2009/7/29

今日は大阪、明日は手術(対馬ルリ子)  日記

暑い日が続きます。みなさまいかがお過ごしですか?
 本日わたしは大阪に来ています。吹田市の市会議員の六島久子さんと、副市長さんの富田さんに会いしました。吹田では、駅前の再開発地域を、環境を考慮した福祉と医療と健康のゾーンにする予定だそうです。女性に対する医療も、性差をふまえて各年代の健康支援ができるように策定中とか。お話して、その熱心な勉強ぶりに感心しました。
六島さんとは、友人(大洋薬品の秋本さん)の紹介で仲良くなり、彼女とのお話をきっかけにして今回大阪を訪問することになったのですが、吹田では、すでに子育てや医療、福祉に意欲的に取り組んでいます。
 六島さんからいただいたあぶらとり紙は出色です。このあぶらとり紙には、「知ってる?子宮がんのこと 受けよう!子宮がん検診」と印刷してあり、吹田市では、成人式で配布したり、若い女性が集まる美容院やショップなどにこれをおいているそうです。表紙にはオレンジクローバー(子宮頚がん予防のシンボルのひとつ)マークとともに「子宮がんは早期発見でほぼ100%治ります!定期的に検診を受診することが大事です!」と書いてあり、裏には<吹田市の子宮頚がん検診が受信できる医療機関一覧>が印刷されています。そして表紙をあけると、あぶらとり紙と一緒に、“子宮頚がんは、子宮の入り口付近にできるがんです。罹患率は、20歳代で増加しています。ヒトパピローマウィルス(HPV)という性交渉で感染するウィルスが関与しているからと考えられています。”そして赤字で“コンドームの使用は、HPV感染やその他の性感染症の予防に有効です。”とという文字が目にとびこんできます。
 す、すごい!行政でここまでできるとは・・わたしは、先日六島さんがうちのクリニックにきてくださった時にこれをいただいて、感動しました。それを女性医療ネットワークの盛岡セミナー(若い女性に増えている子宮頚がん)で紹介させていただいたり、これからがん検診の啓発に取り組むという電通の友人にさしあげたりしています。
 もしご興味のあるかたがいらっしゃいましたら、吹田市立保健センター06−6339−1212までお問い合わせください。(あぶらとり紙にそう書いてあります)

 さて、明日はオペ予定です。最近、わたしはオペは頼まれた方しかやっておりませんが、年間にすると20件ぐらいやっているでしょうか。子宮脱、子宮筋腫、卵巣のう腫などの手術を、江東区の東峯婦人クリニックにお願いしてやっています。東峯婦人クリニックは、長年のおつきあいの松峯寿美先生が院長をされている産婦人科病院。お産もしていますし、手術室ももちろんあるので、○月○日、△△のオペをやりたいと電話してお願いし、患者さんには紹介状をもって受診してもらっておき、手術の当日、執刀者として出向きます。術後は毎日電話で手術後の経過を連絡してもらいながら、退院までの1週間、診察をしに2〜3回出向きます。わたしの自宅からも近いので便利です。ここは、わたしも3月の病気のときにとりあえず入院させてもらった、とてもきれいでごはんがおいしい病院。明日は子宮脱の手術を2件、松峯院長や娘さんの松峯美貴先生といっしょにします。最近はお産がふえておおにぎわいの様子ですが、アットホームな感じで医療がなされていてとてもよい雰囲気です。お産の専門家の竹内正人先生もいます。ご紹介ご希望のかたはごうぞご相談ください。(対馬ルリ子)
13



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ