2017/11/16

ようやく入手!Me262  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
ようやく手に入れました。エアフィックスの新製品 Me262
21世紀のMe262のプラスチックモデルですからねぇ。日頃50年前のプラモばかり見てますから新鮮です。売れ筋のヒコーキだから多分あと30年以上はプラモとして寿命はあるのではないでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
アマゾンに注文したけど延期に次ぐ延期でいい加減くたびれたので初めて駿河屋を利用して見ました。この半年間
ボークスやジョーシンなどリアルプラモ屋でも探しましたが売ってない。なんででしょうね?
0

2017/11/14

戦車と戦闘機とロケット旅客機  プラモデル


クリックすると元のサイズで表示します
もう何個か目の ディズニー ムーンライナーTWA50年以上経過してる割にはこれも美品、国内で通販できるとは思っていなかったのでラッキー。ヤフオクに出た時に8万円越えてたような?まあ初版だったんだけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
 ★さっき 模型屋の棚から 買ってきました! と言っても不思議ではない美品が手に入りました。空気に触れるとゴムキャタの劣化が進むので慌てて蓋を閉じましたが年代にして1971年から1973年頃ではないかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
これも ピカピカ の新品状態、ダンボール保管説は最強かもね。
1

2017/11/9

アオシマ 烈風   プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★これまた 懐かしい アオシマの烈風 です。大阪 モデラーズフェスティバルで買い求めたもの。
クリックすると元のサイズで表示します
数十年にわたってスポット生産を繰り返したキットと思いますが もっさりしたリベットや水平尾翼が胴体に差し込み式など
めまいがするほど昭和です。
クリックすると元のサイズで表示します
ファインモールドから烈風が発売されるまでは唯一 手に入る烈風の1/72でしたからその存在は貴重でした。
クリックすると元のサイズで表示します
小学高学年か中坊の頃に組み立ててたことがあったけれどもプロの手にかかっても綺麗に作ることは不可能なキットでしょう。もう完全に絶版ではないかな?最後に見たのはS58年頃ではなかったか?
0

2017/11/5

大阪出張でした。  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
たまたま 明石小五郎さんのブログを見たところ 大阪でモデラーズフェスティバルの情報がありましたんで新幹線でいけるならということで時速200キロで行ってきました。

明石小五郎さんとは何年振りだろう?多分 6年は経過してるかな?

途中 こんなのたくさんあったけど まる無視して、、、
クリックすると元のサイズで表示します

明石さんのブースを探しずんずん進んでみると...
クリックすると元のサイズで表示します
 ウォーマシンが焦げていました。

これ墜落したウォーマシンのジオラマなんだけど電飾が故障してマジで焦げたようにも見えました。好きなメカだけにせめてどこのキットを使ったジオラマなのか聞いてくればよかったなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
プラモデル以前の木製キットが並ぶブース!奥に映る軍艦HARUNAと大滝のB-29がさりげない!
(ここは日常の世界ではない 神ってる!)

クリックすると元のサイズで表示します
壁際で談笑している明石小五郎さんに とにかく 話しかけたんです。

「ご無沙汰しています、猫が洞です!」てね。

同時に 「プラモコレクターの憂鬱」ブログの読者の方にもリアルにお話しすることが出来ました。

えええっと 猫が洞さんも ガイコツっすかァ? 

なんのことだか?よくよく話を聞くと鬼レアのプラモデルが極美のデッドで1ダース発掘されたという。

”やけくそ”で会場に来てくれた方に 抽選 で提供だとか?

門外漢なので自分はガイコツの抽選には参加しませんでしたけど、、、しとけばよかったか?

抽選の時間まで小五郎さんの取材された模型の歴史の丸秘を聞くことが出来ました。(非公開)

で 抽選のお時間到来!あらかじめエントリーシートに書かれた参加者の間で じゃんけん!ガイコツをかけた勝負は一瞬で当決まり

めでたく勝者の持つガイコツを【記念撮影】
クリックすると元のサイズで表示します
童友社のガイコツ プラモデル。

箱の裏がこれ
クリックすると元のサイズで表示します
昭和40年代はじめの発売らしいのですが 誰も見たことがないプラモデルだそうです。メーカーのカタログにも箱絵なしで”ガイコツ”の表記しかなかったため どんな製品なのか?ガイコツとは何か?かなりUMAなヤツでヤフオクで出たら幾らになるのか?


自分はこれを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

ガイコツを得た当選者が去った後 私はリユックから 何かを取り出します。
B氏(仮名)を紹介されて改めて名刺交換する猫が洞。

それが済むと 猫が洞は 帰路につきました。
1

2017/10/22

パソコン磨きの休日です。  コンピューター

★ここの 読者でAppleに傾倒してる方がどのくらいいるのか分かりませんが
(挙手して下さい。)
クリックすると元のサイズで表示します
★台風来襲するし時間あるのでパソコン磨いてます。
Macintosh512k の派生型 日本語MacintoshのDaynaMac.30年近く積もった手垢とホコリを水を含ませたマジックスポンジで擦り落とす。
クリックすると元のサイズで表示します
マジックスポンジと洗剤で擦り”一皮むけたところ”で電源オンすると起動しました。
クリックすると元のサイズで表示します
Macintoshは米国産のコンピュータだったので日本語能力はなく日本市場での売上は苦戦、苦肉の策でマザーボードに直付けで漢字ROM を載せてしまったという力技のマシン。Macintoshのオープン化をずっと嫌ってきたApple社が正規に認めた希有なマシンなのよ。(生産時期もかなり短いと来ている。)
クリックすると元のサイズで表示します
▲当時の広告の値段がこれな。もうplusが新製品として広告に載るぐらいなのでDaynaMacの生産も終了の頃。Macintosh plus 1Mbの発売でアップグレードサービスを利用しDaynaMacもplusになった個体も多いと思う。
だから純正 512kのDaynaMacは希少種なのだ(日本にしかないもん)
あ、後姿を写してないがウチのはちゃんとオリジナルのネームプレート”Macintosh512k”よ。
クリックすると元のサイズで表示します
▲キーボードはしっかりしていてタイピングが楽しかった。
クリックすると元のサイズで表示します
珠玉のソフトウェア群!MacPaintは 年賀状作るときのお絵かきツールとして使った。素人がこんな風に描けるマシンはMacintoshしかなかったんだよ。チミ〜


今晩台風が来るのでもう外は雨だよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ