2017/12/5  20:29

新たなる目標  活動

今年の目標にしていた全国(中国)大会出場は無しえなかった

予選リーグを勝ち上がれば中国大会以上は確定する中、子供たちは必死になって戦ってくれた。
しかし相手の攻めるミスに対して、うちは逃げるミスが多かった。プレッシャーに立ち向かえず、肝心なところで萎縮してしまった。

今年のチームは黒石女子チームの歴史を変えてくれた。場慣れしていない経験の差もあったがどんな舞台でもやりきる度胸と勇気は必要だし、「絶対に勝つ!」という強い意志を持ち、戦い抜けるチームにバスケの神様が微笑みかけてもらえると思う。

でもここで悔やんでいてもしょうがない。この負けた悔しさがこの大会の経験が子供たちを強くさせるんだ。

まだ子供たちのバスケット人生は始まったばかり。
この悔しさをバネに残りのミニバス人生を楽しんで欲しい。有終の美で終えれる様に僕自身もサポートしていきたいと思います。

★10/28以降の結果★
10/28・29  山口県ミニバスケットボール秋季交歓会西部地区大会
1回戦 黒石○64−17●江浦
2回戦 黒石○52−23●桃山
準決勝 黒石●25−35○須恵
3位決 黒石●43OT50○岬恩田 4位で決勝大会進出

11/5 第36回宇部ときわライオンズクラブ杯ミニバス交歓大会
予選リーグ1 黒石○46−39●安岡
予選リーグ2 黒石●26−34○牟礼中央

11/25 第33回山口県ミニバスケットボール決勝大会
予選リーグ1 黒石○38−30●岐山
予選リーグ2 黒石●39−60○田布施

育成会の方々、今までありがとうございました。一区切りですがまた残された期間子供たちと共にチャレンジしたいと思いますのでサポートよろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2017/10/17  20:58

ヤングスポーツ大会  大会結果

10/15 JCヤングスポーツ大会

予選リーグで西岐波と上宇部と戦い1勝1敗で決勝に進出する事が出来なかった

先ずは初戦の西岐波戦はスタメン以外の底上げの為にいつもの時間より多く経験をさせた。そんな中、力を発揮出来た選手もいれば、緊張感か考え方の甘さからか簡単なミスを繰り返す選手もいたとにかく後者ではダメだもっともっと積極的に気持ちを込めなければいけないと思います。

2戦目の上宇部戦は出だし相手にパッパッと5点取られた。でもここでズルズル行かず追いついてシーソーゲームになった。相手もミスをするがこちらも簡単なミスが多かった。攻めも単純だったもっと練習したことを応用して欲しいしバリエーションをたくさん使って欲しかった結果は1点差敗退シュートの1本、フリースローの1本、ディフェンスやルーズーボールが出来ていれば勝てたかもしれない。

【試合結果】
黒石○57−14●西岐波
黒石●31−32○上宇部

育成会の方々、今日もありがとうございました。まだまだ試合が続きますし大一番も控えています。応援をよろしくお願いします。
2

2017/10/12  12:02

成績報告  活動

10/11 黒石小学校校長先生に幸太郎杯 準優勝山口県体育大会 優勝の報告をしました。校長先生からは"おめでとう"とお言葉を頂き、これからも頑張ってくださいと激励して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/10/10  17:59

10/8錬成会  活動

今日は3週間後に控えた秋季交歓会を前に川西、桃山、黒石で錬成会をやりました
ディフェンスを頑張ってオフェンスに結びつける事を課題にやってみました
まだまだ修正点は多々ありますが少しずつ練習をした事が出来て来た感じです
さぁ、後は来週の市内戦をはさんで大一番を向えます😃しっかり目標を達成出来る様に力を合わせて頑張ろう
黒石〇68−30●桃山
黒石〇44−24●川西

今年は育成会に協力してもらい春から様々な大会や練成会で経験を積ませてもらいここに至った。数多くの勝ちも負けも経験したが、それはあくまでも前哨戦。ここからが本番だ。

そして、ここからが本当のメンタルの勝負になる。
プレッシャーはかかると思うがそのプレッシャーに立ち向かいそれを乗り越えなければ目標には到達できない。悔いの残らないように頑張ろう!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/10/6  23:08

10年前の投稿から  技術アドバイス

10年前に書いたアドバイスです。よく読んで練習に取り組もう!


練習の心構え(試合に勝ちたいならば)
1 より速く正確にプレーしよう。人より速く多く動け。
  (とにかくスピードと運動量が勝負だ)
2 バスケットは切り替えのスポーツだ。頭の切り替え・予測を早くしよう。
  (シュートの後はリバウンド、ボールを取ったら速攻・・・)
3 目的・言葉を理解して集中して練習に取り組もう。
  (ただやるだけなら何もならないし、絶対に上手くはならない)
4 声をしっかり出して盛り上げよう。
  (仲間を励ます、自分を励ます、ムードを高める・・・・・)
5 つまらないミスをなくす努力をしよう。ミスをしたら取り返せ。
  (緊迫した場面ではミスした方が負け。練習でよく出るミスは試合でも必ず出る)
6 移動・練習の切り替えを素早く行う。
7 監督・コーチの指示は100%であれ。99%では勝てない。
8 「ボーッ」とするな。することはたくさんある。
9 バテた時こそ頑張る。
  (身体が動かなければ残るのは精神力、ここができないと1点差の負けゲーム)
10 どうしたらうまくできるのか自分で考えて工夫しよう。

技術心得

1.基本スタンスができない選手は上手くならない。 
  うまい選手はひざを曲げた時にひざがつま先の上に来て、股関節が開いている。
2.1歩目が勝負を決める。(予測・反応・かけ引き)
3.いかにきちんとストップできるか(バスケットは止まるスポーツ)
4.ボールを受けたらリングを見よう。
5.シュートは構えを速く、ていねいに(どんなシュートも確実に)
  イージーシュートを落とす選手・チームに勝ち目はない。
  リングに対してまっすぐ向かう。
6.パスとキャッチ
   負けるチームほどパスミス、キャッチミスが多い。
   パスは強く、速く、正確に。
   いいパスは攻撃をスムーズにする。
   いいパスはシュートを決めさせる。
7.ドリブル
   顔を上げる(フェイスアップ)
   速く強いドリブルがつけない選手にドリブル名人はいない。
   下手ほどドリブルをつきたがる。
   練習すればするほど上達する。
2

2017/9/30  22:53

9月の活動  活動

9月も纏めて投稿します。

9/3  大竹練成会 
今年度2回目の大竹練成会に参加しました。
大竹、三篠、麻里布、川下に鍛えてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

9/9 練成会
大内、厚狭に鍛えてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

9/23 平成29年度山口県体育大会(スポーツ少年団の部)
【結果】  Cブロック優勝

リーグ1回目 黒石○57−27●中村
リーグ2回目 黒石○72−27●平生
決    勝 黒石○43−18●椿東

クリックすると元のサイズで表示します
練習していることが少しずつでも出来ている。しかし修正点も多々ある。後1ケ月補いながらチーム力アップを目指そう。

9/24 練成会 at 上宇部小学校体育館
岐山と上宇部に鍛えてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します

9/30 新体力テスト
毎年恒例の団活動の一環で『新体力テスト』を実施しました(^。^)育成会の方々にも協力してもらい楽しみながらテストを受けてくれました後日、結果をフィードバックしますので自分の足りない部分を補うように努力して欲しいですネ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今月も育成会の方々には色々と助けてもらいました。ビックゲームまで後1ケ月。引き続きよろしくお願いします。
3

2017/8/4  9:41

幸太郎杯/三戸杯  大会結果

7/23 第2回幸太郎杯争奪ミニバスケットボール大会

一回戦 黒石○59−31●川上A
準決勝 黒石○44−31●桃山A
決 勝 黒石●34−36○岬恩田A

☆準優勝☆

川上戦:今年度4回目の対戦。お互いに手の内を知り尽くしている。ゲームスタートが悪くなかなかリズムに乗れない状態だったが相手のエースを徹底的に守りディフェンスからリズムを作り勝つことが出来た。

桃山戦:このチームも常日頃から練習試合を沢山して切磋琢磨しているチーム。終始安定したゲーム展開で勝つことが出来た。

岬恩田戦:県新人では1点差で勝ち、5月の県西部地区大会では大敗、6月の市内戦は10点差負けで少しずつ追いついてきた。今回も常に黒石のペースで試合を進めたが後半疲れたあたりからディフェンスもオフェンスも精度が落ちた分8点離されたしかし残り1分30秒最後の力を振り絞り向かって結果2点及ばなかったが頑張りが見えた一瞬だった

クリックすると元のサイズで表示します

7/30 第27回三戸杯争奪ミニバスケットボール大会

一回戦 黒石●28−39○勝間
敗者戦 黒石●33−38○川下

2試合とも同じ試合ないようだった。終盤に逆転負けとスタミナが問題かな?
オフェンスは人任せになり、特定のプレーヤーがボールを持ちすぎる事が多く攻める事に限りがあった。後はイージーシュートを落としたりやイージーミスが多すぎた
ディフェンスは1対1とチームディフェンスとリバウンドを含めルーズボールを奪取出来なかった。しかしいい面もあったので更に伸ばして行って欲しいと思います。

下記はあるミニバス指導者のSNSから共感したので引用しました。思いは一緒です。

失敗する恐れや負ける恐れと言った「恐れ」を克服するために必要なものは何か?
それは、その恐れに真正面から立ち向かう「勇気」だと。
僕もその通りだと思っています。

そしてその「恐れ」は相手から来るのではなく自分自身の中にあるもの。
勇気を持って戦わなければならないのは自分の弱さなのだと思います。

本当に強いチームとはバスケが上手いチームではなく、勇気をもって自分の弱さや恐れに立ち向かえる選手が揃ったチームです。

今年もまだまだその域には達していませんが、そんなチームを目指して頑張りたいと思います。

育成会の皆さん、怒涛の2ケ月ありがとうございました。またこれからもよろしくお願いします。

5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ