アウトドアしよう  

アウトドア系ブランドの服は、山や過酷な状況にも耐えられるようにデザインや機能がしっかりしたものが多いですよね。

私が愛用しているパタゴニアは、極寒の地でも耐えられるように生地も耐風性や耐水性の優れたものを使用していますし、
普段の日でも特に寒い日などには重宝しています。

デザインはいかにもと言う物でも無いので、良いですよね。

私は色々なブランドを愛用してるんですがパタゴニアは特に良く登場するブランドですよ。
0

バックパックの歴史  

バックパックで有名なカリマーというブランドは1946年、チャールズ&メアリーのパーソン夫婦によって誕生したブランドです。
元々はサイクルバックとして出来たのですが、その機能性や耐久性の良さから、サイクリング用だけでなく
登山家の間でも人気のバッグとなりました。
多くの登山家の意見を取り入れて1957年にリュックサックの分野が出来上がり今の形の進化して行きました。

グレゴリーと言うバッグも有名なアウトドアバッグです。
グレゴリーバッグの発祥は1977年、ウエイン・グレゴリー氏によりアメリカで産まれました。
グレゴリー氏は幼少期の頃、ボーイスカウトに所属しており10代の頃、
自分でトートバッグを製作したことをきっかけに
バッグ作りに没頭するようになりました。
バッグバックの製造工程を学ぶ為に自らバッグ製造工場に通い今のバッグの形を作り上げたと言われています。
グレゴリーはバッグを背負うのではなく、着るパックとしている程そのデザイン性を重視して製造していると言われています。

私はミレーというバッグパックを愛用しています。
ミレーは1921年クロスカンパニーを営んでいたマーク・ミレーは軍事用のハバーバックからハイキング用のバッグ、
手提げバッグなど幅広く手掛けていた職人により産まれました。
1934年にフレーム付きのバックパックが誕生。

その後両親から兄弟に会社が引き継がれます。
ミレーは1950年にフランス登山隊に所属し初めてヒマラヤ山脈の中央、8,091mの登頂成功に導いた人とされています。

ミレー購入時に迷ったグラナイトギアというアウトドアブランドもあります。
グラナイトギアは、1986年ミネソタ州、ジェフ・ナイトとダン・クルークシャンクによって創設された20年以上も歴史があるメーカーです。
グラナイトギアは、斬新のデザインでこれからアウトドアを始めようと言う人、またアウトドアにはまっている人にも
エンジョイしながら長い期間愛用してもらえるようなデザインと機能性になってきます。
1

アウトドアブランド  

スポーツ用品店の専門ショップを良くみるのですが、時期も寒くなってきてか、ATLAS スノーシューmsr スノーシューの特集が多くなってきました。
アウトドアをする人ならスノーシューは知ってる人も多いでしょうけれどまだ店頭には馴染みが無いみたいです。

アウトドア系の雑誌を見ていると10月くらいからTSL スノーシューmsr スノーシューなどの特集記事を良く見かけるようになってきます。

スノーシューは、最近ではネットのアウトドアショップでも主流となりあちこちで見かけるようになってきました。
雪のシーズンでもどんどんアウトドアをする人が増えてきたからでしょうね。

0

人気のアウトドアブランドです  

ゴーライトはアウトドア専門用品ブランドです。

キャンプや登山をする人はきっとこの名前は聞いたことがあるでしょうし、実際に愛用してる人も多くいるのでは無いでしょうか?

私はソロシェルターとしてゴーライト シャングリラを愛用しています。

時間が出来た時は近くの山などにキャンプに行くことが多いですし、
4シーズン利用出来るので季節を選ばずに出かけられるのも良いですね。

その中でも人気があるのが、ゴーライト シャングリラ3ゴーライト シャングリラ5です。
どちらも軽量化されていて持ち運びも楽々。
そしてシングルポールなので、室内空間を広く取れて収納スペースよりも広く感じられそうです。
0

自立式テントツ良い  

登山家の愛用者ツ多いとされるヒツバーグテント。

ヒツバーグのテントの魅力はどこにあるのでしょうか?

どんな過酷な状況にあっても快適な環境を作ることツ出来る
グローブをした手で一人でも組み立てることツ出来る
過酷な天候であっても対応出来る耐久性ツある
完全防水、快適性、居住性に富んでいる
などツ挙げられるのではないでしょうか?

ヒツバーグ アラックヒツバーグ ソウロヒツバーグ ウナのように自立式テントは素早く組み立てるには必要ですね

ヒツバーグ アクトは4シーズン全てにおいて使えるソロテントなので、どんな状況になるか分からない雪山でさえも対応出来ます。

家族でまったりキャンプなどでは、ヒツバーグ タープなども欲しいですね。
0




AutoPage最新お知らせ