2014/11/7

「女性の健康の包括的支援法案」のゆくえ…  日記

秋が深まってまいりましたね。クリニックにいらっしゃる方へのご挨拶も、「寒くなってきましたね、いかがですか?」から始まり、「それではよいお年を!」あるいは「お風邪をひきませんように。」で終わるようになってきました。

 そう、あと2カ月弱で今年も終わり。早いものです。

 今年は、正月に自民党の女性の健康の包括的支援に関するPT(プロジェクトチーム)が始動したところから始まりました。4月には、自民党の政調会、総務会に「3つの提言」が承認され、その後国会の「女性の健康の包括的支援法案」の提出・・と、わたしの30年にわたる女性医療臨床の悲願、“思春期から老年期までの女性の健康は、継続的、総合的、包括的にされるべき・・”、という考えが、国の方針として採用されるかどうか、というところまで来ています。

 そもそもこれは、知人の高市早苗自民党政調会長、野田聖子総務会長(おふたりとも当時)のお部屋に、ひょこひょことシロートの私が女性の健康についてプレゼンしに行ったことからはじまりました。『なかなか女性医療の問題について、国政の担当者に実情を知っていただく機会がない。それなら、東京にいて往復の時間があまりかからないところで仕事をしているわたしが、全国の仲間を代表して、昼休みにお話を聞いてもらいに行くのはどうか?』と思ったのです。なにしろ、クリニックの目の前、銀座1丁目の駅から永田町まで、地下鉄で3駅10分、160円です。面談のアポさえとれれば、行って帰ってくるまで1時間もかからないのです。今から思えば、無謀というか、突飛な考えでしたが・・

 しかし、驚いたことに、高市さん、野田さん、そしてPT代表になった高階恵美子さん、偉い議員さんたちが、快く話を聞いてくれ、すぐに動き出始めてくださったのです。さすがプロとしかいいようのない素早い対応で、あっという間に法案まで進みました。

(私も、女性医療のプロというからには、誰よりもこの問題に詳しく力強く、熱心に仕事しなければならないんだなあ!これからは、私も自分にできることはさっさと行動に移そう!と強く感じた次第です。)

 しかし、5〜6月の通常国会では野党の手続きが間に合わず継続審議になり、そして今回の臨時国会(11月)でも、手続き・審議入りすらせずこの法案どうなるか?というところで止まってしまっているのです。

 なぜこんなぐずぐずした事態になったのか?

不思議なことですが、ひとつには、このような運動をこれまで熱心にやってきた野党、民主党や社民党が、「もともとわたしたちがやってきたことなのに、なぜ今さら自民党が言いだすのか?あやしい!」と懐疑的であること(らしい)、ふたつめは、女性の権利のために闘ってきた団体が、「女性の産まない権利、男性の不妊治療の権利、性暴力やDV被害者の救済について、法案に入っていない」と否定的だからです。そして、みっつめは、お定まりの「なんで女の健康なの?男の健康はどうした?女はこんなに元気だし長生きなんだから、いまさら女の健康なんて必要ないじゃないか?」という揶揄。

 この法案は、女性の健康はその一生涯において、心身の健康そして社会的健康のすべてにおいて、国として包括的継続的に支援されなければならない。(それが、女性の活躍のおおもとである。)という考えをうたった「理念法」です。それを基盤として、これから、生殖の選択の権利(リプロダクティブライツ)や、妊娠や出産の安全や環境整備、女性に多い病気の予防、暴力や虐待の被害防止や救済など、たくさんの政策を進めていくことが大事だと思っています。

 そう、ここが女性の健康文化の始まり。先進国各国に比べて明らかに30年以上遅れている女性の健康分野は、この法案の成立をきっかけに、今後の日本の男女共同参画、女性の活躍、ひいては日本の新しい産業(サービス保健分野)の幕開けにつながっていくと思います。みなさまぜひご支援ください!

 特に、民主党、社民党の、厚生労働委員になっている議員さんをご存じのかた、ぜひどうぞ一言議員さんにお声かけくださいませ。詳しくは、自民党のホームページにある「女性の健康に関する3つの提言」あるいは法務局のホームページにある「女性の健康の包括的支援法案」をご参照ください!(また女性医療ネットワーク、WeLDsの有志で行った、女性の健康文化祭 報告を、ホームページでご覧ください!)
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ