2013/5/2

憲法改正論:安倍政権が参院選の争点に据える憲法改正論議  

安倍晋三首相は、夏の参院選の争点に憲法改正を据えて戦う意欲を見せている。4月9日の衆院予算委員会では、改憲案の発議要件を定める憲法第96条の改正について言及。「まず96条を変えて、新しい憲法をつくることが可能になれば議論が活発になる」とぶ…



(1)PR: 自動車保険、払いすぎていませんか?


(2)「発電する農家」でTPPに対抗

今、「農業」の概念が根本から変わろうとしている。同じ土地で農作物とエネルギー(電気)を同時に生産する。それが当たり前のこととなりつつあるのだ。日本の農業史上最大規模の革命が起こる可能性も出てきた。



(3)【経営キーワードクイズ】売上高を購入顧客数で割った数字を何と呼ぶ?

特定期間における売上高を購入顧客数で割った数字を何と呼ぶ?



(4)首都高の老朽化:首都高の修繕などに必要な巨費をどう調達する?

総延長距離301.3キロ、1日の交通量97.4万台の首都高速道路。一部区間が建設から50年以上たち、老朽化が深刻になっている。7900億円以上かかると試算される造り替え・修繕をどう行うのか。費用の捻出が課題だ。



(5)PR: シスコが創り出す仮想化サーバの新しいかたち


(6)小山昇:クレームを利用して部下からの信頼を勝ち得よ

人間には功利心や名誉欲があります。煩悩を捨て去った聖人でもない限りは、大なり小なりだれでもそうです。「承認欲求」というのでしょうか、他人から認められたい・尊敬されたいと願うのは、もう本能に近いくらい深く、強い衝動といってもいい。私の見ると…



(7)御立尚資:変化の時代である現代のリーダーに求められる教養

リーダーは育つものか、育てるものか。両方の側面があろうかとは思うが、育つ環境を整える、ということも考えれば、リーダー予備軍をより多く輩出するためにできることは、確実に存在する。



(8)セミナー:近日開催予定の日経BPセミナー

※セミナーの申し込み期限などは詳細ページをご確認ください。今すぐ使える!「実践型マーケティング」講座本セミナーでは、総合商社、戦略系ビジネスコンサルティング会社、大手外資系IT企業にてマーケティングを手掛けた実績を持ち、MBA取得を目指す…



(9)伊藤元重:デフレ脱却で「重い荷物」と「急な上り坂」が楽になる

アベノミクスに対して、一部の識者から懸念や批判の声が上がっている。その多くは、「あまりに極端なリフレ政策に頼ることは、国債の価格暴落につながることになりかねない」と指摘する。



(10)米国特許庁費用が多くの項目で増額

先の米国特許改正法(American Invents Act:AIA)で多岐に渡る米国特許法の改正が行われた。その変更は、多くの出願人や米国特許実務家のみならず、米国特許商標庁(USPTO)職員にとっても慣れるのに時間を要するであろう。



(11)田原総一朗:景気回復「期待」の裏に隠された「解」のない政策課題

安倍晋三首相が主張する経済政策「アベノミクス」に対する反論が強まっている。アベノミクスは大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略を「3本の矢」とする政策だが、まずはこれをわかりやすく考えてみたい。



(12)「北の非核化、米軍撤収」で手打ち〜架空・米中首脳会談

「核兵器を使うぞ」と威嚇する北朝鮮と、核武装に動く韓国。朝鮮半島の破局を危惧する米中が、ついに“頭越し交渉”に乗り出す。東アジアの勢力図がガラリと変わる大型の取引になるかもしれない。



(13)PR: 管理者育成の決定版!『管理者教育に求められる育成法』とは?


(14)フェルディナント:クルマの「鉄板」のビミョーな“R”に、なぜか食いつくF氏

日産のキャラバンの開発者インタビューの後編。当然、クルマ全体の魅力について、話をうかがうべきだが、途中から話題の中心は「鉄板」に? いやそれも大きな魅力なんです。



(15)健康経営:社員の生活習慣を“見える化”して健康目標を明確に

従業員の健康に配慮した企業マネジメント「健康経営」。この基本理念に則した取り組みが広がるなか、三菱電機が厚生労働省から表彰された。すでに11年前から取り組んでいた同社の「健康経営」をリポートする。



[info]
☆5月18日 福岡キャナルシティ劇場 ヘンリー四世 ☆ 土
0

2013/4/30

ローム、エネルギーハーベストで動作するバッテリー不要の無線通信部品を発売  

ロームは、エネルギーハーベスト技術でバッテリー不要の無線通信部品の販売を始めた。スイッチや温度センサーのモジュールなど8製品で、日本とアジア向けに展開する。



(1)シャープの太陽電池が3つの光吸収層で変換効率の世界最高記録更新

シャープは、3つの光吸収層を積み重ねた太陽電池で変換効率の世界最高記録を更新した。3層のうち底の層の組成比を最適化することで光が効率的に吸収できるようになった。



(2)イオン、レジ袋と持ち帰りかごでバイオマス検証マーク取得

イオンは、有料のレジ袋と持ち帰り専用のかごに関して、国際的な認証機関のSGSとULからバイオマス検証マークを取得した。「イオン」「マックスバリュ」など全国の店舗に導入する。



(3)PR: 港区高輪4丁目 東京駅直通7分 新築3LDK70平米


(4)旭硝子、兵庫県赤穂市に大規模太陽光発電所を建設、グループの強化プラP製架台を使用

旭硝子は、兵庫県赤穂市に大規模太陽光発電所を建設する。海沿いの塩田の跡地のため、架台にはさびや腐食の心配がないグループのFRP素材を使う。2015年3月の運転開始を目指す。



(5)丸紅、発電子会社が北海道清水町に大規模太陽光発電所を建設、4カ所で計約3000kW

丸紅の発電子会社の三峰川電力は、北海道清水町に大規模太陽光発電所を建設し、発電事業を実施する。丸紅と同町が協定書を結んだ。4カ所で計約3000kWとなり、5月末に着工する。



(6)トヨタ自動車 環境部長 浅野有氏「どこでも仕事は『変革』 初の分野も気負いなし」

調査、企画畑が長く、欧州駐在を終えたところで環境部長に任命された。どの部門にいてもマネジメントとは「変革が仕事」と言い切る。



(7)パナソニック、建築部材にスッキリ納まるエクステリア用LED照明を発売

パナソニックは、コンクリートブロック塀に納まるデザインのエクステリア用LED照明を発売する。LEDは消費電力を抑えられるため、夜間の長時間点灯に適している。



(8)PR: 自動車保険、払いすぎていませんか?


(9)パナホームが本社敷地に緑化ゾーン、ビオトープや太陽光発電などを設置

パナホームは、大阪府豊中市の本社ビル敷地内に緑化ゾーンを開設し、一般開放した。地域の生態系ネットワーク保全と災害発生時の事業継続などを考慮し、ビオトープや太陽光発電などを設置した。



(10)PR: 住宅ローンの借換えで総支払額はどれだけ変わる?


(11)ホンダ、新四輪工場で最先端のCO2削減設備とビオトープ

ホンダは、埼玉県寄居町で建設中の埼玉製作所寄居工場の環境への取り組みを公表した。各種のシステムでエネルギー供給を効率化するとともに、生物多様性に配慮した空間を設ける。



(12)京セラ、新タイプのリチウムイオン蓄電システムを発売、太陽光発電を優先して使用

京セラは、大容量の住宅用リチウムイオン蓄電システムで新しいタイプを発売する。太陽光発電の電力を家庭で優先使用する。売電量を増やす従来型と目的に合わせて選択が可能になる。



(13)村田製作所、「ムラタの森」で森づくりの新プロジェクト展開

村田製作所は、森林保全の取り組み「ムラタの森」の2013年度の活動を始める。「“未来の森セイサク”プロジェクト」と名付けた森づくりの新プロジェクトを立ち上げて展開する。



(14)横浜ゴム、商用車用タイヤで燃費悪化につながる空気漏れを抑えるシート技術を開発

横浜ゴムは、商用車用タイヤで燃費悪化につながる空気漏れを抑制するタイヤ内部のゴムシート(インナーライナー)技術を開発した。4月から国内生産で採用し、海外でも展開する。



(15)伊藤忠商事、英国で廃棄物処理・発電事業の優先交渉権を獲得、同国で3件目の案件

伊藤忠商事は、英国北西部の自治体で構成する機関が進める廃棄物処理・発電事業の優先交渉権を共同で獲得した。伊藤忠にとって同国3件目の同事業案件で、20%の比率で参画する。



[info]
16 埼玉 A10番台 5 ザ・クロマニヨンズ チケット1〜2枚 新都心
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ