セミナーに行ってきたヨ!  ワン知識

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

プーのアレルギーの病院のあとは、プーをPPに託して品川に移動。
dekorinさんとアトレのボボスでランチです♪
あゆちゃんは薬を切って1ヶ月ですが、スキンケア&オメガオイルでカイカイが落ち着いているので、次回は2ヶ月後に診察とのこと。

ランチの後は、本村先生のセミナー。
今回のテーマは「血液生化学検査」。
プーはあんなに薬を飲んでいたのに、検査で引っかかったことがありません。
毎年フィラリアの検査と一緒に血液検査をしていますが、いつも「正常」と言われておしまい。
でもアレルギーの指標としておなじみのA/G比(これはカイカイが出ていない時は1.2以上あります。ひどい時は0.4とか)だけでなく、TP(総タンパク質)やアルブミン、総コレステロールが昔から少し低めなのが気になっていました。
獣医さんでは「そういう体質。それがプーにとっての標準」で片付けられていましたが、今回のセミナーでわかりました。

プーは肝細胞を壊すような状態にはなっていないけれど、おそらく解毒や消化吸収で手一杯になっていて、肝臓で何かを作る能力が落ちていたんです。
私は今までタンパク質とか脂肪の量を増やして消化酵素を加えればいいかなぐらいに思っていたのですが、それでは肝臓の負担が増えるだけなので、
 1:タンパク質の量はそのままであげる回数を分ける。
 2:脂肪は少なめに。
 3:エネルギーが足りない分は炭水化物で補う。
 4:絶食はかえって負担になるので、させない。
というアドバイスを受けました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ