2016/11/17

津山まなびの鉄道館  近代化遺産・産業遺産

JR津山駅(岡山県津山市)に隣接する(というか構内?)の、津山まなびの鉄道館に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
転車台と機関庫は以前からチラシなどで知っていましたが、今年(2016年)の4月から、展示車両を増やしたり見学施設を整備したり、より充実して「津山まなびの鉄道館」としてオープンしたようです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
【左:岡山駅地下通路の広告 右:入り口すぐにある、記念撮影用のSL動輪】

 半円の機関庫にずらりと並んだ様子は圧巻ですが、個人的には目を引かれたのがD51とDF50です。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 D51はもちろん、いわずと知れたデゴイチですが、大阪の交通博物館にあった2号機が、京都との統合によってこちらに移されたようです。津山にとっては有り難い話だったでしょう。ネームバリュー抜群ですからセンターに置かれていますが、もっと宣伝しないのかなと思いました。
 一方のDF50は、1号機が伊予西条駅の四国鉄道文化館の開館当初から0系新幹線と並んで展示されていて、四国には馴染みの深い機関車です。同型機が他にも保存・展示されているとは知らず、思いがけず出会えてうれしくなりました。予讃線・津山線と岡山経由で乗り継いで数時間かかりますが、両方をハシゴするのも悪くないでしょう。

 円形の機関庫といえば京都の綾小路が圧巻ですが、こちらはSLですから黒一色で色的には見栄えがしないのと、自分のようなマニアでない見学者にとっては数が多すぎて消化しきれないところがあり、津山くらいがちょうど良く感じます。もっとも、各車両は前からしかみられませんし、学習施設を含めても30分から小一時間もあれば見学が済んでしまいます。また、地方のJR駅にはよくあることですが、駅周辺は閑散としています。すぐ北にある吉井川を渡って10数分ほどにある津山城にも立ち寄れば、日中の観光としてはちょうど良さそうです。

0

2016/10/30

岡山市の近代建築  インフォメーション

一泊二日の出張の2日目の朝に、出勤がてら岡山市街を近代遺産散策しました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
【西川緑道公園と元市長・岡崎平夫の顕彰碑】
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
【左:旧・日本銀行岡山支店(ルネスホール)入口のエンタシス石柱。中・右:岡山禁酒会館。】
0

2016/10/28

坊ちゃん列車生みの親・小林信近銅像除幕式  近代化遺産・産業遺産

 2016/10/28、松山市駅前坊ちゃん広場に建てられた、小林信近翁銅像の除幕式があり、出席ならびに生涯と業績の簡単な紹介をさせて頂きました。
 碑文にもある通り、主立ったものだけでも、県会・市会の初代議長、商工会議所の初代会頭、第五十二銀行の初代頭取などの他、伊予鉄道や四国水力電気の創業、高浜港の築港など、明治の松山の政治経済を代表する人物の一人です。紹介するのに困る人物ですが、現在でも分かりやすい代表的な業績にちなんで、また愛媛出身の「新幹線生みの親」十河信二に引っかけて、「坊ちゃん列車生みの親」としておきます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
【左:除幕数日前の様子。右:除幕直後の銅像。】

  最近、伊予鉄道の駅などに貼られているポスターによると、12月に坊ちゃん列車ミュージアムが開館するとのことです。松山には産業遺産が少ないと言われていますが、鉄道関係の名所や遺産の観光のネタは次第に充実してきています。まずは地元の人たちに見てもらいたいですね。

 これまで小林信近の顕彰は、地元松山では何人かの篤志家というべき方々によって長年行われてきました。近年の学術研究では、三木理史氏(奈良女子大学)が鉄道史の立場から評価しています。また、小林個人では無いですが、中村尚史『海をわたる機関車』の中で、坊ちゃん列車の輸入についての情報を見ることができます
0

2016/10/14

別子銅山モニターツアー  近代化遺産・産業遺産

2016/10/8、2回生ゼミ4名と別子銅山の端出場・東平、および広瀬歴史記念館に参加しました。
ツアーを企画をして頂いた愛媛県東予地方局・新居浜市運輸観光課、紹介して下さった愛媛大学社会連携推進機構、および当日にガイドして頂いた新居浜南高校ユネスコ部とボランティアガイドの皆さんなど、多くの方のお世話になりました。厚くお礼申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
秋らしいススキと東平の貯鉱場跡(いわゆる東洋のマチュピチュ)

クリックすると元のサイズで表示しますマインピア別子の駐車場脇にひっそりと置かれている仲持ち像。


クリックすると元のサイズで表示します端出場の第四通洞入り口。中からモヤが漂ってきていました。

ゼミの画像掲示板にも投稿しています。
http://9024.teacup.com/ehimeujehis/bbs
0

2016/7/22

東予スタディツアー  インフォメーション

10/8(土)にゼミで参加するスタディツアーの案内です。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ