写真はどれもクリックすると拡大できます。

2016/12/4

続 寄せ植え  栽培

今日は温かかったですね。ようやくちびと一緒に球根を植えました。
60p長型プランター 茶
●ラナンキュラス パステル混合 4球 カネコ種苗
●クロッカス 混合 10球 花の大和
●ミニミニスイセン テタテート 4球 カネコ種苗
●チューリップ 赤、赤黄、桃、黄、紫 各1球
●スイセン 品種不明 3球
球根の色はとりどりです。上にパンジーかアリッサムでも植えられれば良いですが。あ〜、植えるならシックな1色がいいかな。

品種不明のスイセンは、割れた古い同形のプランターに残っていた物。キキョウの根も残っていましたので、別に陶器鉢に植えました。

やっと1つだけ土をふるった野菜用プランターにも種まき。
●日本ほうれん草
●春菊
●菜花
さて、もう12月ですが、育ちますかねえ。保温しないとな。

久々に、というか、いいかげん、畑に里芋を収穫に行きました。2株でレジ袋一杯。
これは、昨年つれが買いすぎて芽が出てしまったおつとめ品の里芋を10株ほど植えたもの。勝手にすくすくと育ち、先ほど豚汁にして食べましたら大変美味しゅうございました。多分石川早生だな。

実家から戻った後、家族で胃腸炎にかかって引きこもっていたため、畑に出たのは2か月ぶりなのでした。
もー、早くいろいろ植えたいんだけど。


さて、実家にいた10月末、またまたおばから寄せ植えの依頼がありましたので作ってみましたが。
クリックすると元のサイズで表示します
10号平鉢 白
●コニファー シルバースター (Conifer Silver Ster)Kato Noen
●エレモフィラ ニベア 
●F1ガーデンシクラメン 赤 安曇野ゆうわ園
●ハツユキカズラ (Trachelospermum)大輝園 2株
●ちりめんハボタン 紅
●ちりめんハボタン 白
●虹色スミレ スィートハート(Viola × Wittrockiana)サカタ
●パンジー ピンクに紫のブロッチ
●ビオラ
●プリムラ ジュリアン 赤
●カルーナ ガーデンガールズシリーズ (Calluna)北斗園芸

クリックすると元のサイズで表示します
10号平鉢 茶
●ゴールドクレスト
●ナデシコ ‘エレガンスピンク’
●シロタエギク
●カルーナ ガーデンガールズシリーズ (Calluna)北斗園芸
●寄せ植えハボタン ルシール 紅色
●寄せ植えハボタン ルシール 白色
●プリムラジュリアン 白
●虹色スミレ スィートハート(Viola × Wittrockiana)サカタ
●イージービオラ ホワイトパープルウイング コメリプレミアムセレクト コメリ
●寄せ植えガーデンシクラメン フリンジぼんぼん
●F1ガーデンシクラメン 赤 安曇野ゆうわ園
●ロングアイビー
●オレアリア リトルスモーキー

そして余り苗はこちら。
地植え
●アジュガ 銅葉

4号鉢
●パンジー 赤

近所の、そんなに品数がある訳ではないホームセンターで、高さを出せる苗がないことに悩み、色のまとめ方にも悩み‥。

人にあげるものなので、咲く時期が長いこと、連続開花してくれること、丈夫であまり手をかけなくて良いこと、お正月向け、などなど、いろいろ考えた末に選んだのではありますが。

なのに、買ってかえって来てからふと我に帰ったのでした。
あ”〜!私ったら、どうしてこんな植物の選び方をしてしまったのだろう!!!

なぜ私ったら、ごった煮のように、いつも1株ずつ違う苗を選んでしまうのだろう。別に同じ苗を入れてはいけないという決まりがある訳でもないのに!この植え方は、近くでじっくり見るにはいいけれど、玄関においてぱっと目をひくかというと,ちまちましすぎてかえってインパクトが薄れてしまう。

植えてからいうのもなんですが、ちょっと安っぽい感じになってしまったなと大いに反省。
もっと品種を絞って、大人っぽく、上品にうえたいのよ〜〜〜、と。

千葉に戻ってから、ど〜しても納得できなくて、自宅の玄関にも新たに寄せ植えを作ってみたのでした。
その話はまた次回。(^^;)


0
タグ: 植物 栽培 園芸

2016/11/23

寄せ植え  栽培

さて、実家におりました間、やはり寄せ植えを作ってみました。
近所のホムセンで入手した苗は次の通り。

●パンジー ボニータ 超大輪タイプ ビバラ・バイオレット カダン フマキラー:最大花径12p 世界最大級
●虹色スミレ ムーンライト (Viola × Wittrockiana)サカタ
●ロフォミルタス マジックドラゴン (Lophomyrtus Magic Dragon)プラントネットワーク
●コニファー ブルーバード (Conifer Boulevard)Kato Noen :室内のコニファーとしてオランダで改良されたものガーデンプランツ、垣根などにも利用可
●ガーデンシクラメン 濃桃 テーブルマウンテンファーム
●ガーデンシクラメン 淡桃 HANAMARU
●オレアリア リトルスモーキー (Olearia axillaris ‘Little Smoky`) 田中花園

面白いですね。このカーリーな葉をもつコニファーは、見たとき一瞬水切れしてるのかと思いました‥。室内用にいけるなんて、素晴らしい!
クリックすると元のサイズで表示します
今回は、この,ミルクチョコレートのようなロフォミルタスの色がお気に入り。これに合わせて花を選んでみましたが、どうでしょうか。パンジーが育って来たらどうなるかな〜。
クリックすると元のサイズで表示します

ちびが選んだ苗は外のにわか花壇に、また雪が降ったら取り込めるように鉢ごと植え込みました。イチゴは昨年使ったそのまま。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/422.html
●宿根ネメシア アレンジシリーズ (Nemesia hybrida)サカタ
●パンジー オレンジ
●特選ビオラ ローズ 角田ナーセリー
●イチゴ 3株

クリックすると元のサイズで表示します
そのとなりに植えたのは、サントリーのボンザマーガレットだったかな。雪よけを被せといてもらわなくっちゃ。

バラ‘ユキコ’さんの支柱もくずれていたので、あるもので即席お取り替え。
傾いていたオリーブの幼木をまっすぐになおし。‥ところでこのオリーブ、どうしたんだっけ??買った?挿し木なんかした?もう記憶がない‥。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/404.html
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/389.html
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/137.html
クリックすると元のサイズで表示します

そして、やっぱり気になる茂り過ぎのヤマモモとびわの木を剪定しました。
クリックすると元のサイズで表示します
あまり実が減らないように、控えめに透かしました。
クリックすると元のサイズで表示します
びわの木は、afterの写真を撮りそびれましたが、伸びすぎた下枝を払って、すぐそばでビワの枝に埋もれていた柿と梅の木を救出しました。あーすっきり。
クリックすると元のサイズで表示します

自撮りを覚えたちび。(^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 植物 栽培 園芸

2016/11/18

七五三。  子ども

お久しゅうございます。庭主、また連れの出張中に実家に帰っておりました。

いやいや、今回は留守中ちび庭の鉢物達がガーベラ以外はほぼ完璧にキープされていたので、ホントにほっとしました。自動灌水の腕が上がったというよりは、たまたま鉢達が生き延びるのにほどよい天候だったということでしょう。
ガーベラは底に給水テープをつけていなかったからかな?まだ確かめてないのですが。

さて、ちびは庭主の実家の方で七五三のお参りに行きました。パパに一緒に行ってほしかったのに残念。仕方ありません、じじばば頼りです。
クリックすると元のサイズで表示します
行ったのは、滋賀では有名どころの多賀大社。庭主の成人式のお参りもこちらでした。
http://orange.ap.teacup.com/jardin2/173.html

クリックすると元のサイズで表示します
ここの社殿が素敵なんですよね。太鼓橋もいい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
大社の中には結婚式場もあるので、そこの美容室で頭を結ってもらいます。着付けは場所をお借りしてばばが。

クリックすると元のサイズで表示します
無事におとなしく頭と着付けを済ませ、いよいよお参り。かわいく着付けてもらってちびもテンションアップ。
う〜ん、やっぱり境内の雰囲気が素敵。奥には、秀吉さんが寄進されたという美しいお庭もあるんです。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、お参りも終え、境内にテントを構えている写真屋さんにお願いして写真も撮ってもらったところでちび、限界が来ました。本当はもっと社殿の近くでいっぱいデジカメ写真を撮っておきたかったのですが、つかれた、お腹すいた、とごね出したので、ここまでとなりました。まあ、それでも良く持った方でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
最後はお参りした子にお土産もいただきました。積み上げられたおもちゃの中からちびが迷わず選んだのはアンパンマンギター。やっと機嫌も治り。よかったよかった。やっぱり呉服屋の子は日本髪やね。この着物は、庭主の妹やらいとこやらが着てまわって来たもの‥ってことは軽く30年は経ってるってことですかね。次はお寺のまたいとこが着る予定です。着物って、ほんと、保つのね〜。(^^;)
0
タグ: 子ども 暮らし 文化

2016/9/21

動いている庭。  ガーデン

「動いている庭」 ジル・クレマン著 みすず書房 2015
を読み終えました。
https://www.amazon.co.jp/動いている庭-ジル・クレマン/dp/4622078597

超要約すれば、荒れ地を開墾して庭という箱モノを作り上げるのではなく、荒れ地の地形や植生にほとんど構造的な手を加えず、植物が遷移してゆくままに、剪定など最小限の庭師のメンテナンス技術だけで庭として見せてゆくというもの、でしょうか。

自分の生活の中に落とし込むにはスケールが大きすぎて、なかなか実現できませんが、ふと昔修業時代に、比叡山の麓の栗林の下草刈りに一人で行かされた時のことを思い出しました。

朝つれに、「私が夕方帰ってこなかったらきっと探しに来てね。」と言い置いて。あの頃は毎朝、今日は生きて帰れるかな‥と思ってたな。いや、シャレにならないのよ。熊も出るし。ホント。

時期もちょうど今頃。山の斜面の背丈ほどもあるススキやイバラを刈り払い機で払っていって、埋もれた栗の木の幼木を救い出す。丸太や岩もあって、そう簡単にははかどらない。あまりの静けさに、そのうち刈り払い機の騒音の中に人の声がするような気までして‥。

でも、振り返ると自分が作業した後に道ができて、だんだんと風景が出来てきて、森が明るくなって、終わった時の、足下に広がる京都の景色の爽快だったこと。そう、あれは、ほんの一時、私が自分の力で作り上げた、庭でした。

お昼に乗って来た軽トラの荷台でお弁当をつついていたら、サルが2匹じっとこちらをうかがっていたというおまけつき。飛んで来たスズメバチもふっと身を沈めてかわし。ホントよかった、蛇も熊も出なくって。

そう、「動いてる庭」には、草刈りは年1回と書いてあったけど、日本だと夏場なんて1か月放っておけば、草に埋もれて道がなくなってしまうと思う‥。フランスって、本当にそんなにローメンテナンスで持つんでしょうか。きっと虫もいないんだろうなあ。いいなあ‥。

さて。先日行ったホムセンで。
クリックすると元のサイズで表示します
えっ?
クリックすると元のサイズで表示します
おっきい。思わず2度見しました。
クリックすると元のサイズで表示します
普通のガーベラはこの大きさです。技術革新って、すごいのね〜。
0
タグ:   園芸

2016/9/19

クリロー&ブルーベリー植え替え。  栽培

植え替え。
 
●クリスマスローズ 品種不明 ピンクダブル
とても根詰まりしていたので、株分けして6号深鉢と5号深鉢へ。
ダルマ堆肥、燻炭、マグァンプ投入。

●クリスマスローズ 品種不明 ホワイトスポットダブル
●スノードラゴン
●斑入りヤマブドウ
5号深鉢。組み合わせは変えず、クリローにかけていた根鉢制限(根に底を抜いたビニールポットを被せる)をスノードラゴンと斑入りヤマブドウにかけて、クリローにはゆったりと育っていただくことに。
肥料は同上。

●ブルーベリー 品種不明 2本
ホムセンにph調整してないピートモスがなかったので、ブルーベリー専用土で植え込み。
思いきって大分根をほぐしました。もとの6号鉢をそのまま使用。
いつ植え替えたものか、記憶がありませんが、思ったほどコガネムシはいませんでした。

おとつい植え替えたもの。
すっかり葉を落としていた正体不明の実生の木。イチゴ(豊の香?)と6号鉢に植え込んでいたのですが。うあ〜、どんだけコガネムシがいるんだ‥。もう、じゃらじゃらと出て来て、木の根っこはつんつるてん。
心置きなくきり戻せるってものか‥。処分しちゃおうかとも思ったのですが、葉っぱがかわいいのと、正体をいつか突き止めたいというのがあって、大胆に地際15pまで切り戻し。4号鉢に収めました。

雨降りで室内で作業したのでまたまた写真はないのですが。

先日行った日本橋のアートアクアリウムにて。
クリックすると元のサイズで表示します
予期せぬすごい人で、1時間も並んでしまったのですが。
ちびはおおよろこび。母のカメラをぶんどって、延々とカメラで金魚を撮り続けていました。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 植物 栽培 園芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ