2012/1/23

鏡  日記

久しぶりの更新だ。
去年始めたツイッターの方は毎日呟いているというのにねえ。

ブログは一方的な発信になりがちだが、ツイッターは双方向になるのが面白い。
世の中にはいろんな人がいるな…とつくづく思う。
実社会ではお目にかかれないような極端な連中もいる。

ところで、Yahoo!ニュースに付けられたコメントのID表記が
これまで一部表示だったのが2月から全表示になるそうだ。
2月からのコメントが全表示になるのではなく、過去の
全てのコメントもIDがまるごと表示されるようになる。

通称ヤフコメの内容の酷さは海外でも知られている。
日本のネットで最大のニュースサイトに付けられるコメントとして
中韓などの、特に日本嫌いな国の人々に紹介されてきたわけだ。

あれが日本人のティピカルな本音と受け止められる状況も
かなり問題だとは思っていたが、それでも今回のヤフーの措置には疑問が残るね。

コメントしていたのはネトウヨと呼ばれる極端な人々ばかりではなく
ごく普通の市民も多かったはずだ。IDを全表示にすることで
彼らの使用しているヤフーメールのアドレスまで公開してしまう可能性が高い。

ヤフーはそのことをどう考えているのだろうか…?
事前に通知したのだからコメント削除などの手を打つべきだ、
それをしないで被った不利益はユーザー自身の責任だ…とでも言うのだろうか?

だとしても告知から実施までの猶予期間が一月足らずというのは
いくらなんでも乱暴すぎる。一流企業の振る舞いとしてはどうなんだろう。

…にしても、ヤフコメのネトウヨ的振る舞いを
普段から苦々しく眺めていたであろう層の人々が
今回のヤフーの措置をもろ手を挙げて歓迎しているのは笑う。
実にバカバカしいと思う。

ごく一部のアカウントの好ましくない振る舞いを規制するために
他の落ち度のないアカウント保持者にも不利益を強いる…
ヤフーが行った措置はそうした類のものだということが分かってない。

一部に好ましくない振る舞いがあるからと言う前提に基づいて
全体への断罪を支持するという飛躍は、実にネトウヨ的な態度じゃないだろうか?

ヤフコメID達の狭量や排他主義、差別的言動を批判しながら
自身は無自覚に「ネトウヨ的態度」を垂れ流しているツイッター民を眺めていると
思わず溜め息が出てしまうね…。

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ