2014/5/30

エステティックサロンで施術できる光脱毛  

フラッシュ脱毛をはじめとする光脱毛は、基本的にエステティックサロンで施術してくれるものです。
実のところ、エステティックサロンでは本格的なレーザー脱毛を行うことが出来ません。
何故なら、レーザー脱毛の機械というのは、医療資格を持つ人しか扱えないという決まりがあるからなのです。
エステティックサロンの多くでは、医療資格を持っているかたがいらっしゃらない場合が多いので、レーザー脱毛は取り扱わず、フラッシュ脱毛をはじめとした光脱毛を行っているのです。
これは、光の量が問題なのであり、医療機関以外での施術によって一定量以上の光を照射する場合には「医師法違反」にあたってしまうためなのです。
つまり、医療機関で行うレーザー脱毛などに比べますと、医療機関以外で行う光脱毛のほうが光の量が少ないということになります。
そのぶん、お肌にとっても優しく、痛みも少ない脱毛法なのですが、光の量が少ないということで太くがっしりとしたむだ毛の方には、脱毛に時間がかかるというような場合もあるようです。
また、最後の数本だけが、脱毛されずに残ってしまうという症状のかたもいらっしゃるようです。
いずれにしましても、自分自身のむだ毛を観察して、さらに専門医などに相談してみるのが一番良い方法でしょう。
また、後日詳しく書きますが、費用の面での問題もあるかと思いますし、いつまでに脱毛を終わらせてしまいたいという希望もあることでしょう。
脱毛のために、美容外科などの医療機関には行きたくない、というかたもいらっしゃるでしょうね。
それらをトータルして、どの脱毛法を選ぶか選択をしたらいいのではないかと思います。
どの脱毛法をとってみても、メリット、デメリットはありますので、これが良い、あれが悪い、などと言うことは出来ないのが正直なところです。

全身脱毛 草加
0

2014/5/15

震災疎開とは  

震災疎開とは、被災者が一時的に被災地から離れることをいいます。
大規模な地震の場合、すぐに復興作業にかかれるわけではありません。
余震などによる二次災害も考えられるので、それを避けるために震災疎開をする人もいます。
震災疎開の先は、多くの場合が近県の近しい親類です。
被災地からあまり遠くに離れてしまうと、災害の状況などが把握しづらいという心理があるようです。
震災疎開をした人は、復興作業が始まれば被災地に戻ってきます。
しかし家が全壊した高齢者の場合、不動産を処分して、震災疎開した先に定住する人もいます。
子供が小さい家庭であれば、母親と子供だけを震災疎開させるケースもあります。
復興作業に時間がかかることが見込まれるのであれば、これも一つの方法だといえるでしょう。
地震の規模が大きいほど、余震などの影響は大きくなります。
小さい子供を抱えての復興作業は、ほぼ無理であるといわざるをえません。
それならば、危険を避けるためにも、一時的に被災地を離れることも仕方ないといえるでしょう。
震災疎開は、被害者を増やさないためにも、有効な手段であると思われます。
地震が多発する地域の人は、あらかじめ疎開先のあてをつけておくとよいでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ