2013/7/1

あっという間に6月がすぎました。6月をふりかえって・・  

 まず、診療予約がだいぶ混んでしまってご迷惑をおかけしており申しわけありません。


春から今年度の区や会社の検診がはじまって、「子宮がん検診と乳がん検診を同日に受けたい」という方、毎年この季節には検診やドックを受けているという方、たくさんのご予約希望があるのですが、医師が減ったこともあり(お子さんの教育・受検問題など、保育以外にも女性医師の悩める岐路はいろいろありますね・・)、予約がだいぶ先になったり、あるいは定期的に受診している方が予約をとりにくくなってしまっています。医師・看護師・受付・コールセンターともにできるかぎり多くの方をお受けできるように、頑張っておりますので、いま少し落ち着くので、ご容赦ください。とりあえずお薬だけでも希望、あるいは他院にご紹介希望のかたは、遠慮なくお申し付けください。スミマセン・・

 6月9日は性と健康を考える女性専門家の会の、総会とシンポジウムがありました。

1997年に始まったこの会は、女性医師や助産師、大学の教員やジャーナリストなどを中心に、リプロダクティブヘルス、セクシャルヘルスに関する情報発信や提言を行ってきました。低用量ピルについて勉強し、発言し、行動をして、その後のピル認可につながったのも、この会を通じてたくさんの女性専門家が動いたからだと思います。今回は、妊娠中絶の現状と展望という話題で、社会学や海外の情報に詳しい研究者のかたたちのお話も聞き、日本の中絶の方法や安全性が、今となってはかなり世界の推奨レベルから遅れているのだ、という認識を強く持つ結果となりました。柔らかいプラスチックチューブを使った吸引を用いた中絶手術、経口中絶薬のミフェプリストン・・これらは、WHOが安全であり推奨すると認めた、唯一の(唯二の?)方法でありながら、日本では手にすることができません。

臨床医としては、安全で女性の心身にやさしい処置・治療を望んでいるのに、そのような情報も方法もない現状は、どうしたら打破されるのでしょうか?何人もの医師や学者が、共通の認識をもち、そのために行動を起こそうと心に決めた勉強会でした。(わたしも動き出すつもりです)。

 鎌倉女学院と、学習院女子というふたつの学校で、女の子たちとお母さんたちに、一生涯の女性の健康と、なりたい自分になるための知識と生活習慣についてのお話をさせていただきました。鎌倉女学院にはもうずっと毎年お話に行っており、まるでわたしの親戚の子たちのような親しい気がしています。そして、質問もたくさん出て、答えるのも楽しいです。この講演をきっかけに医学や医療の方面に進学する子もいるそうで、とてもうれしく頼もしく思います。

 わたしには、ハーカン・カラルさんというトルコ人のお友達(青山のじゅうたんやさんのご主人)がいます。4年前に母や友人とトルコに旅行したときにとてもお世話になり、イスタンブールのご実家でお父さんやお母さんにすっかりご馳走になったのですが、表参道に新しいお家を買われ、またご両親やごきょうだいが日本に遊びに来られたということで、
またまたおいしいトルコ料理のディナーに、母と一緒にご招待いただきました。温厚なもと小学校校長のお父さん、やさしくてお料理がじょうずなお母さん、家庭医のお姉さん、小児科医のお兄さん、明るく聡明な子どもたち、そして弟さんにトルコからお嫁さんがきて、お腹にベビーもできて、素敵で温かいディナーでした。そして何より、トルコ料理のおいしいこと!お豆や野菜がたくさん入って、ヨーグルトやスパイスで絶妙に味付けされたヘルシーできれいなお料理たちです。アイラブトルコ料理とトルコの温かい家族!ごちそうさまでした。
7

2013/5/21

仙台へ行ってきました  

5月18〜19日の土日、日本女医会の総会が仙台であり、青葉薫る、かの地に行ってきました。

実は仙台は、わたしのルーツの地でもあります。父と祖父が仙台で生まれ育ちましたし、赤痢菌を発見した細菌学者の志賀潔は(だから赤痢菌はシゲーラと命名されています)祖父の叔父にあたります。 

 さて、仙台の女医会総会では、まず土曜日に被災地見学のエクスカーションがありました。約4000名の方の命が失われたという石巻の海岸地帯を、現地ボランティアのかたに案内していただき見てきました。そして、日曜日の総会講演会は、石巻赤十字病院で災害医療の最前線に立ち続けた、外科の石井正先生のお話・・・

 石井先生は、2007年から赤十字病院の医療社会事業部長になられていたので、そのころから災害マニュアルを整備し、訓練を重ねてこられたそうです。そして2010年、宮城県の「災害医療コーディネーター」の役割を知事から任命された、そのすぐ後に、東日本大震災がおこったそうです。震災のさいには、防災ヘリの発着も、患者の搬送も、トリアージ(緊急度による患者さんのふるいわけ)も粛粛と訓練通り。でも、予期せぬことが本当に多かったそうです。

例えば、神戸の大震災では、倒壊した家屋に押しつぶされるクラッシュ症候群が多かったのに対し、東日本では(あらゆるものが津波にのまれ、かつ雪が降って非常に寒かったので)そもそも搬送されてきた患者も少なく(救急車も多くが流されてしまったそう)、患者は低体温症が多かったこと。でも、おそらく、本当に助けを必要としていた人たちの多くは、病院まで来れずに亡くなっただろうこと・・などをお話されました。

 そして、なんと日本中から60以上もの災害医療チームが石巻におしかけてきたそうです。

それをどうやって統制したか。石井先生は、「県知事から災害医療コーディネーターのお墨付きをもらっておいてほんとによかったと思った。でも、集まった医師たちは、どんなに偉い立場の人であっても、現場をみるとすぐさま顔色が変わり、「何でもやりますから」と言って(威張ったり邪魔せずに)本当に素直に真剣に取り組んでくれました。」とおっしゃっていました。

 そもそも、ほとんどすべてが根こそぎ流され、電気もガスも水道もない真っ暗な石巻地域で、唯一あかりが煌々とついている場所が赤十字病院だったそうで、それはもうほんとうにたくさんの人たちを、どんなに安心させたことでしょう。

いっぽう、内陸の東北大学では、総長の里見先生が(里見先生は、女医会の懇親会にもいらしてごあいさつしてくださいました、あ、村井県知事も、奥山仙台市長も、県と市の医師会長もいらしてくださいましたよ。宮城県の女医会ってスゴイ!)大学の医師たちに「きょうこれからは、すべての医者が総合医として診療しろ、専門科にこだわるな!」

「けっして最前線の病院を疲弊させるな!全力で支援しろ!」と檄をとばしていたそうです。

おかげで、石巻赤十字病院には、何千キロも離れたところから様々な医療機器をもって、全国の大学・病院・医師会、NPOやボランティアの医者たちがやってきた。すぐさまエリアとラインを分担し、足りないもの、すぐ必要なものをリストアップして手配し、継続して活動した。上水道、下水道、トイレやゴミの始末、手あらい、うがい、食物の衛生管理から介護、相談、各科診療、様々な薬の処方まで、災害医療チームたちは、毎日集まってミーティングし、すべてのことにすぐさま対応していったそうです。

だから、寒い季節こそ咳が出ていた人たちがいたが、どんどん感染対策がすすみ、石巻地域ではまったく感染症の蔓延が見られなかったとおっしゃっていました。

わたしは、涙が出て、しょうがありませんでした。

どんな立場の人でも、命がかかる現場を見ると何かせずにはいられない。医者にとって、誰かのために、何かができるということは、本当にありがたい幸せなことだと思うのです。それも、ふだん大学の派閥だの肩書きだの、立場だのにこだわって動けない人たちが、皆で自然に知恵や技術を出し合って、目の前にいる傷ついた方たちのために力を尽くした。このことの意味を、忘れずにいたいなあと思います。

わたしも、仙台、弘前、八戸と東北の武士、医家、学者をルーツに持つひとりです。やはり東北の医療のため女性のために、何かやれないかと考えてしまいます。何かは・・またお話させてください。
10

2013/3/4

3月になりました  

とうとう、とうとう、3月になりましたね。今年の冬はひときわ寒さが厳しかったので、いくら雪が少ない東京に住んでいても、とても3月が待ち遠しかったです。東北、北海道の皆様はいかがお過ごしでしょうか?まだ雪が深く、寒い朝を迎えておられるでしょうか?わたしの自宅の近所の神社の境内では、白と紅の梅の花が咲きました。とてもきれいです。

 クリニックのお引越しは、レントゲン機械の移設がようやく終わり、診察室も落ち着いてきて、徐々に日常診療ができる体制が整ってまいりました。この2か月間、患者様、ご来院の皆様には、本当にご迷惑をおかけし、申しわけありませんでした。

 また、スタッフの入れ替わりや、ご家庭の事情などで辞められるドクターたちもいるので、当惑われたり、ご不安を感じている方もおられるでしょう。誠に申しわけありません。残っているスタッフ、ドクター達とともに、精一杯、誠意を尽くして診療継続してまいりますので、なにとぞご理解、ご容赦のほどを、お願いもうしあげます。

(ご希望があれば、喜んで他院、他医へのご紹介、診療内容の引き継ぎ等をいたしますので、ご遠慮なくお申しつけください。)

 わたし自身は、これからも女性の生涯のかかりつけ医として、当院を指名してくださっている方々の健康と安心のために、命をかけて頑張っていきたいと思っています。まだまだ目ざす女性医療の理想にはほど遠く、いたらない点ばかりではありますが、末永く見守っていただき、またご教示いただけましたら幸いです。

 ・・・新しい時代が来ます。それは、女性がのびのびと輝いて生きることができる、新しい社会です。女性は本来、ひとりひとりが女性ホルモンに守られ生命力に満ちた、素晴らしい存在です。女性が内側から美しく、生き生きと輝いて生きることができれば、そのパートナーも、家族も、地域も、幸せにちがいありません。

 あの、悪夢のような光景がまだ生々しくうかぶ大震災から、2年が経とうとしています。震災後の新しい日本は、社会は、どうやって作っていけばよいのでしょうか?クリニックにいらっしゃる方々、これからも共に生きる女性たちと私は、いつも(診療の場でも!)あれこれと話し合い考えています。私たちは、だんだん年をとっていきます。仕事をし、家事や子育てをし、人とのおつきあいをし、でも祖母や母親の世代とは違う時代を生きています。そして次の世代に何が残せるのかを、考えています。きっとこれから、何かが大きく変わる。そして次に託せるものがきっとあると信じて、きょうも診療したいと思います。それでは、診察室でお待ちしています。(対馬ルリ子)
14

2013/2/12

銀座七福神ウォーキング(対馬ルリ子)  

まずはおわびです。クリニックに予約あるいは問い合わせのお電話をくださる皆様。電話がたいへん混み合っていてご迷惑をおかけしております。1月から電話をコンシェルジェ(コールセンター)に統一したので、当初つながりにくく、予約にかなりご苦労された方も多かったのではと思います。たいへん申し訳ありません!現在、人員を増やして対応しております。「ああようやく通じた!」というお言葉に、コンシェルジェたちは毎日、身も細る思いでおりましたが、これからは改善されてまいります。どうぞご理解のうえ、ご協力をお願いもうしあげます。また、再診はインターネットでご予約いただけますので、ご利用ください。

ところで、寒さは続いていますが、なんとなく春めいた日差しが感じられるようになりましたね。この連休は、いかがお過ごしでしたか?

 クリニックでは、10日はお祓い+音寿(おとほぎ)の会、11日は七福神ウォーキングを行いました。わたしにとっては、久しぶりに仕事のない二日間でした。

わたしは、大学時代からの友人の大小田晴子(芸名 おおこださくらこ)さんと、新年を祝い、言霊・音霊で空間や身体内を浄化する「音寿の会」を、毎年2月に行っています。お祓いのあと、おおこださんが古事記を詠い、雲龍さんが神様の笛を吹きます。明るく、清明で、でも暖かく力強い音が、クリニックの空間や参加者の身体内を振動させ、ひろがっていきました。新しい年(ほんとうは2月が旧暦の新年です)が、いい年になりますように!

この会はクリニックの行事ですが、どなたでも参加できますので、ご興味がおありのかたはぜひ来年2月にご参加ください。だいたい2月の真ん中へんの日曜日にやっておりますので、来年なら2月9日になると思います。また、おおこださんは、クリニックで2か月に1回、音の葉塾といって、ひふみ祝詞や古事紀をみんなで声をだして読む会をやっています。これは女性医療ネットワークのスクール「ジョイラボ」の一講座ですが、どなたでも(単回でも)参加可能です。http://www.cnet.gr.jp あるいは 03-3538-0250までお問い合わせください。

 また、11日の銀座七福神ウォーキング。これも3年目になりました。クリニックでは毎月1〜2回、銀座ウォーキングを開催しているのですが(プロのストレッチとウォーキング指導つき)、その中でも特に1〜2月は銀座のなかの小さなお稲荷さんをすべて回る、七福神ウォーキングなのです。昨日は、マチコ先生のストレッチ+ピラティス指導のあと、みんなでお水と地図と七福神の説明書を持って(対馬が作成しました!)、銀座の小さなお稲荷さんをぐるっと全部まわりました。実はクリニックの入っているトレシャスビル(旧越後屋ビル)の屋上にも銀座稲荷という弁天様があるのですが、こちらは年に一度しか入れないので、直接のお参りはあきらめ、ここを起点に、幸稲荷(1丁目)、宝童稲荷(4丁目)、豊岩稲荷(7丁目)、かく護稲荷(松坂屋)、あずま稲荷(5丁目)、銀座出世地蔵尊(三越)、朝日稲荷(3丁目)、龍光不動尊(松屋)とまわりました。なぜか計8か所ですが、三越の出世地蔵さんと松屋デパートの龍光不動さんは、クリニックに近いし、明るくてよい雰囲気だからいつも行くのです。

これで4キロぐらい歩いていますし、あとのストレッチも入念に。全部で2時間の行程でした。お疲れ様でした〜。次の銀座ウォーキングは3月20日(祝日)、やはり午後1時〜3時を予定しています。お花もいろいろ咲いていると思います。春を捜しに、皇居〜日比谷公園まで行きましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/1/25

今年もよろしくお願いします(対馬ルリ子)  お知らせ

すみません、ご無沙汰してました!
前回お便りしたのは11月だったのですが、あれからいろいろありました。

そもそも11月は、外来診療(全部で34コマ、つまり17日分・・週4日ちょっとのペースです。)以外に、14回の講演会と4ヶのオペをこなして、ようやく12月を迎えた次第です。やれやれ倒れなくてよかった、きびしい11月を何とか乗り越えた、とほっとしていたら(こういうときが危ない)、娘に風邪をうつされてしまい、12月は咳、のどの痛みとのおつきあいが2週間以上ありました。

だいたい、23歳の下の娘は、前日熱をだして寝ていたと思ったら、次の日は友達と遊びに出かけて深夜まで帰ってこないし。それでまた風邪を悪化させて、くすり、くすりと家のなかをウロウロするし。うつさないでよ!と何回もけん制したのに、とうとううつされてしまいました。娘に「あんたのかぜ菌、極悪!」と恨みを言っています。飲み会も、集まったみんなが咳をしてうつしあってるから、どんどん変な菌になるんじゃないでしょうか。休めばいいでしょと言っても、「だってみんな風邪ひいてたら一緒じゃん。だいじょぶだよ、風邪はみんなのもの、誰が悪いわけでもないから」だって。う〜ん?

そして、12月末から、クリニックのひっこしを迎えたわけです。

ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックは、2002年に、1丁目のちょっと奥まったビルの4階で始まりました。そして2004年に1丁目のみずほ銀行の上にひっこし、2010年には2丁目のトレシャスビルに入院・手術施設やスタジオ、ラウンジ、漢方薬局を作りました。そして2011年の大震災をはさんで、2012年には女性ライフクリニックという名前をつけて更年期総合医療を始め、そして9月には新宿伊勢丹デパートに念願の“女性がお仕事帰りやお買いもののついでにふらっと立ち寄れる”女性の健康スタンド、女性ライフクリニック新宿を作って、これらをすべてトータルにまとめて、総合的な女性の心身の健康(ライフスタイル)を提案できる基地にしたいと思ってきました。

しかし!ひとつには、3つのクリニックのスタッフがひとつの理念のもとにまとまるのが大変になってきたこと、またもうひとつには、経済的に維持が大変になってきたので、統合を断行することにしたわけです。実は、もうひとつ理由があります。あちこち目まぐるしく診療、手術、取材、講演、会議、打ち合わせにと、つねに動いているわたしの生活が、体力と気力のがけっぷちに来ているように感じられたからです。(11月のような生活はもう避けたい!)もう少し生活をシンプルにして、ゆっくりスタッフや友人と話しあったり、新しい女性医療のアイディアを練ったり、勉強や楽しみの時間を持ったりしたくなりました。

そこで、結局、年末年始はほぼ毎日、クリニックに出て仕事するという休み?になりました。

28日で診療が終わり、28日の午後ひっこし作業、29日は荷物の整理、30日は一日伊勢丹で診療、31日は診察室の環境整備。1日はお参りして、2日は午後から伊勢丹。3日はクリニックで書類整理。4日はスタッフ出勤の日で新年のごあいさつの後、皆で診察のシミュレーション。5日はいよいよ半分の予約のゆっくりペースで診療開始。6日の日曜日は1日伊勢丹で診療。そして7日から、本格的に診療が始まりました〜!

 実は、この年末年始は、1月9日予定日のかたの出産待機でもあったのです。だから、いつでも呼び出しに対応できるように、携帯を肌身離さず、行動していました。そして、助産師さんと何度もメールをやりとりして・・ついに破水して入院されたのが11日金曜日の夜。12日、13日と陣痛がつかず、ずっと待って・・とうとう13日深夜から徐々に陣痛が来て・・お産になったのが大雪の14日の夕方!なんと足かけ4日かかりの出産でした。でもね!本当にいいお産でしたよ!お母さんは、ずっとずっと、頑張ってお産のための体づくりをして。パートナーとよく話し合い、勉強して。赤ちゃんもゆっくり、ゆっくり進んで、静かに出てきました。感動的でした。

 というような、やりがいと責任のある素敵な総合女性医療を、わたしはこれからもずっとやっていきたいと思います。ここで、わたしの作ったクリニックで、新しい女性の価値が生まれますようにと願っています。女性がほんとうに元気で、内側からどっしりと?輝いていれば、日本の国も、もっと豊かで、元気になれるに違いないです。

みなさん、わたしと同じ時代に行き、次の世代を産み出し育てる、女性のみなさん。もちろんお産をしなくても、女性は産み出し、慈しみ、つながっていく、ステキな性です。

わたしはいつも、いつまでも、あなたの一生を応援します。

(ちょっと遅めの、新年の決意でした!)
18



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ