2017/2/4

DAVID BOWIE is  音楽

まだ去年1月のDAVID BOWIE死去のショックが癒えてないのに
もう回顧展開催て・・・
はやいよ、せめて3回忌くらいまではそっとしておいてよ辛いよ
が正直な気持ちでした。

行かないつもりでいましたが
行かないでやっぱりあの時行っておけばよかったと
後悔するのが嫌で天王洲アイル行ってきました。


私が中学生の頃にはもう華々しい活躍をしていたBOWIE
だからはなからの天才なのかと思っていた

勘が鋭く、時代を読むことに長じ、幅広い見識と
革新的なセンスをもった稀有な芸術家、
でも
自分に正直ななまみの人間だった
そんなふうに思いました。
決して異星人ではなかった。


『ASHES TO ASHES』の自筆の歌詞
手書きのかわいらしい丁寧なアルファルベットの歌詞がほかにもいくつか。
丁寧な字を書く人なんだと思い、じーんとした。
『STAR MAN』のジャンプスーツ
『LIFE ON MARS』のライトシアンのスーツ、
『STATION TO STATION』の黒のベストとパンツ、
『GLASS SPIDER TOUR』の真っ赤な衣装、
触りたかった。ほおずりしたかった。
それにしても、細っ

にしては、
『ASHES TO ASHES』のピエロ衣装は大きかった
あれはいったいどうなっていたのか
化繊で膨らましていたのかな
重いのかな。


映像で流れていたPVで一曲だけわからない曲があり
帰宅してからずっとYOUTUBEで探してる。
たぶん『THE NEXT DAY』あたりの(あまりよく聞いてない)頃の曲な気がする。
すごいかっこよかった。


会場じゅうが、BOWIEが私たちに与えてくれた愛と

BOWIEの死を悼み、
彼の人となり、
彼が残してくれたかっこいい楽曲たち、その成り立ち
変化を続け時代を引っ張りつづけてくれた功績、
その世界観を、魅力を
私たちに、後世に伝えようと企画演出した人たちの愛で
いっぱいでした。


素敵で素敵で、
やはりDAVID BOWIE 最高にかっこいい人でした。
とても見ごたえがある展覧会でした。
勇気だして行って良かった。



でもね、混んでてね・・・
やっぱ、もう一回見たい。
今度は平日にひとりで10時に行こう。

どこかで休みとれるかな。











クリックすると元のサイズで表示します









クリックすると元のサイズで表示します








クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します













0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ