一長一短というのが現実  



オークスのトライアルレースは、他にフローラステークスとスイートピーステークスがあります。
かれは数多くの馬を所有する有力馬主としてVIPの扱いを受けている人ですが、今では不況の影響からか数ある所有馬を手放してしまい、現在数頭にまで減ってしまったと聞きます。
天皇賞春オッズ予想の参考として、1レースぐらいは体験しても悪くありませんね。
オークスは、正式名称を優駿牝馬と言い、5月にサラブレッド系3歳牝馬を対象に東京競馬場で行われる芝2400mのG1レースです。

今では競馬ファンにとってもよく知られた存在です。
その評価も悪くありません。
2006年から2010年の5年間、51キロで出走してきた馬の複勝回収率は何と365%もあります。

1ヶ月の回収が数百万円だとか、5割以上的中するとか、明らかに誇大広告といえる文句が並んでいます。

たかがギャンブルとはいっても地方競馬ファンの中にはもどかしさを感じている人も少なくないでしょう。

競馬予想は、競馬を楽しむ為のひとつの方法です。

その理由は本命馬というのはオッズが低いので大きな払い戻しを得るには掛け金を増やさなくてはなりません。

どのサイトでも一長一短というのが現実で良いところ、悪いところがあるというのが普通なのです。
ポイントは的中率よりも回収率、力のある予想家や会社は、的中率は低くても、しっかりポイントポイントで回収しているので、総合的な
数値はそう悪くないものです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ