softbank 転について  

"取締役会はスピンドラーを望んでいたが、本人がその職務を希望しているか確信がもてなかった。アイゼンスタットはそれとなく彼に打診するよう頼まれた。だがアイゼンスタットでさえ確信がもてなかった。スピンドラーは長らくパリに帰ることを口にしており、アップル・ヨーロッパを統括していた当時の持ち家を決して手放さなかったからだ。そのうえ悲観的な要因がもう一つあった。当時重役たちのあいだで、スピンドラーの妻マリースは重病と噂されていた。彼女はのちに全快するが、この時期のスピンドラーは業務をイアン・ダイアリーに任せ、アサートンの邸宅で妻の傍らで過ごすことが多かった。

ソフトバンク 乗り換え 電話番号
つまり一方の戦線で、IBMはマイクロソフトと組んでパソコン用ソフトウェアの依存度を下げようとしていた。もう一方では、インテルによる業界支配を緩和するためにマイクロプロセッサの新技術を開発していた。この技術は縮小命令セット・コンピューティング−つまりアップルが一九八八年当時ジャガー・プロジェクトで開発を試みたRISC計画と同じ技術に基づいていた。」」の難解な技術が、コンピュータ業界の二大巨頭アップルとIBMをまもなく結びつけることになる。"
ふだんの何気ない話
0

ブログはじめてみました  

初めて投稿。うまくできているかな?
ipadでエロゲー楽しいwipadから音が出ないipadはオークションでipadをオフィスで使う
0




AutoPage最新お知らせ