2017/5/7

ACRO ZETTON ソフビ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★連休も最後の日ですが Z-TON きました。英字表記はZ-TONだと思ってましたら 今じゃZETTON??
クリックすると元のサイズで表示します
例によって Amazonパッケージで送られてきました。当然 箱が開けられないのでこのまま中も見ないで保管です。
クリックすると元のサイズで表示します
KAIJU REMIX SIRIES という企画もので現代のクリエイターが新造形したらしい。
Amazonでポチってから定価の倍のプレ値であることがわかり店を儲けさせる理由もないので”買った、やめた、買った、やめた音頭”を踊りましたがeBayで見ても5割増だし空輸費用を入れたら同じなので 結局買うことにしました。メーカーのホームページを見ても売り切れ状態なので仕方ありません。再販しないのか?箱を開けると下のようなフィギュアが出てくるはず。
クリックすると元のサイズで表示します
おー 強そう
YouTubeでも検索したら 開封の儀を動画してる人たちがたくさんいたので皆さん検索して造形を楽しんでください。
0

2017/5/7

フランスではこの飛行機械が世界最初の飛行機らしい。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★まさか日本のオークションに出るとは思いませなんだ。10年前(とにかく昔)ネットをさまよっていた時にヨーロッパと思われる通販サイトで見つけ日本人だがそれ買うからいくらだ!メールしたことがありました。(返信こず)
クリックすると元のサイズで表示します
複葉機はとんと詳しくはないのですが こいつはフランスにおいてはアメリカのライト兄弟以前に飛行に成功していたとされてる蒸気機関を積んだ飛行機械だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
青色の布が入っていてこれを切り抜いてプラの骨格に貼るらしい。(まず完成させられないわ)
クリックすると元のサイズで表示します
箱の裏は多分日本初公開ではないだろうか?ww
クリックすると元のサイズで表示します
よく正体がわからないがフランスメーカーでブリュフォーとでも読むのかいな?日本人の自分が持っていていいのか?悩むプラモ。ヤフオクにもこれ以前に一個出品されたことがあったが高くて眺めてるだけだった。今回の出品についてウオッチは数件、こんな飛行機に自分以外で興味ある人がいるのかと感心した次第。もっとも誰も入札に参加しなかったけどね。
0

2017/5/6

宇宙暦元年7・21  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★もう 今頃 買ったよー 宣言しても旬は過ぎちゃってるカモ?なんだけど スタートレック50周年ということで出されたキット。Amazonで見つけてポチろうとしたらマーケットプレイスだったらしく \17,560 。
クリックすると元のサイズで表示します
▲そんなにするんじゃ ebayだったらどうなの?てことで向こうのディーラーから購入しました。送料入れて\4,000弱。
▼事故で1969年の現代にタイムスリップしてしまったエンタープライズ号を迎撃に上がる米空軍のF-104のジャケ。その後 エンタープライズ号からの曳航光線に捕まりはするが”この時代の戦闘機は脆弱で光線で牽引するも分解してしまう。”
クリックすると元のサイズで表示します
これキットの中身はエンタープライズ号にヨンパチのF-104が劇中同様のデカール付きで入ってるスタートレック50周年記念仕様(例によって開封できないので確認したものではない。)ネットで検索してみるとF-104はあのリンドバーグ製だそうだ(おいおい)プラッツからの正規輸入品の商品説明書きにはちゃんと1950年代に発売されたリンドバーグの...と書いてあるのは作ろうとしてキットを開けたモデラーに対しせめてもの言い訳なんだろう。せめてモノグラムかレベルのにしておけばいいのに...利益率高い商品だろうなあ。

注文してから「宇宙歴元年7.21」を鑑賞してみたけど束の間いい時間を過ごすことができました。古いSFTVはいいなあ。
0

2017/4/23

Aurora B-70  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
今到着したばっかですが結構大きな箱で同社のレギュラスミサイルぐらいあります。都合10日ほどかかって日本に到着したのだけれど部品が箱の中でシェイクされバラバラが促進している。次の個体入手も含めて次のチャンスを待つしかないかあ。アラスカ基地に展開中のB-70実戦配備の図ですが箱絵の美しさが際立つボックスアートだけに残念。1962年製
1

2017/4/17

ミサイル時代の始まり  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
ひどい雨の中で荷物が到着しました、開けてみますとV-2号です。
クリックすると元のサイズで表示します
当時のプライスシールがついてて工場からのシュリンクも破れていない。
クリックすると元のサイズで表示します
このV-2号 はるか昔にもコレクションにしていたことがあったけどもヤフオクであまりにプラモが売れるものだから勢いで売り飛ばしてしまったことがある。でもまあ今回はシール付きだったからな、探してもないんだわシール付きは。で輸入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
静岡で海洋堂のセンムさんのコレクションが(四万個のプラモの山)展示された時に 本当の隅っこにV-2号ロケットがありました。それがファクトリーシール付きでね、数十年経っても破れていない品を羨ましく思ったのが始まり。このV-2号は思ったより古くはなくて箱には1972年と書かれている。40年は経過してるのだがそれでもシールは破れていない。この宇宙の終わりまでこの状態で残っていてもらいたいもんですね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ