2010/1/18

ヘルスバレーボールって何?  
1983年頃
お母さん達の運動不足解消のために、流山市の社会体育課の増田さんが、ヘルスボールを使いバレーボール形式で楽しめるルールを考案し、小学校や幼稚園に広めていきました。
1995年頃
同好会なども作られるようになり、流山市だけでも約30以上のチームが発足しました。
1998年頃
流山市で大会が行われるようになり、市民大会等を機に、各チーム同士の交流も盛んになりました。
1999年頃
練習場所によりルールが違うという事から、ルール統一を目指そうと 、『ルール検討会』という形で連盟の前身が発足しました。
2001年4月
このスポーツを全国に広めようと言う野望を掲げ、名称を『「日本ヘルスバレーボール連盟』」と改名しました。
2006年10月
第1回年間リーグ選手権大会を開催しました。

このスポーツで使用する『ヘルスボール』とは、本来はストレッチ体操用のボールですが、多目的なスポーツ用具として使用する事ができます。形状は楕円形で、長径が約90cm,短径が約50cm。空気で膨らませたビニールボールを布で覆っています。このボールの形状が予測不能?な動きをし、本来のバレーボールとは一味違った面白さを体験できます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ