2018/1/23  17:35

劇団JAMBO いちミュー文化祭の稽古  チャレンジド・ミュージカル

チャレンジド・ミュージカルの

新しい舞台を作って公演していく『劇団JAMBO』の

稽古が1月から始まりました。

2/12(月・振休)“第5回いちミュー文化祭”で

歌舞伎の“ちょっぴりバージョン”を公演します。

この文化祭は、いちかわ市民ミュージカルの賛歌を切っ掛けに

ダンス、コーラス、演劇などが自主的にサークルが誕生したことで

合同発表の場として開催。

今回は、15団体が参加です。

歌舞伎のちょっぴりバージョンですが、本当にちょっぴり!!

でも楽しさと迫力はありますので、観に来てくださいね。


しかし、亮太は移動支援でヘルパーさんと出掛けると決めていたので、

この文化祭には出ません。

亮太が出ないという事は、劇団JAMBOに登録している私も出ない〜。

でも、チャレンジドの方でサポーターだった私としては、

歌もダンスも覚えておかねば!

という訳で稽古に行ったのだけど。

私の目が離れた亮太は自由人!!

みんなが踊る中をフラフラ動き回るっ!

いつの間にかいなくなるっ!

「もう〜」

と気にしていると

「文化祭には出ないから気にしなくてもいいよ〜」

と、温かい言葉に甘え、そのままにしておきましたが・・・

邪魔に思う人は思う訳で。。。

ちょっと考えなければならないかな。


それに私は、ダンスの振り付けを覚えられるのだろうか。

っていうより動けるかだよなぁ。

また一層たくましい体になっちゃったし。

“結果にコミット!”じゃない所にコミットしようかな。。。



★ 第5回 いちミュー文化祭

・2018年2月12日(月・振休)

・10:40〜18:00

・全日警ホール(市川市八幡市民会館)
  市川市八幡4-2-1
第1部(10:40〜12:55/5団体(劇団JAMBO出演))
第2部(13:35〜15:20/5団体)
第3部(15:40〜18:00/5団体)

主催:NPO法人 いちかわ市民文化ネットワーク






にほんブログ村



0

2018/1/21  0:33

蜘蛛に噛まれる  障害児の生活

「イタッ!!」

という亮太の大きい声の後に

“ドン!”

と畳を叩く音。

何事かと亮太のいる和室に行ってみると

左の手の平をジッと見つめる亮太。

どうしたのか聞いてみたら

「蜘蛛に噛まれましたー」

手の平に3ミリ程度ですが赤く腫れてました。

「で、蜘蛛は何処?」

と聞いたら

「ここです!」

と、指さす亮太の横に息絶えた小さい蜘蛛。。。

畳を叩く音は・・・あらぁー、可哀想に…。

よく家に出る蜘蛛・・・ハエトリグモ?かな?

毒はないようなので(直ぐ調べる!)安心しましたが。

でも、家に出る蜘蛛は、噛まないらしい。

とにかく、痛い目にあったから、

もう蜘蛛は触らないと思います。



にほんブログ村




0

2018/1/16  22:59

目には目を!歯には歯を!  障害児の生活

13日の土曜日、

親の会の理事・評議委員会の議事録を作成するために

ICレコーダーにイヤホンを着けてテープ起こしをしていたら、

「今日は何処に行きますか?」

と亮太。

議事録を早く仕上げたい私は外出したくない。

「お父さんと出掛けてきたら?」

珍しく旦那も

「お父さんと買い物に行こう」

と言った途端・・・


「いいえ(怒)」


と怒った亮太。

イライラして


「何処にも行かないっ!今日は、おうち!」


ボールペンを持って家中のカレンダーの13日に“×”印。

そして私の所に来て、

私が聞き取って書いていたメモを見ながら

イライラ!ジャンプ!

そして持っていたボールペンで・・・

何となく、そんな予感したので、

亮太の手を押さえたのだけど力が強くて、

ビョ〜ンと弧を描いた線が一本。。。

(くっそー!)

と私もムキになる!

亮太の手の甲にボールペンでグチャグチャ描いてやった。

怒りながら手を洗いに行った亮太。

そのままトイレに籠って30分。

「何処も行かないかな?」

と言う旦那に

「“お父さんと買い物行こう”って誘ってごらん。

機嫌良く出てくるから」

「あ〜(なるほど)」

旦那が買い物に誘ったら機嫌良く出て来た亮太。

「お母さん、買い物に行ってきます〜♪」

何もなかったかのように

上着を着て、リュックを背負って旦那と出掛けた。

私は知っている・・・

怒った後、落ち着くと良い子になっちゃう亮太を。




2時間ほど出掛けて帰宅した亮太。

メモの自分が描いてしまった線を見つめ、

私が持っていたボールペンを取り・・・

「これはー、こう!」

線の先に△を付け足して・・・

「矢印です!」

(くぅー!やられた!それなら私はこうだ!)

私:「いいえ、違います!こうです!」

△に×印を付けて反撃。

亮太:「×!?」

私:「はい、×です!」

苦笑いの亮太でした。

イエーイ!私の勝ちぃ!



にほんブログ村










0

2018/1/9  11:24

あけましておめでとうございます  障害児の生活

淳平の成人式が終わり、

やっと落ち着いたところでご挨拶。

あけまして おめでとう ございます。

今年もよろしくお願いします。


今回の冬休みは、亮太に振り回されっぱなし。

ここまで“こだわり”が強くなるのかと思うほどでした。


毎朝、家族の布団をたたみ直し、

誰も触っていない押入れの物を出しては入れて、

タンスの引き出しは、引いては戻す。

本棚、棚の物も手に触れておく。

これは、前からある“こだわり”で、

毎朝、出かける前の儀式として1時間近くやってます。

作業所がない土日祝日の休みも同様ですが、

儀式の時間が長くなる。。。

なので、決まった時間に出かける時は、

私が、その時間を考えて伝えないと

出かけたい時間に家を出れない私のイライラと

出かけたいけど儀式が終わらない亮太のイライラがぶつかる。

だから私も気を遣う。


今回の冬休みの場合は、朝始めた儀式が昼まで続き、

私の都合と亮太の出かけたい時間が合わず、

17時頃に一緒に出掛ける。

休みの日の昼食は外食と決めている亮太。

夕方まで昼食を食べないのはイライラの素。

“おやつ”と言い騙して昼食を食べさせます。

17時に出かけてマックやフードコートで軽食(私は食べず〜)、

買い物をして帰宅。

年末は、淳平も帰省していたので、

私は帰宅したら直ぐ夕飯の支度。。。


買い物も亮太と一緒だと時間がかかる。

懸賞付きのお菓子を探すため私から離れる。

さっさとレジに行きたいけど、

亮太の買う物も一緒にしたいので、

レジに向かう前に亮太を探す。

それほど多くない買い物でも時間がかかるのが私は嫌になる。


年末のテレビは特番が多い。

データー放送にすると、

その番組を観ているとポイントがたまってプレゼント〜。

っていうのが多い。

そういうのがある事を知っている亮太は、

絶対データー放送にする。

私が観たい番組は録画。

ポイントがたまったらIQコードが映し出され、

私が携帯でプレゼント応募。

直ぐにやらないと

「お母さん、やって」

としつこい亮太。とても面倒。


このデーター放送のプレゼント・・・

亮太が楽しみにしていた番組があって。

それは・・・1月1日の・・・ニューイヤー駅伝。

12月に入った頃から、ずっーーーーーっと私に話してました!

何が面白いのかというと

群馬に関するクイズでポイントを稼いでいくのが楽しいらしい。

日が近づいていく毎に私への確認は頻繁になる。

亮太を安心させるためにテレビの視聴予約もした。

でも、しつこい確認。

始まる時間を言っても気になるらしい。

前夜は、2、3時間毎に起きて私に

「駅伝のデーターやりますか?」


何回も起こされて寝不足の私。。。

駅伝が始まる前にテレビの前に座り準備。

亮太は・・・寝てた!!

亮太が起きてくるまで私が代わりにクイズをやる。

今年のクイズは、間違っても振り出しに戻らないのが良かった。

途中で起きてきた亮太に代わったけど、

一問が当たるまで解答出来るので進みが早くて。

早々とプレゼント応募が出来た。

(やれやれ、これで終わり〜)

と、ホッとしたのも束の間でした。。。

1/2・3日とある箱根駅伝が。

これもデーター放送のプレゼント。

これにも目を付けていた亮太。

やはり夜は何度も起きて私に話しかけてきました。


毎年1/2は、船橋にある私の実家で弟家族も集まり新年会。

亮太は、朝から箱根駅伝のデーター放送。

11時に出かけたい。

まだまだ終わらない駅伝・・・。

箱根駅伝のデーター放送のクイズは、区間毎に応募。

1日の夜、帰省していた能登から帰ってきた旦那が

クイズの応募を何個かしてくれて、

まだ続きをやりたい亮太には、実家で続きをやるように言い慌てて出発。

(もちろん朝の儀式もやってる)

年末から亮太に振り回されている私は疲れがピーク。

夕方には頭痛も出てきたので、実家から早く帰ろうと思っていたが、

実家を出たのは20時過ぎ。

私が運転。

帰る途中で亮太が行くというコンビニへ立ち寄る。

家の近くまで来ると、

今度は持ってきた応募ハガキをポストに投函すると言い出す。

ポストがある道へ遠回り。

疲れがピーク時の頭痛は薬じゃ効かない。

私の頭はガンガン。


3日の箱根駅伝も朝からデーター放送してました〜。

そこは旦那に亮太の相手してもらいましたが。

駅伝が終わったら出かけるパターンで。

もう疲れたから旦那に亮太を連れて行ってほしいと頼む…

が、旦那が嫌がって一緒に行く。

4日もゆっくり出来ず、亮太と出かける。


5日、亮太と旦那が仕事始め。

年末に出来なかった掃除をする。

途中、やる気がなくなって一部分しか出来なかった。

疲れて・・・疲れ過ぎて・・・

実は今もやる気がないというか・・・

倦怠感があるというか・・・

今日から色んな活動が続くのに、

精神的に持つのか自分が心配だな〜。





にほんブログ村



0

2017/12/30  14:46

映画鑑賞  障害児の生活

昨年も一緒に映画を観たので、

今年も観たいという亮太のリクエストに応えて、

昨日、『かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』を

観てきました。

他の映画は、亮太には内容が難しいので仕方なく

この映画を選びましたが、

やはり観客は、小学生以下の子供を連れた親子ばかり。

その中に私たち親子は目立ちましたけど。


“ゾロリ”が過去にタイムスリップして、

学生時代の亡くなったママに会う。

そこで“ゾロリ”のトレードマーク“ZZ”誕生の秘密が明らかになるという内容。

いや〜涙が出ました〜。

今は亡きママに会う・・・

(私が死んでも、こうやって会えたらいいのに…)

と思ったら涙が出ました。


亮太は、大箱ポップコーンを勢いよくボリボリ食べてました。

(シャベルカーみたいだな)

と思いながら亮太を見てましたよ(-_-;)


低学年向けの映画ですから、

戦闘機の燃料が…おなら!

寒ーいギャク攻撃で相手を凍らせる!

ゾロリのお尻に攻撃物が刺さっただけで

ドカッ!っと子供たちの笑い声が。

子供たちの笑うツボが同じなんですねぇ。

私も低学年くらいの時は、そうだったのかしら??


「かいけつゾロリ、面白かったです!」

と亮太。

そう思ったのなら良かった!



にほんブログ村







0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ