あがり症を治す最高の薬は・・・  

クリックすると元のサイズで表示します

あがり症を治す一番手っ取り方法は・・・

自分が【あがる】だろうシチュエーションに、

自身で持ち込むことです!

しかも何も考えずに。


そういったときの人間に心理として、ちゃんとした

大人なら、まして仕事なら絶対失敗できないという

責任感からか、何とかやってのけれます。


もしかしたら、大勢の前でぶっ倒れるかもしれません。

しかしそれらから逃げていては、いつまで経っても

【あがり症】という自身のクセは治りません。

もちろん仕事なら事前準備はした上で挑むことになります。


少々オラオラかもしれませんが、それが一番人前に出ることを

手っ取り早く治す方法なのです。

クリックすると元のサイズで表示します


今までいろんなメンタルヘルス系の情報を取り入れても・・・

有名な医師の診断や治し方を試しても・・・

全然気かなかった人もいるかもしれません。

自分自身のクセは自分で治す以外に方法はありません。


もしそれでも、何かに頼りたいという方は ↓

http://www.infotop.jp/click.php?aid=181110&iid=39425

あがり症克服 西村順式あがり症克服



ストレスを感じたら・・・

サブリミナル・ヒーリング 〜ストレス・不安解消〜


人に好かれたいなら・・・

人に好かれる会話の達人 【無料ビデオ】


うつ病だと思ったら・・・

重度のうつ病で社会復帰困難… 傷病手当金受給してうつ病治そう!
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

3年D組 コミュニケーション(あがり症)科  


西村順式 コミュニケーション講座

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

西村 順プロフィール


中央大学法学部、自治大学卒業
NHK山形放送局入局
山形県職員に転職 以後民間企業に勤務
27年前より話し方講座の講師となる。以後プロ講師として民間、
官公庁問わず幅広く研修を担当する。


実 績

民間企業

野村證券 ニトリ 東京三菱UFJ銀行 みずほ銀行 富士ゼロックス総合教育研究所 東京電力 アドヴァン 百十四銀行 オンダ 日本サムスン 東京電設サービス

官公庁・自治体



西村氏いわく、このページを立ち上げた要因は、この日本でコミュニケーションの問題で悩む方があまりにも多いからだそうです。

確かに今は昔と比べると、男性において上手にコミュニケーションが取れない人が多いという統計結果があります。

それと平行して、今現在日本の40歳以上で女性経験がない=つまり童貞の人が、同年齢全体の約3割を占めているのです。

これは2006年にNHKが調査して公にした結果です。


クリックすると元のサイズで表示します


コミュニケーションは、人と人が付き合っていく中で非常に重要な行動の一つです。

これを無くして、人と人が密接になれず、信頼すらできません。


しかし教育現場を見るとどうでしょう?

日本の学業において、コミュニケーションが科目にありません…。

これは大変なことです!!

ちなみにアメリカでは、授業の一環で普通にあります。

さらにアメリカでは、性教育ですら日本のようにコソコソではなく、大々的にやっています。


なぜ日本ではコミュニケーション=話し方・聞き方・人間関係の築き方を教えないかというと、教師が自信を持って教えることができないからです。

教師自身がスキルもなければ、それを専属にしている教師もいないのが、日本の現状です。



コミュニケーションというのは才能の問題ではなくスキルです。

そしてそれは意識して学ばなければ上達しません。




普段誰も教えてくれない、コミュニケーション能力を学ぶことができます!!

「そんなもん、自分で身に付けろ」と吐き捨てる大人が多いのも、今の日本のコミュニケーション能力を低下させる原因になっているのではないでしょうか?

もしあなたがコミュニケーションの取り方が分からなかったら、西村氏に教えてもらいましょう!!


恥ずかしことなんてない!

コミュニケーションが下手な方が、後々もったいない人生になることは言うまでもありません。

そう気づいたときには、もう50代…手遅れ。

そうならないために、今からコミュニケーションを身に付けよう!







http://d.hatena.ne.jp/infoput/
0




AutoPage最新お知らせ