2014/7/16

自分にピッタリのスタイルの家になる  

マンションを購入するにあたっては、普通は、新築が魅力的です。誰かが使って古くなった中古のマンションを買うよりは、新築はきれいだし気分がいいですよね。しかし、近ごろは多くなってきていますのが完全に自分が生活しやすいようにつくりかえてしまうようなリノベーションマンションが注目されています。リノベーションをするってことは、中古マンションに大規模な修繕工事を行って、自分の好みの間取りなどに作り変えてしまうものです。
リフォームと比較して何が違うかといいますと、リノベーションは、間取りなどから全く違う原型を留めないくらいに改造をしてしまうものです。中古マンションの場合では最も気になるのは、内装や設備が傷んでいたりすることですから完全に補修や改装をしてしまうことで、まさに希望通りの部屋になってしまうのですから、一般的な間取りの新築マンションより心地よいでしょう。さらには、立地もよい中古物件を見つけて、リノベーションでつくり変えた方が、新築のマンションと比較すれば、安く出来てしまうことがほとんどのようです。新築物件に限定して、自分の希望どうりの新築マンションを探すより、中古物件でそれなりのものがあればリノベーションすれば新築感もありますし、価格的にも少なくてすみますし、まさに自分にピッタリのスタイルの家になるのではないかと思います。

鳥取 不動産 売買
0

2014/7/15

流通物件  

賃貸の流通物件についてですが、賃貸を借りたいと思って不動産屋の情報を見てみると、こんなことを実際に経験している人は多いのではないでしょうか。たとえばある不動産屋に掲載されていた賃貸物件、他の不動産屋でも同じように賃貸物件として紹介されていることがあると思います。賃貸物件が同じなのでなぜ二か所の不動産屋で同じ物件を取り扱っているのかと思った人も多いのではないでしょうか。このような賃貸物件のことを流通物件と呼んでいるのですが、意外と不動産屋で賃貸物件を見る際に流通物件というのは多いのです。大家さんというのは、賃貸の入居者を募集する際にひとつの不動産屋に依頼をするのですが、依頼された不動産屋は、判断すれば不動産会社が他の会社にも賃貸物件の情報を流すこともできるという仕組みになっているのです。ですから同じ賃貸物件で、別の不動産屋でも同じものを目にすることがあるというわけですね。しかしながら、不動産会社が流通させている賃貸情報というのは一部分になっています。他の不動産会社で賃貸の入居者が決まった場合には、決まった不動産会社に報酬を支払わないといけないことからそれほど多くの不動産会社に情報が流れるということはありません。しかも流通物件というのはそもそも、その不動産会社だけでは入居者する借り手がつかない可能性があるような物件に限られていますから、人気のある物件というのは流通物件として流れることはないのです。
賃貸の流通物件というのは意外と掘り出し物の可能性があります。なぜなら賃貸の流通物件というのは、ほとんどの場合が人気がなくてひとつの不動産会社ではどうしようもなくなってしまった場合に他の不動産屋にも情報を流すことになっていますから、他の人にとっては人気がない条件の賃貸物件であったとしても、もしかすると自分にとってはかなりメリットの大きい賃貸物件である可能性が高いということですね。ですから賃貸物件を探す場合に流通物件を見つければ、もしかすると掘り出し物に出会えるかもしれませんね。流通物件をどうやって探すのかというと、たまたま広告を見ていて同じ物件を発見した場合には流通物件ということがわかりますが、他に見分け方としては、不動産屋に行って直接問い合わせをしてその時に営業マンが確認をとるためにほかに電話をかけてまだ空いているのか確認したりすると流通物件である可能性が高いといえるのではないでしょうか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ