2013/6/22

小野たかひとさんの司法書士 答練  公認会計士 論文式試験


苦労して暗記をしたことでも、時間が経つとどんどん記憶が薄れていき、自分の暗記力の低さにイライラしてばかりいたとしても、

1回の暗記で覚えられる量がドンと増えるのと同時に、時間が経っても覚えたことをすらすらと頭から引き出すことができます。


自信を持って挑んだ答練でも、記憶のあいまいさが露呈される結果となり、合格に対する自信がますます小さくなっていく状態だったとしても、

時間のかかっていた答練が短時間で済ませられるようになり、覚えたことをどんどん点数に結び付けていくことができます。



好きなアーティストの音楽はすぐに覚えることができたり、漫画の内容はかなり正確に覚えていられるように、

人間は、本来の脳力をきちんと発揮をすれば、単語やフレーズといった短い情報ではなく、文章単位の長い情報量であっても、少ない手間で覚えることができます。


暗記の手間さえ省略することができれば、勉強で感じていたストレスが、ものすごく軽くなるのを実感できます。


あなたも、長文の暗記に苦しみ続けるのは今日で終わりにして、覚えたいことがすいすいと頭の中に入ってくる快感を味わってみませんか??





クリックすると元のサイズで表示します
小野たかひとさんの論文式試験専用記憶術で、貴重な勉強時間を1分も無駄にすることなく、暗記をサクサクと進めていくにはこちら



0

2013/3/22

小野たかひとの不動産鑑定士 参考書  不動産鑑定士 参考書

長文の暗記に苦しんでいるライバルたちに、そう簡単には追いつかれないほどの大きな差をつけることができる

小野たかひとさんの論文式試験専用記憶術とは、



■普通の人が5時間かかる事を1時間で覚える方法

■最小限の努力でライバルを圧倒的に引き離す、ランチェスター勉強時間戦略

■論文問題1問当たり10〜15分程度でアウトプットの練習ができる論文式試験専用のアウトプット術

■論文式試験のインプット作業において、眠くなりにくい勉強法




こうした内容となっていて、

インプットしつつアウトプットのトレーニングも同時並行で行うため、

暗記がスムーズに進む上に、短時間で答練を仕上げられる実力まで身に着けることができます。



論文式試験においては、どれだけ正確に暗記ができているかどうかが合否を大きく分けるのは間違いありません。


頭の良い人たちは、「ポイントを理解して覚えれば丸暗記しなくたって大丈夫だよ」とアドバイスをかけてくるかもしれませんが、

それは、頭の回転が良い人たち限定の話で、あなたが真似したところで、うまく再現することはできません。


人並み程度の記憶力・理解力しかない私たちが、たくさんのライバルたちに差をつけて、合格を勝ち取るためには、

私たちにも実践できるやり方で記憶の効率を最大限に引き出すことが重要です。







クリックすると元のサイズで表示します
勉強や試験対策にはとことん良い思い出がなかったとしても、試験合格のきざしがどんどんはっきりと見えてくる小野たかひとさんの論文式試験専用記憶術を試してみるにはこちら






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ