2016/12/28

かきのもと ひとまろ  

あしびきの 山鳥(やまどり)の尾の 

しだり尾の
   
長々し夜を ひとりかも寝む

柿本人麿(3番) 『拾遺集』恋3・773

■□■ 現代語訳 ■□■
  
  山鳥の尾の、長く長く
垂れ下がった尾っぽのように長い夜を
 (想い人にも逢えないで)
独りさびしく寝ることだろうか。

■□■ 作者 ■□■

  柿本人麿(かきのもとひとまろ。不明〜709?)
 持統天皇の頃の宮廷歌人で
、三十六歌仙の一人。下級官吏で710
 年ごろに石見国(現在の島根県益田市)
で死んだといわれます。
 万葉集の代表的歌人の一人で、
長歌20首、短歌75首が収められて
 います。





コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ