看護師向けのアルバイト:治験モニター  仕事の選び方

治験モニターとは、開発された新薬を投与される人のことを言います。
新薬が販売・使用されるためには、必ず人に投与して効果を確認しなければならず、
モニターの協力なくしては新薬が世に出回らないといっても過言ではないでしょう。

モニターは、アルバイトやボランティアで募集されます。
治験終了後には報酬が支払われるのですが、金額は他のアルバイトよりも高額です。
一概には言えませんが、10万円近く支払われることも。

拘束時間が長いなど活の制限はあるものの、報酬の高さを魅力に応募する人も多いようです。

治験モニターは、薬を投与された後に一定期間の入院があります。
退院後に通院が決められているケースもありますが、所定の流れを終えるとモニターは終了。
謝礼が支払われる仕組みとなっています。

一つ気を付けてほしいのは、登録料を要求する団体が存在するということ。
治験は応募者の善意によって成り立ちます。
企業がモニターに報酬を支払うことはあっても、モニターからお金をもらうことは一切ありません。

また、多くの場合は入院・通院期間、副作用の可能性など細かな説明があり、
事前の健康診断も念入りに行われます。
少しでも怪しいと感じたら遠慮なく質問をして、信頼できる企業なのか確認しましょう。
0

企業で生かせる看護師資格〜臨床開発モニター〜  ねらい目看護師求人

病院や診療所、福祉施設だけにとどまらず、看護師資格は一般企業でも活躍できます。
その一つが、臨床開発モニターのお仕事。

新薬開発において、企画から治験までの各段階に関わる仕事です。
内勤と外勤があり、内勤はデータの処理、外勤は新薬の営業が主な仕事です。

臨床開発モニターは、看護師が転職先選ぶ人気の職場です。
一番の理由は、安定した休みが取れること。

残業がある場合もありますが、夜勤はなく土日祝日の休みも確保されているので、
看護師よりも仕事が続けやすいのが一番の理由のようです。

また、看護師の時ほど多くの人には接しないので、
人間関係が楽だという意見も聞かれました。

臨床開発モニターが人気の理由が詳しく知りたい方は、CRA求人 | 臨床開発モニターの募集・転職ガイドからどうぞ。

様々な理由から注目される、臨床開発モニター。
薬の開発に関する企業は創設して日が浅く、新たな人材確保を急務としているところがほとんどです。

未経験から初めてリーダー・マネージャークラスに昇格した人も多く、
責任ある仕事に携わりたい人にはぴったりの仕事だと言えるでしょう。

臨床開発モニターは、実に多様なお仕事です。
企画から開発を一人が担うのではなく、各工程でチームを組み、連携することで行います。

臨床開発の仕事は、決して一人ではできません。

他のチームと連携し、円滑にプロジェクトを進められるコミュニケーション能力、
新たな知識を貪欲に学んでいく向上心が求められる仕事です。

大変なことも多いと思いますが、やりがいは十分にあるのではないでしょうか。
0




AutoPage最新お知らせ