あなたは長男、それとも次男? ここは長男をフューチャーしたブログ。 もちろん次男の方も読んでください。

2009/4/20

体感温度  チョーナンズ

暖かい日が続く季節になりましたね。

この時期って着るものに困ったりしませんか?
暑いと思って薄着で出かけて曇りだして肌寒かったり、
軽く上着を羽織って出かけたら気温が上昇して汗かいちゃったり。

今回はそんなことにまつわるお話。

私は釣りをするので夜から夜中にかけて船に乗ることがあるんです。
この季節になると日中はすごく暖かで過ごしやすいから
ついその気分を引きずって夜も薄着になりがちなんです。

先週末もそうでした。

真冬にくらべればかなりの薄着で乗船。

しまったかな!?と思ったんですが
特に寒くもなく快適に釣りをしておりました。

が、ここで問題提起。

寒い暑いって何基準?どこ基準?
私は私が寒いと感じたら寒い。暑いと感じたら暑い。
ようは私基準です。

でも同乗していたボスから船の上で
ハッとしてグーの音も出ないようなお話をちょうだいしました。

ここにその際の会話を多少脚色しながら再現してみます。

ボス「おまえ寒くないの?」
私 「寒くないよ!」
ボス「顔なんてすごい冷たいけど寒くないの?」
私 「ん〜、顔は冷たいけど寒くないよ!」
ボス「顔がこれだけ冷えてるってことは寒いんじゃねぇの?」
私 「そういわれれば顔はこんなに冷たいね、けど寒いと感じない。」
ボス「基本、顔が冷たいってことは寒いんだよ。一般的に寒いんだよ。」
私 「………?」
ボス「自分だけの寒さじゃなくて、世間的に寒いだろ?まだこの季節の夜中は。
   暑い夜中なんて夏だけだよ。
   寒いか?暑いか?ってこっちから聞くときは
   寒くないですか?大丈夫ですか?
   暑くないですか?大丈夫ですか?
   って気持ちで聞いてるんだよ。
   で、いつもおまえは自分の体感でしか答えないからダメなんだ。
   まわりにいる人のことや状況を考えてないからなんだよ。
   暑さ寒さも自分基準じゃダメだろ。
   もちろん自分が暑い・寒いと感じたら無理して我慢することはない。
   そのときはちょっと他の人に一言かければいいだけだ。」
私 「そうか、今まで自分の体感温度でしか考えてなかった!」

そう、私的体感温度でしか計ったことがなかったんです。
体感温度って自分にしかわからないものね。
これは人に伝わるはずがない。

でもこの話は伝わるかな?

寒いのも自分が寒くなければ寒くない。
たとえば一緒にいる人が寒そうにしてても
なんだこいつ寒そうにして、おおげさだな、寒がりだな、
なんて思っちゃうかもしれません。

これではいけないわけです。

私基準とまわりにいる人基準・状況基準って
ものごとの出発点としてかなり違いがありますよね。

伝わったかな?この感じ。

伝わってると幸いです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ