白内障とは  健康

加齢ととともに物が見えにくくなってくると、「歳のせい」と考えがちです。しかし、単なる老化現象ではなく眼の病気かもしれないので、早めに眼科を受診することが大切です。

加齢によって生じる眼の病気の一つが、白内障です。白内障とは、カメラのレンズにあたる水晶体が 白く濁って見えにくくなる病気です。白く濁ることで光が散乱するために、霞がかかったようになり見えづらさを感じます。

症状や進行には個人差があり、早い人だと40歳代から現れはじめ、80歳代以上ではほとんどの人が発症していると言われています。加齢以外にも、先天的なもの,外傷、アトピー,薬,放射線など様々な原因で起こります。

ごく初期なら点眼薬で進行を遅らせることもできますが、ある程度進行すると手術での治療となります。

レーシックの歴史などを理解してから手術を  

近視の矯正は、かつてはメガネを用いて行う方法しかありませんでした。それが今や、レーシックの登場で治せることができるようになりました。それだけではなく、乱視や遠視も治せます。さらに最近では、老眼も治せるようになっています。

とても魅力的なレーシックですが、目を手術するということで 怖さが先にたってなかなか決断できずにいる人も少なくないかもしれませんね。母も興味を示していますが、怖いからとまだ手術はしていません。

レーシックを魔法の手術のように思う人もいるかもしれませんが、あくまで角膜の屈折力を変化させるだけの手術です。目の性能を上げたり、トラブルを解消することはできません。

正しくレーシックを理解してから手術を受けることが大切で、まずはレーシック歴史から学んでみてはいかがでしょうか?




AutoPage最新お知らせ