リンクは自由です。なお、このサイトに掲載されている写真、イラスト、マンガ等のすべての内容の無断転載を禁じます。

2006/8/13

オリジナルのなにかを作ることは難しい  コラム

※うろおぼえでハッキリしていませんが。



リリーフランキー氏が、悩み相談か何かで

「東京で生活するうえで心がけることは何ですか?」

という質問に対して

「バカがうつらないように、自分の考えをちゃんと持つ」

とかなんとか。



以下はその言葉の簡単な説明。


「東京で生活すること」で自分が見えなくなる人は多くて、
「東京に出てきた」ことで自分がちょっと偉くなった気になる。
昔の自分もそうだったのだが、東京の芸大に通っている人間なんて、みんな自分をアーティストや芸術家だと思い込んでいる。
好きな音楽や映画について話すときも
「…なんでこの映画の良さがわからないのかなぁ」
みたいなことを熱く語ったりする。

「全部、人が作ったものじゃねぇか!」と言いたくなる。

東京にはそんなバカな連中が多いから、
「バカがうつらないように、自分の考えをちゃんと持つ」ことが大事。




…そんな感じのことを答えていた気がします。全くのうろおぼえです。


完全に共感できるわけではありませんが、この話の中で僕が「なるほど」と思ったのが「人が作ったもの」のところでした。


たとえば、
人が作った「面白いもの」や「いいもの」を自分のブログで紹介し、それを見た人が「面白い」と感じる。
それをくりかえしていると「自分が面白いものを作り出している」錯覚が、自分の中に生まれるんじゃないかなと思うんです。
そうなると人が作った「面白いもの」や「いいもの」を紹介し続けないといけないし、オリジナルの「面白いもの」や「いいもの」が作れなくなる気がします。

僕が妖怪のキャラクターを描いていた時は、
「毎日、自分にしか描けないものを描いているなぁ」という意識は確かにありました。

…それでも、オリジナルのなにかを作ることは難しい。

自分でも気付かないうちに制作するうえで何かしらの影響を受けていることもあります。





なんだか長くなりましたね。

今後もオリジナルのおもしろい作品を作っていきたいとは思っていますが、そんな僕の、現在製作中の『かぼちゃ展』の作品は初のカバー。

…でも「尊敬の意味を込めたカバー」なんですよ。だからどうか温かい目で見てください。




クリックすると元のサイズで表示します

※『かぼちゃ展』 H18.8.19 〜 8.29

会場はイクイップメントフロアです。



**************************



Tシャツ等の染織をされるRACICUさんの案内もあって

「縫う人 + 描く人 + 染める人」展に足を運びました。

空間の使い方がすごくよかったです。

入口が全開だったのも気持ちよかった。

「洗いたてのシャツ」のような作品展でした!
0



2006/8/15  8:40

投稿者:ゴトウ

→RACICUさん。どーも。
エスカレータってアーティスト名はすごいですね。
エスカレーターになんの思い入れもないのに。

http://orange.ap.teacup.com/businesscard/

2006/8/15  0:58

投稿者:RACICU

先日は、暑い中、足を運んで下さり
本当にありがとうございました!
いろいろとお話できて、嬉しかったです♪
後藤さんを、エスカレータさんと勘違いして自慢げにお話されたあの方には、本当に参りましたけどね〈笑)


http://www.racicu.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ