2017/11/23

砂糖 の 恐怖  

でんぷんの炭水化物に比べ、
砂糖は心臓に有害だとする

研究発表が1960年代に出始めた。

懸念した財団幹部が68年、
英バーミンガム大の研究者に
資金提供して、

ラットで影響を調べたところ、
砂糖の主成分のショ糖を与えると、
動脈硬化と膀胱(ぼうこう)がん

にかかわる酵素が
多く作られることが分かった。

腸内細菌の代謝により、
コレステロールや
中性脂肪ができることも
確認できそうだった。

 研究者は確証を得るため、
研究の延長を求めたが、財団は
資金を打ち切り、

成果は公表されなかったという。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ