2018/5/13  10:43

2018年度スタート  活動

2018年度がスタートし早1ケ月が経過しました。


4/15 結団式。

昨年度の主力の8人がすべて卒団して今年は6年3人、5年生1人、4年生2人の合計6人でスタート

結団式では各々の目標を設定しみんなの前決意表明してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します


4/22は新規団員確保の為に体験会をやりました。

6名もの子供たちが体験に来てくれました。

5/13現在そのうち3名が既に入団して頑張っています。
クリックすると元のサイズで表示します

5/4・5 藤山と合同で第13回ともよカップ2018に3年連続で参加させてもらいました3位トーナメントで2位(総合は18位/24チーム)に入り賞状とトロフィーをGETしました

5/4 予選トーナメント
1回戦 黒石藤山●28−36○富田
敗者戦 黒石藤山○43−25●花岡

5/5 3位トーナメント
1回戦 黒石藤山○32−10●萩明倫
準決勝 黒石藤山○29−13●夜市
決 勝 黒石藤山●31−38○玖珂

育成会の方々二日間応援ありがとうございました。またよろしくお願いします。



下記に『躍心JAPAN』の中に良い教訓が載っていましたので掲載します。

黒石ミニバスの10か条に引っ掛けて読んで理解してください。


躍心JAPAN『少年スポーツ教訓 十か条』
  
教訓 一.
すごく特別なプレイヤーは、ある日突然生まれない。日常生活から親に甘えることなく、朝の起床、行動管理、荷物準備は全て自分で責任を持ち、気持ちを込めた良い返事やあいさつを続ける…これが当たり前になれば良い。当たり前のことをやり続けようとする意識が特別であれば良い。
 
教訓 二.
プレーが上手な選手を目指す前に、まず心が強い人になりなさい。どんな対戦相手であろうと、日頃からあなたが戦うべき相手は、弱い部分が見え隠れする自分自身。自分に厳しい姿勢の人は、必ず人には優しくなれる。逆に、プレーが上手でも、自分に甘く、人に厳しいうちは、強くなれない。
 
教訓 三.
強い心を作りたいなら、ご指導者の言葉は「耳」だけではなく「心」と「頭」を使って聴きなさい。返事やあいさつは「口」だけではなく「心」を伝えなさい。また、試合会場や日頃の練習前の準備・後片付け、下級生の世話などは、大人の指示を待たず…自分にできる仕事を探して動きなさい。
 
教訓 四.
「仕事」と「作業」は、意味が違う。シュートを決めやすいパスを出すのが「仕事」。味方がキャッチしにくい雑なパスは「作業」。人の喜ぶ顔を思い描いた「仕事」がつながると、チームに「絆」ができる。ポイントゲッターだけがヒーローではない。必ずあなたにしかできない仕事はある。
 
教訓 五.
挑戦したことを失敗しても成功しても、すぐに気を引き締める…大人になっても必要なその姿勢は今から学びなさい。ミスをしても気を落としている暇はない。ゴールを決めた後も気を抜く暇はない。どちらもすぐに切り替えて次に備える!試合終了まであきらめても、気を緩めてもいけない。
 
教訓 六.
チームプレーの人の働きが結果に表われるのは「たし算」ではなく「かけ算」。1×1×1×1×0=0。一人でも仕事をさぼると、他の選手の働きがムダになる。その働きぶりは、日頃の生活態度や練習への取り組み姿勢が必ずそのまま表れる。上手か下手かではない。やるかやらないかだ。
 
教訓 七.
必死にディフェンスした結果、ファールとなった相手選手に対し、「ナイスファール!」というヤジのような声はやめなさい。相手のミスを喜ぶような「ラッキー!」という声もやめなさい。もし、試合の流れを大事にしたいなら「気を引き締めて一本!」とチームメイトを盛り上げる声で良い。
 
教訓 八.
日本一になるチャンスは、どのチームにも公平に与えられている。それは何もタイトルだけではない。礼儀やあいさつが「日本一・気持ちが良いチーム」ならば、どこでもなれる。人・道具や場所・時間への感謝の姿勢は今日からでも変えられる。そこから変わったチームは不思議と強くなる。
 
教訓 九.
偶然集まった子達がチームメイトになるのも何かの「ご縁」。負けず嫌いやライバル心は必要だが、人間形成の大事な時期の少年スポーツでは、仲間同士でお互いの意識と技術の高め合いや、励まし合いが大切。人の「縁」を「援」にすれば…「円」となる。そうなるチームは自然と強くなる。

教訓 十.
何かの縁で集まったチームメイト、めぐり合えた指導者、ボランティアで働いて下さる大会関係者や審判の方々。そして何よりも…がんばるあなた達を毎日支えてくれる家族…これら全ての人への大きな感謝へのお返しは、真剣な姿やスポーツマンらしい振る舞いなどの「小さな感動」で充分。
1

2018/3/19  21:16

会長杯争奪ミニバス大会  

久しぶりでちょっと遅くなりましたが

3/4  第26回会長杯in俵田
2連覇に臨んだ大会ではあったが惜しくも準優勝🥈
今年のチームは市内新人戦優勝、県新人戦西部地区大会2位と絶好のスタートを切る事が出来た。それに加え2季連続で県決勝大会進出🏀と歴史を変えてくれた。週5回の厳しい練習に耐え、時には笑い、時には涙を流しながら必死に頑張ってくれた😁
秋口にはなかなか勝てず市内戦でも3位止まり。必死にみんなで2連覇を目指した。最後は5点差での敗退ではあったがやり切った感があった試合だった。
初戦の上宇部戦。今年は新人戦で勝利はしたもののその後は2試合とも1点差敗退。その教訓を生かして臨んだ試合だったが出だしはヤキモキしたものの3Qに入りスパートをかけて11点差で勝利出来た。準決勝の楠戦は決勝戦を見据えての試合ではあったが相手のペースに合わせてプレーをしたことに雷を落とした😈それで迎えた岬恩田との決勝戦。今年は県新人で一度勝利したがその後は全て僅差で敗退😭出だしこそ良かったが2Qに入り相手のエースのオフェンスがラッキーな得点もあったが止めることが出来ずこちらも得点が取れず結局5点差での敗退となった。
6年生の8人は本当に頑張ってくれた。次のカテゴリーでも頑張って欲しいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/1/11  12:50

原田裕花杯  大会結果

1/7に原田裕花杯に参加しました

結果は予選リーグ1勝1敗でした

初戦は川下。夏の三戸杯や大竹練成会では負けている相手。ゲーム序盤は全く足が動かずに相手ペース。Оコーチの叱咤激励が効いたのか徐々にペースをつかみ逆転勝利で勝つことが出来た。

次戦は岐山。練習試合や決勝大会では勝っている相手。慢心からか休み明け直ぐの試合からかこの試合も全く足が動かない。この日に試合があることぐらい解っているし相手も同じ状況だ勝とうという気持ちが全くゲームに表れていない。

ゲーム1 黒石○40−37●川下
ゲーム2 黒石●23−47○岐山
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次の日の1/8は反省も踏まえ須恵と練習試合に午後は18時まで練習しました。
疲れたと思うけど強い気持ちを持ち続けて頑張ろう!

常日頃の練習から変えなければチームは変わらない
今一度原点に返り会長杯では有終の美をおさめられるように頑張ろう!

黒石ミニバスの10か条にもあるがあるチームのコーチの方が書かれていた内容を少し引用させていただきます。
1、人間性
  ・礼儀:あいさつ、返事、態度全般
  ・感謝:自分の成長のためにやらせてもらっている意識
  ・思いやり:人の気持ちを理解する

2、自己管理
  ・健康管理:病気、ケガをしないための日ごろの生活と心掛け
  ・持ち物管理:忘れ物、整理整頓、汚れ、破損

3、練習における態度、行動
  ・素直さ:人の話しを素直に聞く
  ・理解力:ちゃんと理解する、わからなければ聞く
  ・真面目さ:正しく実践、行動する
  ・継続:忘れずにやり続ける

4、試合で結果を出す
  ・目標に向かう執着心:戦いに臨む強い意志
  ・勇気:怖れに立ち向かう強い心
  ・逆境に立ち向かう強さ:苦しい時ほど頑張れる
  ・粘り強さ:最後まで諦めない

5、人(チーム)に良い影響を与える
  ・話す能力:常に仲間に声を掛ける
  ・ポジティブさ:前向きでいつも明るい
  ・気持ちの切り替え:いつまでもくよくよしない
  ・気がきく:細かいところに気が回る

1、2、は人としての基本でバスケ以前の問題。
3、ができて普通、4、ができれば優秀、5、に至れば一流


joxw.pdf⇦黒石ミニバス10か条
2

2018/1/6  22:13

2018年スタート  活動

昨日1/5に2018年がスタートした

2017年は黒石女子としては超久しぶりに夏冬連続で決勝大会進出と歴史を変えてくれた。
しかしこれで満足していてはだめだ新人戦では勝ったがそれ以降市内では勝っていない。残すは会長杯のみ、昨年の様に優勝して終われる様に頑張りましょう

昨年12月の結果です。
12/10 第37回前村電気工事杯争奪ミニバスケットボール大会
予選リーグ1 黒石○38−20●桃山
予選リーグ2 黒石●39−44○岬恩田

キャプテン メイの選手宣誓(YouTube動画)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


12/29 体育館ワックスがけ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


1/5 2018年練習スタート
クリックすると元のサイズで表示します

今年もお年玉をみんなに配りました
クリックすると元のサイズで表示します

明日は原田裕花杯です。岐山には連勝を川下にはリベンジを果たしましょう
1

2017/12/5  20:29

新たなる目標  活動

今年の目標にしていた全国(中国)大会出場は無しえなかった

予選リーグを勝ち上がれば中国大会以上は確定する中、子供たちは必死になって戦ってくれた。
しかし相手の攻めるミスに対して、うちは逃げるミスが多かった。プレッシャーに立ち向かえず、肝心なところで萎縮してしまった。

今年のチームは黒石女子チームの歴史を変えてくれた。場慣れしていない経験の差もあったがどんな舞台でもやりきる度胸と勇気は必要だし、「絶対に勝つ!」という強い意志を持ち、戦い抜けるチームにバスケの神様が微笑みかけてもらえると思う。

でもここで悔やんでいてもしょうがない。この負けた悔しさがこの大会の経験が子供たちを強くさせるんだ。

まだ子供たちのバスケット人生は始まったばかり。
この悔しさをバネに残りのミニバス人生を楽しんで欲しい。有終の美で終えれる様に僕自身もサポートしていきたいと思います。

★10/28以降の結果★
10/28・29  山口県ミニバスケットボール秋季交歓会西部地区大会
1回戦 黒石○64−17●江浦
2回戦 黒石○52−23●桃山
準決勝 黒石●25−35○須恵
3位決 黒石●43OT50○岬恩田 4位で決勝大会進出

11/5 第36回宇部ときわライオンズクラブ杯ミニバス交歓大会
予選リーグ1 黒石○46−39●安岡
予選リーグ2 黒石●26−34○牟礼中央

11/25 第33回山口県ミニバスケットボール決勝大会
予選リーグ1 黒石○38−30●岐山
予選リーグ2 黒石●39−60○田布施

育成会の方々、今までありがとうございました。一区切りですがまた残された期間子供たちと共にチャレンジしたいと思いますのでサポートよろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2017/10/17  20:58

ヤングスポーツ大会  大会結果

10/15 JCヤングスポーツ大会

予選リーグで西岐波と上宇部と戦い1勝1敗で決勝に進出する事が出来なかった

先ずは初戦の西岐波戦はスタメン以外の底上げの為にいつもの時間より多く経験をさせた。そんな中、力を発揮出来た選手もいれば、緊張感か考え方の甘さからか簡単なミスを繰り返す選手もいたとにかく後者ではダメだもっともっと積極的に気持ちを込めなければいけないと思います。

2戦目の上宇部戦は出だし相手にパッパッと5点取られた。でもここでズルズル行かず追いついてシーソーゲームになった。相手もミスをするがこちらも簡単なミスが多かった。攻めも単純だったもっと練習したことを応用して欲しいしバリエーションをたくさん使って欲しかった結果は1点差敗退シュートの1本、フリースローの1本、ディフェンスやルーズーボールが出来ていれば勝てたかもしれない。

【試合結果】
黒石○57−14●西岐波
黒石●31−32○上宇部

育成会の方々、今日もありがとうございました。まだまだ試合が続きますし大一番も控えています。応援をよろしくお願いします。
2

2017/10/12  12:02

成績報告  活動

10/11 黒石小学校校長先生に幸太郎杯 準優勝山口県体育大会 優勝の報告をしました。校長先生からは"おめでとう"とお言葉を頂き、これからも頑張ってくださいと激励して頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ