当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、【創健堂整骨院】【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。私的利用も含め、まずは、◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。Copyright (C)『創建堂整骨院』Sokendo seikotuin &『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

 

『幻肢痛』治療について:榊原先生の挑戦  サイト説明
■動画レポート・ダイジェストVol.1(9分10秒)
 http://www.youtube.com/watch?v=4lTGBh1dCoM


まず、この"9分10秒"の動画を見てください。
全体のほんの入り口に過ぎないですが、
いま、このプロジェクトが「見ようとしているもの」を知ってください。
また『幻肢痛』に関しては、一言、検索してみてください。
少しでよいです。調べてみてください。
彼らの"痛み"が、事故から何年も、
そして、これから一生抱える"痛み"であることを想像してください。
どんな反応でもよいので、ご意見いただきたいのと、
この活動・ブログを、出来るだけ多くの方にご紹介ください。

−−−−−−−−−−
京都。金閣寺で有名な嵐山へ行く小さな鉄道がある。
「京福電鉄・嵐山線」、通称"嵐電"。
始発の四条大宮駅から出発、
「太秦京都撮影所」最寄りの帷子ノ辻(カタビラノツジ)駅で「北野線」に乗り換え、
そこから終点の「北野白梅町駅」に向かう。
この町へ、僕は"名も無い痛み"に挑戦する【柔道整復師】を訪ねた。

・【創健堂整骨院】
 http://www.geocities.jp/kyoto_soukendo/
榊原孝文先生とは、偶然の出会いからだった。
自分がドキュメンタリー映画の制作していることを話したら、
「気になっていることがあって…」と相談を受けた。
続きを読む
15

 

【お願い】サイトの見方/プロジェクト協力のお願い/管理人プロフィール  サイト説明
<このサイトの見方>
出来るだけリアルタイムでの取材進行を見ていただく様、
"ブログ"での日記形式となっています。
その為、新着記事から読まれた場合、過去に遡るカタチになります。
記事を最初から読まれる場合は、
Topページ下段にある【表示切替】で"記事"を"投稿順"に変更されるか、
最初の記事、
・081001:榊原先生取材/『創健堂整骨院』
 http://orange.ap.teacup.com/bornpain/2.html
から読んでください。
また、サイドメニューの【カレンダー】から日を追う方法もあります。
カテゴリーの【取材ログ】でも、まとめてあります。ご参考ください。

<【動画レポート】の視聴について>
Topページから入った場合、【動画レポート】は、"続きを読む"以下の記事にあります。
これらの動画は、「YouTube」からのリンクで、
視聴には「Macromedia Flash Player」(フラッシュプレイヤー)が必要となります。
下記リンクから無料で配布されていますので、インストールしておいてください。
・Adobe - Adobe Shockwave Player
 http://get.adobe.com/jp/shockwave/

現在、【動画レポート】は"11編"、全体で"100分"ほどあります。(2009/02/03時点)
治療モニターの表情の変化を追いかける為、
"12時間"ある取材映像から、できるだけ編集で手を加えない様にしました。
全部をいっぺんに見るのは大変かもしれませんが、少しずつで構いません。
この「変化と過程」が、今回のテーマです。
続きを読む
0

2010/12/22

2010年もあと10日です。  【雑記帳】
今年はこのブログもほとんど更新出来ませんでした。
プロジェクトとしては、夏にKBS京都『ふれ愛さんか』でこのテーマを扱っていただきました。
僕自身の活動は、具体的な進展がないまま年を越してしまいそうです。。。
毎日、数名の方が懲りずに(感謝)、ここにも訪問してくださっていて、有り難いです。

とても大切なモチーフと思っています。
どんなものを見ても、聞いても、“繋いで”考えてしまっています。
今年は別の動きがあって、実はたくさんの人と出会いました。
そして多くの方がこのプロジェクトに興味を持っていただいています。
とにかく僕が動くしかないですが、身体も時間も余裕も“一つ”しかないのがもどかしいです。

自分自身も日常に埋もれて見逃してしまいそうな情景を、少し落ち着いて見ようと思います。
出来るだけ早く「新しい」報告が出来るよう、活動してゆきます。
これからもご意見・ご感想、ご協力宜しくお願い致します。

柴田誠 拝
0

2010/10/6

【報告】KBS京都「ふれ愛さんか−いきいき福祉−」感想  【告知・報告】
・ふれ愛さんか −いきいき福祉−: 2010年08月 アーカイブ
 http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/fureai/fsanka/2010/08/

この8,9月と、KBS京都「ふれ愛さんか−いきいき福祉−」という番組で、
前後編、2回に分けて「名も無き痛みの謎〜幻肢痛に挑む整骨院〜」と題し、
"幻肢痛"、榊原先生の活動が紹介されました。

京都エリアのみの放送だったため、僕はリアルタイムで見れなくて残念だったのですが、
先日、ようやく録画された番組を見ることが出来ました。

番組は、15分x2作品という時間のなかで"幻肢痛"の存在を説明するとともに、
その痛みが当事者にとってどんなものであるかを巧くまとめてあった。
※このブログの僕の映像も番組内で使ってもらってます。
番組内容は、榊原先生のインタビューや治療の様子は勿論、
原本さんのインタビュー、横関さん、「奈良義肢」瀧谷さんの紹介もありました。
特に「後編」で話題の中心になった、
昨年、榊原先生が実際に「奈良義肢」で義足制作をされたことで感じたこと、
その榊原先生の活動に対しての瀧谷さんのコメントなどから導く展開が良かった。
ただ、デリケートな問題を、如何に短い放送時間で伝えるかの苦労が見えます。

"幻肢痛"は身体の痛みである。

これは仮説ではなく、むしろ実証されている事柄だと思う。
だのに、当事者に対してのケアが、
メンタル面と投薬(それも精神的な)がほとんどである実状に僕らは違和感がある。
だから、「合わない義足を使う」ことも、
「姿勢の歪み」も、痛みを生む一因ではないかと。
"幻肢痛"のメカニズムを説明するには、
脳科学や神経学、精神医学の領域の見識も必要になる。
故に門外漢からの意見ではあるが、
「痛みは在る。そして、その痛みは苦しい。苦しさは悲しい。
 悲しみは、忘れることで拭えるかもしれないが、
 忘れるためには、問題を共有してくれる人の力が必要である」
と、僕は思う。
続きを読む
0

2010/8/17

【告知】このプロジェクトが、テレビで紹介されます。  【告知・報告】
約1年振りの更新になってしまいました。

しばらく、僕自身のモチベーションに迷いがあって、
約1年間ほど活動休止していた、このプロジェクトが、
なんと! テレビ番組で紹介されることになりました。
・ふれ愛さんか−いきいき福祉−
 http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/fureai/

「KBS京都」という京都ローカルのテレビ局なのですが、
12年も続いた"福祉活動紹介"のテレビ番組で、
榊原先生の取り組み、「幻肢痛」のことが紹介されます。
このブログでレポートしていた映像も番組内使用されることになりました。

今回の「ふれ愛さんか」の放送日は、
・8月29日(日)11:45am〜12:00pm「前編」
・9月5日(日)11:45am〜12:00pm「前編」再放送
・9月12日(日)11:45am〜12:00pm「後編」
・9月19日(日)11:45am〜12:00pm「後編」再放送

の時間、KBS京都にて放送されます(^^)/
関西・京都方面の方、是非、ご覧ください!

−−−−−−−−−−
先日、その番組構成作家の方とお会いしました。
・「覚悟の人」からもらったもの のんびり歩こう
 http://hokkorihiroba.at.webry.info/200703/article_1.html
このブログに、その構成作家の方の文章が紹介されています。
大袈裟かもしれませんが、「志を共有する」方との出逢いをまた感じます。
続きを読む
0

2009/9/21

090830&090906:【榊原レポート5】/「リサイクル義足」完成!  【榊原レポート】
久しぶりの更新です。
この夏は僕も榊原先生も私用が重なり、なかなか活動に取り組めませんでした。
でも、少しずつでも焦らず続けてゆきますので、応援・ご協力お願いします。

−−−−−−−−−−
そこで、ひとまず更新記事です。
5月から榊原先生が『奈良義肢』で制作してきた「リサイクル義足」がようやく完成しました。
以下、最新の【榊原レポート】です(^-^)

【榊原レポート5】2009年8月30日(日),9月6日(日)
8月30日、9月6日に奈良義肢に行ってこれまで続けていた作業を仕上げました。
今回は携帯電話のカメラでの写真なので画像があまり良くありません。
前回(09.7/12)は準備した型に樹脂を流し込む作業迄でした。
いよいよ、仕上げです。初めてのことばかりでしたが、貴重な経験をさせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します
前回、型取りした樹脂の中から石膏を砕き、抜いていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
左端に見えている黄色いものがソフトインサートです。
クリックすると元のサイズで表示します
ソケットからソフトインサートを無事抜くことができました。
クリックすると元のサイズで表示します
ソフトインサートを角度を変えて見ています。
続きを読む
2

2009/7/24

090621:【榊原レポート3】&090712:【榊原レポート4】  【榊原レポート】
しばらく更新が途絶えてしまって、スミマセンでした。
『幻肢痛』に関する具体的な取材が進んでないのですが、
この間、海外で活動されている義肢装具士の方からご意見頂いたりと、
少しずつですが反応が拡がってきています。

このブログは、ひとまず、膨大な"雑多な事実の集積"として、
僕自身の活動の記録として公開してゆきます。
今後、どのようなカタチで、また何に向けて問い、発言してゆくか分かりませんが、
この"小さな灯"を消さないように頑張ります。

この5月から、榊原先生が『奈良義肢』で、アフガニスタンに送るための
「リサイクル義足」の制作にも携わっておられます。
今回は、6月・7月の【榊原レポート】を一挙公開です。
続きを読む
0

2009/5/25

090524:『鞄゙良義肢』/ゼロからの義足製作【榊原レポート2】  【榊原レポート】
完成した"義足を届けに、このGW、『奈良義肢』の皆さんがアフガニスタンへ行かれた。
向こうの情勢が気になるところではあったが、無事、アフガンの方々に渡すことが出来、
新たに"12名"の義足の型を取り、先日帰国された。

早速、この日曜日に榊原先生が『奈良義肢』を訪問され、そのレポートが届いた。

−−−−−−−−−−
【榊原レポート2】2009年5月24日(日):雨
昨日の日曜日は、久しぶりに奈良義肢に行って来ました。
今回のアフガンでは12名の型取りをしてきたそうで、
早速その中の一つの義足を作る過程を私に任せて下さいました。
昨日は、石膏を流して型作り、断端部をつくる作業をしました。
写真を撮ってきたので添付します。私がつくる義足のカルテの写真もお見せします。
続きを読む
8

2009/4/7

090405:『鞄゙良義肢』取材3の1/《ソフトインサート》製作の続き  【取材ログ】
2009年4月5日(日):曇り(少々小雨)のち晴れ

僕は、約一カ月ぶりの『鞄゙良義肢』取材。
榊原先生は、先週のレポートにあった、《ソフトインサート》製作の続きと、
その後、それをベースにして、FRP成型での"アクリル樹脂"の流し込み、
《ソケット》の完成を目指す。
※これらの行程は、過去のレポートにもあります。
・090222:『鞄゙良義肢』取材1の3/義足《ソケット》の制作行程
 http://orange.ap.teacup.com/bornpain/16.html
・090308:『鞄゙良義肢』取材2/義足ソケット製作体験
 http://orange.ap.teacup.com/bornpain/17.html
続きを読む
0

2009/3/31

090329:『鞄゙良義肢』/ソフトインサートの製作【榊原レポート1】  【榊原レポート】
今回は、僕が所用で同行出来なかったため、以下、榊原先生からのレポートです。

−−−−−−−−−−
【榊原レポート】
「奈良義肢」に行ってきました。
今回は、患者の断端に被せる《ソフトインサート》を作る作業を手伝わせて頂きました。
皮の型取りから縫製、ウレタン素材の型取り、裁断から皮との接着など、
4時間ぐらいでしたが、慣れない作業で時間だけが過ぎていくように感じました。
続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ