2017/11/17  18:11

『歌舞伎迷作面白双六』稽古その13     チャレンジド・ミュージカル

11月11日(土)の稽古

稽古場は、自宅近所の公民館。

爽やかな晴天で亮太の機嫌も良好。

みんな頑張ってますよ。

亮太もちゃんとやってます〜。
クリックすると元のサイズで表示します

シャッターチャンスが悪くて“くまモン”みたいな目になった亮太

通し稽古なので亮太は、自分の立ち位置が覚えやすいみたいです。

台詞は・・・覚えたのは良いけど・・・

早口になる。

そこは自宅で練習するしかない。

なので、早口な台詞場面を録画したので

亮太に見せようと思ってます。(何がダメなのかわかるから)



Tさんが私の斜め前にいて、

耳の裏をずっとポリポリ引掻いていました。

どうしたのかと真後ろに行くと、

赤い小さい虫が動くのが見えて、

手ではらってあげようと思ったんだけど・・・

よく見たら触覚が長くて・・・カミキリムシみたいな。

気持ち悪っ!

(無理!触れない!)

近くにいた振付指導の“まあちゃん先生”に頼みました。

「あ〜。虫?」

Tさんんの頭で前進する虫の前に手を出して乗せてた!

掴むんじゃなくて“乗せる”!

(おぉ、神対応〜)


赤穂浪士たちのダンスが終わり、

下手袖側で立って見ていたら、

“まあちゃん先生”浪士が持つハシゴを横にして私の方へ。

渡されると思いきや・・・

そのままハシゴで押され

(ウッ!)

「こうやって押しちゃっていいから」

ハシゴを持つ浪士役に教えていた〜。

(体のデカイ私でも少しよろめくんだな)

って思ったら可笑しくなりました♪


「ねえ、亮太笑ってるの?」と“まあちゃん先生”

上手側にいた亮太を見たら・・・

一人で前歯を出して笑ってた。

その前歯が遠くから見ると目立つ。

すごく変で・・・ウケた(笑)


赤穂浪士たちが着けるハチマキとタスキには記名してある。

使用後は、サポママたちで名前でセット。

そんな最中

「“タケシ”って誰!?」

「それ(サポパパの)Oさんの!」

今度は

「“ヒロシ”って誰!?」

「それ(サポパパの)Fさんの!」

片方に名前、もう片方に苗字じゃマッチング出来ないじゃん!

サポママたちでブツブツ言いながらも楽しんでやっております。


段々と本番も近づいてきました。

観に来ようとしていた私の中学時代の友達。

数か月前に膝の靭帯を切って12月に手術。。。

「2週間入院で行けなーい」と残念がってました。

主婦がどうしたら靭帯を切るのか・・・

仲間からも「あんたはアスリートか!?」

興味ある人が多いことは嬉しいですね。

沢山の方に見に来て頂きたいです♪

クリックすると元のサイズで表示します


チケット発売中!

市川公演は、全席指定です。


★第11回 チャレンジド・ミュージカル

  『歌舞伎迷作面白双六』

 12月10日(日)市川市文化会館 小ホール
        @11:00〜(Aプロ)※亮太の台詞場面有り!
        A15:00〜(Bプロ)

  12月16日(土)千葉県文化会館 大ホール
        14:00〜(Aプロ)※亮太の台詞場面あり!
     
 主催: いちぶんネット  







にほんブログ村
0

2017/11/14  1:11

母、歯医者に行く  母の生活

先週の水曜日に右上の歯が痛くて。

どの歯が痛いのかよく分からず。

行きつけの歯科医院は、無休が売りだったが、

先生が変わってから水・木曜日が休みとなってしまった。

強い痛みではないけど、

何となく痛いのが続いているのも気になって、

木曜日に思い切って新しい歯科医院を探して電話予約。

その歯科医院を決めたのは、ネット検索した時の口コミで

“怖い雰囲気がない歯科医院”となってたから。

まだ開業して2,3年だと思うが、

自転車で買い物する時に前を通っていて、

(歯医者、出来たんだな〜)って程度に思ってて。

今回、中に入って・・・

(なるほど)

まず入って目に付いたのは、

ディズニーアニメの『モアナ』のフィギアが

受付に1体、待合室にもガラスケースに入って1体。

2体とも30p位ある。

ディズニーのキャラクターも品よく飾ってある。

院内に流れる音楽もオルゴール調のディズニー♪

海中の写真もある事から・・・

(ここの医師は・・・海好き、ハワイ好きってとこかな)

私も『モアナ』は好きだから

(わぁ、これ欲しい!)って思っちゃった。

診察室の中も凄かった!

2台の診察台の間にデカイ水槽!!

魚たちが泳いでました。

水槽の上には『ファイディング・ニモ』のフィギアが並んで。

そーいえば、『…ニモ』も歯科医院の水槽から始まるんだよね。

水槽の魚たちを見ていると落ち着く〜。

いよいよ先生が来て、どんな先生か不安だったけど。

めちゃくちゃ優しい男性の先生でした。

年は、マスクしてるから分からないけど、

私と同じくらいかな。

説明もゆっくりで口コミ通りの先生でした。

結局、何処の歯が原因だったかというと・・・

“親知らず”でした!

横に小さな穴があり中が虫歯!

削って治療してもいいけど、

また虫歯になる可能性があるから抜歯した方が良いと先生。

元々、いつか抜きたいと思ってたから

「抜いちゃってください!」

でも・・・抜くの怖い・・・

先生に

「何かドキドキする!」

と言ったら

「ごめんなさい。初めてきて抜くなんてね」

と先生。

なんて優しい人なんだろう。

でも・・・マスクはしているがイケメンではなさそうだ。

麻酔する時も針を刺す痛さもなく!

(この先生、上手いな)

「じゃあ、抜きますね」

と言った先生が手に持ったのが細長い棒状の器具!

大工道具で使う『のみ』みたいな!

数年前に別の歯科医院で

反対側の親知らずを抜いた時は『ペンチ』だったけど。

その『のみ』のような器具を見た時には

(こわ〜い!!)

と流石に思った。

抜歯中は、凄い顔したと自分で思う。

ミシミシと歯が抜ける時の音も感じて。。。

「はい、抜けました」

歯科助手のお姉さんにガーゼの固まりを入れられて止血。

先生が抜けた歯を見せてくれて

「綺麗な歯だけど、ここに・・・」

丁寧に説明してくれたけど・・・

肩、腕に力を入れたせいか小刻みにブルブル。

「ありがとうございました」

を言うのが精いっぱい。

痛み止めをもらって帰宅。

(あの“のみ”みたいな器具って何だろう)

直ぐ携帯で調べてみた。

『ヘーベル』という器具で、

これを使う歯科医師は抜歯が上手らしい。

まぁ、それならいいか。

今までの歯科医院よりも良い感じだったので

こちらを行きつけの歯科医院にする事にした。

それにしても、抜いたとこの傷が内頬に当たるのが気になる。

穴が埋まるまでの2,3か月の辛抱だな。





0

2017/11/8  19:12

『歌舞伎迷作面白双六』稽古その12     チャレンジド・ミュージカル

ブログは休みがちだけど稽古は休まず〜。

10/29・11/3・5日に稽古がありました。

稽古場は、市川市内の特別支援学校。


クリックすると元のサイズで表示します

前口上の稽古

見ている方も気が引き締まります。


クリックすると元のサイズで表示します

亮太も頑張ってますよ。


足袋ソックスを履かせているのですが・・・

亮太用に5足組の足袋ソックスを買ったため・・・

慌てて持ってくると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

左足グレー!右足ブルー!

稽古場に着いて亮太に足袋ソックスを渡そうとした時に

色が違うので焦りました〜。

直ぐ左右なのかを確認!

左右で良かった!

亮太に「何ですか?(何故色違い?)」と聞かれたけど、

怪しまれない様に左右色が違うソックスなんだと伝えてしまった。

もし、ここで“間違えた”事がバレたら…

“機嫌が悪くなる”か“靴下は?”の質問攻めだろう。

それならタヌキでもキツネになってでも誤魔化した方がまし。

(えー、そうなの?)という顔をして

亮太は履いてましたけど。

私は、内心ハラハラしてました〜。



クリックすると元のサイズで表示します

これが可愛い長袴。

元シーツには見えない!


クリックすると元のサイズで表示します

稽古場である特別支援学校の前には黄色に色づいた銀杏の木。

日に当たって美しかったです。

もう11月・・・12月が本番。

早いなぁー。


クリックすると元のサイズで表示します


チケット発売中!

市川公演は、全席指定です。


★第11回 チャレンジド・ミュージカル

  『歌舞伎迷作面白双六』

 12月10日(日)市川市文化会館 小ホール
        @11:00〜(Aプロ)
        A15:00〜(Bプロ)

  12月16日(土)千葉県文化会館 大ホール
        14:00〜(Aプロ)
     
 主催: いちぶんネット  



にほんブログ村
0

2017/10/26  0:22

『歌舞伎迷作面白双六』稽古その11  チャレンジド・ミュージカル

10月21日(土)の稽古

稽古場は、我が家の近所の公民館。

台風の向きが気になる日・・・朝から雨〜。

珍しく旦那が近場なのに快く送ってくれた。

助かる〜。

午前中の稽古は、

歌の練習、ダンスの練習があり、

午後の稽古は、忠臣蔵のシーンの歌とダンス。

浪士役たちは、山組と川組に分かれる。

亮太は『川組』です。

山!川!と交互に言うのですが・・・

亮太・・・タイミングが合わない〜。

亮太を見ながら横にいるとズコッとしたくなる。

初めての稽古だからね。

そのうちタイミングも分かってくると思います。



10月22日(日)の稽古

特別支援学校の講堂が稽古場。

台風が関東に接近中で朝から雨。

雨で服が濡れると直ぐ「着替える!」と言い出す亮太。

車に乗せるまで気を使う。

亮太に傘を指してあげたりすると私の方がずぶぬれになる。

私もレインコートのフードを被って

亮太を車に乗せて、荷物も積む。

そんな時にレインコートが車のドアに引っかかり破れた〜。

雨、風も強くてずぶ濡れ。

他のレインコートを取りに家に入る。

フード付きは、春の沖縄旅行で買った亮太の白いレインコートしかない。

大きいサイズだけど・・・

(大は小を兼ねる!!…小ではないが。。。)

こんなバタバタ状態で家を出発。


この日の亮太の機嫌は・・・

悪くもないけど、良くもない。

要注意って感じ。

低気圧の影響とかあるのかもしれないと勝手に思っている。


午前の稽古の歌の練習、ダンスの練習が終わって昼食。

亮太がお弁当を食べながら時折イラッとして体を前後に揺らす。

手に持っているお弁当を投げそうでハラハラする。

亮太の顔を伺いながら食べるお弁当は、

味さえ感じず、ご飯を口に入れて飲み込み、

食べている場合ではないと食べるのを止め片付けて

ただ亮太の様子を伺う。

やっと何事もなく食べ終る…

そこそこ機嫌も良くなりホッとする。


午後の稽古は、忠臣蔵。

その前に浪士役の男たちは、パンフレット用の写真を撮る。

衣装部さんお手製の『肩衣』を着けて一人ずつ撮る。

正に歌舞伎!!

亮太も『肩衣』着けてカメラの前でキリリ顔・・・

それを見ていたプリンセスさんがフッ

私もフッ

と、下を向いて笑う。

こだわりで眉毛を毎日剃る亮太。

毎日、眉毛のない亮太を見ているので、

それが普通の顔に思ってしまっていた私。

(眉毛書けば良かったーーー!)

と大後悔。


写真を撮ったら忠臣蔵の最初の場面から稽古。

これを待ってました〜。

亮太が流れを掴みやすいので有り難いです。

前日の稽古では、流れが掴めないまま

いきなり前に呼ばれたので

覚えた台詞も出ない、声も小さいでしたが、

この時は、台本を見る時ほどではないけれど、

まあ、まあ声は出てたので一安心した私です。


写真を撮る時に着けた『肩衣』もそうだけど、

手作りの物が沢山ある。

十手、ハチマキ、提灯、槍、短刀、長袴等など。

衣装のスタッフさんが殆ど作成ですが、

サポママさんたちも稽古中に手縫いをしていたり、

貼り付けたりしていて…

本当は、私もその中で手伝わなきゃいけないのだけど、

何せ、何が切っ掛けで怒り出すか分からない亮太を見てなきゃならず。

サポママさんたちは、それを理解をしてくれてるので、

そうさせてもらっていますが…申し訳ない気持ちもあります。

話は元に!

その本物みたいな手作り品で

(可愛い♪)と思ったのが、

浅野内匠頭の『長袴』!

ミントグリーンのギンガムチェック柄〜❤

それを着ているプリセスさんに聞いたら

“稽古用”なんだそう。

元はシーツで吉良役のHさんの奥様が作ったそうです。

小さい頃から縫ったり、編んだりが好きな私には、

心惹かれる色合いの可愛い生地〜❤。

本番用は、きっとカッコイイ長袴なんだと思います。

次回の稽古で可愛い長袴の写真が撮れたらご紹介したいと思います♪


こんな感じで衣装や小物を見るのも楽しいと思いますよっ。

『歌舞伎』と聞いて難しそうに感じる人もいるかもしれませんが、

ミュージカル調で子供でも分かりやすくなってます。

何といっても出演者の輝かしい顔を見て頂きたい!

亮太だってキリッとした顔でやる・・・かもしれません!


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


チケット発売中!

市川公演は、全席指定です。


★第11回 チャレンジド・ミュージカル

  『歌舞伎迷作面白双六』

 12月10日(日)市川市文化会館 小ホール
        @11:00〜(Aプロ)
        A15:00〜(Bプロ)

  12月16日(土)千葉県文化会館 大ホール
        14:00〜(Aプロ)
     
 主催: いちぶんネット  



にほんブログ村
0

2017/10/25  15:35

衝撃的過ぎた?  障害児の生活

長風呂の亮太。

いい加減出てもらわないと私の寝る時間も遅くなる。

浴室ドアに顔を近づけて声をかけようとしたら・・・

「うおぉーーー」

私の影に驚いた亮太。


とてつもない驚き声に私も驚いて

「うわっ!!」


カチャッと開いた浴室ドアから覗きこむ亮太の顔が見えて

「お化けか?」


想定外の亮太の驚きに笑いが止まらない私。

「違うよ!お母さんだよ!早く出て!」


少しパニック気味の亮太は

独り言をグタグタ言いながら浴室ドアを閉め、

どうやら風呂場で心落ち着かせていたよう。


どうした?と笑いながら来た旦那は、

亮太の「うおぉーーー」をマネして腹を抱えて笑う。


しばらくして出て来た亮太。

「あー、妖怪だぁ」

ちょっと放心状態。


「妖怪じゃありません!お母さんだってば!」


そんなつもりはなかったが・・・

衝撃的過ぎたようです。





にほんブログ村






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ