2014/11/7

「女性の健康の包括的支援法案」のゆくえ…  日記

秋が深まってまいりましたね。クリニックにいらっしゃる方へのご挨拶も、「寒くなってきましたね、いかがですか?」から始まり、「それではよいお年を!」あるいは「お風邪をひきませんように。」で終わるようになってきました。

 そう、あと2カ月弱で今年も終わり。早いものです。

 今年は、正月に自民党の女性の健康の包括的支援に関するPT(プロジェクトチーム)が始動したところから始まりました。4月には、自民党の政調会、総務会に「3つの提言」が承認され、その後国会の「女性の健康の包括的支援法案」の提出・・と、わたしの30年にわたる女性医療臨床の悲願、“思春期から老年期までの女性の健康は、継続的、総合的、包括的にされるべき・・”、という考えが、国の方針として採用されるかどうか、というところまで来ています。

 そもそもこれは、知人の高市早苗自民党政調会長、野田聖子総務会長(おふたりとも当時)のお部屋に、ひょこひょことシロートの私が女性の健康についてプレゼンしに行ったことからはじまりました。『なかなか女性医療の問題について、国政の担当者に実情を知っていただく機会がない。それなら、東京にいて往復の時間があまりかからないところで仕事をしているわたしが、全国の仲間を代表して、昼休みにお話を聞いてもらいに行くのはどうか?』と思ったのです。なにしろ、クリニックの目の前、銀座1丁目の駅から永田町まで、地下鉄で3駅10分、160円です。面談のアポさえとれれば、行って帰ってくるまで1時間もかからないのです。今から思えば、無謀というか、突飛な考えでしたが・・

 しかし、驚いたことに、高市さん、野田さん、そしてPT代表になった高階恵美子さん、偉い議員さんたちが、快く話を聞いてくれ、すぐに動き出始めてくださったのです。さすがプロとしかいいようのない素早い対応で、あっという間に法案まで進みました。

(私も、女性医療のプロというからには、誰よりもこの問題に詳しく力強く、熱心に仕事しなければならないんだなあ!これからは、私も自分にできることはさっさと行動に移そう!と強く感じた次第です。)

 しかし、5〜6月の通常国会では野党の手続きが間に合わず継続審議になり、そして今回の臨時国会(11月)でも、手続き・審議入りすらせずこの法案どうなるか?というところで止まってしまっているのです。

 なぜこんなぐずぐずした事態になったのか?

不思議なことですが、ひとつには、このような運動をこれまで熱心にやってきた野党、民主党や社民党が、「もともとわたしたちがやってきたことなのに、なぜ今さら自民党が言いだすのか?あやしい!」と懐疑的であること(らしい)、ふたつめは、女性の権利のために闘ってきた団体が、「女性の産まない権利、男性の不妊治療の権利、性暴力やDV被害者の救済について、法案に入っていない」と否定的だからです。そして、みっつめは、お定まりの「なんで女の健康なの?男の健康はどうした?女はこんなに元気だし長生きなんだから、いまさら女の健康なんて必要ないじゃないか?」という揶揄。

 この法案は、女性の健康はその一生涯において、心身の健康そして社会的健康のすべてにおいて、国として包括的継続的に支援されなければならない。(それが、女性の活躍のおおもとである。)という考えをうたった「理念法」です。それを基盤として、これから、生殖の選択の権利(リプロダクティブライツ)や、妊娠や出産の安全や環境整備、女性に多い病気の予防、暴力や虐待の被害防止や救済など、たくさんの政策を進めていくことが大事だと思っています。

 そう、ここが女性の健康文化の始まり。先進国各国に比べて明らかに30年以上遅れている女性の健康分野は、この法案の成立をきっかけに、今後の日本の男女共同参画、女性の活躍、ひいては日本の新しい産業(サービス保健分野)の幕開けにつながっていくと思います。みなさまぜひご支援ください!

 特に、民主党、社民党の、厚生労働委員になっている議員さんをご存じのかた、ぜひどうぞ一言議員さんにお声かけくださいませ。詳しくは、自民党のホームページにある「女性の健康に関する3つの提言」あるいは法務局のホームページにある「女性の健康の包括的支援法案」をご参照ください!(また女性医療ネットワーク、WeLDsの有志で行った、女性の健康文化祭 報告を、ホームページでご覧ください!)
8

2011/1/26

1月26日、朝、診療前。(対馬ルリ子)  日記

お久しぶりです。ずっとブログ書いてませんでした。離れてくらしている親にしばらく連絡していない娘のように、うしろめたい気持で年末年始を過ごしてました。すみません、私は元気です。

 忙しかったせいもあるんですが、年末から断捨離にとりかかり、家の中をそうじしてゴミを出し、使わないものをいろいろな人にもらってもらいながら、これからどうしようか、考えてました。お正月は、だから大量のゴミ袋といっしょに迎えましたし、新年早々から、友人と行ったりきたりしながら(おしゃべりやおせちや、お酒もいただきながら)、セーターやスカート、食器、なべなどをもらってもらいました。

 そして、今日。友人たちとフジテレビの平成美人塾(2月11日放映、14時から1時間番組です、漢方のツムラさん提供)の収録があります。午前中診療をして、午後からスタジオへ。友人の漢方医、渡辺賀子先生と、美容家の吉川千明さんと一緒です。渡辺先生は、年末の女性医療ネットワークの忘年会で「みなさんにご報告があります。○○○○しました!新しい気持ちでこれからのお仕事も人生も頑張ります!」わー、パチパチ・・ということがありましたし、吉川千明さんとは、1月3日から「心の通った医療をとりもどすには・・」のディスカッションを牛タンやケーキを食べながらして、18日には恒例の“女性ホルモン塾もっときれいセミナー”もジュノでやりました。吉川さんがウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックで開いている「荒れ肌外来」も好評です!(最近予約が満杯なので枠を増やしてもらいました)

 押切もえさん、SHIHOさん、中谷美紀さんのVTRが昨日届き、夜ずっと見てました。やはり美人は外側も内側も美人。そして痛感したのは、美は内側からにじみでるものっていう、言い古された事実です。でもだからこそ、素質がさほどめぐまれていないわたしたちでも、自分なりの美しさを輝かせることができる。それは、毎日たくさんの女性を診療しているわたしが、本当に実感していることです。美は健康から。当然ですよね。そして、健康は、単に体に病気がないことだけではないのです。こころも、生活や人間関係も、その人の存在そのものが生き生きとその人らしく、自信に満ちたものであるということ。

 そのことを、きょうはテレビでも言いたいのですが、少ない時間で言えるでしょうか・・?まあ、仲良しの友人たちといっしょに出るのですから、同じことをいろいろな人がいろいろな言葉で表現できればいいのだと思います。それでは、行ってきま〜す。


15

2010/11/19

銀座ウォーキングのお誘い(対馬ルリ子)  日記

皆様へ。ご心配おかけしてすみません。先週のブログ以来、何人かに「先生にしてはめずらしく低めのテンションだね〜」と言われて本日にいたっております。対馬です。
毎日あまりにバタバタ忙しく動きまわっているため、もう反省するのもあきらめました。開き直ってこのまま新世界?に突入することとします。
ところで、寒くなりましたね〜。銀座では、今週からクリスマスイルミネーションが点灯し、すでに冬の雰囲気がもりあがっています。16日火曜日は、5時半から銀座ウォーキングの会でした。今月は銀座イルミネーションウォークです。ジュノのあるトレシャスビルを出発した一行は、1丁目の並木通りに出て、ずーっとまっすぐ南に向かいました。プランタンデパートの裏?を通り、新しい和光のビルを眺め、松崎せんべい店、マツキヨ、資生堂本社(赤いイルミネーションが素敵!改築のため今年で最後ですって)、シャネルとルイヴィトン、クリストフル、つき当たって左折し、博品館の角から中央通りに出、あとはずっと帰ってきます。
白方トレーナーに、大きく腕をふり、おへそが前にひっぱられるように、視線の方向はまっすぐ前にと聞いても、ついついキョロキョロ、ときどき食べ物のいい匂いも漂ってきて、お腹はどこかにひっぱられそう。「あーお腹すいた、何なに、シャンパン飲み放題つき?」とメニューに見入ってしまうウォーキング?です。きわめつけは、アバクロ。半裸のイケメンお兄さんといっしょに記念写真を撮ってもらって、ご満悦。おのぼりさん的ウキウキ感が味わえました。
そして、和光本店。四丁目の交差点まで来ました。これはほんとうに素敵なライトアップです。そしてイルミネーションツアーのメイン、有名なミキモトのクリスマスツリーとショーウインドウ。デザインしているのは、わたしの友人でもある新保智子さん。今年のテーマは「キノコ」です。クリスタルのきれいな黄色やピンクやブルーのキノコが、生命のパワーをきらめかせながら、にょきにょきと生えてます。気がつかれましたか?右側の、横に長いウィンドウも、いまは素敵なキノコですよ。銀座に来られましたら、ぜひ見てください。
というところでジュノに帰ってきて、距離は3キロ。前後のストレッチも20〜30分ぐらいずつやって、からだも手足もほかほかです。何だか疲れもとれた1時間半。皆さんもぜひ参加されませんか?次回は11月30日、やはり17時半からです。12月は8日と22日、どちらも水曜日の夕方ですが、22日はそのあと忘年会もあります。台湾の漢方キノコ火鍋を予定しています。(会費6000円ぐらい)、来年1月の日程はまだ未定ですが、たぶん日曜日の日中に銀座七福神めぐりをします。どうぞご参加ください。お待ちしてます。(ご予約・お問い合わせは ―TEL 03(3535)2995 ユーノ までどうぞ。)



4

2010/10/29

「十代の性の健康支援ネットワーク作り事業(通称ゆいネット)」(対馬ルリ子)  日記

対馬です。秋らしいお天気が続くようになりました。あんなに暑くって心身ともにダメージを受けた長い夏も、過ぎてしまえばうそのようです。本日はおだやかでさわやかな秋晴れ。日本女医会の子育て支援ネットワーク「ゆいネット」の仕事で、岐阜に向かっています。
ゆいネットは、わたしが日本女医会に入会した動機となった「十代の性の健康支援」事業の一環となる仕事で、2008年から全国4モデル地域で「十代の性の健康支援ネットワーク作り事業(通称ゆいネット)」を展開しているのですが、これがまたとても勉強になり、憤ったり感動したり、奮起したりと、すばらしい経験になっています。
十代の子供は、体はおとなと同じですが、なかなか不安定で扱いにくいものです。うちも今でこそ23歳と21歳と、娘たちも思春期をすぎて少しずつ落ち着いてきましたが、数年前までは、なんだかんだと闘ったり心配したり、あきれたり頼もしく思ったりと、スリル満点の日々でした。
この時期、性ホルモンの分泌増加によって、男の子も女の子も、からだが変化してゆくだけではなく、性的欲求がふえ、恋しやすく(さめやすく?)衝動的になりますし、過度に外見やどう思われるかを気にし、自信と自信喪失をめまぐるしく行き来します。
女の子は性行動の開始にともなって望まない妊娠の健康リスクがありますし(望んで準備ができているときの妊娠は健康リスクが低いですが、望まない時期の妊娠は、心や人間関係、社会生活の危機につながりやすく健康リスクが高いと考えられます)、男女ともに性感染症のリスクが増大します。喫煙の開始や相手の人権をおびやかす“デートDV”も若い女性の健康リスクですね。
母親としては、このような健康リスクや事故のリスクは、なるべく避けて通ってもらいたいけれど、何もせずおとなしく学校と家の往復だけしていろと命令するわけにはいきません。自分の大学時代の生活を考えればなおさらです。娘には、いろいろな経験をしておとなになってほしいと思います。けれど、命や生命の尊厳をおびやかすリスクには気をつけてほしいし、何か危険な徴候があればいつでも周囲の信頼できるおとなたちに相談してほしいのです。
その点、わたしの友人たちは、とても頼りになる存在です。うちの子供たちは、母親以外にも、ママのともだち、あるいはパパ(パパは三番目?困りごとの内容にもよるようで・・)に相談できるという心強い味方をもっています。
ゆいネットは、札幌、盛岡、名古屋、岡山の4つのモデル地区で3年前から事業をやっています。今年は岐阜、茨城、福岡も加わり、新しい地域ネットワークが出来つつあります。
・・というところで、わたしは名古屋から岐阜への列車の中にPCを忘れて、戻ってくるのに(豊橋まで行っていたそうです)3日ほどかかりました。もう秋晴れどころか冬!になってます。がーん!
というところで、今月はなんか中途半端にしかお便りが書けなくなりましたが、来月はその分書きたいと思います。それではまた。


5

2010/5/6

皆さんGWはどのようにお過ごしでしたか??(対馬ルリ子)  日記

 とうとう風薫る5月になりましたね〜。皆さんGWはどのようにお過ごしでしたか??
昨年は、病み上がりで母と岩木山神社にお参りしたことを思い出しますが、今年、わたしは、犬を連れて家族で軽井沢のペンション一泊という小旅行をしました。ジュノ銀座産院・健康院の立ち上がりのバタバタ、そして4月末には産院のラウンジの壁画制作などがあり、特に予定はたてていなかったのですが、5月の三連休は休みをとれそうということがわかって、とりあえず近場で犬を遊ばせようということにしたのです。夫も、子どもたちも、母も特に予定はないということだったし。そもそも、この4年間は、上の子は大学で応援団に入りチアーやっていたため休みもまったく家にいることがなく、下の子は浪人生活を送っていたので遊びに誘いづらく(誘わずに、わたしだけが遊びに行っていたけど)、医師不足の病院で働いている夫も何泊もの旅行は気のりしないらしく・・かなり久しぶりに車で郊外へという、ほのぼの旅行になりました。
 「それでジュノはどうなったの?」というお声も多いことでしょう。すみませんご報告が後になって。4月13日、銀座2丁目のトレシャスビル7階のジュノのフロアーで、出雲大社をおまつりして祝詞をあげてもらいました。そして、脚立をもって工事現場のフロアーをうろうろし、真白な壁の四隅にお札を貼りました。(ジュノに来られることがあったらよく見てください。中央と四隅の、高い壁のずっと上のほうに、お札が貼ってあります。)その後、わたしひとりだけ一路八戸に。父のお墓にお参りしてジュノたちあげの報告です。この日は父の命日。父が亡くなってからちょうど4年です。命日だから墓参したのではなく、ある方に見てもらったら、4月13日のお祓いと墓参がたいへん重要というアドバイスがあり、それはちょうどタイミングがよいということで、雪がちらつく(!)八戸に帰郷したのです。父のお墓の近く、湊高台というところに、「八重さわ」というとてもおいしいお料理やさんがあります。ここのお料理は素晴らしいです!父も生前、よく飲みにいっていました。わたしは、母とカウンターで、山菜のてんぷら、生きているウニ、鰺ヶ沢のツブ貝、アワビのステーキなどを食べました。あっ、また食べ物の話になってしまった・・
そして翌14日、東京に帰って、ジュノの新しい白いスタジオでプレス発表会、15日は三井不動産さんや銀座の地域の方たちの内覧会、16日はビルオープンの日で、クリニック関係の多くの方たちがお祝に来てくださいました。そして、たくさんの花、花、花・・
ジュノ壁画や環境整備のための資金に、寄付をしてくださったかたもいるし、電報や、お菓子もいただきました。みなさん、本当にありがとうございました。
 実は産院は、分娩予定日が7月のかたから受け付けているため、まだ入院室や分娩室は使わず、工事が少しずつ進んでいます。銀座中央通りに面したところに、3つの病室が並び、通りを見下ろすお風呂もあります。家庭的な雰囲気でお産をしてもらおうと、居間にあたるラウンジと三つの寝室、そしてお風呂とトイレ、入院している女性と赤ちゃんを囲むように、新生児室・ナースステーションと分娩室・手術室が配置されています。産院の電話は03−3535−2992です。
 外来と健康部門(健康院と呼んでいます)は、中央通りの一本うら、ガス灯通り側にあります。白い、天井の高い、明るい診察室と廊下、サロンとスタジオ、そしてセラピールームやカウンセリングルームがあります。テーマは南フランスです。こちらはもう稼働しています。女性の一生涯の健康を(妊娠と関係なくても)自分らしく快適にすごしていただくために、たくさんの専門家が心を合わせて取り組みます。
どうぞどなたも遠慮なくおたずねください。電話03−3535−2995、潟ーノが、かかりつけ医制度やスタジオの運動プログラム(痩身のプロブラムや対馬ルリ子のウォーキングプログラムもあり!わたしが教えるのではなく、わたしも、教えられる生徒のひとりです)のお問い合わせや予約受付をしています。
 どうぞご連絡ください。おまちしています!!
11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ