バーチャルオフィスはメリットを把握して利用しよう

2016/4/27 
バーチャルオフィスを利用する際には、特徴を理解した上で賢く利用する必要があります。住所と電話番号を都心の一等地に置くことが出来るので、信用度という面では自宅で開業する場合よりも取引先が受ける印象が異なります。
新しく起業する場合、初期費用はなるべく抑えたいと考えるものの自宅を住所として開業届を税務署に出してしまうと、賃貸物件に住んでいる場合には大家へ迷惑がかかってしまうことがあります。家賃は住居として住む場合に消費税が非課税となりますが、事務所として兼用する場合には消費税を収める必要が出てくるので黙って自宅の住所で開業してしまうと、大家が消費税を脱税したことになってしまうからです。
バーチャルオフィスを開業先の住所とすることで、電話や郵便については転送サービスを利用すれば業務に支障なく営業が可能となります。実際のオフィス空間を構えるわけではなく、住所と電話番号のみを利用するので顧客から電話が掛かって来た際には、電話番に電話応対を依頼出来ます。電話番と転送電話サービスとの切り替えを行いつつ利用すれば、いつでも顧客からの電話に対応出来るので場所に囚われずに少ない資金で開業出来るでしょう。バーチャルオフィスでは登記を行うことが出来ない所がほとんどですから、法人化する際にはレンタルオフィスへ移ると良いでしょう。
0

起業するなら知って起きたいバーチャルオフィスとは!

2016/4/2 
一般的な企業ではオフィスの存在は重要です。社員が働く場所であると同時に、他社の人間や業務に関わる電話、郵便などの「情報が集まる場所」でもあります。利便性がよく機能的なオフィスを維持するためには多額の費用がかかるため、「大きなオフィスを構えている」ということが、企業そのもののブランドイメージを左右することすらあるでしょう。
そのような考え方がある中、反対に「オフィスにかかる費用を抑え、コストカットをはかる」という考え方も存在します。例えばソフトウェアやアプリの開発を手掛けるIT企業などであれば、インターネットを介したやり取りで業務を遂行できるので、オフィスに多額の費用をついやす必要性が低くなります。
このような企業が利用する一つの方法のが「バーチャルオフィス」です。バーチャルオフィスにも幾つかの種類がありますが、「会社として登記が可能な住所・電話番号のみを借りて運営し、スタッフは別のところで働く」というものが広く使われています。バーチャルオフィスのサービスを提供する側は、郵便物が届いた場合や電話がかかってきた場合は、指定の方法で別の場所にいるスタッフへと転送処理を行うので、外部の人間はあたかもそこにオフィスがあるかのように感じます。オフィスの利用者は「企業として求められる機能」を格安で維持できるため、このような「仮想の事務所」は一定の人気を得ているのです。
0



AutoPage最新お知らせ