久々のランチ♪  ひとりごと

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2年ぶりに会社勤めしていた頃の友人とランチ♪
場所は会社近くのフレンチのお店・カサドール。
以前はコースの後にケーキ食べ放題のサービスで5個も6個もペロリと平らげていました。

ビーツの冷製ポタージュ
サワラのレンズ豆のクリームソース添え
ハーブティー

パンとプチデザートがつきますが、もちろん断りました。
最近、いろいろなお店に行って感じるのは、味が濃すぎるということ。
まあ、パンやライスを一緒に食べてちょうどいい味付けなんでしょうけど。
0

フィラリア最終投薬  ワン知識

ミル、今年最後のフィラリア予防薬投薬。
今年も約50日間隔で4回の投薬。
0

フィラリアメモ  ワン知識

ミル、今年3回目のフィラリ予防薬投薬。
本当はもう少し遅くてもいいのだけど、今日は新月なので。
今年最後の4回目は12月半ば(HDU次第)を予定。
0

フィラリアメモ  ワン知識

ミル、今年2回目のフィラリア予防薬投薬。
0

おとくなカンガルー肉♪  ワンご飯

とっても安かったので、本間アニマルメディカルサプライのカンガルー肉を買ってみました。
なんと1キロで1000円ちょっと! しかも、冷凍されていない冷蔵品。
プー家では肉だけの角切り(といっても粗挽きとぶつ切りの間くらい)を買いましたが、穀類に抵抗がないのであれば、オールインワンタイプのものもあるようです。
2ワンは当然おいしそうに完食。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

フィラリア メモ  プー&ミル

今年、東京は5月19日にHDU130を突破。
2ワンのフィラリア検査をしたのが7月3日(もちろん2ワンとも陰性)。
ミルの第1回投薬が7月19日。
体重が5.7キロに増えたので、今年からは1錠まるまる飲んでます。
今年もモキシデック錠です。
50日周期くらいで投薬して4回で終了の予定。
プーは今年も投薬なしで様子見です。
0

バッチはやっぱりすごかった!  ワン知識

スキンケアやサプリメント、ホメオパシーのレメディーで痒みはある程度緩和できるものの、地震(厳密には緊急地震速報などの電子通知音やケータイのバイブなど)を怖がるのは相変わらず。
今せっかく目や皮膚の状態は落ち着いているし、パニックを起こしたり、何も食べられなくなるほど怖がっているわけでもないので、レメディーは変えたくない、ということで、バッチフラワーのレスキューレメディーを併用することにしました。
使っているのはエインズワースのエマージェンシースプレー。
普通のレスキューレメディーもスプレーも持っているのに、なぜこれにしたかというと、ホワイトチェストナットが入っているから。
ヘザーとウォルナットは入っていませんが、それ以外はプーに必要なレメディーが網羅されています。
21日夕方から使い始めたのですが、明らかに効果がありました。
肝心の怖がることには変化ないのですが、怖がるとき以外は落ち着いていて四六時中私に何かを要求することがなくなりました。
痒がる回数も激減し、掻き方もマイルドに。
イライラした怒りっぽい感じがなくなり、穏やかな表情、態度に。
夜も朝までグッスリ。
まるで、ここ数年のひどいカイカイが始まる前のプーに戻ったようです。
あいにく怖がり対策としては機能しませんでしたが、それ以外の点はクリアされたので、トリートメントボトルを作る必要もなくなりました。
今のプーはヘザーじゃないので、怖がり方がひどくなるようなら、エマージェンシースプレーにウォルナットを足そうかと思います。
0

セミナーに行ってきたヨ!  ワン知識

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

プーのアレルギーの病院のあとは、プーをPPに託して品川に移動。
dekorinさんとアトレのボボスでランチです♪
あゆちゃんは薬を切って1ヶ月ですが、スキンケア&オメガオイルでカイカイが落ち着いているので、次回は2ヶ月後に診察とのこと。

ランチの後は、本村先生のセミナー。
今回のテーマは「血液生化学検査」。
プーはあんなに薬を飲んでいたのに、検査で引っかかったことがありません。
毎年フィラリアの検査と一緒に血液検査をしていますが、いつも「正常」と言われておしまい。
でもアレルギーの指標としておなじみのA/G比(これはカイカイが出ていない時は1.2以上あります。ひどい時は0.4とか)だけでなく、TP(総タンパク質)やアルブミン、総コレステロールが昔から少し低めなのが気になっていました。
獣医さんでは「そういう体質。それがプーにとっての標準」で片付けられていましたが、今回のセミナーでわかりました。

プーは肝細胞を壊すような状態にはなっていないけれど、おそらく解毒や消化吸収で手一杯になっていて、肝臓で何かを作る能力が落ちていたんです。
私は今までタンパク質とか脂肪の量を増やして消化酵素を加えればいいかなぐらいに思っていたのですが、それでは肝臓の負担が増えるだけなので、
 1:タンパク質の量はそのままであげる回数を分ける。
 2:脂肪は少なめに。
 3:エネルギーが足りない分は炭水化物で補う。
 4:絶食はかえって負担になるので、させない。
というアドバイスを受けました。
0

プーのサプリメント  プー&ミル

クリックすると元のサイズで表示します
(左側がプー)

現在のプーのサプリメント

粉末だと量がすごくなるので、できるだけ賦形剤を使っていない錠剤タイプを使用しています。
またオイル以外は液体ではない形にした方があげやすいです。
リンクを貼っていないものはiHerb.comで購入しています。
抗酸化、抗糖化サプリが主体です。
プーはアレルギーがあるので、アレルギーを起こしにくい素材のものを選んでいるので、マイナーなものが多いです。
目のことがあるのに、ルテインやアスタキサンチンなどをあえてサプリメントで摂らない理由は、Can-C点眼薬の効果が半減してしまうからです。
食材では影響を与えるほどの量を摂る心配はないので、気にせずカボチャなども食べています。
以下で使っていて明らかに効果が実感できるのは、Can-C点眼薬、パンフェノンSです。
ブルーベリーアイに関しては、私は飲んだ時と飲まない時では明らかに差を感じますが、プーに関しては不明です。

●1日2回
マキシザイム 消化酵素
ドライE400  ビタミンE粉末
グルコサミン&MSM 植物由来のもの、足腰のために
Can-C Plus Can-C点眼薬の効果を高める、抗糖化、目のために
N&A 核酸、皮膚のために
パンフェノンS フランス海岸松樹皮抽出物、鎮痛・抗炎症・白内障進行緩和に
ブルーベリーアイ濃いタイプ ビルベリーエキス粉末、目のために
スーパースムース エイ由来のコンドロイチン、足腰、皮膚のために
●1日1回
サンフラワーレシチン(朝) ヒマワリの種由来のレシチン、代謝のために
ノルウェイサーモンオイル&GLA(朝) 皮膚、目のために
フラックスシードオイル(夜) 皮膚のために

※※※
2月9日にミグノンさんでアドバイスを受け、核酸を1日4粒から6粒に増量、ノルウェイサーモンオイル&GLAを1日1カプセルから半カプセルに減量したところ、明らかに元気になったものの、カイカイがかなり激しくなり…。
2月14日から、またオイルのみ1日1カプセルに戻したところ、サプリ増減前と同じくらいの痒がり方に落ち着きました。
0

最終投薬  プー&ミル

ミル、今年最後のフィラリア予防薬投薬。
0




AutoPage最新お知らせ