エビのマヨネーズ和え  

魚介類 レシピ エビのマヨネーズ和えをご紹介します。

中華では現在、定番になっているエビのマヨネーズ和えです。

マヨネーズの良さが引きたつレシピになってきます。

材料(4人分)
大エビ8尾
卵2個
重曹 少々
塩 少々
うま味調味料 少々
片栗粉 大さじ2
キャベツ1/2個
トマト1個
すりゴマ 少々
揚げ油 適宜

マヨネーズソース
マヨネーズ 500g
エバミルク 100g
練乳100g
レモンの絞り汁1個分


つくり方
1、エビの殻を剥き、背側に浅く切り目を入れます。

背わたを引き出します。

2、ボウルに卵を溶き、重曹を塩、うまみ調味料を加えます。

3、片栗粉を少しずつかき混ぜて、1のエビを10分程漬け込みます。

4、別のボウルにレモン汁以外のマヨネーズソースの材料を合わせます。

よくかき混ぜてとろりとしてきたら、レモン汁を加えます。

5、揚げ油を中温の160℃から180℃に熱して、3のエビがきつね色になるまで揚げます。

6、揚げたエビに4のマヨネーズソースを和えます。

7、キャベツの千切りやトマトのくし切りなどを共に皿に盛り付けます。

8、上からゴマをふり、完成すり。

ポイント
・エビの下味に重曹を少し加えると、エビが柔らかくなってきます。

また揚げた時にエビがプリプリに仕上がります。

・お好みでマヨネーズソースに、マスタードやわさびをそのうえも美味しく出来ます。

子供もおとなも満足な魚介類 レシピだといえます。

おらっちも個人的に大好きなエビのマヨネーズ和えです。

ソースさえ創れば、そのようなに手間のかからない料理だといえます。

是非ご参考にして下さい。

白菜(はくさい)は鍋物や漬物、お浸しなど、凄くなじみの深い野菜です。

白菜には多くのビタミンCやカリウムがふくまれています。

ビタミンCは白血球のはたらきを高めてウイルスに対抗する抵抗力をつけるといったはたらきがあるので、風邪の予防にうってつけのビタミンです。

更にビタミンCには肌を美しく保ったりする効き目や活性酵素の活躍も抑えるといった効き目があると思われます。

カリウムはナトリウムの排出を助け、利尿作用をもたらしますので、高血圧の予防ともなってきます。

また、体内の水分量を調節するといったはたらきもあるでしょうので、むくみに対しても好影響的です。

鍋物などにして良く食べる白菜ですが、主要な栄養素であるビタミンCやカリウムは水溶性の成分ですので長時間に混んでしまうと、必要な成分が汁に溶け出してしまうといった弱点があるとされています。

ですので、白菜をたっぷりと使用した鍋などをした時は、鍋の後などにその汁を用いた雑炊などをつくると、余す事なくその成分を摂取する事が出来ます。

白菜の旬は冬です。

切り口がみずみずしく、小ぶりでずっしりとした重量感の有るものが新鮮です。

カットされたものの場合は、その切り口が平らなものが、カットしてから時間の経過が多くないという事なので、そういったものをセレクトすると良いといえます。

・白菜(はくさい)の主な栄養価(100g中)
エネルギー  14kcal
タンパク質  0.8g
脂質     0.1g
炭水化物   3.2g
ナトリウム  6g
カリウム   220mg
マグネシウム 10mg
カルシウム  43mg
鉄      0.3mg
ビタミンA  8μgRE
ビタミンB1  0.03mg
ビタミンB2  0.03mg
ビタミンC  19mg
ビタミンD  0.0μg
ビタミンE  0.2mg
食物繊維   1.3g

妊婦さんにオススメなDHAサプリ
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ