュノも、昨年「産院健康院」ということで出発しましたが、今年11月にミュウミュウがオープンするまで、なんと1年半も「工事中ビル」でした。これからは、ようやくさみしい工事中ビルのイメージから脱し、楽しい気分で検診、診察、健康相談に通っていただけると思います。そこで来年からは、ジュノのクリニック名も“女性ライフクリニック”に変更して、気分も新たに診療をしていきたいと思います。ジュノは愛称として残しますが、正式名称は「対馬ルリ子(ここは小さく・・)女性ライフクリニック銀座」になります。もちろん、ウィミンズの診療内容は引き継がれますし、毎年ウェルネスドックを受けておられるかたは、レントゲンがウィミンズに集約しているため、ドックを引き続きウィミンズで行いますので(わたしも、ウェルネスドック診療日をウィミンズで設けます)安心してどちらにもいらしてください。

現在、新体制への準備を鋭意、進めております。くわしいお知らせはホームページで順次公開していきますので、よろしくご確認をお願いします。

 ふたつのクリニックは、両方ともわたしがこの10年作り上げてきた、女性外来、性差医療の考えをベースとしています。女性が当事者として考えた、女性のためのクリニックです。

ジュノの新しいクリニックは、女性の生涯にわたる総合的な健康を、対馬をかかりつけ医として指名してくださる方と共同作業で作っていくことを目標にしていきます。いっぽう、ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックは、これまで通り、優秀でやさしい女性医師や女性医療スタッフをそろえ、誰もが気軽に受診でき、痛くない、こわくない、受けて良かったと思っていただける、女性の検診と女性医療のクリニックとしてやっていきたいと思います。婦人科、乳腺外科、心療内科、内科、泌尿器科の総合クリニックです。

もちろん、いずれも,わたしの医療監修によるクリニックですし、どちらの受診も、ご希望により可能ですので、ご遠慮なくご相談ください。

今年は大震災があり、本当に大切なものを見直す、大きな節目になりました。わたしは、ひとりひとりの女性と、丁寧に、丁寧に、末永くおつきあいしてゆくことこそ自分の生涯の仕事、いやわたしの人生そのものであると、もう一度思い定めています。これからも一生懸命勉強し、少しでもあなたのお役にたてるように頑張ります。よろしくお願いします。


14



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ